So-net無料ブログ作成
桜田淳子 映画 ブログトップ
前の10件 | -

「イタズ 熊」 [桜田淳子 映画]

「イタズ 熊」は、1987年9月5日公開の東映 の映画です。

昭和3年秋田県阿仁村を舞台に、老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に心のふれあいを描いた映画です。
監督は原作も執筆した後藤俊夫さんです。(イタズとはクマの方言です)
1987年、第42回毎日映画コンクール・日本映画優秀賞し文部省特選映画です。


itazuprogram.jpg

桜田淳子さんは、主人公の老マタギ岩田銀蔵(田村高廣さん)の戦死した息子の未亡人の岩田キミ役を演じています。
桜田淳子さんは、戦死したダンナさんの父親や自分の子供を大事にして、
映画としても、最後は、悲しいですが、心温まる映画になっています。
共演は、田村高廣さん、宮田浩史さん、由利徹さん、樋浦勉さん、清川虹子さんです。

ストーリーは、人の手で子熊を愛情を持って育て、山に放ったものの、成長し、
大人になった熊(ゴン太)と、闘わねばならない運命を描いています。

渋谷東急で、試写会が行われました。

(1)1イタズ試写会.jpg

(2)

2イタズ試写会2.jpg


itazuprogram.jpg

”桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)”のコーナーです。
これは、当時の桜田淳子さんのあの時にプレイバックするコーナーです。

今回は、1987年8月29日にプレイバックします。

また、秋田でも先行ロードショーとして、1987年8月29日 舞台挨拶とサイン会がありました。
後藤監督、田村高廣さん、桜田淳子さんが出席しました。

(3)

3イタズサイン会2.jpg

秋田東映は、各回とも大入りでした。

この出来事を、下記ホームページの「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」に追加して行きます。
詳細は、下記のURLを見てください。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/itazusenkou/itazusenkou.html

「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」は、
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography.html
2013年2月にブログでまず公開し、
2014年1月には、サイト(ホームページ)で、公開し、他の所ではなく、私のオリジナルと思いますし、
「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」は、出来事を時系列に並べるのに時間がかかりましたので、これからもライフワークとして続けて頑張ってやっていきます。
今後も出来事を加えていきますので、完成まで、見守って下さいね、、、
このバイオグラフィー・歴史・年譜・年表・歩みを一部複製してHPで、公開したり、一部複製した後追加情報を加えて直したりしての公表は、控えて下さい。

ロケは、1年もかかったようです。
秋田での撮影シーンです。

(4)

4秋田での撮影シーン.jpg

(5)

5イタズ映画5.jpg

映画より

(6)義父の岩田銀蔵役の田村高廣さんと

6イタズ映画.jpg

(7)息子の岩田一平役の宮田浩史さんと

7イタズ映画3.jpg

(8)

8イタズ映画2.jpg

(9)

9イタズ映画6.jpg

(10)

10イタズ映画9.jpg

この映画で、後藤監督が秋田出身だから出ていただくのではなく、この役にふさわしい女優さんとして
出演をお願いしたいと言ったそうです。
それが、淳子さん嬉しかったそうです。

また、この役については、淳子さんは、祖母や母を思い出しながら演じたようです。
また、この映画中、小熊に噛まれたそうです。
(Since1974さんから情報をいただきました。1987年9月4日の朝日新聞からです。)

淳子さん、この映画は、ずいぶん気にいっていて、自分でも2度この映画を観たようです。

いつものように、「イタズ 熊」での衣装を中心に桜田淳子さんを紹介します。
今回は、昭和3年頃の衣装なので、それぞれ、そんなに変わりがありません。

(A)

Aイタズ衣装1.jpg

(B)

Bイタズ衣装3.jpg

(C)鉱山の選鉱場で働くシーン。

Cイタズ衣装5.jpg

(D)

Dイタズ衣装6.jpg

(E)

Eイタズ衣装7.jpg

(F)

Fイタズ衣装8.jpg

(G)

Gイタズ衣装10.jpg

(H)

Hイタズ衣装9.jpg

今回、淳子さんは、秋田美人のいい役柄でした。
また、この「イタズ 熊」は、感動的であり、非常によくできた映画だと思います。

桜田淳子さんの映画、以前、下記で紹介しています。

ストロベリーロード
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2016-05-20

おれは男だ! 完結編
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-07-03

「花の降る午後」
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-01-07

「ひとつぶの涙」
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-06-27

次回は、「白い手」か「善人の条件」を紹介する予定です。


●1979年の明星か平凡から”桜田淳子の泣きどころ”と題して桜田淳子さんの弱点を紹介しています。

A泣きどころ1-1979-3.jpg

(11)太れない

1泣きどころ2-1979-3.jpg

(12)スピード恐怖症

2泣きどころ2-1979-3.jpg

(13)朝はつらい

3泣きどころ2-1979-3.jpg

(14)潔癖症

4泣きどころ2-1979-3.jpg

(15)大きい猫

5泣きどころ2-1979-3.jpg

大きい猫がきらいであるということですが、イタズの時、クマは、どうだったのでしょうか、、

(16)クスグッタリ

6泣きどころ3-1979-3.jpg

私は、今でなく、当時当てはまるのは、
(11)(12)(15)くらいでしょうか、、、


●5月5日(金)都内で”ハッピー・シニア犬表彰式”
(愛犬を大切に育ててくれた飼い主さんに感謝を込めて)
が開催され、浅田美代子さんによるトークとシニア犬の表彰式がありましたので
行ってきました。

浅田美代子さんから、飼い犬は、最期まで、 看取って欲しいというメッセージがありました。
また、犬のブリーダ(蓄犬業者)の実態も考えさせらました。
このような、犬のブリーダ(蓄犬業者)に免許(資格)がないので、免許が必要なことを痛感しました。
署名もしてきました。
浅田美代子さんの動物愛護活動は、素晴らしいことだと思いますし、その活動を支持していきたいと思います。


(X)

浅田美代子イベント2.jpg

(Y)

浅田美代子イベント.jpg

●桜田淳子さん情報

・5月6日(土) 22:00 歌謡ポップスチャンネル「野口五郎の改札口の伝言板」で森昌子さんがゲスト
中三トリオのエピソードを話しました。(5/7追記)

・1970年代の週刊プレイボーイの表紙登場ランキングは山口百恵さんとアグネス・ラムさんが1位。
以下、岡田奈々さん、桜田淳子さん、多岐川裕美さんなどが続くそうです。(5/6追記)
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/05/06/84308/

・5月8日(月) 3:05 NHKラジオ第1とNHK FM「ラジオ深夜便 徳田章」
〔にっぽんの歌こころの歌〕 ’70年代アイドル・ファイル 桜田淳子集
shout83さんから情報をいただきました。
→桜田淳子さんの事(オリコン順位、各賞受賞、エンゼルハット、ドラマやCMの曲など)
を交えながら、天使も夢みる、わたしの青い鳥、はじめての出来事 、白い風よ、十七の夏
ねえ!気がついてよ 、しあわせ芝居、リップスティック、サンタモニカの風 、眉月夜が流れました。
バランスいい選曲だったと思います。(5/8追記)

・5月8日(月) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#34」
・5月10日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#36」
・5月11日(木) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#48」
・5月13日(土)10:00 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
・5月14日(日)14:30 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
(1977年1月20日放送分で、はじめての出来事などを歌うようです。)
・5月14日(日)  4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#40」
・5月23日(火)  4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#48」
・5月30日(火)  18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#57」

●スポーツ

・テニス ムチュア・マドリード・オープン
錦織圭出場予定

ストロベリーロード [桜田淳子 映画]

