So-net無料ブログ作成
検索選択

「スクリーン・ミュージックの宴」で桜田淳子さん熱唱 [桜田淳子 リサイタル生淳子]

4月7日(金)銀座 博品館劇場での「スクリーン・ミュージックの宴」を観に行っていきました。
生淳子さんに合うのは、「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」以来、3年4ヶ月ぶりになります。

(1)

1博品館.jpg

(2)

2博品館.jpg

(3)

3博品館.jpg

ますは、今回のチケットです。

(4)

2スクリーンチケット2.jpg

席は、前の方でした。

そして今回のパンフレットです。

(5)

4スクリーンミュージック1-2.jpg

(6)

5スクリーンミュージック2-2.jpg

「スクリーン・ミュージックの宴」は、プロデューサーの増田久雄さんが構成・演出し、司会が、津島令子さんです。
ピアニスターのHIROSHIとバイオリニストの岡部磨知さんの演奏で、
ルーマニア出身のオペラ歌手アマリア・ネクラシェやアマービレがスクリーン・ミュージックを歌い
桜田淳子さんが特別ゲストで出演しました。
村上雅則さんもゲストで参加しています。
時間は、18時30分から20時45分までの約2時間15分でした。(途中15分休憩)

そして、今回、会場では、ポスターが売っていました。

(7)

6ポスター.jpg

なんと、貴重な数量限定50枚の桜田淳子さんのサイン入りポスターです。

「スクリーン・ミュージックの宴」で桜田淳子さんの登場場面をレポートさせていただきます。
(メモをとっていましたので、、それを見ながら、思い出しながら振り返ります)

行かれた方で、補足がありましたら、お願いします。
T.Sさんと39jさんとdunsford さんのコメントから本文に淳子さんの事を追加させていただきました。

桜田淳子さんが「スクリーン・ミュージックの宴」に出演した経緯がプロデューサーの増田久雄さんが説明していました。
「”ショウほど素敵な商売はない”を今回は、「スクリーン・ミュージックの宴」で、やりたかった。
”ショウほど素敵な商売はない”は、”アニーよ銃をとれ”の主題歌で、”アニーよ銃をとれ”
と言えば、桜田淳子さんしかいない。友人を通して、桜田淳子さんにオファーしたら快諾してくれた。」ということでした。

司会の方から「桜田淳子さんです。どうぞ拍手で、迎え下さい」に
桜田淳子さんは、19時10分に向かって左から登場しました。
会場から淳子コールがあり、桜田淳子さんは、感極まっているようでした。

リボン付の黒(紫)の帽子をかぶって白いシャツに黒いスカート(ワンピース)。黒い靴。ネックレスとイヤリングと両手にブレスレットをつけていました。
すごく輝いて、綺麗でした。

下記で、衣装は見れます。

http://www.nikkansports.com/entertainment/photonews/photonews_nsInc_1804308-0.html
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/07/kiji/20170407s00041000260000c.html

「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」と比べて、シックな感じでした。

最初、ピアニスターHIROSHIさんが「わたしの青い鳥」の「ようこそここへクックック」の部分を演奏。
淳子さんが「クッククック」のポーズをしたのが印象的でした。

その後、歌った曲は、「アニーよ銃をとれ」から4曲

「自然のままに (Doin' What Comes Natur'lly)」
「朝にはお陽さま(朝に太陽 夜には月) (I Got The Sun In The Morning)」
「恋は素晴らしい・・・ (They Say It's Wonderful)」
「ショウほど素敵な商売はない (There's No Business Like Show Business)」

