So-net無料ブログ作成
検索選択
桜田淳子 CM ブログトップ

エスエス製薬(その1)「新エスタック・W」 [桜田淳子 CM]

1974年から1980年までエスエス製薬のCMに桜田淳子さんが起用されました。
製薬会社のCMにアイドルが起用されるのは、画期的だと思います。

(1)

1.エスタック5.jpg

「カゼひかないで 淳子のお願い」というCMのキャッチコピーが印象的なエスエス製薬の「新エスタック・W」。当時このCMの「淳子のお願い」をカセットに録音したくて、何度も録音にチャレンジした記憶があります。中々、録音できませんでしたが、、、

下記がそのカセットです。

(2)

2カセット2.jpg

下記(3)にもありますが、CMで、「カゼをひいたら キスはおあづけ カゼをひいたら恋はお休み カゼをひいたら愛は日曜日」という淳子さんの歌があったと思います。
(3)

3新エスタックW.jpg

これは、「恋はお休み」というタイトルのCMソングです。
下記に収録されています。

(4)

4淳子のクリスマス.jpg


続きを読む


ヰセキ「さなえ」(その1) [桜田淳子 CM]

●1975年から1982年まで、毎年春になると「春はさなえの季節です。」でと桜田淳子さんの井関農機(ヰセキ)の 田植機「さなえ」のCMが、流れていました。
田植機「さなえ」のCMをまずは、紹介します。(ビデオより)

(1)

さなえ1.jpg

(2)

さなえ2.jpg

(3)

さなえ3.jpg

「やっぱり さなえ だべさ!」というCMキャッチフレーズもよく聞かれました。
「淳子のお願い」ではありませんが、「淳子の報告」「淳子の実感」というコピーもありました。


恒例の”さくらんぼ”コーナーからです。

ファンクラブの会報からです。
(4)

さなえ1-1.jpg

この半纏は、見たことがあります。

(5)CM撮りのエピソード

さなえ1-2.jpg

淳子さんは、井関農機(ヰセキ)の コンバインの「小太郎」のCMもやっていました。 

今でも、井関農機(ヰセキ)の 田植機は、「さなえ」の名前がつけられています。
コンバインは、「小太郎」の名前は、もうありません。
トラクターにも、「耕太」の名前がありません。

「さなえ」の名称が残っているのは、、
桜田淳子さん=「さなえ」=イセキ田植機といくことで、淳子さんの功績大です。


その功績を示す「ヰセキ」の宣伝がありました。
1983年ですので、「さなえ」のCMが終わっていたころです。
(6)

ISEKIアニープログラム.jpg

字が見えないと思いますが、、
「夢を育てるヰセキです」「いつもおそばに」と書いてあります。

ここで、淳子さんの「さなえ」とは、対照的な、百恵さんのCMです。

(7)

ターセル.jpg

ターセルとコルサの自動車のCMです。

●”1枚の切り抜き”コーナーです。

(8)

桜田淳子写真.jpg

●最後に新しい試みの、”桜田淳子さんに関する投票”コーナーです。
淳子さんの次のCMでどれが一番好きでしょうか?
覚えがないCMもあるとは、思いますし、抜けているのもありますが、お許し下さい。

ダリヤ ダリヤリップクリーム、ベネルック化粧品・ピアノセット
山一證券
SSK プリンゼ
日本模型 エレキベースギタープラモデル
尾崎商事 カンコー学生服
日本ビクター 純白カラーテレビ
学研 中一コース
江崎グリコ マカナッツチョコレート、コメッコ、知床しぶき 他
エスエス製薬 新エスタックW、ブロン液
井関農機(ヰセキ) 田植機「さなえ」シリーズ
松下電器産業 ルームエアコン楽園(CMソングのみ)
サンヨー食品 カップスター
日本電信電話公社(現・NTT) ミニプッシュホン
サンポット ファンヒーター
小林製薬 芳香剤(HANAE MORI・蝶)
わかもと製薬 強力わかもと
ホテル花水木
浜乙女
東洋証券
リンレイ
JR ナイスミディパス

下記投票所で、投票をお願いします。締切は、水曜日までです。
誰でも投票できますので、このブログの読者の方は、ぜひお願いします。
ただし、一人一票でお願いします。
参加者が多いほど、おもしろいですので、よろしくお願いします。







上記投票いただいた方で、コメントをいただける方は、上記のCMの中で、
1番好きなとCMと2番目に好きなCMと3番目に好きなCM(ベスト3)を教えて下さい。
2番目、3番目が決まらない方は、1番好きなCMだけでもかまいません。
また、1番目と2番目のCMだけでもかまいません。

投票所での結果とコメントでの結果の両方を発表したいと思っています


以前は、淳子さんのCMは、下記のように紹介しました。

淳子は純白(ビクターカラーテレビCMその一)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-07

カップスターのCMより(その1)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-06-24

懐かしのCMカンコー学生服、知床しぶきと花王フェザーシャンプー(ビデオより)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-07-30


知床しぶきでの淳子さんを追加します。(8/11追記)

知床しぶき5.jpg

●8月13日(水)フジテレビ「FNSうたの夏まつり」です。
●8月15日(金)歌謡ポップスチャンネル 「藤井隆の胸キュン!アイドル天国#7 金谷幹夫(元「明星」編集者)」
●8月16日(土) 12:15~22:00 NHK FM 「今日は一日“なつかしのアイドル”三昧」
●クリス松村さんの『「誰にも書けない」アイドル論』(小学館)は、購入されたでしょうか?