「ストロベリーロード」は、1991年4月27日公開の東宝の映画です。

60年代のカリフォルニアを舞台に、広大ないちご畑に夢を託す日本人兄弟の姿を描く映画です。
監督は「海へ See you」の蔵原惟繕さん。

桜田淳子さんは、カリフォルニアのコンサルティング会社で働く池谷尚子役で大人の女性を演じています。
共演は、松平健さん、夏木マリさん、石橋保さんです。

いつものように、「ストロベリーロード」での衣装を中心に桜田淳子さんを紹介します。

(1)黒のドレス
(1-1)

ストロベリーロード1.jpg

(1-2)

ストロベリーロード1-2.jpg

(2)白の柄入り

ストロベリーロード2.jpg

(3)白のワンピース

ストロベリーロード3.jpg

(4)グレンチェックのスーツ

ストロベリーロード4.jpg

スポーツニッポンからの「ストロベリーロード」の淳子さんです。

(5)

5スポニチ.jpg

映画としての「ストロベリーロード」は、まあまあでしょうか、、
淳子さんの出番もそんなに多くありません。
この映画、淳子さんのベッドシーンがあったようだが、私が見たビデオソフトには、入っていなかったようです。
淳子さん主演の前期の青春映画は、当時、映画館で、観ましたが、
「ストロベリーロード」は、映画館で、観ていません。
映画館で、観た方、いますでしょうか?

淳子さんの1987年以降の映画は、下記で紹介しています。
おれは男だ! 完結編
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-07-03

「海へ -See you-」鑑賞記と「一枚の絵」(アルバム)の紹介(女優の桜田淳子さんと歌手の淳子さん)(追加あり) 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-09-14

次回は、「イタズ」「白い手」「善人の条件」のいずれかを紹介します。


●”切り抜き”コーナーです。

1975年の桜田淳子さんです。

(6)

JOY-a.jpg

(7)

JOY-b.jpg

(8)

JOY-c.jpg


”桜田淳子アーカイブ(バイオグラフィー歴史)”のコーナーです。
これは、当時の桜田淳子さんのあの時にプレイバックするコーナーです。

今回は、1974年8月30日にプレイバックします。
明星募集歌の発表会が、1974年8月30日に西武遊園地(埼玉)で開催されました。
(9)

myojobosyuka.jpg

桜田淳子さんと山口百恵さんのジョイントコンサートになりました。
(10)

myojobosyuka2.jpg

西武遊園地の噴水ステージに1万人を超えるファンが集まり、桜田淳子さんは「花占い」
山口百恵さんは「ちっぽけな感傷」を歌いました。

(11)

myojobosyuka3.jpg

ホームページの"桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト”の
桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)の方にもリンクを貼って載せときます。

http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/myojobosyuka/myojobosyuuka.html

このように、少しづつ桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年表)を充実させていきます
ので、よろしくお願いします。

明星の募集歌については、以前、下記で、記事にしています。

花の1973年トリオの1974年の歌(桜田淳子、浅田美代子、山口百恵)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-07-20

●桜田淳子さん情報

・5月25日(水)19:30 ファミリー劇場 「ドリフ大爆笑 #57」
・5月26日(木)12:00 AXNミステリー 「病院坂の首縊りの家」
・6月3日(金) 13:00 フジテレビTWO  「世にも奇妙な物語」8時50分
・6月13日(月) 23:00 歌謡ポップスチャンネル 「レッツゴーヤング #38」This is a "Boogie"

桜田淳子さんは、出ないと思いますが、、、

・5月23日(月) 19:00 BS-TBS 由紀さおりの素敵な音楽館「70~80年代アイドル歌謡曲」

●スポーツ

・野球クイズの答えですが、

生涯成績で、
300勝、3000奪三振、300完投している投手が2人います。
1人は、金田ですが、もう一人は、誰でしょう?

答えは、

鈴木投手でした。

300勝3000奪三振は、金田、米田、小山、鈴木の4人いますが、300完投になると鈴木投手になります。
dunsfordさんが正解でした。

・バレーボール:女子リオ五輪世界最終予選
なんとしてもオリンピックに行って欲しいです。

タイが韓国に勝ったので、日本は、イタリアかオランダに勝利しないと苦しくなります。
(負けても2SET取れば、大丈夫のようです。)
5月21日(土) 19:00 TBSテレビ 日本vsイタリア
5月22日(日) 19:00 フジテレビ 日本vsオランダ

・テニス 全仏オープン
5月22日(日) 20:00 テレビ東京、WOWOW 1回戦 錦織圭vsシモーネ ボレリ(5/22追記)

・UEFA チャンピオンズリーグ決勝
5月29日(日)3:15 レアルマドリッドvsアトレチコマドリッド

・プロ野球セットを契約してしまいました。


ストロベリーロード [VHS]

ストロベリーロード [VHS]

  • 出版社/メーカー: フジテレビジョン
  • メディア: VHS




おれは男だ! 完結編 [桜田淳子 映画]

「おれは男だ! 完結編」は、1987年の公開された映画で、
昭和46年に日本テレビ系で放映された学園ドラマ「おれは男だ!」の続編のような作品です。

テレビの「おれは男だ!」が大好きだったのとこの映画「おれは男だ! 完結編」には、桜田淳子さんが友情出演をしているということで、松竹株式会社ビデオ事業部から当時発売されたビデオを入手しましたので、紹介します。(入手時期は、かなり前で、観たのも、前ですので、結構忘れているかもしれません)

(1)

1おれは男だ.jpg

(2)

2おれは男だ2.jpg

出演者は、森田健作さん、京本政樹さん、 長門裕之さん、 田中好子さんでした。
一番残念なのが、吉川操役が、早瀬久美さんでなく田中久美さんであったことです。

淳子さんは、早見優さんと友情出演しています
剣道の試合での青葉高校の応援団の役で、登場しています。

(3)

3応援団.jpg

(4)

4応援団2.jpg

映画としては、大好きな青春映画ですので、感動しました。
淳子さんの出番、少ないですが、お勧めです。

●今回、「おれは男だ! 完結編」を紹介しましたので、日本テレビでの学園ドラマ(青春ドラマ)を振り返ってみましょう。
主演の教師役と女性教師役と主題歌をまとめました。

・1965年 「青春とはなんだ」(ラグビー)
夏木陽介
藤山陽子
主題歌「若い明日」 歌:布施明
挿入歌「貴様と俺」 歌:布施明

・1966年 「これが青春だ」(サッカー)
竜雷太
松代優子

主題歌「これが青春だ」歌:布施明
挿入歌「貴様と俺」 歌:布施明

・1967年 「でっかい青春」(ラグビー)
竜雷太
広瀬みさ

主題歌「でっかい青春」歌:布施明
挿入歌「青春のマーチ」歌:布施明

・1968年 「進め!青春」(サッカー)
浜畑賢吉
亀井光代

主題歌「進め!青春」歌:浜畑賢吉「進め!青春」
 
・1969年 「炎の青春」(バスケット?)
東山敬司
柏木由紀子

主題歌「炎の青春」歌:中原蒼二

・1972年 「飛び出せ!青春」(サッカー)
村野武範
酒井和歌子

(5)

5和歌子.jpg

主題歌「太陽がくれた季節」歌:青い三角定規
挿入歌「青春の旅」歌:青い三角定規

・1974年 「われら青春!」(ラグビー)
中村雅俊
島田陽子

(6)

6われら青春.jpg

(7)

7島田.jpg

主題歌「帰らざる日のために」歌:いずみたくシンガーズ
挿入歌「ふれあい」歌:中村雅俊


「炎の青春」以外は、全部、当時の再放送で、観ました。
(「炎の青春」は、視聴率が振るわず10回で打ち切り。)
ここ数年で、「飛び出せ!青春」と「われら青春!」がスカパーの日テレで放送がありましたので、再び、観ることができました。


●森田健作さん主演の学園ドラマは、教師が主役でなく生徒が主役でした。

・1971年「おれは男だ!」(剣道)
森田健作
早瀬久美
主題歌「さらば涙と言おう」歌:森田健作
挿入歌「男なら気にしない」「青春の旅」「友達よ泣くんじゃない」歌:森田健作

・1973年「おこれ!男だ」(柔道)
森田健作
佐藤オリエ

主題歌「青春に悔いはないか」歌:森田健作

「おれは男だ!」「おこれ!男だ」も当時、観ていました。
「おれは男だ!」「おこれ!男だ」は、最近、観ていませんので、再放送を待っていますが、、
スカパーでやらないでしょうか?

