So-net無料ブログ作成
検索選択

祝桜田淳子さんデビュー44周年と「日本レコード大賞」での桜田淳子さん [桜田淳子 テレビ歌番組]

●2017年2月25日は、桜田淳子さんデビュー44周年です。
桜田淳子さん、デビュー44周年おめでとうございます。
桜田淳子さんの44周年は、どんな年になるのでしょうか?

それを記念して、今回は、国民的な番組の「日本レコード大賞」を紹介します。

「日本レコード大賞」は、TBSが放送する最も、権威がある音楽賞です。
1959年に創設され、現在も続いています。
「日本レコード大賞」は、毎年12月31日の19時から21時まで、千代田区丸の内の帝国劇場(1969年から)で、行われました。(後に1985年から日本武道館)
また、2006年からは、12月30日に行われるようになりました。

視聴率は、1969年から1985年までは、30%を超え、最高視聴率は、1977年の50.8%でした。
1989年以降は、視聴率は、20%を割っています。

テレビは、1967年も観ていたかもしれませんが、1969年からは、観た記憶が鮮明にあります。
毎年、レコード大賞、最優秀新人賞は、誰がとるのか、楽しみにして観ていました。

☆「日本レコード大賞」の各賞について考察し、語りたいと思います。
当時から、おかしい???と考えていた事です。

・歌唱賞
優れた歌唱によって活かされた作品に贈られる賞として定義され、文字通り歌手の歌唱力を評価したものである。
当時、歌唱力と何なんだと、多いに疑問がありました!!!!
歌唱力で、賞を獲るより、純粋に売れたか、作品性の良し悪しで、賞を決めるべきだと思っていました。

歌唱力をどういうふうに評価して、決めるのか、まったくわからないし、、
アイドルの歌唱力と演歌の歌唱力では、まったく違うと思う。
歌唱賞は、女性アイドルは、獲れなかったのは、解せない。
また、歌唱賞は、レコード大賞審査員が正統派歌手として認められないと獲れなかった
のも理解できない。

日本歌謡大賞の方の「放送音楽賞」の方が、実際、その年の代表した曲が選ばれていたので、
権威は、日本レコード大賞の「歌唱賞」の方があるが、「放送音楽賞」の方が
公平で、評価できると思っていた。

・大衆賞
第11回(1969年)から第19回(1977年)まで、大衆に支持された歌手や楽曲に与えられた賞だった。
当初は歌唱賞と同様に大賞候補としての位置付けだったが、
第17回(1975年)からは大賞候補の枠外の位置付けとなった。

この賞は、すごい売れたが、歌唱賞にふさわしいと思われない歌手に与えられることが多かった。
つまり、レコード大賞では、歌唱賞は、5名しかないし、歌唱賞は、まだあげたくないが。すごい活躍したので、
何らかの賞をあげたいという苦肉の策として用意した賞であった感じがします。
正当派歌手以外のアイドルや大衆演歌の歌手や俳優がとることが多かった。
歌唱賞の方が、大衆賞より格上と考えらていたが、大衆賞を獲った歌手の方が、歌唱賞をを獲った大部分の歌手(一部を除く)よりセールス的に売れていることが多かったので、この賞も多いに疑問である。
また、第17回(1975年)からは大賞候補の枠外の位置付けになっており、これも、多いに疑問である。

ここで、主な年度の大衆賞を見てみましょう。

1970年「命預けます」 藤圭子「ドリフのズンドコ節」ザ・ドリフターズ
1971年「傷だらけの人生」鶴田浩二「さらば恋人」堺正章
1972年「子連れ狼」橋幸夫「ひとりじゃないの」天地真理
1973年「わたしの彼は左きき」麻丘めぐみ「ロマンス」ガロ「危険なふたり」沢田研二
1974年「二人でお酒を」梓みちよ「なみだの操」殿さまキングス「うそ」中条きよし「ひと夏の経験」山口百恵
1975年「十七の夏」桜田淳子
1976年「あなたがいたから僕がいた」郷ひろみ
1977年「ウォンテッド」ピンク・レディー