その中で、興味深いことが、ありました。

・一つ目は、アイドルの活躍期間として、シングルのオリコンチャートでのベストテン期間を指標にしていました。
アイドルの活躍期間(ベストテン期間)は、普通は、2年から4年と書いてありました。

南沙織さんはベストテン期間が5年。9曲がベストテンヒット
天地真理さんはベストテン期間が4年。11曲がベストテンヒット
麻丘めぐみさんはベストテン期間が4年。8曲がベストテンヒット
キャンディーズはベストテン期間が4年。8曲がベストテンヒット
ピンクレディーはベストテン期間が3年。13曲がベストテンヒット
桜田淳子さんはベストテン期間が5年。(花物語からリップスティック)18曲がベストテンヒット
山口百恵さんはベストテン期間が7年。(青い果実からさよならの向う側)29曲がベストテンヒット

ここに、出てくるアイドルは、超人気アイドルで、その中でも、淳子さんは、アイドルの活躍期間は、長くベストテン曲数も多かったです。

・二つ目は、アイドルとは、です。

Wikiでは、アイドルとは、
”日本の文化におけるアイドルとは、特に魅力的で可愛い、もしくはかっこいいとみなされる人物を指し、
例えばポップス歌手、役者、テレビタレント、雑誌や広告などに掲載される写真モデルなど、
数か月から数年に渡って継続的にマスメディアに登場する。 ”

国語辞典では、” あこがれの的。熱狂的なファンをもつ人。人気者”とありますが、、

クリス松村さんは、「Thanks40」のブックレットに書かれている桜田淳子さんの言葉
”汚い言葉を口にしない。マジ、やばいを言わず”にすごく同意していました。

もう一度、「Thanks40」のブックレットの3ページに書かれている桜田淳子さんのアイドルの定義を
見てください。素晴らしいです。

桜田淳子さんが考えるアイドルの定義(Thanks40のブックレットより)

志高く
品性をもち
毅然と前を向き
ピュアな心をもち
人の痛みがわかり
健気で
時におちゃめで
みんなに愛され
感謝する心を忘れない


●shout83さんからの情報です。
8月17日(日)13時 NHK・BSプレミアムで5月に放送した『ザ・プレミアム・ザ・テレビっ子~ ”懐かし番組”大集合!第2弾』が再放送。(8/15追記)

●shout83さんからの情報です。
8月21日のNHK-FM「歌謡スクランブル -ヒットメーカー・中島みゆきの世界-」で桜田淳子さんの「追いかけてヨコハマ」がかかります。(8/14追記)

●チューリップさんからの情報です。
8月13日 6時 歌謡ポップスチャンネル 「あの頃、この歌」で 桜田淳子さんの「はじめての出来事」が流れます。(8/9追記)
●shout83さんからの情報です。
日本テレビの「メレンゲの気持ち」で森昌子さんが桜田淳子さんのものまねで、「時代」を歌唱。(8/9追記)
●桜田淳子さんのアイドルの定義を一番最後に加えました。(8/9追加)
●9月2日(火)22:00~22:55 歌謡ポップスチャンネル  「レッツゴーヤング #38」(8/9追記)
「This is a "Boogie"」
●9月8日(月) 22:30 TBSチャンネル2 「閨閥」(8/9追記)


淳子は純白(ビクターカラーテレビCMその一) [桜田淳子 CM]

まずは、これを見てください。





上記紹介したCMは、カセットに記録してありました。
カラーテレビのCMでは、印象に残っています。

今回は、カラーテレビの話題です。

1960年代半ばのからカラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) が新・三種の神器として3Cとも呼ばれていました。
その中で、カラーテレビは、1968年頃から1970年代にかけて、電機メーカーから、発売され爆発的に普及しました。

各社カラーテレビの呼称があり、松下の「パナカラー」、日立の「キドカラー」、ソニーの「トリニトロンカラー」、東芝の「ユニカラー」ビクターの「純白カラー」、三洋の「サンカラー」、シャープの「ロングランカラー」、三菱の「ダイヤトロン」などでした。
日立の「キドカラー」は、「輝度」と「希土」から名付けられたことは、当時は、知りませんでした。

当時、小学高学年、中学のころから電気製品が好きだったので、電気製品のカタログを集めていました。
そのカタログもほとんど、捨ててしましいましたが、Victorのテレビのカタログだけは、捨てないで保管しておりました。