●また、下記の2つも日本テレビの学園ドラマがありましたが、その頃は、学園ドラマからは、卒業して、観ていません。

・1978年 「ゆうひが丘の総理大臣」
中村雅俊
由美かおる

主題歌「時代遅れの恋人たち/海を抱きしめて」歌:中村雅俊

・1979年 「あさひが丘の大統領」
宮内淳
片平なぎさ

主題歌「新しい空」歌:小出正則

あとは、日本テレビでは、ありませんが、TBSの1979年から「3年B組金八先生」でしょうか?
これも、観たことがありません。

皆さんは、学園ドラマ(青春ドラマ)は、観ていたでしょうか?

●”1枚の切り抜き”コーナーです。

(8)

桜田淳子特集1.jpg

●桜田淳子さん情報

・7月19日(日)22:00 TBSチャンネル1
1976年の「トップスターショー 歌ある限り #2(五木ひろし)」

8月にも再放送されます。

●なでしこジャパン イングランドに2対1で勝利!!!!!
決勝が楽しみです。決勝は、生で、なんとか観たいと思います。

7月6日(月)8:00 女子ワールドカップ決勝 日本vsアメリカ

●「あなたが選ぶ女性アイドルソングベスト100」
1位から25位

1位 赤いスイトピー 松田聖子 
2位 木綿のハンカチーフ 太田裕美
3位 青い珊瑚礁 松田聖子
4位 風立ちぬ 松田聖子 
5位 スローモーションE 中森明菜
6位 DESIRE 中森明菜
7位 卒業 斉藤由貴
8位 MI・AMORE 中森明菜
9位 天国のキッス 松田聖子
10位 セカンド・ラブ 中森明菜
11位 微笑みがえし キャンディーズ
12位 チェリーブラッサム 松田聖子
13位 17才 南沙織
14位 北ウィング 中森明菜
15位 Woman~ 薬師丸ひろ子
16位 飾りじゃないのよ涙は 中森明菜
17位 春一番 キャンディーズ
18位 年下の男の子 キャンディーズ
19位 ガラスの林檎 松田聖子
20位 小麦色のマーメイド 松田聖子
21位 セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子
22位 まちぶせ 石川ひとみ
23位 時をかける少女 原田知世
24位 青春の坂道 岡田奈々
25位 セシル 浅香唯

●ペットの王国
6月28日(日)9時30分 テレビ朝日のペットの王国に浅田美代子さんがゲスト出演し、
現在飼っている5匹の犬の紹介や動物愛護の取り組みについて語っていました。

(9)

浅田美代子.jpg

愛犬のアヴィちゃんです。

散歩は、オスとメスのグループに分けて行っているそうです。
5匹中4匹は、保護犬だそうです。

●映画
日本映画専門チャンネルで、「祭りの準備」
WOWOWで「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
を観ました。
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、内容的には、46年前の「猿の惑星」(第1弾)には、かないませんが、映画撮影の技術は、すごく進歩しました。
「祭りの準備」は、1975年公開の映画で、昭和30年初頭の高知県が舞台。竹下景子さんがまぶしかったです。


●桜田淳子さん情報ですが、
1976年の「トップスターショー 歌ある限り #2」の再放送日は、
TBSチャンネル1で8月23日(日)19:00に放送されます。
7月19日(日)22:00にも放送されますが、こちらは、すでにお知らせしています。(7/10 追記)

●なでしこ 準優勝。
早い低いセットプレイの対応、準備ができてなくて残念。
ただ、ワールドカップ準優勝は、すごいです。(7/6 23時追記)

「花の降る午後」 [桜田淳子 映画]

1月7日に日本映画専門チャンネルで「花の降る午後」が放送されましたので紹介します。

(1)

花の降る午後1.jpg

「花の降る午後」は、1989年10月7日に公開された映画で、第13回日本アカデミー賞で、
古手川祐子さんが、優秀主演女優賞、桜田淳子さんが優秀助演女優賞をしています。

(2)クレジットでは、桜田淳子さん、最後に出てきました。

花の降る午後13.jpg

「花の降る午後」は、神戸のフランス料理店の女主人(古手川祐子さん)と乗っ取りを企む女(桜田淳子さん)との闘いを描いた映画です。女の闘いで、お互いに皮肉をいいあっています。

淳子さんは、悪役ですが、このような映画は、好きですね、、、

あまり、はっきり書けませんが、最後は、良い終わり方でした。

淳子さんの悪役も良かったです。
淳子さんのセリフで、男3人に
「あなたたち、3人で歌までやれば」が、冗談ともとれておかしかったです。
また、淳子さん、ワインを鑑定していましたね、、

この映画でも、淳子さん、いろいろな衣装を着ていました。
いつものように、いろいろな衣装の淳子さんを紹介します。

(3)

花の降る午後3.jpg

(4)

花の降る午後4.jpg

(5)

花の降る午後5.jpg


(6)

花の降る午後6.jpg

(7)

花の降る午後7.jpg

(8)

花の降る午後8.jpg

(9)

花の降る午後9.jpg

(10)

花の降る午後10.jpg

(11)

花の降る午後11.jpg

(12)

花の降る午後12.jpg

どの衣装が合っているでしょうか、、、

古手川祐子さんも、きれいで、かわいいですね、、
ラブシーンもありました。

(13)

古手川2.jpg


いい映画ですので、ぜひ見てください。

日本映画専門チャンネルで、まだやりますので、、、

1月16日(金) 17:00
1月21日(水) 15:10
1月26日(月) 17:10

●近代映画から1974年の桜田淳子です。

(A)

畑.jpg


(B)

畑2.jpg

畑で、イモ堀をしているようです。

●”小さい記事紹介”コーナーです。

1978年の淳子さんです。

(a)
1978年ヘア.jpg


「気まぐれヴィーナス」では、ショートにしたがっていましたが、
1977年と1978年とショートでいた淳子さん、今度は、髪をのばしたがっています。


●チューリップさんから情報ですが、
1月11日(日)9時55分 日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」に太川陽介さんがゲスト出演します

●1月12日(月)21:00 BSプレミアム 「ザ・テレビっ子 懐かし番組 大集合 第3弾」

「オールスター紅白水泳大会」
「カックラキン大放送!!」
「寺内貫太郎一家」

http://www.nhk.or.jp/archives/tvko/

●1月31日(土) 20:15 チャンネル銀河 居酒屋兆治 放映

●"1枚のアルバム”の紹介です。

1974年に発売されたクィーンの「シアー・ハート・アタック」です。
このアルバムは、私が最初に買った洋楽アルバムです。
「キラー・クイーン」を目的で、購入しました。

(b)

Queen.jpg

皆さんが最初に買った洋楽アルバムは、何でしょうか?

