So-net無料ブログ作成
検索選択
桜田淳子 仕事仲間関係者 ブログトップ

桜田淳子さんと西城秀樹さん [桜田淳子 仕事仲間関係者]

桜田淳子さんは、同時期に活躍していた男性アイドルの新御三家(西城秀樹さん、野口五郎さん、郷ひろみさん)とは取材やテレビで、いっしょになることが多く、男性アイドルを応援していないのに、新御三家の歌を必然的に知って、覚えてしまうこともありました。
西城秀樹さんの歌では、「情熱の嵐」「ちぎれた愛」「薔薇の鎖」「激しい恋」「傷だらけのローラ」など印象的で
心に残っていて、好きな歌です。

今回は、桜田淳子さんと西城秀樹さんとの雑誌での写真、対談を中心に、紹介します。
桜田淳子さんと新御三家の組み合わせでは、西城秀樹さんが一番多い感じがしますが、、

(1)ハワイから(スター誕生で、ハワイ)
誕生日は、1日違いです。

1スター誕生での誕生日(ハワイ).jpg

(2)1977年4月でしょうか、、

2西城秀樹.jpg

(3)あやとり 1975年の対談です。

3西城秀樹3.jpg

あこがれ共同隊の共演前で、淳子さんは、「すごく楽しみにしているの。西城クンとは、ドラマはじめての共演だし、原宿が舞台で、ナウなファッションがいっぱい出てくるし」と言っています。

なぞなぞは、はやっていたけど、このころは、あやとりにこっていると書いてあります。

(4)あえて淳子さんだけの写真

4西城秀樹4.jpg

次は、1978年の対談です。

(5)

5西城秀樹との対談.jpg

淳子さん、ビールは、バドワイザーが好きだが、ビールより日本酒が好きだと言っています。

(6)

6西城秀樹との対談5.jpg

西城秀樹さんとの初仕事は、秋田県民会館で西城秀樹さんのショーに淳子さんがゲストで、出た時だそうです。
淳子さん、故郷で、歌ったので、歌いながら泣いたそうです。
その時、西城秀樹さんは、やさしい言葉をかけてくれたそうです。

(7)平凡の表紙での共演です。

7平凡表紙.jpg

西城秀樹さんとの共演は、ドラマでは、「あこがれ共同隊」での共演、歌番組の共演は、ありますね、、。
(8)あこがれ共同隊での共演

8あこがれ共同隊5.jpg

(9)歌番組の共演
何の番組でしょうか?

9西城秀樹さんと.jpg

歌番組の共演では、1977年10月3日の夜のヒットスタジオでの共演を思いだします。

(10)

10夜のヒットスタジオ御三家.jpg

(11)「Yesterday Once More」をデュエット

11秀樹と(ヒットスタジオ).jpg

(12)1975年9月1日の夜のヒットスタジオでの歌謡ドラマでの共演

12夜ヒト 寸劇.jpg

(16)1980年4月7日の夜のヒットスタジオでのメドレー(チューリップさんから情報をいただきました。)

メドレー.jpg

西城秀樹さんと桜田淳子さんの共演で、他にあるでしょうか?(たくさんあると思います。
西城秀樹さんの歌やドラマなどで、何か思い出はあるでしょうか?

西城秀樹さんとのエピソードがあります。

淳子さん、品川高校で、西城秀樹さんのファンが多く、サインを頼まれたど、仕事と学校をいっしょにしたくないので、断るのが大変だったようです。


他にも西城秀樹さんとの対談はありますが、今回は、これくらいで、、、
次は、野口五郎さんか郷ひろみさんとの共演、対談を書きたいと思います。

●「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページと
「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)」の紹介です。

☆チューリップさんからいただいた情報ですが、
4月26日発売の別冊宝島Specialの
「時代を彩った永遠の女神たち 昭和美女50人の肖像」の桜田淳子さんの写真が載っています。
気まぐれヴィーナスのころでしょうか、

(A)

takarajima160426.jpg

写真の内容は、
「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページに載せときます。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/information/takarajima20160426/takarajima20160426.html

「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページには、このようにホームページならではの桜田淳子さん情報をTOP画面に載せています。

「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページも少しずつ充実させていますので、
見守って下さいね、、

☆そして、そのホームページのシングルコーナーに
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/single.html

過去ブログで紹介した
天使の初恋
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/tenshinohatsukoi/tenshinohatukoi.html
白い風よ
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/shiroikazeyo/shiroikazeyo.html
夏にご用心
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/natsunigoyoujin/nastunugoyujin.html
しあわせ芝居
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/shiawasseshibai/shiawaseshibai.html
サンタモニカの風
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/santamonikanokaze/santamonika.html
パーティー・イズ・オーバー
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/partyisover/partyisover.html
Lady
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/lady/lady.html
美しい夏
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/utsukushinatsu/utsukushiinatsu.html
夕暮れはラブ・ソング
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/single/yugurewarabusongu/yugure.html

