So-net無料ブログ作成

「イタズ 熊」 [桜田淳子 映画]

「イタズ 熊」は、1987年9月5日公開の東映 の映画です。

昭和3年秋田県阿仁村を舞台に、老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に心のふれあいを描いた映画です。
監督は原作も執筆した後藤俊夫さんです。(イタズとはクマの方言です)
1987年、第42回毎日映画コンクール・日本映画優秀賞し文部省特選映画です。


itazuprogram.jpg

桜田淳子さんは、主人公の老マタギ岩田銀蔵(田村高廣さん)の戦死した息子の未亡人の岩田キミ役を演じています。
桜田淳子さんは、戦死したダンナさんの父親や自分の子供を大事にして、
映画としても、最後は、悲しいですが、心温まる映画になっています。
共演は、田村高廣さん、宮田浩史さん、由利徹さん、樋浦勉さん、清川虹子さんです。

ストーリーは、人の手で子熊を愛情を持って育て、山に放ったものの、成長し、
大人になった熊(ゴン太)と、闘わねばならない運命を描いています。

渋谷東急で、試写会が行われました。

(1)1イタズ試写会.jpg

(2)

2イタズ試写会2.jpg


itazuprogram.jpg

”桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)”のコーナーです。
これは、当時の桜田淳子さんのあの時にプレイバックするコーナーです。

今回は、1987年8月29日にプレイバックします。

また、秋田でも先行ロードショーとして、1987年8月29日 舞台挨拶とサイン会がありました。
後藤監督、田村高廣さん、桜田淳子さんが出席しました。

(3)

3イタズサイン会2.jpg

秋田東映は、各回とも大入りでした。

この出来事を、下記ホームページの「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」に追加して行きます。
詳細は、下記のURLを見てください。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/itazusenkou/itazusenkou.html

「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」は、
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography.html
2013年2月にブログでまず公開し、
2014年1月には、サイト(ホームページ)で、公開し、他の所ではなく、私のオリジナルと思いますし、
「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」は、出来事を時系列に並べるのに時間がかかりましたので、これからもライフワークとして続けて頑張ってやっていきます。
今後も出来事を加えていきますので、完成まで、見守って下さいね、、、
このバイオグラフィー・歴史・年譜・年表・歩みを一部複製してHPで、公開したり、一部複製した後追加情報を加えて直したりしての公表は、控えて下さい。

ロケは、1年もかかったようです。
秋田での撮影シーンです。

(4)

4秋田での撮影シーン.jpg

(5)

5イタズ映画5.jpg

映画より

(6)義父の岩田銀蔵役の田村高廣さんと

6イタズ映画.jpg

(7)息子の岩田一平役の宮田浩史さんと

7イタズ映画3.jpg

(8)

8イタズ映画2.jpg

(9)

9イタズ映画6.jpg

(10)

10イタズ映画9.jpg

この映画で、後藤監督が秋田出身だから出ていただくのではなく、この役にふさわしい女優さんとして
出演をお願いしたいと言ったそうです。
それが、淳子さん嬉しかったそうです。

また、この役については、淳子さんは、祖母や母を思い出しながら演じたようです。
また、この映画中、小熊に噛まれたそうです。
(Since1974さんから情報をいただきました。1987年9月4日の朝日新聞からです。)

淳子さん、この映画は、ずいぶん気にいっていて、自分でも2度この映画を観たようです。

いつものように、「イタズ 熊」での衣装を中心に桜田淳子さんを紹介します。
今回は、昭和3年頃の衣装なので、それぞれ、そんなに変わりがありません。

(A)

Aイタズ衣装1.jpg

(B)

Bイタズ衣装3.jpg

(C)鉱山の選鉱場で働くシーン。

Cイタズ衣装5.jpg

(D)

Dイタズ衣装6.jpg

(E)

Eイタズ衣装7.jpg

(F)

Fイタズ衣装8.jpg

(G)

Gイタズ衣装10.jpg

(H)

Hイタズ衣装9.jpg

今回、淳子さんは、秋田美人のいい役柄でした。
また、この「イタズ 熊」は、感動的であり、非常によくできた映画だと思います。

桜田淳子さんの映画、以前、下記で紹介しています。

ストロベリーロード
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2016-05-20

おれは男だ! 完結編
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-07-03

「花の降る午後」
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-01-07

「ひとつぶの涙」
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-06-27

次回は、「白い手」か「善人の条件」を紹介する予定です。


●1979年の明星か平凡から”桜田淳子の泣きどころ”と題して桜田淳子さんの弱点を紹介しています。

A泣きどころ1-1979-3.jpg

(11)太れない

1泣きどころ2-1979-3.jpg

(12)スピード恐怖症

2泣きどころ2-1979-3.jpg

(13)朝はつらい

3泣きどころ2-1979-3.jpg

(14)潔癖症

4泣きどころ2-1979-3.jpg

(15)大きい猫

5泣きどころ2-1979-3.jpg

大きい猫がきらいであるということですが、イタズの時、クマは、どうだったのでしょうか、、

(16)クスグッタリ

6泣きどころ3-1979-3.jpg

私は、今でなく、当時当てはまるのは、
(11)(12)(15)くらいでしょうか、、、


●5月5日(金)都内で”ハッピー・シニア犬表彰式”
(愛犬を大切に育ててくれた飼い主さんに感謝を込めて)
が開催され、浅田美代子さんによるトークとシニア犬の表彰式がありましたので
行ってきました。

浅田美代子さんから、飼い犬は、最期まで、 看取って欲しいというメッセージがありました。
また、犬のブリーダ(蓄犬業者)の実態も考えさせらました。
このような、犬のブリーダ(蓄犬業者)に免許(資格)がないので、免許が必要なことを痛感しました。
署名もしてきました。
浅田美代子さんの動物愛護活動は、素晴らしいことだと思いますし、その活動を支持していきたいと思います。


(X)

浅田美代子イベント2.jpg

(Y)

浅田美代子イベント.jpg

●桜田淳子さん情報

・5月6日(土) 22:00 歌謡ポップスチャンネル「野口五郎の改札口の伝言板」で森昌子さんがゲスト
中三トリオのエピソードを話しました。(5/7追記)

・1970年代の週刊プレイボーイの表紙登場ランキングは山口百恵さんとアグネス・ラムさんが1位。
以下、岡田奈々さん、桜田淳子さん、多岐川裕美さんなどが続くそうです。(5/6追記)
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/05/06/84308/

・5月8日(月) 3:05 NHKラジオ第1とNHK FM「ラジオ深夜便 徳田章」
〔にっぽんの歌こころの歌〕 ’70年代アイドル・ファイル 桜田淳子集
shout83さんから情報をいただきました。
→桜田淳子さんの事(オリコン順位、各賞受賞、エンゼルハット、ドラマやCMの曲など)
を交えながら、天使も夢みる、わたしの青い鳥、はじめての出来事 、白い風よ、十七の夏
ねえ!気がついてよ 、しあわせ芝居、リップスティック、サンタモニカの風 、眉月夜が流れました。
バランスいい選曲だったと思います。(5/8追記)

・5月8日(月) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#34」
・5月10日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#36」
・5月11日(木) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#48」
・5月13日(土)10:00 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
・5月14日(日)14:30 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
(1977年1月20日放送分で、はじめての出来事などを歌うようです。)
・5月14日(日)  4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#40」
・5月23日(火)  4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#48」
・5月30日(火)  18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#57」

●スポーツ

・テニス ムチュア・マドリード・オープン
錦織圭出場予定