So-net無料ブログ作成
検索選択
桜田淳子 歌 ブログトップ
前の10件 | -

オリジナルコンフィデンスとはじめての出来事 [桜田淳子 歌]

1977年ごろから、自分は、いわゆるチャートマニアで、洋楽では、ビルボード、邦楽では、オリジナルコンフィデンスのヒットチャートを記録したり、集めてたりしていました。

歌のヒットチャートでは、

テレビでは、「ベスト30歌謡曲(NET)」「ザベストテン(TBS)」「ザトップテン(日本)」「ビッグベストテン(フジ)」などありましたが、純粋な売り上げでなく、有線放送やはがきのリクエストも加味されていました。

またラジオでは、不二家歌謡ベストテン(ニッポン放送)、コーセー化粧品 歌謡ベスト10(FM東京)、決定!全日本歌謡選抜(文化放送)などありましたが、やはり、純粋な売り上げだけで順位をつけていませんでした。

ですので、放送局の思惑があり、テレビなどでは、出演できる人がランクアップされるようなランキング操作は、あったと思います。また、ファンにより組織票(リクエスト)もあったでしょうか、、、

歌のヒットチャートで、当時、一番、信頼できるのが、売り上げだけで、順位を決めるオリジナルコンフィデンスでした。

オリジナルコンフィデンスと言えば、2つの番組を思い出します。

ひとつは、TBSテレビの「ぎんさNOW」(月曜から金曜の17時)です。
1週間に1回、オリコンの小池社長が登場し、最新のヒットチャートを紹介していました。
「社長!」の呼び声で現れ、派手な服装でした。
いつも、淳子さんの新曲が何位か、注目して見ていました。また1位にならないか見ていました。

もう一つは、ニッポン放送でのオリコンの番組、「歌謡センター9時」(日曜の21時)がありました。

その番組から紹介します。
桜田淳子さんの情報もありますので、最後まで聞いてください。





声は、小池社長です。
桜田淳子さんの映画の話は、この番組の「アイドル最新情報」のコーナーからです。
「歌謡センター9時」では、オリコンシングルベスト20、オリコンアルバムベストテン、ゲストコーナー、アイドル最新情報などのコーナーがありました。


話しを戻しますが、オリジナルコンフィデンスのヒットチャートに、こだわりがあり、1977年3月7日から集め始めました。それが下記です。すべて紹介できませんが、、、

オリコン1977.jpg

16位に「あなたのすべて」が入っています。

ノートに貼っていて、10年以上も集めていました。ノートも30冊になります。
1977年3月7日より前も集めていましたが、一部しかありません。
下記が1977年3月7日より前の1975年5月26日のチャートです。

オリコン1975.jpg

9位に「ひとり歩き」 10位に「白い風よ」が入っています。

次に、「リップスティック」「プレイバックPart2」「炎」がベストテンに入った1978年6月19日のチャートです。
(天くちさんが歌詞を書きだしていた曲です)

1978年オリコン.jpg


オリジナルコンフィデンスのチャートは、週刊明星かテレビガイド雑誌の切り抜きで集めました。ですので、特大号(2週間)の場合など、そろわない週もありますが、ほとんど、オリコンの切り抜きを所有していています。
何年何月何日のオリコンチャートが見たい方は、リクエストをお願いします。
(1977年3月7日以降で、、、、)


ヒットチャートと言えば、「オリジナルコンフィデンス」が一番で、次が、「不二家歌謡ベストテン」が印象的です。

皆さんは、いかがでしょうか?


オリジナルコンフィデンスでは、桜田淳子さんとしては、「はじめての出来事」初めて1位をとりました。
淳子さんの曲で、自分が一番好きな、「はじめての出来事」を紹介します。
すでに、既知のものもありますが、珍しいのも紹介します。

自分が持っているビデオ、DVDからの「はじめての出来事」です。

●紅白歌合戦(1975年)
BSで放送しました。

紅白.jpg

●日本テレビ音楽祭(1975年)

日本テレビ音楽祭.jpg

●ビッグショー(1979年)

ビッグショー.jpg

●スターものまね大合戦(1975)

ものまね.jpg

●夜のヒットスタジオ(1977年)

夜のヒットスタジオ.jpg

●全員集合(1974年)

全員集合.jpg

●ザスター(1981年)

スター.jpg


最後ですが、これは、珍しいと思います。
●FNS歌謡祭(1975年)