を紹介しています。
今後も充実させていきます。

☆”桜田淳子アーカイブ(バイオグラフィー歴史)”のコーナーです。
これは、当時の桜田淳子さんのあの時にプレイバックするコーナーです。

今回は、1977年の6月1日にプレイバックします。

この日は、ご両親が秋田からかけつけ、たった一人の国本女子高校の卒業式でした。
国本の校則のおさげでなく、髪きっています。

(13)

13国本卒業2.jpg

(14)

14国本卒業1.jpg


この国本高校卒業の出来事は、ホームページの「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)」
に追加しました。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/kunimotosotsugyo/kunimotosotsugyo.html

「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)」も少しずつ充実させていますので、
見守って下さいね、、
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography.html
この「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)」を解説付きは、他の所ではないと思いますので、頑張ってやっていきます。

【桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト】は、2014年1月に開設できました。
【桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト】を、今後、充実させて、
このサイトに来れば、桜田淳子さんの情報、活動、歴史がすぐわかるようにしたいと思います。
ポータルサイト的な役割にもしたいと思います。

ぜひ、あたたかく見守って下さいね、、
●”1枚の切り抜き”コーナーです。

(16)

おやじさん お好み焼き.jpg

●桜田淳子さん情報

・6月29日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑 #7」
・7月6日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑 #11」
・7月10日(日) 22:00 歌謡ポップスチャンネル 「レッツゴーヤング #38」This is a "Boogie"
・7月12日(火) 4:30ファミリー劇場「ドリフ大爆笑 #15」

shout83さんから情報をいただきました。(6/25追記)
・7月2日(土)7:30 TBSテレビ「サワコの朝」森昌子さんゲスト 中三トリオの話題が出るようです。
→明星か平凡の雑誌での中三トリオの撮影でのエピソードを紹介してくれました。(7/2追記)



☆鎌倉FMの水丘様から情報をいただきました。
・6月28日(火)22:10 鎌倉FM 『HEARTBEATS』
鎌倉アイドルBOXのコーナーで昭和アイドルが紹介されます。
今回は、桜田淳子さんは、紹介されませんが、昭和アイドルが好きな方は、ぜひ、ご視聴を、、、
インタ―ネットサイマルラジオで聞けるようです。
http://www.kamakurafm.co.jp/
http://www.jcbasimul.com/
→天地真理さん、アグネスチャン、南沙織さん、麻丘めぐみの曲がかかりました。(6/28追記)

桜田淳子さんが出るかわかりませんが、

・6月30日(木) 19:00 テレビ朝日「甦る歌謡曲」
女性アイドルが取り上げられます。
http://www.tv-asahi.co.jp/kayoukyoku/

・7月2日(土)12:00 日本テレビ「THE MUSIC DAY」
・7月16日(土)14:00 TBSテレビ「音楽の日」
・7月18日(月)11:45 フジテレビ「FNSうたの夏まつり」

・6月21日(火) 19:30 NHK 「うたコン」
1978年2月26日の「レッツゴーヤング」での「追いかけてヨコハマ」が流れました。
白いシャツに茶系のズボンと珍しい衣装でした。

(15)

oikaketeyokohama2.jpg

下記のホームページにも、書いておきます。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/

「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページには、このようにホームページならではの
桜田淳子さん情報をTOP画面に載せています。

・6月30日発売の女性セブン7月14日号に
桜田淳子さんが、山口百恵さんと78年の夜のヒットスタジオで、ピンクレディーの
「渚のシンドバッド」を歌ったことについて書かれています。

(A)

jyoseiseven160714.jpg

内容は、
「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページに載せときます。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/information/jyoseiseven20160714/jyoseiseven20160714.html

「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページには、このようにホームページならではの桜田淳子さん情報をTOP画面に載せています。

・6月30日(木) 19:00 テレビ朝日「甦る歌謡曲」で「スターものまね大合戦」での
桜田淳子さんの1976年のものまね映像や桜田淳子さん山口百恵さん森昌子さんのスリーキャッツの
「黄色いさくらんぼ」の1977年モノマネ映像が流れました。

(B)1976年ものまね映像

1976monomane.jpg

(C)1977年ものまね映像

kiiroisakurannbo.jpg

また、"昭和の元祖女性アイドル"のコーナーで1973年の日本歌謡大賞の「わたしの青い鳥」の映像が流れました。
森昌子さんから中三トリオのエピソードも聴けました。

これも「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のホームページに載せときます。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/information/yomigaerukayoukyoku160630/yomigaerukayoukyoku.html

「甦る歌謡曲」は、

南沙織さんの「17才」
天地真理さんの「ひとりじゃないの」 
森山加代子さんの「白い蝶のサンバ」 
安西マリアさんの「涙の太陽」
奥村チヨさんの「恋の奴隷」 

などいい映像がありました。

皆さんは、「甦る歌謡曲」観たでしょうか?
何か、印象的なところは、あったでしょうか?
「甦る歌謡曲」は、いい番組ですが、ネタギレが心配です。
今後も、レアな映像を放送して欲しいです。


・掲示板では、朝、お知らせしていましたが、
本日発売のFLASHに桜田淳子さんの水着の写真が掲載されています。
詳細は、後ほど。。。(7/5追記)