・金賞

1978年から採用された賞で、
大衆の強い支持を得て作品としても芸術性・独創性に優れ、その年度を反映したと認められた『作品』に贈られる。
これによっては、古いレコード体質の歌唱賞、大衆賞を廃止されたので、その点は、評価できる。
公平に、純粋に、売上(大衆の強い支持)やすぐれた作品に贈られるので、
アイドル、演歌、フォーク、正統派歌手などが同じ土俵で、戦えるようになった。

皆さんは、どう感じていたでしょうか?

☆「日本レコード大賞」での桜田淳子さんを紹介します。

・1973年(昭和48年)第15回 最優秀新人賞「わたしの青い鳥」

(1)

1レコード大賞わたしの青い鳥.jpg

(2)

2レコード大賞わたしの青い鳥2.jpg

1973年の日本レコード大賞の新人賞については、以前下記で書いています。

1973年の日本レコード大賞の新人賞
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-12-30

・1975年(昭和50年)第17回 大衆賞「十七の夏」

(3)

3レコード大賞十七の夏2.jpg

(4)

4レコード大賞十七の夏.jpg

・1977年(昭和52年) 第19回 日本レコード大賞候補曲ベスト10「気まぐれヴィーナス」

(5)

5レコード大賞気まぐれヴィーナス.jpg

(6)

6レコード大賞気まぐれヴィーナス2.jpg

・1978年(昭和53年) 第20回 金賞「しあわせ芝居」

(7)

7レコード大賞しあわせ芝居2.jpg

(8)

8レコード大賞しあわせ芝居.jpg

☆ここで、問題です。上記の1973年、1975年、1977年、1978年以外に、大晦日の日本レコード大賞に桜田淳子さんは出演しています。何年でしょうか?

できれば、問題の答えのコメントとそれ以外の記事のコメントは、分けて
投稿いただけると幸いです。


●答えを発表したいと思います。
問題は、”桜田淳子さんは、1973年、1975年、1977年、1978年以外に、大晦日の日本レコード大賞に出演しています。何年でしょうか?”

(9)

逃避行 (2).jpg

(10)淳子さん、綺麗です。

逃避行レコード大賞.jpg


答えは、1974年でした。
1974年の最優秀新人賞の時、前年の最優秀新人賞受賞者として出演しています。

正解は、チューリップさん、shout83さん、Since1974さんでした。
今回は、この3人が桜田淳子さんマイスターです。



☆歴代の受賞者です。

西暦 大賞受賞者(受賞曲) 最優秀歌唱賞 最優秀新人賞
1 1959年 水原弘(黒い花びら)
2 1960年 松尾和子、和田弘とマヒナスターズ(誰よりも君を愛す)
3 1961年 フランク永井(君恋し)
4 1962年 橋幸夫 吉永小百合(いつでも夢を)
5 1963年 梓みちよ(こんにちは赤ちゃん)
6 1964年 青山和子(愛と死をみつめて)
7 1965年 美空ひばり(柔)
8 1966年 橋幸夫(霧氷)
9 1967年 ジャッキー吉川とブルーコメッツ(ブルー・シャトウ)
10 1968年 黛ジュン(天使の誘惑)
11 1969年 佐良直美(いいじゃないの幸せならば) 森進一 ピーター
12 1970年 菅原洋一(今日でお別れ) ---  にしきのあきら
13 1971年 尾崎紀世彦(また逢う日まで) 森進一 小柳ルミ子
14 1972年 ちあきなおみ(喝采) 和田アキ子 麻丘めぐみ
15 1973年 五木ひろし(夜空) 由紀さおり 桜田淳子
16 1974年 森進一(襟裳岬) 五木ひろし 麻生よう子
17 1975年 布施明(シクラメンのかほり) 五木ひろし 細川たかし
18 1976年 都はるみ(北の宿から) 八代亜紀 内藤やす子
19 1977年 沢田研二(勝手にしやがれ) 八代亜紀 清水健太郎
20 1978年 ピンク・レディー(UFO) 沢田研二 渡辺真知子
21 1979年 ジュディ・オング(魅せられて) 小林幸子 桑江知子
22 1980年 八代亜紀(雨の慕情) 都はるみ 田原俊彦
23 1981年 寺尾聰(ルビーの指環) 岩崎宏美 近藤真彦
24 1982年 細川たかし(北酒場) 大橋純子 シブがき隊
25 1983年 細川たかし(矢切の渡し) 森昌子 THE GOOD-BYE
26 1984年 五木ひろし(長良川艶歌) 細川たかし 岡田有希子
27 1985年 中森明菜(ミ・アモーレ) 石川さゆり 中山美穂
28 1986年 中森明菜(DESIRE) 北島三郎 少年隊
29 1987年 近藤真彦(愚か者) 大月みやこ 立花理佐
30 1988年 光GENJI(パラダイス銀河) 島倉千代子 男闘呼組
31 1989年 Wink(淋しい熱帯魚) 石川さゆり マルシア