●クライマックス~BEST歌謡曲~」と「クライマックス~BESTフォーク~」
が、それぞれ、CD2枚組で、2014年12月24日発売されていました。(1/8追記)


http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=5834&cd=climax_kayo_folk
http://www.sonymusic.co.jp/jlist/compilation/MHCL-2493

「クライマックス~BEST歌謡曲~」には、
桜田淳子さんの「しあわせ芝居」が収録されています。

DISC 1

1. 他人の関係 / 金井克子
2. ブルー・ライト・ヨコハマ / いしだあゆみ
3. 手紙 / 由紀 さおり
4. 魅せられて ~エーゲ海のテーマ~ / ジュディ・オング
5. 私鉄沿線 / 野口五郎
6. よろしく哀愁 / 郷ひろみ
7. 京都の恋 / 渚ゆう子
8. わたしの城下町 / 小柳ルミ子
9. あずさ2号 / 狩人
10. 愛のメモリー / 松崎しげる
11. 別れの朝 / ペドロ & カプリシャス
12. 面影 / しまざき由理
13. あばよ / 研ナオコ
14. 夜と朝のあいだに / ピーター
15. 同棲時代 / 大信田礼子
16. しあわせ芝居 / 桜田淳子
17. どうぞこのまま / 丸山圭子
18. 雨がやんだら / 朝丘雪路
19. 池上線 / 西島三重子
20. 時には母のない子のように / カルメン・マキ

DISC 2

1. 木綿のハンカチーフ / 太田裕美
2. また逢う日まで / 尾崎紀世彦
3. 横須賀ストーリー / 山口百恵
4. ロマンス / 岩崎宏美
5. さらば恋人 / 堺正章
6. 二人でお酒を / 梓みちよ
7. 愛は傷つきやすく / ヒデ とロザンナ
8. 傷だらけのローラ / 西城秀樹
9. 硝子坂 / 高田みづえ
10. 迷い道 / 渡辺真知子
11. 東京ららばい / 中原理恵
12. どうにもとまらない / 山本リンダ
13. 年下の男の子 / キャンディーズ
14. 赤い風船 / 浅田美代子
15. 17才 / 南沙織
16. ひなげしの花 / アグネス・チャン
17. 恋する夏の日 / 天地真理
18. 空に太陽がある限り / にしきのあきら
19. 真夏の出来事 / 平山三紀
20. あなただけを / あおい輝彦


●チューリップさんからの情報です。
アナウンサーの葛西さん、田島さんの本「歌謡曲の力 アナウンサーふたり口ずさみ語る」 に
桜田淳子さんのことが、書かれています。(1/14追記)

●「ザ・テレビっ子 懐かし番組 大集合 第3弾」

放送されたのは、、、

・欽ちゃんのどこまでやるの!
・ジェスチャー
・お笑い三人組
・プロジェクトX
・カックラキン大放送!!
・寺内貫太郎一家
・ごちそうさん
・となりの芝生
・おんなは度胸
・日曜洋画劇場 淀川長治さん
・土曜ドラマ 最後の自画像
・土曜ドラマ たずね人
・土曜ドラマ 虚飾の花園

寺内貫太郎一家は、浅田美代子さんインタビューがありました。
ジーンときて涙が少し出てきました。

野口五郎さんと西城秀樹さんの貴重な歌も聴けました。(1/12追記)

カックラキン大放送!!では、出演のロールに桜田淳子さんの名前が出てきました。
SJX773さんから情報をいただきました。(1/14追記)

●サッカーアジアカップが開幕しました。本日パレスチナ戦です。(1/12追記)
→4対0で快勝しました。

●青大将さんからの情報ですが、「昭和40年男」の太川陽介さんのインタビュー記事で、
桜田淳子さん主演映画(『スプーン一杯のしあわせ』)の相手役に応募したいきさつが語られています。
(1/11追記)

●1月11日(日)9時55分 日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」に太川陽介さんがゲスト(以前チューリップさんからいただいた情報)

桜田淳子さんの「わたしの青い鳥」の曲が、流れ、桜田淳子さんの映画の相手役のオーディションに応募した話が出ました。(1/11追記)


「花の高2トリオ 初恋時代」その2と桜田淳子さんCD発売 [桜田淳子 映画]

●以前10月3日にお知らせしましたが、神保町シアターで「花の高2トリオ 初恋時代」が
11月15日から11月21日までに上映されますので、「花の高2トリオ 初恋時代」について触れます。


「花の高2トリオ 初恋時代」は、当時、映画館で、観ました。
その時、買ったパンフレットです。
同時上映は、「青い山脈」でした。

(1)

初恋時代パンフレット.jpg

(2)

初恋時代パンフレット2.jpg


「花の高2トリオ 初恋時代」に関するエピソードをいくつか紹介したいと思います。

(3)初恋時代シングル盤の話

初恋時代新聞3 .jpg


上記の当時の新聞によると「初恋時代」のシングルのレコード化の話が、あったようですが、難しかったようです。
当時では、難かったと思いますが、今の時代なら実現できると思いますが、、
(たとえば、CBSソニー、ビクター、徳間音工が、別々に発売するのでなく、、)
もし、「初恋時代」がシングルレコード化されれば、3人のファンが買いますので、売上枚数は、100万枚を超えたかもしれません。
もし、そうなったら、年末の賞関係や紅白などは、どうなっていたでしょうか?

(4)熱気球

熱気球4.jpg


上記は、熱気球に乗る前の写真ですが、3人の中で、熱気球に乗った時、誰が、一番
怖がったでしょうか?


(5)撮影初日

初日5.jpg

(A)上記に書いてある昼食をパクつく3人

3人A.jpg

また、撮影中のお休み時間やロケで、泊まり込みの夜に、3人は、仲がよく、おしゃべりをたくさんしていたようです。

(B)お休み時間の3人

3人娘.jpg


(6)衣装の話
この映画のために各人3点ずつの衣装を作ったそうです。
デザイナー君島一郎さんの作品で、1着20万円するそうです。
仮縫いの時から、「すてきね。これ絶対もらいたい」と言っていたそうです。

4つ衣装を紹介しますが、
その3点の衣装とは、下記のうち、どれでしょうか、、、
(これは、私もわかりません)

(C)

初恋時代衣装C.jpg

(D)

初恋時代衣装D.jpg

(E)イブニングドレス

(E-1)

淳子イブニングドレスE1.jpg
ちょっとわかりにくいので、(E-4)で紹介します。

(E-2)

百恵ドレスE2.jpg

(E-3)

森ドレスE3.jpg

(E-4) (E-1)は、この衣装になります。

衣装E4.jpg

(F)

初恋時代衣装F.jpg


皆さんは、(C)から(F)のどの衣装がいいでしょうか?
3人は、(E)のイブニングドレスが気にいったと書いてありましたが、



・以前、初恋時代は、下記で紹介しました。

花の高2トリオ 初恋時代
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-10-01

・神保町シアターで「花の高2トリオ 初恋時代」を観にいった場合は、レポートしますので、、、

・「花の高2トリオ 初恋時代」 [Blu-ray]は、購入したでしょうか?