FNS.jpg

動画サイトには、他の「はじめての出来事」はありましたが、、、、

はじめての出来事の歌本は、下記で紹介しました。

明星ヤングソングと平凡ソング
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-01-13

平凡、明星、近代映画
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-04-11

本来、第3週は、ライトな更新でしたが、予定した記事に、「懐かしの1970年代1980年代紹介コーナー」の新コーナーをやる予定でしたが、動画取り込むに時間を要していますので、第4週か、第5週に変更します。

P.S.
WBC いよいよ決勝ラウンドですね、、
準決勝は、前田健先発
決勝は、田中先発でしょうか、、、
随時、WBC関係の話題もお願いします。

次回の更新のお知らせと花占いの桜田淳子さん [桜田淳子 歌]

本日、更新予定でしたが、諸事情により、2~3日遅れての更新になります。
申し訳ありません。

2~3日お待ちください。

少しだけ、記事を書きます。

「花占い」の淳子さんです。

花占い2.jpg

このころの淳子さんは、「はじめての出来事」で、大ブレークする前で、ちょうど「かわいい」から「きれい」と言われるように、なったころのちょうど間くらいです。
この時期の淳子さんから、さらに大好きになりました。
「花占い」の曲自体は、淳子さんの歌で、11番目から15番目くらいに好きです。


次に、アサヒ芸能は、今回は徳光さんから、いい話がありました。
最後の証言者は、やはり、淳子さん、百恵さんと共通に近いですから、森昌子さんですかね、、

では、2~3日遅れて記事を更新しますので、その時は、必ず、よろしくお願いします。

20才になればの桜田淳子さんと特集本からの桜田淳子さん [桜田淳子 歌]

先週予告していたように、今回は、ライトな更新になりますが、タイムリーな話題を追加し、記事を一部差し替えます。


昨日、日本テレビのベストヒット歌謡祭で、桜田淳子さんの「20才になれば」が流れました。

20才になればベストヒット歌謡祭.jpg

わすか、20秒くらいでしたが、今回の日本テレビの選曲は評価できます。
淳子さんの歌で、「20才になれば」を選ぶところがすごいです。
テレビ朝日の選曲は、いつも「わたしの青い鳥」でしたから。。。


「20才になれば」は、夜のヒットスタジオ再放送でも流れていませんし、あまり流れていませんでした。
この映像は、当時、歌っている時と、髪の長さや髪型が違っているので、全日本有線放送大賞からでしょうか?どの時の映像かわかる方いますか???

「20才になれば」は、中島みゆきさんの曲で、歌詞は、少し、同じフレーズが多いですが、「追いかけてヨコハマ」よりは、好きでした。


山口百恵さんの映像も流れました。この映像も初見です。プレイバックPart2です。

プレイバック.jpg


次は、特集本からの桜田淳子さんです。

白い少女.jpg

白い少女2.jpg

白い少女3.jpg

次に”恋のひとりごと”から淳子さんの詩集です。

恋のひとりごと.jpg

桜田淳子さんの歌のベストテンと明星ヤングソングと平凡ソングから [桜田淳子 歌]

本来は、先週予定していた記事を今回紹介します。(本来は、月の第5週に紹介したかった内容)

桜田淳子さんの代表曲好き嫌いがあるが、下記の3曲になると思います。
これは、以前、このブログで書きました。
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2009-03-08

1.わたしの青い鳥
デビュー曲ではないが、デビューの年に数々の賞をとった誰もが知っている曲。
2.はじめての出来事
オリコン1位を記録し、ブレイクした記念の曲。
3.しあわせ芝居
中島みゆきさんの作品でイメージチェンジをした曲。

でも、実際好きな曲は、少し違ってきます。
ここで、私の淳子さんの"My Favorite Song" のベストテンです。
(一方的なので、すいません)
上位3曲は、明星ヤングソングと平凡ソングからまたは、明星から歌入りの淳子さんを紹介します。

1位 はじめての出来事

はじめての出来事.jpg

オリコン1位を記録し、ブレイクした曲。この歌は、最高です。
黄色いリボンで、ファンクラブに入り、「花占い」とこの「はじめての出来事」で、淳子さんをずっと応援しようと思った曲です。