本日7月5日(火)発売のFLASH2016年7月19日号の
「我が青春のアイドルベストSEXY記念館」のコーナーに桜田淳子さんの水着写真が載っています。
桜田淳子さんの写真詩集 ”ためらい”やザ・サンミュージックに掲載されている写真とは、別カットの写真です。

flash.jpg

「我が青春のアイドルベストSEXY記念館」のコーナーには、桜田淳子さん以外に川島なお美さん、早見優さん、酒井法子さん、西村知美さんが載っています。

●スポーツ

・ウィンブルドンテニス(全英オープン)
6月27日(月) 23:00 WOWOW 1回戦 錦織圭vsサミュエル グロート
7月2日(土) 0:00 NHK,WOWOW  3回戦 錦織圭vsアンドレイ クズネツォフ
→j雨で、順延のため 7月2日(土) 19:00 WOWOW

錦織圭 4回戦進出→7月4日(月) 22:30 WOWOW 錦織圭-チリッチ

・サッカー
欧州選手権2016
決勝トーナメント
片側の山に、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、イングランドが入ってしまった。残念。
→準々決勝です。
ドイツvsイタリア戦が楽しみです。
→EURO2016 準々決勝 ドイツ対イタリア すごい試合だった。(7/3追記)

●プロ野球クイズです。
shout83さん、チューリップさんは、すでに、知っていますので、それ以外の方は、ネットで調べないで、直感で、答えて下さい。

投手のトリプル3の問題です。

1シーズンで、30勝、300奪三振、300イニング登板を3回達成した選手は、誰でしょうか?
shout83さん、チューリップさん以外の方、よろしくお願いします。



1シーズンで、30勝、300奪三振、300イニング登板を3回達成した選手は、誰でしょうか?
の答えは、

稲尾でした。
Since1974さん、dunsfordさん、正解でした。

ここで、新しい問題です。
shout83さん、チューリップさんは、すでに、知っていますが、

1シーズンで、30勝、30完投、300奪三振、300イニング登板を達成した選手は、誰でしょうか?
今回は、30完投が追加になっています。
shout83さん、チューリップさん以外の方、よろしくお願いします。

「花の中三トリオ」桜田淳子・山口百恵・森昌子(その1) [桜田淳子 仕事仲間関係者]

明日、「ザ・プレミアム・ザ・テレビっ子~ ”懐かし番組”大集合!第2弾」の放送がありますので、「花の中三トリオ」について、書きたいと思います。

三人娘、、、Wikiで調べると”若手の同世代の女性歌手3人の総称”ということで、

三人娘では、

美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみさん
伊東ゆかりさん、中尾ミエさん、園まりさん
南沙織さん、小柳ルミ子さん、天地真理さん

が、思い当たります。他にもいましたか?

桜田淳子さん、山口百恵さん、森昌子さんは、下記のように、同じ学年ということで、三人娘でした。

桜田淳子さん
1958年4月14日生まれ
1973年2月25日デビュー

山口百恵さん
1959年1月17日生まれ
1973年5月21日デビュー

森昌子さん
1958年10月13日生まれ
1972年7月1日デビュー

「スター誕生!」からデビューした森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんは、3人娘でしたが、「花の中三トリオ」と呼ばれていました。
ですので、進級するごとに、花の高一トリオ・花の高一トリオ・花の高三トリオと呼び名を変えていきました。
一人でも進級できなかったら、困ったことになっていたと思いますが、ならなくて良かったです。
「花の中三トリオ」の命名は、いつでしょうか? 山口百恵さんのデビューが上記のように、1973年5月21日ですので、それ以降命名されたと思います。

ここで、「花の中三トリオ」「花の高一トリオ」「花の高二トリオ」「花の高三トリオ」を紹介します。

(1)「花の中三トリオ」

中三トリオ3-3.jpg

この切り抜きは、6月3日放送の5月16日に収録が行われたスター誕生の写真です。
この時は、まだ、「花の中三トリオ」では、ありませんでしたが、「中学3年トリオ」と書いてあります。
「花の中三トリオ」の命名前から、百恵さんのデビュー後すぐに、この3人で、売り出すことを考えていたようですね、、

スター誕生BOXのブックレットによると、スター誕生100回記念(1973年8月26日放送)で、森昌子さん・桜田淳子さん・山口百恵さんの「花の中三トリオ」が確立したと書いています。

「花の中三トリオ」は、スター誕生のプロデューサーの池田文雄さんが命名しました。
“花の14才”“14才トリオ”では、しっくりこないのと、桜田淳子さんが、15才の誕生日が来ると全員14才でなくなってしまうので、「花の中三トリオ」になったようです。

「花の中三トリオ」の命名について森昌子さんは、
”正直、不思議な名前だって思ったんです。中三トリオって、そのままというか、、間違ってはいないけど、それぞれの名前をつけてもいいのにと思っていました」と語っています。(アサヒ芸能より)

皆さんは、「花の中三トリオ」の命名いかがでしょうか?