●本日(11月15日)神保町シアターに「花の高2トリオ 初恋時代」を観に行きました。(11/15追記)

(Ⅰ)

神保町1.jpg

(Ⅱ)
「昭和歌謡史を映画で辿る 映画は歌うよ どこまでも♪」いう特集企画の一つとして
「花の高2トリオ 初恋時代」が上映されました。

神保町2.jpg

(Ⅲ)チケット

神保町3.jpg

ぴあのチケットです。1200円でした。

(Ⅳ)

神保町4.jpg

中では、プロマイドが販売されていました。

中は、99席あり、今回は、50人くらいの方が来ていました。
前と段差もあり、前の人の頭が邪魔になることは、ありませんでした。
大画面で見る桜田淳子さんをやはり、良かったです。

このブログの読者で、観にいかれた方は、いるでしょうか?
今後は、下記日時で、上映されます。

11月16日(日)11:00
11月17日(月)19:15
11月18日(火)14:15
11月19日(水)12:00
11月20日(木)16:30
11月21日(金)14:15

●「ゴールデン☆アイドル 桜田淳子」が、2015年2月11日に発売されます。
(VICL-70145~8)
4枚組CDになります。桜田淳子さんのシングルのA面、B面が収録されています。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000348.html

5400円+税になります。
30周年の「桜田淳子BOX〜そよ風の天使〜」とほぼ同じ曲ですが、
「春の恋人たち」が入っていません。

「ゴールデン☆アイドル」シリーズは、ほぼ原寸大のシングルサイズのジャケットがブックレットで復刻されるので、注目です。

「ゴールデン☆アイドル」シリーズは、今回、 第2弾ですが、山口百恵さん、森昌子さんの「ゴールデン☆アイドル」が同時発売されます。

「ゴールデン☆アイドル 山口百恵」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/MomoeYamaguchi/discography/MHCL-30295

「ゴールデン☆アイドル 森昌子」
http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400001612&DSP_SKHKETSEQ=001

今回は、今のところ中三トリオだけのようです。
山口百恵さんの「ゴールデン☆アイドル 山口百恵」は、Blu-specCD2仕様です。
桜田淳子さんの「ゴールデン☆アイドル 桜田淳子」は、第1弾のVictorの石野真子さんなど見ると、SHM-CD仕様になると思いますが、、、

●11月19日(水) 「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」 VICL-70134 発売

ジャケットは、下記のようです。
以前と発売されたジャケットと同じですが、もしかしたら、変更があるかもしれません。

ジャケット11.jpg

高音質仕様のSHM-CD仕様になります。
収録曲は、以前発売された「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」と変わらないようです。
今のところ購入予定は、ありませんが、購入する方いますか?

●「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」ハイレゾで配信決定(11/19追記)

http://hd-music.info/album.cgi/1208


●次に18才の淳子さんを紹介します。

(7)

エース1.jpg

(8)

エース2.jpg

(9)

エース3.jpg

(10)

エース4.jpg


●スポーツ関係です。

・新井貴 広島へ

・FA行使
 DeNA 金城→巨人入団(11/15追記)
 ヤクルト 相川→巨人と交渉
 日本ハム 小谷野→西武、オリックスと交渉予定(11/16追記)
 日本ハム 大引→ヤクルトとオリックスと楽天と交渉。(11/17追記)
 ロッテ 成瀬→ヤクルトと交渉
 阪神 鳥谷
 オリックス 金子
 阪神 能見→残留

FAの再取得は、4年後になるため、
能見は、FA宣言して残留したが、今後のあらゆる可能性を考えると、FA宣言しないで、残留の方がいいので
は、ないかと思う。
昔は、FA宣言して残留は、あったが、最近は、少なくなってきている。

金子は、もし、今年、海外へ行けないと、自由な海外挑戦は、4年後になる。
もし、本当に、海外へ行きたいなら、今回のFA宣言は、賭けのような物だと思う。
(ポスティングは、球団の合意が必要なので、普通は、FA宣言しないで、
球団と合意して後で、ポスティングになるので、、)
海外でなくてもいいという考えであれば、条件がいいところに、移籍するでしょう。

・11月18日(火) サッカー 日本vオーストラリア
→6対0で快勝。(11/15追記)

・ATPワールドツアーファイナルズ 

錦織選手が準決勝進出しました。確実に強くなっています。
相手は、ランキング1位のジョコビッチになると思われます。

今回は、ランキング1位のジョコビッチと2位のフェデラーが、他を圧倒している感じがする。
世界中のテニスファンの多くは、決勝で、ジョコビッチとフェデラーの顔合わせになることを楽しみにしていると思いますが、錦織選手には、頑張って欲しいです。
→準決勝 ジョコビッチ対錦織 11/15 23時6分 テレビ朝日で放映(11/15追記)
すごい試合でした。(11/16追記)
→決勝 フェデラー対ジョコビッチ(11/16追記)
→最近錦織の活躍でテニスを見るようになったが、1990年ごろのテニスと変わってきている。(11/16追記)

・日米野球 日本代表が3連勝(11/15追記)
則本が素晴らしいピッチング

・21Uワールドカップ決勝 日本対台湾(11/16追記)

●今週の歌番組から

・NHK歌謡コンサート
浅丘ルリ子さんが歌を歌われました。
浅丘ルリ子さんと言えば「愛の化石」ですね、、


・歌謡プレミアム
ばんばひろふみさんが出演しました。
「いちご白書をもう一度」は、名曲ですね、、

”ブラザーズ5”というユニットの紹介がありました。
メンバーは、杉田二郎さん、堀内孝雄さん、ばんばひろふみさん、高山厳さん、因幡晃さんでした。

”なごみーず”(太田裕美さん、伊勢正三さん、大野真澄さん)は、知っていましたが、、

・木曜8時にコンサート~名曲!にっぽんの歌
太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」
小林幸子さんの「おもいで酒」
中条きよしさんの「うそ」
伊藤咲子さんの「木枯らしの二人」
が歌われました。


●スカパーTBSチャンネル 12月のレコード大賞は、1984年の第26回を放映(11/20追記)
1973年のレコード大賞は、残念ながらやらないようです。

●12月5日(金)19:00 BS-TBS  作詞家阿久悠~時代を超え今も心に灯る5000曲の言霊(11/19追記)

●11/17発売の週刊現代の「阿久悠の歌を語ろう」で、桜田淳子さんの名前が出ていましたが、
買うほどの内容では、ありません。(11/17追記)

●チューリップさんからの情報です。11月16日(日)12:15 NHK FM
トーキング ウィズ 松尾堂「“昭和のアイドル”から現代を見る」(11/16追記)
→太川陽介さんがゲストでデビューのきっかけの話で、桜田淳子さんの名前が出ました。
→クリス松村さんがゲストで、最強のアイドルは、松田聖子さんと語っていました。
百恵さんや淳子さんも好きだった。
淳子さんが40周年ブックレットに書いていた”アイドルは、言葉使いは、きれいでなければいけない”を紹介しました。

●12月14日(日) 20:00 チャンネル銀河で「居酒屋兆治」放映(11/16追記)


ゴールデン☆アイドル 山口百恵

ゴールデン☆アイドル 山口百恵

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2015/02/11
  • メディア: CD




ゴールデン☆アイドル 森昌子

ゴールデン☆アイドル 森昌子

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2015/02/11
  • メディア: CD


「ひとつぶの涙」 [桜田淳子 映画]

「ひとつぶの涙」は、松竹で、1973年11月3日に封切された森田健作さんと吉沢京子さんの青春ラブストーリーの映画です。最近、観ることが出来ましたので紹介します。

(a)

ひとつぶの涙a.jpg

(b)