2位 十七の夏

十七の夏.jpg

淳子さんの夏の歌では、一番。この十七の夏を歌っているころの淳子さん、一番好きでした。

3位 ひとり歩き

ひとり歩き.jpg

1975年の曲が続きます。スプーン一杯の幸せの主題歌でもあるし、、、

4位 泣かないわ

凝ったサウンドとストリングスでした。

5位 夏にご用心

十七の夏に劣らない夏の曲。

6位 わたしの青い鳥

淳子さんと言えば、、、、定番ですね、、、

7位 LADY

後期の曲から1曲。歌もいいですが、歌っている淳子さん最高でした。

8位 だからわたしは

”白い風よ”のB面。
歌詞、曲ともにいい。まさに青春ソング。
ドラマ「水色の時」の時の曲。

9位 天使のくちびる

天使の歌では、一番

10位 ねえ!気がついてよ

歌詞がすこし、なまめかしい

次点 あなたのすべて

今回のベストテンであって、TPOによっては、違ってきます。
でも1位と2位は、変わらないと思います。
3位から5位の中では、その時によって、入れ替わるかもしれません。

一番、輝いていた1975年から1976年の歌が中心になってしまいました。
このころは、一番、淳子さんに夢中でした。
しあわせ芝居、花占い、花物語、夕暮れはラブ・ソング、リップステックなどは、ベスト20には、入ります。

P.S.
1970年代好きなので、「俺たちの洋楽ヒット1977-79」を買いました。
以前もこのシリーズ買っていますが、以前と違う曲が選曲されているので、新しい「俺たちの洋楽ヒット」も買いました。

俺たちの洋楽ヒット.jpg

ジェリーラファティの「霧のベイカー街」が良かったですが
このアルバムには、ドナサマー、ボブウェルチも収録されていますが、淋しい限りです。

花占い [桜田淳子 歌]

花占い.jpg
この写真は、花占いを歌っている淳子さんです。
あまりにもかわいかったので当時、カメラでTVの淳子さんを撮りました。


このころのさくらんぼNo.5を紹介します。
さくらんぼ5.jpg

花占いの記事です。
前曲のかわいらしさを強調した黄色いリボンとまったく違った趣で
花占いは、今までより少し大人っぽくなりました。
またセリフが入っています。
このセリフと最後のサビの部分が非常に印象的でした。
さくらんぼ5-3.jpg
さくらんぼ5-4.jpg
この花占いの新曲のため、髪をのばしていると書いてあります。
コスチュームのスカートも少し長めになっています。
淳子さんが変わりつつある時で、(髪をのばし、スカート長め)
この後に大ヒットになった”はじめての出来事”が生まれることになります。


最後に明星か平凡かどちらかのソングブックからです。
花占い5.jpg

花占いは、自分では、大好きな歌です。

しあわせ芝居(中島みゆきさんと淳子さん) [桜田淳子 歌]

淳子さんの代表曲を3つあげるとすると、好き嫌いは別にして、
わたしの青い鳥、はじめての出来事、しあわせ芝居だと思います。
しあわせ芝居は、1977年の曲ですが、淳子さんのアイドルから大人の歌手への転機になりました。また作詞も阿久悠さんでは、ありませんでした。
しあわせ芝居は、中島みゆきさん作詞作曲ということで、当時、反響が大きかったです。
今までの明るい曲からしっとりした曲でした。
下記は、ザベストテンでしあわせ芝居を歌う淳子さんです。
ちょうど、ベストテンが始まったころですので、1978年1月だと思います。

しあわせ芝居ベストテン.jpg

下記は、月刊明星か月刊平凡からです。
中島みゆきさんとの対談が掲載されています。
中島みゆき1.jpg
中島みゆき2.jpg


下記は、たぶん週刊明星からで、
中島みゆきさんとゲートボールする淳子さんです。
ここには、シンガーソングライターの中島みゆきさんとアイドル歌手の桜田淳子さんのコンビが話題を呼びそうだと書かれています。
中島みゆき3.jpg
中島みゆき4.jpg


また、さくらんぼ28号には、中島みゆきさんとの対談が載っています。
みゆき対談.jpg

さくらんぼ29号には、しあわせ芝居40万枚記念パーティーで中島みゆきさんと乾杯している淳子さんが載っています。
しあわせ芝居記念パーティー.jpg

中島みゆきさんの曲は、しあわせ芝居、追いかけてヨコハマ、20才になれば、化粧とありますが、やはり最初のしあわせ芝居が一番良かったと思います。

ピンクレディーの曲を歌う淳子さん [桜田淳子 歌]

下記の写真は、TVで何回も紹介されているので、有名ですが、
1978年4月10日の夜のヒットスタジオでの百恵さんとの渚のシンドバッド
です。リハーサルでのVTRをONAIRしたものです。
振り付けもありましたね、、、
二人の表情もいいです。
ピンクレディー渚のシンドバッド.jpg