(2)「花の高一トリオ」

高1トリオ.jpg

(3)「花の高二トリオ」初恋時代で共演

高二トリオ.jpg

(4)「花の高三トリオ」涙の卒業式

高三トリオ.jpg

3人とも、変わっていくのが、よくわかります。

3人の並び順、大抵、森昌子さんが真ん中になります。
そして、向かって右に淳子さん、左に百恵さんが多いようです。(逆の場合もありますが)

スター順位については、以前下記で書いてあります。

DVD「初恋時代 / 出発(たびだち)」 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-09-09



”1枚のポスター”コーナーで、「花の中三トリオ」のポスターを紹介します。

(5)「花の中三トリオ」のポスター

中三トリオ.jpg

(6)「花の高三トリオ」のポスター

高3トリオ.jpg


当時は、桜田淳子さんが出演するTV歌番組には、山口百恵さん、森昌子さんがいましたし、ラジオの番組では、桜田淳子さんの歌以外にも、山口百恵さん、森昌子さんの歌が、かかりましたので、この二人も応援していました。

また、山口百恵さんは、デビューが淳子さんと同じ年であり、「青い果実」の歌詞のすごさに、注目せざるを得ませんでした。(中学生がこんな歌を、、、、)

山口百恵さんに関しては、ほぼすべてのLPは、持っていますし、新曲発表会にも行きました。
3番目に好きなアイドルでした。
森昌子さんは、淳子さんがデビューする前の「先生」「同級生」「中学三年生」が好きで特に、「中学三年生」が、良かったです。「記念樹」「春のめざめ」などもいいですね、


皆さんは、「花の中三トリオ」には、何か、思いはあるでしょうか?
また、「花の中三トリオ」の山口百恵さん、森昌子さんについては、どんな存在でしょうか、、


●明日、5月10日 21:00から NHK BS プレミアムで 「ザ・プレミアム・ザ・テレビっ子~ ”懐かし番組”大集合!第2弾」が放送されます。「スター誕生」の中三トリオが取り上げられることは、確実ですので、、
「花の中三トリオ」を満喫したいと思います。

また、今週は、5月7日 名曲にっぽんで、山口百恵さんの「プレイバックPart2」が流れましたし、5月7日の「徹子の部屋」では、森昌子さんが出演しました。(百恵さんの話題は、あったようですが、桜田淳子さんの話題は、なかったようです。)
やはり、今でも、こうして取り上げられるということは、「花の中三トリオ」は、いかにすごい存在であったかを再認識しました。
今やアイドルは、グループの時代ですが、この3人のそれぞれの個の力は、突出していました。

また、中三トリオは、紹介したいと思います。

最後に、”さくらんぼ”のコーナーで、桜田淳子さんで、締めてもらいます。

(7)

さくらんぼ17-4-2.jpg


★5月10日 NHK BS プレミアムで「ザ・プレミアム・ザ・テレビっ子~ ”懐かし番組”大集合!第2弾」で「スター誕生」が取り上げられました。(5/10 21時50分追記)

VTRで萩本欽一さん、元日本テレビの金谷さん、作曲家の中村泰士さん、新沼謙治さん、伊藤咲子さん、城みちるさんが出演していました。

●桜田淳子さん
桜田淳子さんの「禁じられた遊び」のものまねが流れました。
萩本欽一さんは、桜田淳子さんは、”来た時からスター”

●森昌子さん
歌がうまいでスカウトした。
学園三部作で成功した。(堀威夫さん)
せんせい 森昌子(NHK紅白)

●山口百恵さん
当時は、あれほどのスターになるとは、思わなかった。
もし、淳子をとっていたら、百恵は、とらなかった。
映像でいこう。(堀威夫さん)
一番輝いていなかったのは、百恵さん。根性がある子だった。(萩本欽一さん)
ひと夏の経験 山口百恵(NHK紅白)

●元日本テレビの金谷さん、新沼謙治さん、伊藤咲子さん、城みちるさんは、対談していました。

面接用紙は、すごい貴重でした。
萩本欽一さんを温かみがあるので、起用した。

●スター誕生は、審査員は、非常に厳しかったです。
萩本欽一さんの”万歳なしよ”に救われましたね、、、

●朝の連続ドラマでは、1975年の大竹しのぶさん主演の「水色の時」も放送されました。
第1回の貴重な映像も流れました。
「水色の時」は、第1回と最終回しか映像が残っていないようです。
オープニング、もう少し流して欲しかった。そうすると、、、、
「水色の時」は観てみたいですが、第1回と最終回しか、NHKに残っていないので、DVDは、発売は、できないので、残念です。

★「昭和40年男」6月号に「花の中三トリオ」が載っていましたので、購入しました。なんといいタイミングですね、、(5/10 9時40分追記)

昭和40年2.jpg

1973年の音楽コーナーで紹介されていました。
桜田淳子さんが一番上、山口百恵さんが2番目、一番下は、森昌子でした。
森昌子は、デビューが1972年なので、このような順番なんでしょうか、、、
この1973年の音楽コーナーは、桜田淳子さん40周年の「Thanks 40~青い鳥たちへ」の企画制作に加わった濱口英樹さんが担当しております。
1973年なので、浅田美代子さんも出ています。
萩本欽一さんの特集も組まれており、「昭和40年男」6月号は、お勧めです。