ひとつぶの涙c.jpg


桜田淳子さんも小野寺真奈美役で、森田健作さんに、オネツをあげる女の子役で好演しています。
桜田淳子さんの出番は、3箇所で4つの衣装。
「花物語」を歌っています。

(1)セーラー服

ひとつぶの涙1.jpg

(2)白いセーター

ひとつぶの涙2.jpg

(3)「花物語」を歌っている時です。

ひとつぶの涙3.jpg

(4)赤いセーター

ひとつぶの涙4.jpg

かわいい洋服を着ていて、淳子さん、初々しかったです。
森田健作さんに、オネツをあげる女の子役ですので、森田健作さんとのカラミは、絶妙でした。

「ひとつぶの涙」の所感ですが、、

森田健作さんの吉沢京子さんへのアプローチが少し、強引な感じがしましたが、全体的には、よくできた
青春映画ですね、、、
吉沢京子さんは、ほんわりとしていて良かったです。

「ひとつぶの涙」という映画のタイトルどおり、何回か、涙しました。(ひとつぶでは、ありませんね)
この映画、未見だと思っていましたが、ストーリーが展開するにつれ、観たことがあるような感じがしてきて、、自分でもよくわかりません。

「ひとつぶの涙」は、西城秀樹さんが歌手役で、出ています。
(c)西城秀樹ショーを見にいく淳子さん(真奈美さん役)映画 「ひとつぶの涙」

西城秀樹ショウ.jpg

西城秀樹さん、よく歌手役で、映画に出ていますね、、、下記でも歌手役で出ています。

(d)西城秀樹ショーを見にいく浅田美代子さん(美世子さん役)映画「しあわせの一番星」

西城秀樹ショウ2.jpg


「ひとつぶの涙」では、「花物語」が歌われましたので、歌本の「花物語」です。

(5)

花物語.jpg

「ひとつぶの涙」は、1973年11月の映画ですので、
”1枚の切り抜き”コーナーで1973年後半の桜田淳子さんを紹介します。

(6)

桜田淳子、森田健作6.jpg

この映画を見ていない方の多いかもしれませんが、
(1)から(6)は、いずれも、1973年の後半の桜田淳子さんです。デビュー時の幼さがあっと言う間に
なくなった感じがします。1973年11月5日発売の「花物語」からぐっといい感じになってきました。
皆さん、いかがでしょうか?

自分は、「花物語」のセリフと歌で、ぐぐっときて、年末の新人賞で、、、、

「ひとつぶの涙」は、以前、shout83さんに教えていただましたように、下記でレンタルできます。
http://k-plus.biz/archives/6364

いつかこの「ひとつぶの涙」の記事を書くとコメントしていましたが、遅れて申し訳ありませんでした。

「ひとつぶの涙」と同時上映は、「しなの川」でした。
この映画は、まだ、観ていないので、ぜひ、観たいです。

(e)

しなの川e.jpg

由美かおるさんのヌードで話題になりました。

(f)

しなの川f.jpg

1970年代は、女優さんは、脱いで、ヌードで話題になりましたね、、
関根恵子さん、秋吉久美子さん、竹下景子さんなど、、、
あのころは、女優さんは、ヌードも演技の一つとして、こなしていました。
今の女優さんは、どうなんでしょうか?

(g)

竹下.jpg

上記は、竹下景子さんの映画ですが、何の映画がわかる方いますか?
(私は、この映画、観たことがないのですが、映画の題名はわかります。)


1970年代の音楽大好きで、よく聴いていましたが、1970年代の映画となると、あまり見ていません。
青春映画、今になって見てみたいです。

「ときめき」「恋は放課後」「愛と誠」「しなの川」「としごろ」「野球狂の詩」「朝やけの詩」「赤ちょうちん」「妹」「しなの川」など、観てみたい映画がたくさんあります。
皆さんのお勧めの1970年代の邦画は、ありましたら教えて下さい。

●beginner14さんから紹介があった「スタジオパークからこんにちは」の原田美枝子さんですが、桜田淳子さんの話が少し出ました。
beginner14さん ありがとうございました。

原田美枝子さんが山口百恵さんのライバル歌手としてデビューする予定だったそうです。
桜田淳子さんは、すごく人気があって、その後、百恵さんが、暗い、アンニュイなイメージで人気が出たので
桜田淳子さんと同じ事務所にいたので、山口百恵さんの対抗馬として、デビューさせられそうになった。
と原田美枝子さんが言っていましたね、、

原田美枝子さんの映画は、「凍河」は、当時映画館で観ました。
「恋は緑の風の中」も観たことがあると思います。
原田美枝子さんの1976年の映画「青春の殺人者」は、下記で少し紹介しました。

月刊近代映画からの桜田淳子さん
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-08-03

結構、好きな女優さんでした。

●7月2日(水)1番ソングSHOWは、”1位をとった名曲のヒミツ2時間SP!"です。
淳子さんの「はじめての出来事」が、流れるか、ほんの少し可能性があります。

●7月2日(水)BS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」は『永遠の正統派 森昌子13歳からの軌跡』です。
(shout83さんからの情報です)


●6月24日(火)22:54 BSジャパン「あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~」は、1973年特集で、
桜田淳子さんの「わたしの青い鳥」が曲だけ、流れました。
アイドルを発掘を目的とした番組スター誕生から桜田淳子さんがデビューしたと紹介されました。
「青い果実」では、続いて、6月に山口百恵さんがデビューした。
そして前年スター誕生グランドチャンピオンの森昌子さんを加えて「花の中三トリオ」と呼ばれた。
と番組では、伝えていました。

この番組で1973年のヒット曲として下記の14曲を上げていました。
いい歌ばかりですが、、この中に「わたしの青い鳥」と「青い果実」が選ばれたのは、画期的です。

1973.jpg


●shout83さんの紹介いただいた7月2日(水)BS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」の『永遠の正統派 森昌子13歳からの軌跡』で、五木ひろしさんが中三トリオの話をし、森昌子さんが懐かしいと言っていました。
(7/2追記)

●「女性自身」 7月15号に桜田淳子さんが記事として載っています。(7/1 10時追記)
ちょっと???の部分(突撃取材なので)もありますが、最新の淳子さんが1ページ掲載されています。

●山口百恵さんの赤いシリーズDVDマガジンに桜田淳子さんの写真(高二トリオ)と桜田淳子さんの話題が
少し出ていました。(富士ヨット学生服が百恵さんで、カンコーは淳子さん、、、) (7/1追記)

●「男はつらいよ 葛飾立志篇」と「動乱」のDVDが発売されます。(6/30 19時15分追記)

「男はつらいよ 葛飾立志篇」は、7月25日発売で1800円のところAmazonで999円です。
内容は、2008年に発売したHDリマスター(高品位収録)による完全リニューアル版です。
送料込で999円です!!!!!安い。

「動乱」は、10月10日発売で3024円です。


松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 葛飾立志篇 [DVD]

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 葛飾立志篇 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD




動乱 [DVD]

動乱 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



●shout83さんからの情報です。7月21日(月) BS日テレ「歌謡プレミアム」は”プレミアムソングス・阿久悠特集”です。(6/29追記)

●お知らせです。
桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイトをオープンしました。
サイトの運営は、2000年くらいに別のジャンル(内容は、秘密ですが)で、やっていましたので、久しぶりになります。

桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/

あくまでも私の場合、ブログが基本(主)ですので、ブログの情報が一番早いですし、今まで通り、ブログの方へアクセス、コメントをお願いします。(6/28追記)

P.S.
ワールドカップサッカーは、日本は、敗退しました。やはり初戦がすべてでしょうか、、、
きれいなサッカー、パスサッカーを意識しすぎて、気持ちの入り方、運動量が、1次リーグを勝ったチームとは、違いました。
でも感動をありがとうございました。あの暑さで、頑張りました。

