So-net無料ブログ作成
桜田淳子 衣装 ブログトップ

美しい夏(の衣装) [桜田淳子 衣装]

先日、スカパーの夜のヒットスタジオで、淳子さんの「美しい夏」が放送されました。
(129回と131回)
前曲の「LADY」が自分としては、大好きな曲で、素晴らしかったですが、「美しい夏」は、百恵さんの思いを歌詞にこめていると言われますが、歌詞やメロディーは、前作に比べて、個人的には、良くなかったと思いますが、売り上げ的には、「LADY」を上まわりました。

美しい夏の衣装を紹介したいと思います。いずれも、古いビデオからです。

まずは、
美しい夏衣装3.jpg
これは、129回の夜のヒットスタジオと同じ衣装です。

次に
美しい夏衣装1.jpg
これは、131回の夜のヒットスタジオと同じ衣装です。

最後に
美しい夏衣装2.jpg
黄色い衣装です。今回の曲は、衣装は、3パターンでした。

P.S.
夜のヒットスタジオが休止になります。

山口百恵さん、ピンクレディー、中森明菜さん、沢田研二さんの夜のヒットスタジオのDVDが発売されたのと1980年代は、ジャニーズ事務所のタレントが出演するが多いためと言われているが、真意は、???
ただ、山口百恵さん、ピンクレディー、中森明菜さん、沢田研二さんやジャニーズ事務所の歌手を除いても放送できる回は、あるのに、なぜ????

これで、前回は、見れた淳子さんの「神戸で逢えたら」や「化粧」は見れなくなります。

パーティー・イズ・オーバーの衣装 [桜田淳子 衣装]

今回は、パーティー・イズ・オーバーの衣装を紹介しますが、

その前に、夜のヒットスタジオについてです。
今回の夜のヒットスタジオは、前回放送された1979年8月13日と10月8日が、飛ばされました。
淳子さんがパーティー・イズ・オーバーを歌った回です。
10月8日は、ピンク・レディーが原因ですが、8月13日は、誰でしょうか?
浜田省吾さんが突如今回NGを出したかもしれません。
以前も言いますが、その歌手だけCUTして放送してほしいです。
夜ヒットDVDを発売する沢田研二さんですが、1979年12月17日の回が放送されるようです。このまま、沢田研二さんの回が放送されるということであれば沢田研二さん、そのプロダクションは、度量が大きいですね、、
ピンクレディーやサザンとそのプロダクションや百恵さんのプロダクションも見習ってほしいです。

本題のパーティー・イズ・オーバーです。
パーティー・イズ・オーバーは、淳子さんが歌う本格的なバラードです。
落ち着いて聞ける好きな曲です。

それでは、衣装を紹介します。今回も淳子さんは、いろいろ衣装を楽しませてくれます。
まずは、1979年8月13日年の夜のヒットスタジオでの濃い紫の衣装です。

パーティイズオーバー衣装1.jpg

次に10月8日の夜のヒットスタジオでの白いロングの衣装です。
この日は、野外で風が強かったので、特別の衣装かもしれません。
パーティイズオーバー4.jpg

次にピンク系の衣装です。
パーティイズオーバー衣装2.jpg

最後に一番印象にある黄色の衣装です。
パーティイズオーバー衣装3.jpg

どれも、懐かしい衣装です。今回も3パターンから4パターンの衣装で歌っていましたね、、

MISS KISSの衣装とあまり好きでないシングル(おまけでグラビア紹介) [桜田淳子 衣装]

スカパーの夜のヒットスタジオで"MISS KISS"が放送されました。
"MISS KISS"は、淳子さんのシングルの中では、あまり好きでない方に入ります。
あまり好きでない淳子さんのシングルをあえて3つあげるとすると(淳子さんの曲は、どれも、いろいろな趣きがあり、本当はあげたくないですが)
”追いかけてヨコハマ”と"MISS KISS"と”美しい夏”かなあ、、、いや他の曲にしようか、、、皆さんはいかがでしょうか?
”追いかけてヨコハマ”は、中島みゆきさんの曲では、いまひとつ。
"MISS KISS"と”美しい夏”は、夏の曲としては、、、

MISS KISSの衣装は2パターンあり、いずれも下記は、夜のヒットスタジオからです。
今回、見た、グリーンのパターン。
Misskiss2.jpg

当時のビデオから紫のパターン。
MissKiss.jpg

賞のとき赤の衣装もあるようです。


あと、今回は、いつものように明星か平凡のグラビアからの紹介です。
旅のんびり歩き1.jpg
旅のんびり歩き2.jpg

サンタモニカの風の衣装と紅白歌のベストテン [桜田淳子 衣装]

先日、スカパーで”サンタモニカの風”が放送されました。
サンタモニカの風は、CMソングにもなり、前作の冬色の街より持ち直してセールスで10万枚を超えました。
淳子さんらしくさわやかな歌です。