★週刊文春の「山口百恵レジェンド回想録」の記事に花の中三トリオについて少しだけ載っていました。(5/14追記)

★桜えびさんのふりがあったので、「花の中三トリオ」でなかったら、どんな名前が、良かったか考えました。(5/12追記)

・スタ誕3人娘
・ブリリアント3人娘
・MJM三人娘
・スリーフラワーズ
・スリーシャイニングスターズ
・フラワーシスターズ

あたりが、シーンとしているのがわかります。
やはり、「花の中三トリオ」が一番ですね


P.S.
5月12日 日本のワールドカップメンバー23人が発表されます。
今年は、冬季オリンピックがありましたが、6月からは、サッカーワールドカップが楽しみです。

→日本のワールドカップメンバー23人が、発表されました。
まあ、順当でしょうか、、、
大久保選手と青山選手がサプライズで選ばれました。
大久保選手は、選らんでもよかったと思いますが、岡崎選手、柿谷選手、大迫選手、大久保選手は、裏をとる似たような選手なので、途中交代は、3人しかできず、香川選手、本田選手、岡崎選手は、途中交代は、しないと思うので、そんな同じタイプのFW選手は、交代で、使えないし、もう少しタイプの違うFWを選んだらと思いまいした。柿谷選手の変わりにハーフナーマイク選手を選らんだら、終盤のパワープレイで、起用できると思います。
守備的MFの4人も遠藤選手、長谷部選手、山口選手、青山選手と似ている選手なので、青山選手の代わりに、守備的な細貝選手の方が、良かったかと思います。個人的見解ですので、、(5/12追記)

桜田淳子さんと浅田美代子さん(その1) [桜田淳子 仕事仲間関係者]

前々回の問題の答え発表を忘れていました。
「一生のうちで一番ステキな時って何かしら?一番すばらしい時って何かしら?」が問題でしたが
答えは、「青春を味わってる時」でした。天くちさん、正解でした。

桜田淳子さんと浅田美代子さんは、1973年デビューで、1973年は、自分にとって思いいれのある年です。
自分は、1973年から、アイドルを応援するようになり、それが、桜田淳子さんと浅田美代子さんでした。

当時、桜田淳子さんも浅田美代子さんもかわいかったですが、、、それぞれ、雰囲気が違ったかわいさでした。浅田美代子さんは、お嬢様ぽいかわいらしさでした。

皆さん、知らないかもしれませんが、
桜田淳子さんと浅田美代子さんの両方のファンクラブに入っていました。
(淳子さんのが、はるかに長くファンクラブに入っていましたが、、、)

桜田淳子さんの会員証は、下記で紹介しています。

サンミュージックと桜田淳子ファンクラブ会員証
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-02-07

そして浅田美代子さんの会員証です。

浅田会員証.jpg

今回は、近代映画に、桜田淳子さんと浅田美代子さんがいっしょに出ていましたので、を紹介します。

(1)

桜田淳子浅田美代子.jpg

大好きな物は、果物
好きな女優は、森光子さん

と2人の意見は、あっているようです。

(2)

桜田淳子浅田美代子2.jpg


この近代映画には、別冊付録がついていて、桜田淳子大百科、浅田美代子大百科がついています。
(同じ号だと推測します)

一方の表紙が

桜田淳子大百科.jpg

もう一方の表紙が

浅田美代子大百科.jpg

つまり、1冊で、桜田淳子大百科、浅田美代子大百科なのです。
その中から一部紹介します。


桜田淳子大百科6.jpg

「姉妹のように仲良し」と書いてあります。
「ジュンちゃんって、とてもしっかりしているからわたしの方が妹みたい」
「お姉さんさんのようにやさしいわ」とお互いに会話しています。



「桜田淳子大百科」の中には、家族、友達、将来、生い立ち物語、ミニミニ辞典、インタビュー、履歴書などが掲載されています。

今回は、「桜田淳子大百科」の一部、「将来」を紹介します。
(美代子さんの方は、紹介しません)

桜田淳子大百科8.jpg


”若い頃の吉永小百合さんに似た目もとと雰囲気を持っており”と書かれています。
デビューの時から言われていたんですね、、、


”可愛いだけの若い女の子なら彼女の他にもいくらでもいる。彼女のような清楚な美しさを持ってカンにいい女の子となるとなかなかいない。彼女を主人公にした青春ドラマを手掛けたいみたい”
と各局のディレクターは語っているのに対し、
淳子さんは、”お芝居は、好きだが、今は、歌しか考えられない。余裕ができた時にドラマをやりたい”
また事務所も”2年間くらいは、歌だけに全力投球させたいですね」と語っています。