日本は、負けましたが、これからも楽しみです。
スペイン、イタリア、イングランドの敗退は、残念ですが、今大会は、中南米がいいですね、、

私は、欧州のチームを応援していますが、
ベスト4は、ブラジル、ドイツ、オランダ、アルゼンチンになって欲しいです。



桜田淳子さんの新居と「愛の嵐の中で」(シネマヴェーラ渋谷) [桜田淳子 映画]

3月29日に当ブログで紹介した「愛の嵐の中で」の上映ですが、本日、シネマヴェーラ渋谷に観に行ってきましたので、記事更新を1日前倒しします。
今回の記事は、前半に、用意していた記事を、後半にシネマヴェーラ渋谷の「愛の嵐の中で」の記事にしますので、どちらかでも、興味を持っていただけるとありがたいです。

前半は、桜田淳子さんの当時の新居を紹介します。
月刊明星か月刊平凡からだと思います。
(このあとの記事を書いていると、たぶん月刊明星ではないかと推測します)

(1)

新しい家1.jpg

歌謡ポップスチャンネル「藤井隆の胸キュン!アイドル天国」で元「明星」編集者の金谷幹夫さんが出演して、語っていました。
”当時は、アイドルは、NGがなく、すべてみせていて、自宅公開などもOKだった。”と、、、、


1974年6月に、おじさんの家から引っ越しということで、通学時間は、10分短縮されたそうです。

(2)まずは、キッチンでの食事

新しい家2.jpg

7時10分起床。

(3)そして買い物

新しい家3.jpg

晩ご飯のおかずの買い物 1500円をもってたけど、スイカを買ったら、残額200円

(4)淳子さんのお部屋

新しい家4.jpg

淳子さんのお部屋は、6畳の和室です。
白い家具、ベージュのじゅーたんは、お気に入りのようです。
ベッド、タンスは、自分で、選んで買ったと書いてあります。

部屋には、いろいろありますね、、トロフィーや、、、
壁に飾ってある写真は、明星のグラビアですね、、
ポスターで、ないところが、、、

壁に貼ってあるのは、下記ですね、、、

(5)壁のグラビア1

百恵さんと.jpg

(6)壁のグラビア2

百恵さんと3.jpg

ですので、これは、月刊平凡の取材でなく、月刊明星だと思います。
週刊明星でも淳子さんの部屋は、紹介されています。

(7)週刊明星での淳子さんの部屋

桜田淳子お部屋7.jpg

いずれも、百恵さんとの2Shotですね

(8)勉強

新しい家8.jpg

勉強用のメガネは、違いますね、、
計算実務という授業で、そろばんの練習のようです。
淳子さん、小学校6年で、ソロバン4級だったそうです。
今回は、生物の試験が良かったようです。

学校では、「やーだァ」「おーお、いっちょまえに」という言葉が
流行っているそうで、淳子さんは、1日に「やーだァ」を38回言った時もあったそうです。


(9)なぜか水着のショット

新しい家9.jpg

泳ぎは、犬かきが得意のようです。

(10)お風呂

新しい家10.jpg


以前、桜田淳子さんのマイホーム初公開!! ということで、下記で、紹介しています。
(今回の新居とは、違います)

平凡か明星のグラビアから淳子さんと1枚の写真
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-01-27


さて、後半の記事ですが、
本日、シネマヴェーラ渋谷に「愛の嵐の中で」を観に行ってきました。

(a)

シネマべーラ.jpg

(b)チケット

チケット.jpg

(c)映画館の中にあったポスター

ポスター.jpg

(d)映画館の中にあったパンフレット

パンフレット.jpg

(e)映画館の中にあったパンフレットの中の「愛の嵐の中で」

パンフレット2.jpg


あと、映画館の中には、当時売っていた「愛の嵐の中で」のパンフレットのコピーが貼ってありました。
その1枚が下記です。(5/2追記)
(h)

パンフレット3.jpg

今日は、40人くらいの入りでしょうか、、、
画質もきれいでした。

「愛の嵐の中で」は1978年のゴルデンウィークに上映された映画で、今回で、観るのは、4回目になります。
1回目は、1978年 映画館
2回目は、1985年 テレビ
3回目は、2010年 銀座シネパトス
そして、今回、シネマヴェーラ渋谷です。

(f)ビデオ(βより)

愛の嵐の中で0.jpg

(g)ビデオ(βより)

愛の嵐の中で.jpg

「愛の嵐の中で」は、ネタばれにならない程度に紹介しますが、
少しコミカルな要素を取り入れたサスペンス調の映画です。淳子さんの活発な執念ともいえる行動がすごいです。
また、ショートカットの淳子さんも素敵でした。

たぶん、このブログを読んでいる方で、観にいかれた方いると思いますが、
いかがでしょうか?

「愛の嵐の中で」は、以前、下記で紹介しています。


愛の嵐の中で
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18


・昨日紹介しましたが、
週刊現代5月10日17日号の「昭和レコード・ジャケット大図鑑」のコーナーに懐かしのレコードジャケットが掲載され、桜田淳子さんの「わたしの青い鳥」のジャケットも紹介されていました。
山口百恵さんの「ひと夏の経験」、浅田美代子さんの「赤い風船」もありました。

竹下景子さんのグラビアもありました。
あの有名人55人の「いま」という記事もありました。

早速、購入しました。

・shout83さんに紹介しただいた『ザ・プレミアム・ザ・テレビっ子~ ”懐かし番組”大集合!第2弾』の情報です。

「スター誕生」は、取り上げられます。
「ぎんざNOW!」もやるようです。
→「ぎんざNOW!」は、5/2の公式ホームページからなくなりましたので、取り上げられる可能性が低くなりました。(5/2追記)
朝の連続ドラマでは、「水色の時」が取り上げられるようです。(5/3追記)


・浅草マルベル堂平成26年4月度プロマイド売上ランキングですが、桜田淳子さんが1位になりました。(5/5追記)

1位 桜田淳子
2位 沢田研二
3位 岡田有希子
4位 松田聖子
5位 ザ・タイガース
6位 キャンディーズ
7位 大崎一番太郎
8位 ずうとるび
9位 山口百恵
10位 中森明菜

4月に桜田淳子さんのプロマイド全部、買った方が貢献しました。

・名曲にっぽんで、山口百恵さんの「プレイバックPart2」が流れました。(5/7追記)

P.S.
世界卓球、女子、オランダに勝ち、明日は、香港と、、男子は、ドイツと準決勝。(5/3追記)

「白い少女」の桜田淳子さん(衛星劇場で放映と1976年の新聞よりエピソードを) [桜田淳子 映画]

金曜日ではありませんが、スカパーで、待望の「白い少女」が放映され、観ましたので、記事を急遽書きました。
(今後も何かあった時は、突発的に記事は書きたいと思います)
まだ、見てない方、細かいストーりーについては、触れていないので、ご安心を、、、
「白い少女」が衛星劇場で放映されました。
今回は、録画を失敗しないように、スカパープレミアム(HD)とスカパー(旧e2)の両方で契約をしました。

今回、放映された「白い少女」の本題に入る前に、、、、、
単に衛星劇場の「白い少女」の紹介では、つまらないので、、、、、
このブログ「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」の趣旨は、「桜田淳子さんを通して古き良き1970年代(80年代)を懐かしく思いながら振り返り、共有できればと思います。」ですので、

当時を共有したいと思います。

「白い少女」が封切られた1976年にプレイバックします。

まずは、雑誌の記事から

潮騒.jpg

なんで、百恵さんの話題?????それも1975年の映画を、、、、




映画「潮騒」の封切前には、百恵のヌードシーンが話題になりました。
上の雑誌には「ついに脱いだ百恵ちゃん」とも書いてあります。







当時、映画の原作にヌードシーンや激しいラブシーンがあると、雑誌やスポーツ新聞には、映画の本来の話題より、「ヌード」や「キスシーン」の話題を興味本位に取り上げて、読書を引き付けようとしていました。
浅田美代子さんの「あした輝く」でも、そのような話題が取り上げられました。