今回、紹介したいのは、上記以外のピンクレディーの曲を歌った淳子さんです。

1977年4月11日のNTV紅白歌のベストテンで、岡崎友紀さんとのペッパー警部です。
こちらの方が衣装、振り付けは、本格的です。一生懸命ものまねしている淳子さんが印象的です。
また、赤組司会の岡崎友紀さん、歴代のNTV紅白歌のベストテンの赤組司会者で一番良かったです。岡崎友紀さんの"おくさまは18歳"は、再放送で、よく見ていました。

NTV紅白歌のベストテンは、淳子さんの出演が多いので、当時は、かかさず見ていました。
アイドル歌手や流行の曲を見れることで、好きな歌番組でした。
また、渡辺プロの歌手は、出演はしませんでした。(裏番組の関係)


ピンクレディーペッパー警部.jpg


PS.
1977年1月31日の紅白歌のベストテンでは、下記のように、山口百恵さんも研ナオコさんとペッパー警部を歌っていました。(淳子さんより本格的ではないですが、、、)

ピンクレディー百恵.jpg

ちなみにピンクレディーは、1978年に見事に"UFO"でレコード大賞を獲得しました。演歌やベテラン重視のレコード大賞では、英断でした。


気まぐれヴィーナスとショートカットヘアの淳子さんと少し日本レコード大賞 [桜田淳子 歌]

気まぐれヴィーナス.jpg
夜のヒットスタジオからの気まぐれヴィーナスですが、オープニングで、淳子さんのショートカットにした話題と写真が紹介されました。
淳子さんのショートカットは、下記のように各雑誌でも取り上げられました。
ショート3.jpg
ショート1.jpg
ショート2.jpg

ショート5.jpg
ショート4.jpg
淳子さんのショートカットもいいですね、、気まぐれヴィーナスは、夏に強い淳子さんということで、オリコン7位のヒットになりました。また1977年は、この曲で、第19回日本レコード大賞候補ノミネート になりました。ただ、この年までは、日本レコード大賞は、歌唱賞と言う切り口のため、当然受賞できていません。翌年から歌唱賞が廃止され、金賞に変わりましたが、、、歌唱賞だと、公平に、ヒット曲が受賞しにくく、この人は、歌がうまい固定観念があり、歌手の歌唱力を判断するという当時のレコード大賞には、疑問を持っていました。アメリカのグラミー賞では、このような歌唱賞はありません。日本レコード大賞は、歌唱賞だけでは、ヒットした歌手がもれるということで、大衆賞など、賞を設けていました。歌唱賞と大衆賞の差、意味ないと思います。歌唱力で、差をつけるこの賞は、当時は、なぜと思っていました。ちなみにこの年紅白では、気まぐれヴィーナス歌っています。

グッドバイハッピーデイズ [桜田淳子 歌]

グッバイハッピイデイズ.jpg
これは、”ザ スター”という番組で淳子さんの特集の4回目の番組で歌われた”グッドバイハッピーデイズ”です。、”ザ スター”という番組で淳子さんは、わたしの青い鳥からミスティーまでのヒット曲は、アルバムの曲、他の歌手も曲を歌っていました。
まさかブログのタイトルの”グッドバイハッピーデイズ”が録画されていたなんて、、、
”グッドバイハッピーデイズ”は、アルバムの歌の中でも気にいっています。皆さんはアルバムの中では、どの曲を気にいっていますか。
グッバイハッピイデイズ2.jpg
1981年の淳子さんです。1981年の淳子さんも輝いています。
ちなみにこの4回目の番組は、”もう戻れない””20才になれば””グッドドラックアンドグッドバイ””秋桜””美しい夏””グッドバイハッピーデイズ”が歌われました。今後”ザ スター”
の他の回の番組も紹介できたらと思います。
タグ:桜田淳子

ビデオから”追いかけてヨコハマ” [桜田淳子 歌]

追いかけてヨコハマ.jpg
この画像は、1978年に撮ったビデオからの”追いかけてヨコハマ”です。1978年、バイトで、念願のビデオ(ベータマックス)を買いました。当時、アンテナ状態がよくないため画質は、悪いです。
この番組は、テレビ朝日の”全国歌謡ネットワーク”という歌番組で、ベスト30歌謡曲の後継の歌番組でした。淳子さんのビデオは、1978年3月にビデオを買ったので、追いかけてヨコハマ以降の歌が記録されてもっています。ただ、フルコーラスで、記録している歌は少ないです。今後、ビデオからも、懐かしい映像も紹介したいと思います。
タグ:桜田淳子
前の10件 | - 桜田淳子 歌 ブログトップ