主演の映画やドラマを考えると、大体そのとおりだったでしょうか、、、



ここで、桜田淳子さんと浅田美代子さんの曲を、歌本からの写真を絡めて、紹介します。

浅田美代子さんは、1973年2月14日、『時間ですよ』(第3シリーズ)のお手伝い役でデビュー
ですので、淳子さんより少し、早くデビューしました。

まずは、浅田美代子さんの1973年の歌です。

1.赤い風船 1973年4月21日
48.1万枚 1位

赤い風船.jpg

2.ひとりっ子甘えっ子 1973年7月21日
14.5万枚 10位

3.わたしの宵待草 1973年10月1日
10.2 万枚 11位

わたしの宵待草.jpg

4.恋は真珠いろ 1973年12月5日
12.1万枚 16位

次に、桜田淳子さんの1973年の歌です。

1.天使も夢みる 1973年2月25日
12.1万枚 12位

2.天使の初恋 1973年5月25日
7.1万枚 27位

天使の初恋.jpg

かわいいですね、、、

3.わたしの青い鳥 1973年8月25日
15.9万枚 18位

わたしの青い鳥.jpg

4.花物語 1973年11月5日
23.7万枚 9位

こうして見ると、1973年のデビュー曲と2曲目は、浅田美代子さんの方がヒットしましたが、
3曲目、4曲目は、桜田淳子さんの方が巻き返しました。

レコード大賞最優秀新人賞を淳子さんが獲った理由は、ここにもあるんですね、、、

1973年は、雑誌の人気投票では、浅田美代子さんの方が桜田淳子さんより少し、人気がありました。
この人気投票では、1973年のアイドルがたくさん入っていますね、、、デビューしたばかりなのに、、、

人気.jpg

1973年の新人の歌では、「赤い風船」が一番好きでした。
当時と比べ、ここ何年前からは、「わたしの青い鳥」が一番かも、、、
皆さんは、1973年の(新人の)歌では、何が一番好きですか?
「花物語」もいいし、「ひとりっ子甘えっ子」もいいし、、、

2人のデビュー曲に戻りますは、浅田美代子さんの「赤い風船」は、当時(1973年)にテレビの歌番組で歌うシーンは、存在しますが、桜田淳子さんが当時(1973年)にテレビの歌番組で歌う「天使の夢みる」は、あるんでしょうか?浅田美代子さんの「赤い風船」もレコード大賞と歌謡大賞だけですが、、、

同じことが、山口百恵さんデビュー曲の「としごろ」に言えます。
百恵さんが当時(1973年)にテレビの歌番組で歌う「としごろ」は、あるんでしょうか?


浅田美代子さんのファンクラブ会報は、

浅田美代子さんの後援会会報
http://ameblo.jp/majsmy/entry-11541961591.html

で、紹介されています。

P.S.
スカパーで、「時間ですよ・昭和元年」が放映されました。これも当時は、見ていました。
久しぶりなので、「われら青春」よりも優先度を上げて、観たいと思います。


「時間ですよ・昭和元年」については、いつか、どこかで紹介します。

桜田淳子さんと相澤秀禎さん [桜田淳子 仕事仲間関係者]

サンミュージック創業者の相澤秀禎会長が亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。

この記事に、相澤秀禎さんの情報があれば、少しずつ加筆していっています。

*夕刊フジ(6/6発売) (6/9追記)
・アイドルSEXY列伝

今も芸能界で活動していれば、日本を代表する歌手女優に、、、

・桜田淳子さんの芸能界復帰ある?

芸能界復帰は、かなり薄くなったと書いてあります。


雑誌情報も紹介していきます。(6/1,6/2,6/4,6/5追記)

雑誌3.jpg

*女性セブン
・会長相澤秀禎さん 生涯マネージャーの偉業の数々

*FRIDAY

*週刊女性

*女性自身

*アサヒ芸能
・桜田淳子の17年間


6/2のテレビ番組を紹介します。(6/2追記)

*日本テレビ
・シューイチ
アイドルづくり秘話
「わたしの青い鳥」(1973年日本歌謡大賞)

*TBS
・サンデージャポン
アイドルつくりの名人
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)

・アッコにおまかせ
相澤会長と桜田淳子の関係
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)

6/1のテレビ番組を紹介します。(6/1追記)

*テレビ朝日
・あさナビ
”相澤会長とアイドル史”
「わたしの青い鳥」(1974年日本歌謡大賞)

2007年の相澤会長の淳子さんに対する語り
「すごいフレッシュでで、秋田の子って肌がすごい真っ白できれいだったですね、、
あれがうけましたね、、クッククック・・・が、、、」

*TBS
・ニュースキャスター
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)

5/30のテレビ番組を紹介します。(5/30追記)
相澤秀禎さんの告別式の様子が放送されました。

*フジテレビ
・めざましテレビ
「サンミュージック相澤会長が輩出 時代を彩ったスター名曲集」の特集
「わたしの青い鳥」(1973年日本歌謡大賞)
「しあわせ芝居」(夜のヒットスタジオ」