テレビは、1967年も観ていたかもしれませんが、1969年からは、観た記憶が鮮明にあります。
こうしてみると、24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得
した松田聖子さんが、レコード大賞を獲れなったのは、演歌重視を否めませんし、
疑問が残ります。
1978年のピンク・レディーのレコード大賞受賞は、アイドルで獲れたことは、画期的でした。
皆さんは、どの年が印象的でしょうか?

☆歴代の司会者です。

男性 女性
11 1969年 高橋圭三 (浅丘ルリ子)
12 1970年 高橋圭三 (佐良直美)
13 1971年 高橋圭三 山本陽子
14 1972年 高橋圭三 森光子
15 1973年 高橋圭三 森光子
16 1974年 高橋圭三 森光子
17 1975年 高橋圭三 森光子
18 1976年 高橋圭三 森光子
19 1977年 高橋圭三、久米宏 黒柳徹子
20 1978年 高橋圭三、久米宏 黒柳徹子
21 1979年 高橋圭三 檀ふみ
22 1980年 高橋圭三、渡辺謙太郎 中田喜子
23 1981年 高橋圭三、渡辺謙太郎 竹下景子
24 1982年 高橋圭三、児玉清 竹下景子
25 1983年 高橋圭三 竹下景子
26 1984年 森本毅郎 竹下景子
27 1985年 森本毅郎 倍賞美津子
28 1986年 森本毅郎 竹下景子
29 1987年 関口宏 三雲孝江
30 1988年 関口宏 三雲孝江
31 1989年 板東英二 楠田枝里子
32 1990年 板東英二 和田アキ子
33 1991年 布施明、石田純一 黒柳徹子
34 1992年 神田正輝 黒柳徹子
35 1993年 宮本亜門 牧瀬里穂
36 1994年 宮本亜門 牧瀬里穂
37 1995年 西田敏行、中山秀征 渡辺真理
38 1996年 堺正章 飯島直子
39 1997年 堺正章 草野満代
40 1998年 堺正章 江角マキコ
41 1999年 堺正章 黒木瞳
42 2000年 堺正章 黒木瞳
43 2001年 堺正章 米倉涼子
44 2002年 堺正章 菊川怜
45 2003年 堺正章 不在
46 2004年 堺正章 伊東美咲
47 2005年 堺正章 綾瀬はるか
48 2006年 堺正章 蛯原友里
49 2007年 堺正章 押切もえ
50 2008年 堺正章 上戸彩、松下奈緒
51 2009年 堺正章 藤原紀香
52 2010年 堺正章 藤原紀香
53 2011年 堺正章 藤原紀香
54 2012年 安住紳一郎 新垣結衣
55 2013年 安住紳一郎 上戸彩
56 2014年 安住紳一郎 仲間由紀恵
57 2015年 安住紳一郎 仲間由紀恵