そのサンタモニカの風を歌っていたときの衣装を紹介します。
最初の2つは、紅白歌のベストテンからです。

紅白歌のベストテンは、渋谷公会堂から生番組で、月曜日20:00日本テレビで放送されていました。
以前も書きましたが、アイドルが中心が多かったので、よく見ていました。
ウソ発見器などコーナーもあり当時は、真剣に見ていました。
記憶が正しいけれですが、YTが淳子さんに抱きついたのは、当時許せなかった。
またオープニングのテーマソング”赤! 真っ赤な太陽に  白! ぽっかり白い雲 ほら みんなで歌おうよ”
も印象的でした。

紅白歌のベストテンの画像はテレビ局に残っているでしょうか?
トップテンは、最近、スカパーで放送されていますが、、
ぜひ、スカパーで放送してほしいです。


それでは、衣装の紹介です。
まずは、白に、中に緑の衣装です。この衣装がサンタモニカの風では、当時一番印象があります。
サンタモニカの風2.jpg

次に、白の衣装で、サイドがミニになっているものです。
少しセクシーです。これは、紅白の歌のベストテンからですが、今回夜のヒットスタジオでもこの衣装でした。
サンタモニカの風3.jpg

最後は、夜のヒットスタジオから紫系の衣装です。
(紅白歌のベストテンで探しましたが、見つからないので、、)
サンタモニカの風夜ヒット.jpg

いつも淳子さんはひとつの曲にいろいろな衣装で楽しませてくれました。

リップスティック [桜田淳子 衣装]

先日、スカパーで「リップスティック」が放映されました。
リップスティックは、十七の夏、夏にご用心、気まぐれヴィーナスに続く夏の勝負曲で、作詞も初めて松本隆さんが担当しました。
この曲は、中島みゆきさん作品の「追いかけてヨコハマ」と「二十歳になれば」の間の曲で、「しあわせ芝居」以降の最大の売り上げを記録しました。「追いかけてヨコハマ」は、今ひとつでしたが、「リップスティック」は、良くできたいい曲だと思います。さすが、松本隆さん作詞筒美京平さん作曲の曲です。
今回は、リップスティックの衣装を紹介します。前回は、ミスティーの衣装紹介で4パターンありましたが、今回のリップスティックは、何パターンあるでしょうか?

まずは、今回放送された夜のヒットスタジオから白い衣装です。
リップスティック1.jpg


次も夜のヒットスタジオから赤い衣装です。赤い衣装は、まさにリップスティックのイメージです。
リップスティック2.jpg



その次は、手持ちのビデオから金色っぽい衣装です。
当時、一番印象や記憶に残っている衣装です。
リップスティック3.jpg



最後は、ビデオからベストテンで着ていた白のミニです。
リップスティック4.jpg

ミスティーのときも4パターンでしたが、リップステックも4パターンありました。
(まだ、あるかもしれませんが、、、)
淳子さんは、他のアイドルと比べて衣装のパターンが多いですね、

リップスティックは、夏の勝負曲であったので、衣装とは違いますが、紅白歌のベストテンや、フジテレビの水泳大会では、水着で歌っていました。
ちなみに水着で歌うのは、次の年の夏の曲の「MISS KISS」が最後だったと思います。

タグ:桜田淳子

ミスティーの衣装(1981年の桜田淳子さん) [桜田淳子 衣装]

1981年、淳子さんは、ミスティーという斬新な曲で、衣装でも、あっと言わせてくれました。淳子さんのスタイルのよさを強調する衣装でした。
そのミスティーの衣装について紹介します。何種類あるでしょうか?すべて、当時記録したビデオからなので、画像がいまいちなのはお許しください。
まずは、一番有名なピンクの衣装です。これが一番有名です。先日放送されたものからでなく約30年前のビデオからです。


ミスティー1.jpg


次に、これもどこかのサイトにありますが、ゴールドとシルバーの衣装です。ピンクの衣装と同じく体にピッタリしています。


ミスティー4.jpg


3番目は、パープルの衣装です。前の2つと趣きが違います。

ミスティー2.jpg


最後は、ホワイトの衣装です。これは、ミスティーが発売されてから最後の方で使われました。


ミスティー3.jpg
一つの曲でなんと4種類の衣装というのは、めずらしいかと思っています。(当然、賞や紅白での衣装はカウントしません)。衣装がピッタリしていて動きもあるので、衣装の消耗が激しいからでしょうか、、、
1981年の淳子さんは、化粧、玉ねぎむいたら…、ミスティー、This is a “Boogie”といろいろな歌を歌いました。その年の紅白では、一番無難な、This is a “Boogie”を歌いました。化粧は、オリジナルは、中島みゆきさんが最初に歌っているし、玉ねぎむいたら…は、他局の主題歌、ミスティーは、NHKに向かない???
ところで、1981年は、妹分の松田聖子さんの2年目。チェリーブラッサム、夏の扉、白いパラソル、風立ちぬがすべてオリコンで1位。でもレコード大賞では、金賞はもらえず、その年から突如新設のゴールデン・アイドル賞という意味のない賞を受賞しました。レコード大賞のベテラン重視、演歌重視の古い体質が見えます。
1981年の淳子さん1980年からの淳子さんの延長で、歌、舞台、ドラマ、ラジオなどいろいろなものにチャレンジしていましたね、、
桜田淳子 衣装 ブログトップ