そのVictorのテレビのカタログを紹介します。
まずは、表紙から

(1)
Victor純白1.jpg

Victorのテレビは、純白カラーでした。
「淳子は、純白」、、、、、
淳子さんは、黄色でなく、純白でしょうか、、、、
カタログの中は、

(2)
Victor純白3.jpg

(3)
Victor純白4.jpg


Victorのテレビです。
(4)
Victor純白2.jpg

木を使ったデザインです。
当時は、木を使ったテレビが多かったようです。
また、当時は、ロータリーチャンネルで、当然、リモコンなどありませんでした。
当時は、自分の家は、ソニーのテレビで、木では、なかったと思います。
一時期だけ、祖母もいっしょの時があり、祖母は、Victorの木のテレビでした。
自分のテレビを買うまでは、すべて好きなテレビ見れませんでした。
皆さんは、カラーテレビは、どうでしたか、、、

Victorのカラーテレビのカタログ、まだありますので、またいつか紹介します。
(大体は、カタログのままですが、、雑誌と同じようにカタログを切り抜いてしまっているのもありました。)
また、懐かしいテレビのCMも探して紹介します。

次に恒例の”さくらんぼ”からです。

NO10.jpg



P.S.
Songsで、松田聖子さんが出ていました。

NHKホールで、ミニで、「夏の扉」を歌っていました。
50過ぎても、アイドル時代の歌を歌っている聖子さんをを観ていると、淳子さんもったいないと思ってしまって、、、(淳子さんも聖子さんのように、、、)

この番組で、松田聖子さんは、
「今もアイドルと呼ばれるのは」の質問に対し

「アイドルっていうのは、ものすごくステキな言葉で私の中でもキラキラした言葉なんですけど例えば”永遠のアイドル”って呼んでいただけるんだったらそれは、すごく幸せなことだなって思いますね」

と聖子さん言っています。

「私デビューして33年目であの時17歳で今も50過ぎてしまったんですけど、でも自分の中身というか音楽に対する気持ちだったりとかそういうのがあまり変わってなくて、、、」とも松田聖子さんは、言っています。

つまり、いつまでも変わらず、アイドルとして、当時のアイドル時代の歌を年齢を重ねても自然に歌えるんですね、、 素晴らしい事です。

カップスターのCMより(その1) [桜田淳子 CM]

カップスターのCMの淳子さんをビデオから紹介します。
カップスターの淳子さんのCMはいくつかあるようですが、車に乗っているバージョンです。1979年ごろでしょうか。

カップスター2.jpg

カップスター3.jpg

カップスター1.jpg

先日、ある番組で、CM特集としてカップスターの淳子さんが紹介されたようですが、見ることができませんでした。そのときのは、上記のCMでしょうか?
他のバージョンでしょうか?
このCMは、「カップスター、食べたその日から」で始まる歌詞がいいですね、、

以前淳子さんのCMの中から「知床しぶき」「カンコー学生服」のCMを紹介しましたが、どのCMも魅力的です。
淳子さんのCMの中では、「カンコー学生服」も良かったですが、やはり一番は、「エスエス製薬」でしょうか?

サンヨーカップスターは、日清カップヌードルに対抗して発売されました。
当時は、両方、食べていましたが、おいしさは、一長一短でした。
インスタントラーメンで、当時一番好きだったのは、カップスターやカップヌードルでなく”サッポロ一番しょうゆ味”でした。”サッポロ一番しょうゆ味”は、今でもシンプルでおいしいです。

淳子さんの他のバージョンもあると思いますので、ビデオから探して、あれば、紹介したいと思います。また、他のCMもあれば、紹介します。


懐かしのCMカンコー学生服、知床しぶきと花王フェザーシャンプー(ビデオより) [桜田淳子 CM]

本日書こうしていたことを変更して、懐かしのCMについて書きます。7月17日に書いた”ビバ!セブンティーン桜田淳子リサイタル2”の中で、プログラムの中にあった宣伝について書きましたが、ビデオを探していたところ2つのCMが見つかりました。
カンコー.jpg
1976年のカンコー学生服です。当時は、まだビデオを所有していませんので、後に記録したものです。このCMははつらつとした淳子さんが見られて気にいっています。
この映像は、他にもUPされていますが、自分がベータで記録したものからで、1987年のテレビ探偵団からの画像です。
カンコー2.jpg

知床しぶき.jpg
知床しぶき5.jpg
次は、知床しぶきのCMです。コミカルな淳子さん(一人二役)が見られます。
エスエス製薬のCMはありませんでした。残念、、、、、
淳子さんのCMは、他にも(あと3つくらいあるかな??)ありそうなので、今後紹介したいと思います。
淳子さんと同期デビューの歌手の懐かしのCM2つを紹介します。
カオーフェザー.jpg
浅田美代子さんの花王フェザーシャンプーです。1974年ごろのCMでしょうか?シャンプーを頭に載せた美代子さんが印象的でした。このCMは”きょうは特別きれいな1日が始まる始まる感じがするの”のバージョンの方です。”朝の約束忘れないでね胸がときめくの”方では、ありません。CMソングとしても印象的です。
フジカラー.jpg
フジカラーF2の山口百恵さんです。1975年のCMです。
CMは、歌と違って別の懐かしさがあり、ある意味その時代を表しているので、もっと録画しとけば良かったと今となって思っています。
桜田淳子 CM ブログトップ