私にとってレコード大賞の司会者は、高橋圭三さんです。
あの名調子は、忘れられません。

過去の記念の記事は、下記です。

★39周年の記事
淳子さんデビュー39周年おめでとう、40年目に突入(明星からデビュー前の淳子さん)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-02-25

★40周年の記事
桜田淳子さんデビュー40周年おめでとうございます。(桜田淳子さんの歴史)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-02-24

★41周年の記事
桜田淳子さんデビュー41周年(歌手時代の11年間とシングルのバイオグラフィー)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-02-24

★42周年の記事
桜田淳子さんデビュー42周年(女優桜田淳子さんのバイオグラフィー)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2015-02-24

★43周年の記事
祝桜田淳子さんデビュー43周年と「NHK紅白歌合戦」での桜田淳子さん
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2016-02-24 

改めて、桜田淳子さん デビュー44周年おめでとうございます。
1973年のデビューから、数々の思い出、ありがとうございました。
桜田淳子さんと同じ青春時代を歩めて良かったです。、
私は、桜田淳子さん自身が、決めた道を尊重し、これからも応援していきますので、よろしくお願いします。

皆さんも桜田淳子さん44周年へのメッセージがあれば、お願いします。

●桜田淳子さんは、デビュー44周年ですが、それに比べては、大したことでは、ありませんが、
「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」は、2017年3月1日で、8周年で9年目に突入しました。

ブログ開設当時は、桜田淳子さんブログは、ほとんどなく、手さぐり状態でしたが、
皆さんのおかげで、8年間、続けることができました。

このブログを読んでいただいている皆様、ありがとうございました。
また、特に、コメントをいただいた方、本当にありがとうございました。
今後も、桜田淳子さんを通して古き良き1970年代(1980年代)を懐かしく思いながら振り返り、
思い出や情報や思いを共有できればと思います。
引き続き、ブログをやっていきますので、よろしくお願いします。

また、下記の「Welcome To Junko World 桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のサイトも
ブログと共に、よろしくお願いします。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/


●「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」のサイト(HP)の目玉コーナーの
「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」に出来事を追加しましたので紹介します。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography.html

”桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)”のコーナーです。
これは、当時の桜田淳子さんのあの時にプレイバックするコーナーです。

今回は、1975年11月19日です。
1975年12月31日でなく、1975年11月19日のレコード大賞部門賞発表で
桜田淳子さんは、日本レコード大賞大衆賞を受賞しました。

(11)

大衆賞11月19日.jpg

(12)当時のスポーツ新聞からです。

大衆賞11月19日スポーツニッポン.jpg

また、この出来事を、下記ホームページの「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」に追加して行きます。
詳細は、下記のURLを見てください。
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/biography/taisyusyo19751119/taisyusyo19751119.html

「桜田淳子バイオグラフィー(歴史・年譜・年表・歩み)」は、2013年2月にブログでまず公開し、
2014年1月には、サイト(ホームページ)で、公開し、他の所ではなく、私のオリジナルと思いますので、頑張ってやっていきます。

●ここで、レコード大賞に関する問題です。
大衆賞は、1974年までは、複数の方が獲っていましたが、
1975年からは、大衆賞は、1人になりました。つまり、大衆賞候補が何人かいて、大衆賞が1人が選ばれるようになりました。

1975年に桜田淳子さんは、1975年11月19日に大衆賞を獲得しましたが、
1975年11月19日のレコード大賞部門賞発表の時、1975年の大衆賞候補は、桜田淳子さんを含めて5人いました。他の4人は、誰だったでしょうか?
4人以内の名前を上げてください。(思いつかない場合は、1人でもいいです。)

チューリップさん、Since1974さん、天くちさんから問題に対する回答をいただきました。(3/10追記)


