So-net無料ブログ作成
桜田淳子 映画とアルバム ブログトップ

「海へ -See you-」鑑賞記と「一枚の絵」(アルバム)の紹介(女優の桜田淳子さんと歌手の淳子さん)(追加あり) [桜田淳子 映画とアルバム]

女優の淳子さんと歌手の淳子さんを紹介します。
まずは、女優の淳子さんです。

先日、スカパーで、「海へ -See you-」が放映されました。
「海へ -See you-」は、高倉健さん主演、桜田淳子さんが準主演の1988年の映画です。
3時間近い映画でしたが、歴史物でないので、なんとか、見ました。

海へタイトル.jpg

高倉健さんの後に桜田淳子さんがクレジットタイトルで、名前が連ねています。
この映画は、桜田淳子さんが準主演ですが、いしだあゆみさんも準主演のような感じがします。
出番もいしだあゆみさんの方が多かったような、、、

淳子さんは歌手の役で、冒頭のシーンが下記です。
マスコミのインタビューシーンです。
セクシーで、魅力的でした。

海へ.jpg


パリダカールでは、

海へパリダカール.jpg

あまり、好きでない髪型で、、、冒頭のシーンの淳子さんと比べると、、、、、



最後の淳子さんのシーンは、

海へ最後.jpg

映画の最初と最後の淳子さんの出番、どちらも、マスコミのインタビューシーンなんですね、、、
(監督が意識してそうしたのかなあ)


この映画でも帽子を被っていました。

海へ帽子.jpg


映画の内容では、「動乱」より「海へ -See you-」の方が好きですが、(歴史映画は嫌いなので)
淳子さんは、「動乱」の方がいいですね、、、
総合的には、まあまあです。
「海へ -See you-」を見ていない方は、来週水曜日ありますので、、、
「海へ -See you-」を今回、見ましたが、淳子さんの映画は、1970年代の主演映画がいいです。


次に歌手の淳子さんです。

今までアルバムを3枚紹介してきましたが、今回は、1979年発売の「一枚の絵」です。

淳子さんのアルバムの中で、後期では、「一枚の絵」も傑作で、大好きです。
後期では、「あなたかもしれない」が一番ですが、、

LPとCDです。

一枚の絵.jpg

当時「一枚の絵」を録音したカセットです。(追加)
カセット.jpg

たぶんLPから簡単に聴けるように、当時、カセットにおとした思いますが、ひるの歌謡曲で、やっていたというコメントがありましたので、エアチェックしたか、さだかでは、ありません。でも、このころは、予約してLP買っていたので、いち早く、LPを手に入れたので、放送を待つ必要がないので、LPから落としたと思います。

当時、特定のレコード屋で、アルバムを予約すると、ポスターがついていたような、気がします。
このジャケット写真は、デビュー30周年記念BOXのジャケット選出の際、この時の写真が最後まで、候補に残っていたそうです。
淳子さんは、横顔を撮られる時は、右より、左から写真を撮られる方が好きで、左を向いている写真が多いそうです。この写真もそうです。そう言えば、左を向いている方が多いかも、、、

裏の写真です。

一枚の絵2.jpg

このアルバムは、なんと言っても、門谷憲二さん、西島三重子さんの作詞作曲の2曲の「風の中のさよなら」「一枚の絵」が素晴らしい。特に「一枚の絵」は、詩、曲ともに、素晴らしいです。
また、「夕なぎ」も大好きです。この最初の3曲が、このアルバムでは、いいです。

次に続くのが「避暑地の出来事」と丸山圭子さんの曲の「あなたに染まって」「パンドラの箱」がいいかと思っています。

この一枚の絵もA面にいい曲が集まっています。
以前紹介した「スプーン一杯の幸せ」もA面がいい曲が集まっていました。

アルバムは、「注目を引くために、アルバムは、A面にいい曲を集める」という仮説が立てられますが、正しいでしょうか?

コメントでいただいた「「パーティーイズオーバー」に関する”さくらんぼ”の記事です。(追加)

さくらんぼ40-party.jpg

以前紹介した淳子さんのアルバムの記事です。

●「スプーン一杯の幸せ」
スプーン一杯の幸せ(アルバム)と忍の一字(歌手の淳子さんと女優の淳子さん) 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-05-04

●「わたしの素顔」
アルバム「わたしの素顔」と世にも奇妙な物語(歌手の淳子さんと女優の淳子さん)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-11-18

●「あなたかもしれない」
アルバム「あなたかもしれない」 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-07-08
桜田淳子 映画とアルバム ブログトップ