を歌いました。

素晴らしいのびのあるヴォーカルでした。

「どうもありがとうございました」
「アニーは、忘れられません」

「のどがカラッカラです。こんなに緊張したのは久しぶり…」

水の差し入れがありました。

「改めて招きいただいて感謝申し上げます。」
「そして、今日は、たくさんの皆様、チケットが数分で、売り切れたと聞きました。
娘の友達の母親からチケットどうにかならないかと言われたがお母さんでは、できない。親しい方に依頼されたがチケットを手配してあげられなかったので、近所のママ友、以前のマネジャー、業界の方々、私に思いを寄せてくれている人がどうしても観たいということでゲネプロ(リハーサル)を観に集まってくれた。
そして、今回、たくさんの方が集まってくれたうれしく思います。おそらく桜田淳子がどれだけ年を取ったのか興味があったのでしょうか、」

そして最後に予想どおりサプライズがありました。
(ファン思いの桜田淳子さんでしたね、、、)

淳子さんがもう1曲を「化粧」とコールして、、、

「化粧」を感情をこめて、かみしめながら、丁寧に、歌ってくれました。
(涙を浮かべている感じがしましたが、、、)
ピアニスターHIROSHIさんが伴奏がありましたが、アカペラに近い感じでした。

約20分間のステージでした。
私も感無量でしたが、桜田淳子さんもステージに立てこととファンの声援に感無量でしたね、、私は、涙ぐみました。

「スクリーン・ミュージックの宴」の最後の曲は、「愛と青春の旅立ち(Up Where We Belong)」でしたが
そこにも桜田淳子さんが登場して、何も語りませんでしたが、最後の挨拶をしました。
増田プロデユユーサーの「また桜田淳子さんにお会いしたいですよね」という問いかけに対し会場が拍手で答えていました。
その後、左手に退場しました。
今回、増田プロデュサーや出演者が、ステージや(楽屋)で、暖かく迎いいれてくれていたのを感じます。

まとめ

今回、感じたことは、

一つ目は、桜田淳子さんがすごく綺麗だった
二つ目は、桜田淳子さんの歌が素晴らしい。(透き通ったのびがある歌声と声量)

「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」から約3年4ヶ月でしたが、まったく変わっていません。
淳子さんは、最高の歌手(エンターテイナー)だと思います。
「スクリーン・ミュージックの宴」は、桜田淳子さんからの贈り物という感じで、最高のステージでした。


今回、楽しかった当時を思い出すことができ、短い時間でしたが、素晴らしい時間を過ごすことができました。
最後に、桜田淳子さん 「スクリーン・ミュージックの宴」での歌ありがとうございました。

今後は、桜田淳子さんがどんな道に進むかわかりませんが、
桜田淳子さんが選んだ道を尊重し、応援していきたいと思いました。


行かれた方で、補足がありましたら、お願いします。
T.Sさんと39jさんとdunsford さんのコメントから本文に淳子さんの事を追加させていただきました。


P.S.
ピアニスターのHIROSHIさんが、即興で、観客のリクエストで、「窓」「美しい夏」は、知らないということでしたが、「追いかけてヨコハマ」を演奏してくれました。

今回 「スクリーン・ミュージックの宴」では、もちろん、桜田淳子の歌がベストでしたが、桜田淳子さん以外の曲で、一番良かったのは、「愛と青春の旅立ち(Up Where We Belong」が良かったです。
次に、アマービレの3人による「黄色いリボン」が良かったです。

行かれた方で、桜田淳子さん以外の曲で印象に、残った曲は、ありましたか?

今回は、プロデューサーの増田久雄さんに感謝です。
増田さんのオファーがなければ桜田淳子さんの「スクリーン・ミュージックの宴」への出演は、なかったし、
今回のステージでは、増田さんは、桜田淳子さんをあたたかく迎いいれてくれてました。
増田さん、本当にありがとうございました。

4月8日(土)も 「スクリーン・ミュージックの宴」に行ってきました。
桜田淳子さんは、出ませんでした。


●テレビ
「スクリーン・ミュージックの宴」のもようは、下記番組で流れました。

・4月7日(金)フジテレビ「ユアタイム」
・4月8日(土)フジテレビ「めざましどようび」
・4月9日(日)日本テレビ「ズームイン!!サタデー」
・4月9日(日)TBS「サンデー・ジャポン」
・4月9日(日)フジテレビ「ワイドナショー」
・4月9日(日)TBS「アッコにおまかせ!」
4月10日(日) テレビ朝日「グッド!モーニング」
4月10日(日) フジテレビ「とくダネ!」
4月10日(日) 日本テレビ「スッキリ!」
4月10日(日) フジテレビ「ノンストップ!」
4月10日(日) 日本テレビ「PON!」
4月10日(日) フジテレビ「バイキング」