答えを発表します。
答えは、ダウンタウンブギウギバンド、さくらと一郎、山口百恵さん、黒沢年男さんでした。
1975年のリサイタル2で、ダウンタウンブギウギバンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を歌いましたし、
黒沢年男さんとは、1975年の「スプーン一杯の幸せ」で共演しています。

ちなみ、投票結果は、
桜田淳子さん 33票
ダウンタウンブギウギバンド 10票
さくらと一郎 1票
山口百恵さん 0票
黒沢年男さん 0票

でした。

大衆賞は、桜田淳子さんは、ダウンタウンブギウギバンドの争いで、
獲れなかったダウンタウンブギウギバンドは、企画賞になりました。

ということで、Since1974さんが、ダウンタウンブギウギバンド、さくらと一郎を
当てましたので、今回の桜田淳子さんマイスターになります。


●”1枚の切り抜き”コーナーです。

(13)

ファション.jpg

●”小さい記事紹介”コーナーです。

・1974年ごろ(高校一年)
小遣い 4000円  財布の中 870円

小遣い1.jpg

・1979年ごろ
小遣い 何万円以上

小遣い使い道1979年.jpg

高校一年の時の淳子さんの給与は、安かったと思いますし、小遣いも我々と変わらないと思います。
やはり5年経過すると、実績が上がったので、、、我々と違ってきています。


●桜田淳子さん情報

・2月27日(月)2:00 時代劇専門チャンネル 「独眼竜政宗 総集編 第四回」
・2月27日(月)18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#11」
・2月28日(火)19:00 BS-TBS「日本名曲アルバム」
「はじめての出来事」が歌われるようです。
shout83さんから情報をいただきました。(2/27追記)
・2月28日発売の週刊朝日 3月10日号に桜田淳子さんの 「スクリーン・ミュージックの宴」へのコメントが書かれています。
・2月28日発売の女性自身3月14日号に桜田淳子さんのことが書かれています。
・3月2日(木) 21:00 NHK BSプレミアム 「ザ・プロファイラー 夢と野望の人生”時代”と闘い続けた作詞家阿久悠」で、中三トリオとして桜田淳子さんの名前と気まぐれヴィーナスのジャケットが出ました。(3/3追記)
・3月5日(日) 15:30 歌謡ポップスチャンネル 水道橋博士の昌子淳子百恵「花の中3トリオ」伝説
shout83さんから情報をいただきました。(3/1追記)
・3月6日(月)2:00 時代劇専門チャンネル 「独眼竜政宗 総集編 第五回」
・3月7日(火) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#15」
・3月8日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#159」
・3月8日(水)13:00 NHK-FM「歌謡スクランブル 春色コレクション」
桜田淳子さんの「あなたのすべて」がかかります。
shout83さんから情報をいただきました。(3/1追記)
・3月11日(土) 21:00 歌謡ポップスチャンネル「昌子・淳子・百恵 涙の卒業式 出発」
・3月23日(木) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#24」
・3月28日(火) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#26」
・3月29日(水) 4:30 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#2」
・3月29日(水) 18:00 ファミリー劇場「ドリフ大爆笑#27」
・4月7日(金) 18:30 銀座博品館劇場 「スクリーン・ミュージックの宴」に出演
・4月 TBSチャンネル1 トップスターショー 歌ある限り #33


●スポーツ

いよいよWBCが始まります。今回は、厳しい感じがします。

WBC日程 第1ラウンド
3月7日(火) 19:00 日本vsキューバ
3月8日(水) 19:00 日本vsオーストラリア
3月10日(金) 19:00 日本vs中国
3月11日(土) 19:00 プレイオフ

・WBCプールB 日本は、オーストラリアに4対1で勝ちました。
 プールAは、イスラエルとオランダが2次ラウンドに進出。(3/8追記)
・WBCプールB 日本は、キューバに11対6で勝ちました。
 プールAでは、イスラエルが2勝(3/7追記)