*日本テレビ
・スッキリ!!
「都はるみ淳子聖子 数々のヒット曲誕生」の特集
この時のセーラー服の淳子さんは、かわいかったです。

わたしの青い鳥.jpg


桜田淳子さんがお通夜に参列したことが、5/29の新聞、テレビで取り上げられました。(5/29追記)
今回の桜田淳子さんの写真は、現在、芸能活動していなくため(一般人)、淳子さんの気持ちを考え、掲載を控えます。(取材に応じていないので)

まずは、スポーツ新聞です。6紙買いました。

桜田淳子16年ぶり3.jpg

左上は、日刊スポーツです。

・スポニチ(1面)
相澤さんとは定期的にあっていた。
・サンスポ(1面)
早見優さん、香坂みゆきさんと控え室で談笑。
・スポーツ報知(最終面)
相澤夫人と話。
・日刊スポーツ(25面)
手紙をやりとり06年エッセーを出版した時再会。
・デイリースポーツ(17面)
早見優さん、香坂みゆきさん、太川陽介さんと控え室で旧交。
・東京スポーツ(最終面)
桜田淳子さん幻の再デビュー(東スポらしい)
桜田淳子さんは、まだ歌を捨ててないと聞いた相澤さんは、復帰して欲しいと思っていたそうです。
(東スポなので、真意は、不明)

次は、5/29のテレビ番組を紹介します。(5/29追記)
相澤秀禎さんのお通夜の様子は放映されました。
桜田淳子さんの歌が番組によっては紹介されました。

*日本テレビ
・ZIP
・スッキリ!!
「わたしの青い鳥」(1973年日本歌謡大賞)
・ミヤネ屋
「気まぐれヴィーナス」
5/27のミヤネ屋でも「気まぐれヴィーナス」が流れました。
・every
「わたしの青い鳥」(1973年日本歌謡大賞)
・NEWS ZERO

*テレビ朝日
・やじうまテレビ!
「わたしの青い鳥」(1974年日本歌謡大賞)
・スクランブル
「わたしの青い鳥」(1974年日本歌謡大賞)

*TBSテレビ
・みのもんたの朝スバッ
・ひるおび!
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)
「しあわせ芝居」(ザベストテン)
桜田淳子さんと相澤会長の絆を特集
・Nスタ
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)

*フジテレビ
・めざましテレビ
・とくダネ!
「夏にご用心」(1976年日本歌謡大賞)
桜田淳子さんのバイオグラフィーの紹介
・アゲるテレビ
・スーパーニュース
「わたしの青い鳥」(1973年日本レコード大賞)

フジテレビのとくダネ!が一番良かったでしょうか、、「夏にご用心」が流れたので、
次が、TBSテレビのひるおび!が良かった」です。桜田淳子さんと相澤会長の絆を特集をしていたので、、


桜田淳子さんは、通夜に参列したことが、報道されました。(5/28追記)
桜田淳子さん 日本テレビのNEWS ZEROで映りました。(5/28追記)
写真は、控えます。

相澤秀禎さんの本「人生に拍手を!」を買いました。(5/28追記)
サーフサイド6さん紹介ありがとうございました。
古本ですが、状態は、非常に良いです。(折り目、シワなし)値段も1円でした。

相澤本.jpg


”サンミュージックのカラーを作ったビッグスター桜田淳子”とあります

相澤本2.jpg

この本で、桜田淳子さんの思い出が3ページくらいに綴られています。

「14歳の桜田淳子が登場した回は、予選からすでに、彼女のファンがつき、僕も淳子で行こうと即決でした清潔な笑顔。大きな瞳の秋田育ち。決勝で見事、優勝。森田健作がいる事務所ということで、桜田淳子が25社のプロダクションから我が社を選んで、くれた時は、冗談かいと信じられない喜びでした」

「14歳の彼女は、真摯な姿でした。彼女と相対しながら僕も何かを真剣に見始めていたのだと思うのです。彼女のひたむきな姿は、その後も一貫していました」

「少女が大人になるまでの過程、思春期から青春期、そして女性として魅力的に開花し、大人として自立するまで、ブラウン管、スクリーン、舞台を通じて、ファンを送り続けたテレビ世代のトップアイドル。それが桜田淳子でした」

アニーの演技、挑戦に対しては、
「桜田淳子のひたむきさと可憐さ、そして美しさが、見事に役柄と重なり合っていたのです。笑い顔にも泣き顔にもどちらにも明るい強さがあった。」


日本テレビ(ミヤネ屋)から相澤秀禎さんの愛情秘話(5/27追記)
この番組は、感動しました。

相澤.jpg

相澤秀禎さんをアイドル作りの名人として紹介されています。
森田さんや早見優さんのインタビューや聖子さんや法子さんのコメントを紹介していました。
都はるみさん、酒井法子さん、松田聖子さん、岡田有希子さんとの感動秘話が紹介されました。

桜田淳子さんとの感動秘話も紹介されました。
”アイドルとしての仕事を徹底サポート”とした話でした。

デビューするにあたり、淳子さんの父からのデビューする条件があり
その条件は、
その1 高校を卒業する
その2 20歳までは、間違いのないように、、、
だっとそうです。