それでは、1976年にプレイバックします。








淳子さんの「白い少女」の封切前にも、、、
百恵さんの潮騒のヌードシーンほど話題には、なりませんでしたが、スポーツ新聞特有の興味本位の書き方をしています。
下記の記事は、スポーツ新聞から

白い少女記事1.jpg

「ベッドシーン淳子」と、、、
記事には、”大人の演技をめざしてベッドシーンにも取り組んだ”と書いています。
他にも、興味本位に書いてある記事ありました。(また、いつか紹介します)


この映画の原作には、激しいラブシーンや裸のシーンがありましたが、淳子さんは、
下記のように「どうしても出来なかったキスシーン」と語っています。
「亜沙子になり切ったつもりでいても心のどっかにまだ桜田淳子が残っているの」とも書いてあります。

白い少女.jpg


それでは、今回、放映された「白い少女」についてです。
30年ぶりに見る「白い少女」は、今回3回目です。(1976年の映画館と1980年?の地上波と今回の衛星劇場)

白い少女0.jpg

白い少女2.jpg

白い少女3.jpg

白い少女5.jpg

今回見て、涙がとまりません。泣いた!!!!!感動です!!!!!
淳子さんの演技、素晴らしかった。またHDで見る淳子さん、きれいでした。
皆さんは、今回、映画を見ての感想いかがでしょうか?

あと淳子さん特有の笑いがありましたね、、、

白い少女は、以前、2回、下記で紹介しています。

「遺書 白い少女」 桜田淳子さん
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-11-02


遺書・白い少女
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-05-28

PS.
スカパープレミアム(HD)とスカパー(旧e2)の両方契約したので、録画容量は、それぞれ下記です。
スカパープレミアム(HD)での録画容量 3.4G
スカパー(旧e2)での録画容量 3.2G
微妙です。
前後の不要の部分を編集してカットすると、録画容量は、なんと・・・・・!!!!!

「遺書 白い少女」 桜田淳子さん [桜田淳子 映画]

急遽、本日、予定していた記事を変更して、「遺書 白い少女」の桜田淳子さんです。
なるべく、たくさんの「白い少女」の淳子さんを紹介します。

「遺書 白い少女」は落合恵子さんの原作とした1976年、映画です。
当時、見に行きました。その時買ったパンフレットです。

白い少女パンフレット.jpg

パンフレット2.jpg

監督の中村さんと原作の落合さんです。

パンフレット1.jpg

このパンフレットは、最近でも手に入りますが、注意しなければいけないのは、付録として”ポスター縮刷版の美麗ピンアップ”がついていることが重要です。

”ポスター縮刷版の美麗ピンアップ”を紹介します。

白い少女ポスター.jpg

白い少女ポスター2.jpg


この映画のストーリーについては、書きませんが、「白い少女」の淳子さん、きれいでいいのですが、
自分では、苦手な映画です。
理由が2つあります。何でしょうか?



・一つは、病気がテーマだからです。大の苦手映画です。山口百恵さんの「赤い疑惑」も苦手でした。
・もうひとつは、田中健さんとのラブシーンです。
ラブシーンがたくさんあるので、当時は、複雑な思いでした。

この「白い少女」は、1980年か1981年にも地上波で、放送されています。
下記が、当時(1980年か1981年)録画したビデオからです。

白い少女映画.jpg

白い少女映画2.jpg

白い少女1.jpg

白い少女2.jpg

次に近代映画の「遺書 白い少女」の特集号です。
この映画では、この表紙の赤い水着が印象的です。
また、この赤い水着で、淳子さん、グラビアを飾りました。

近代映画淳子白い少女.jpg

近代映画の「遺書 白い少女」の特集号からです。

近代映画1.jpg

近代映画2.jpg

近代映画3.jpg

恒例の”さくらんぼ”コーナーから今回は、さくらんぼ16号からです。

レディになります。「白い少女」で大人の世界へとあります。

さくらんぼ白い少女.jpg

そして”Junkoのページ”で映画への思いを語っています。

さくらんぼ白い少女2.jpg

最後に”追伸ー、映画見てね、、From淳ぺー”で締めています。

「遺書 白い少女」は、下記でも以前紹介しています。

遺書・白い少女
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-05-28

”あの記事をもう一度”コーナーと題し
以前、紹介した中で、貴重なグッズを紹介します。
1976年の映画”遺書・白い少女”の主演記念の桜田淳子シネアルバムです。

白い少女A.jpg

このアルバムの中身で、以前紹介していない写真を紹介します。

アルバム1.jpg

アルバム2.jpg

淳子さんの手記です。

手記.jpg

淳子さんのサインです。

サイン.jpg

最後に”1枚のポスター”コーナーでポスターを紹介します。

近代映画ポスター.jpg

これは、近代映画の「遺書 白い少女」の特集号の付録ポスターです。
近代映画の「遺書 白い少女」の特集号を買う時は、このポスターがついているかがチェックポイントです。


今回、かなりの「白い少女」を紹介しましたが、まだ、紹介しきれない、「白い少女」に関する、雑誌、切り抜き、新聞記事がたくさんありますので、それは、またいつか紹介します。

あと、この映画と同時上映は、中村雅俊さんと五十嵐淳子さんの”凍河”でした。
また、「スプーン一杯の幸せ」の時は、中村雅俊さんと壇ふみさんの”想い出のかたすみに”でした。
凍河.jpg

P.S.
先日、麻丘めぐみさんと錦野 旦さんの番組があり、麻丘さんの言葉が印象的でした。
「当時人間扱いされていないことに腹立たしかった。いつか逃げ出そうと考えていた。自分は、”スカウト組”で、同じスカウト組の浅田美代子さんと南沙織さんと仲良く、美代ちゃんといつも逃げ出そうと思っていた。スター誕生出身の”オーディション組”はやる気があった。”スカウト組”はやる気がないと怒られていた。5年しか歌っていなかった。」

「オーロラの下で」と「お引越し」の桜田淳子さん [桜田淳子 映画]

「オーロラの下で」をHDで見たいので、スカパーHDの東映チャンネル629chで契約をしました。
オーロラの下で3.jpg

「オーロラの下で」から淳子さんです。
オーロラ.jpg
オーロラ2.jpg

今回、この映画は、まだ、見ていません。ちなみに記録容量は、5.9Gでした。
HDなのに、、、

話は変わりますが、淳子さんは、1982年で本格的に歌手を実質的に卒業(眉月夜は、1983年ですがTVでは歌っていない。)
また、TVで歌を披露するのも1986年くらいが最後でした。

女優になっても、歌は、1年に1曲でもいいので、続けて欲しかった。
あまりにも早い歌手卒業でした。
女優になるには、歌手を卒業する必要があったのでしょうか?
いわゆる女優本業でも、いいですが、歌手として、かけもちをして欲しかった。
女優の淳子さんもいいですが、やはり、淳子さんは、歌手として、成功をおさめたので、、

また、前の番組ですが
「お引越し」は、10月に放映されましたが、その時は、紹介しませんでしたので
今回、遅いですが、紹介します。
お引越し1.jpg

この映画は、1993年の映画です。「お引越し」からの淳子さんです。
最後の方の演出は、少し難解でした。

お引越し2.jpg

「オーロラの下で」と「お引越し」淳子さんの女優としての素晴らしさがわかる映画です。
前の10件 | - 桜田淳子 映画 ブログトップ