4月10日(日) フジテレビ「ノンストップ!」では、
ピアニスターのHIROSHIさんの桜田淳子さん印象についてのインタビューで
「桜田淳子さんは、素顔の謙虚さがある。私用の個室(控室)でなくて、みんなといっしょに大部屋(の控室)でかまわない」という淳子さんの発言があったそうです。(4/10追記)

●雑誌

・4月11日(火)発売の「フラッシュ」4月25日号(4/10追記)
1ページに桜田淳子さんのスクリーンミュージックの宴での写真と記事が載っています。(4/11追記)

・4月11日(火)発売の「週刊女性」に桜田淳子さんでの写真と記事が載っています。
(チューリップさんから情報をいただきました。)(4/11追記)

・4月13日(木)発売の「女性セブン」「週刊新潮」「週刊文春」に桜田淳子さんの記事が載ります。
(4/12追記)

・本日4月13日発売の「女性セブン」4月27日号に、カラー1ページで桜田淳子さんの写真2枚載っています。
・本日4月13日発売の「週刊新潮」4月20日号に、白黒2ページで桜田淳子さんの写真2枚載っています。
(4/13追記)

・4月14日(金)発売の「フライデー」4月28日号に桜田淳子さんの記事が載るようです。(4/13追記)

●新聞
・4月8日(土)日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、サンケイスポーツ

新聞.jpg

●プロデューサー増田久雄さんの淳子さんに関する話が載っています。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170408-OHT1T50085.html

共演したHIROSHIさんの淳子さんに関する話が載っています。
https://dot.asahi.com/dot/2017040800011.html
(shout83さんからも情報をいただきました。)

●桜田淳子さんの会場入りの様子は、下記にあります。
麦わら帽子に水色のワイシャツで現れ、
「体調は大丈夫ですか」と問われると「大丈夫」と小さな声で答え、軽くガッツポーズをしたようです。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803940.html
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803938.html
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/07/kiji/20170407s00041000180000c.html
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170407-OHT1T50130.html


「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」については、以前、下記で紹介しています。
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-11-26

●桜田淳子さん情報

・4月6日(木)発売の週刊実話4月20日号の「わが青春のアイドル対決 淳子vs百恵の艶姿」
の特集で、3ページにわたって、桜田淳子さんの写真が11shot、山口百恵さんの写真が10shot
載っています。
「日本おてんば大賞」や「夜のヒットスタジオ」「水泳大会」「レコード大賞」などからいろいろな写真が載っています。

・4月7日(金)発売のフライデー4月21日号に桜田淳子さんの事が写真付で掲載。
内容は、良くもなし。悪くもなし。

今回は、買われた方いますか?

・4月11日(火) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#34」
・4月12日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#15」
・4月13日(木) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#36」
・4月20日(木) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#40」
・4月22日(土) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#24」
・4月24日(月) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#26」
・4月26日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#27」
・4月29日(土) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#30」
・4月29日(土)10:00 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #33」
・5月3日(水) 16:30 時代劇専門チャンネル 独眼竜政宗 総集編 第二回
・5月3日(水) 18:00 時代劇専門チャンネル 独眼竜政宗 総集編 第三回
・5月3日(水) 19:30 時代劇専門チャンネル 独眼竜政宗 総集編 第四回
・5月3日(水) 21:00 時代劇専門チャンネル 独眼竜政宗 総集編 第五回
・5月13日(土)10:00 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
・5月14日(日)14:30 TBSチャンネル1 「トップスターショー 歌ある限り #16」
(1977年1月20日放送)(4/10追記)