そこで、相澤秀禎社長は、
1.自宅で、寝食を共にする
2.相澤秀禎社長の奥さんがお弁当をつくる
3.朝食は、必ず一緒に取る。
4.女性マネージャーがどこへ行くのにも同行
5.必ずツインの部屋で、女性マネジャーがいっしょにとまる。
6.”音合わせ””衣装合わせ””身の回りの世話”など常に3人から5人のマネージャーがつく

で、淳子さんのお父さんを安心させたそうです。

TV.jpg

引退した後も相澤秀禎さんは、定期的に淳子さんと会っていたそうです。
やめた人のケアをしていたようです。
これは、芸能界をやめた人、事務所を移った人に対してです。
早見優さんが、事務所に移ったあとでも、優さんの結婚記念日に花を贈られていたそうです。

この番組見て、相澤秀禎さんの素晴らしさ、やさしさを再認識しました、。


27日の日刊スポーツからです。(5/27追記)
記者の相澤秀禎さんに対する記事がありました。
相澤秀禎さんの信条は、「タレントとして学んでゆくためには、人づくりの土台なる家族関係が大事」だったそうです。
公演など現場に常に顔をだし、事務所を離れた人にも手を差し伸べた。
独立した松田聖子さんに対しては、18年後、業務提携を復活させたそうです。
桜田淳子さんに対しては、「今ならすごい舞台女優になっていただろう」と話したこともあったそうです。


25日のスポーツ新聞からです。(5/25追記)

相澤さんスポーツ新聞.jpg

25日、相澤秀禎さんの社員、タレントへの最後のメッセージが、公開されました。(5/25追記)
「皆さんは、この先もずっと僕の家族です。」が印象に残りました。

相澤秀禎社長は、現場主義の方でした。社長ですが、現場にのりこみ、自ら、いろいろ話をして、陣頭指揮をしていた印象があります。(5/26追記)


下記は、「ザ・サンミュージック」という本より

相澤秀禎社長は、当時は、朝、ジョギングをアイドルと共にしていたそうです。(5/26追記)
自分の直感を信じる姿勢と不思議なほど強運が、これまでの自分を支えたと自分自身語っています。(5/26追記)
芸能界に入りたい人と話をしているうちにいけそうかわかるそうです。(5/26追記)
「はっきりとオーラみたいなものが、見えるわけじゃないけど、普通じゃない何かがあるんです。次の日、朝、目が覚めると、そのタレントの顔が浮かんで、ああこういうふうに売ってやろうかとか興奮状態になるんだね。
その人間の目の輝きとか体全体から出てくるものがすごく興奮させるものがあったりするんです。」と語っています。(5/26追記)


相澤社長.jpg


相澤秀禎会長と言っても私には、相澤秀禎社長のイメージが強いです。
ここでは、会長でなく社長と言います。
社長と言えば、相澤秀禎さんでした。(オリコンの小池さんもいますが)

桜田淳子さんは、相澤秀禎社長宅にお世話になっていました。

社長宅.jpg

上記は、以前紹介しました。
相澤社長は、淳子さん以外にも、アイドルを自宅で、下宿させ、育てていきました。

相澤社長は、デビュー以来、淳子さんを大切に育ててきました。
淳子さんのいろいろなイベントにも、駆けつけたり、、、、
当時、相澤社長は、イベント(スプーン一杯の幸せの封切りイベント?など)で観たような、、、

社長と5.jpg

桜田淳子さんと相澤社長の写真です。

社長と2.jpg

社長と.jpg


相澤社長がいたからこそ、淳子さんも長くサンミュージックでいられたのですね、、、

グラビア(明星か平凡)からの淳子さんと危機一髪の女 [桜田淳子 仕事仲間関係者]

先日、スカパーの夜のヒットスタジオでLADYを歌う前に石野真子さんとの2ショットで映っていました。

石野真子.jpg

石野真子さんとは、雑誌(明星か平凡かどちらか)でも、下記のように共演していました。
たぶんこの夜のヒットスタジオより少し前で1979年ごろです。
同じスター誕生出身ということもあって、対談の記事になっています。

石野真子さんと.jpg

石野真子2.jpg


残念ながら、このころから、淳子さん単独でなく、後輩の歌手といっしょの取材での
共演で雑誌に載ることも、ありました。(石野真子さん以外にも後輩歌手との写真ありました)


次に、水曜日にBSで淳子さんの主演の「危機一髪の女」が放送されました。
「危機一髪の女」については、昨年(2010年8月6日)、このブログで紹介させていただきました。

http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-08-06を見てください。

ブログで紹介したドラマが再放送されたということは、良かったです。

長時間ドラマでは、
1992年「麗子の決闘」や1986年「湖に立つ女」や1987年の「遺言を頼まれた女」など、TBS系のドラマは、何回も再放送されましたが、今回は、日本テレビでかつ1982年(比較的古い)の火曜サスペンスのドラマの再放送は、価値があったと思います。あとは、さらに古いテレビ朝日系の土曜ワイド劇場の再放送を期待したいです。

P.S.
淳子さんと真子さんの対談を一部紹介します。
真子対談2.jpg
桜田淳子 仕事仲間関係者 ブログトップ