So-net無料ブログ作成

きたやまおさむ さよならコンサート [TV番組]

5月2日にNHKで”きたやまおさむ さよならコンサート”という番組がありました。この番組で、きたやまおさむさんが改めて偉大な作詞家であることを再認識しました。北山修さんの中で一番好きな歌が”風”です。1969年オリコン2位になりました。当時の小学校時代でしょうか、運動会などで流れていたのを覚えています。邦楽の中では、淳子さんの歌を除いては、ベスト3に入るのでは、、小さいときに聞いたので、印象が強く、歌詞、曲ともすばらしいです。1971年には、レコード大賞の作詞賞を取り、この年は、いい詩を書いていました。最大のヒット曲の花嫁(オリコン1位)、戦争を知らない子供たち、さらば恋人など素晴らしい詩を書きました。この年には、名曲の”あの素晴しい愛をもう一度”という詩も書きました。”あの素晴しい愛をもう一度”は、当時は、ラジオでよく聞きました。オリコン10位ですので、当時より、現在の方が、評価されていると思っています。北山修さんが輝いた1971年ですが、この年は、新3人娘の小柳ルミ子さん、天地真理さん、南沙織さんがデビューした年です。3人娘と言えば、この後登場する森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんの”花の中三トリオ”になるわけです。
近代映画3人娘.jpg
これは、近代映画から出た”花の高2トリオ”の写真集です。1975年発売で680円でした。
近代映画3人娘2.jpg
この写真は、スター誕生ですが、この写真集は、映画、初恋時代の合間に撮った写真が中心になります。デザイナー志望の行動派の役を淳子さんは演じていました。
森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さん以来3人娘は、出ているのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0