So-net無料ブログ作成

1973年の月刊明星からとさくらんぼ15号からの桜田淳子さん [桜田淳子 さくらんぼと明星平凡]

1973年の月刊明星からの15才の桜田淳子さんです。
まっ赤な服は、マネージャーから作ってもらったと書いてあります。

乗馬1.jpg

乗馬2.jpg

記事には、馬から落ちたとありますが、、、
2枚目の写真は、演出だと思いますが、、、

”1枚の写真”コーナーと題して”1枚の写真”を紹介します。
ドリームショップで当時購入しました。

img212.jpg

恒例の”さくらんぼ紹介コーナー”と題してさくらんぼ15号(1976年1月)を紹介します。

さくらんぼ15号-2.jpg

全国のラジオ、テレビ番組に「ゆれてる私」をリクエストしよう。とあります。
懐かしい番組ありますね、、
ニッポン放送の「不二家歌謡ベストテン」は、必ず、聴いていました。
でも、当時は、あまり、リクエスト出していませんでした。


P.S.
TBSチャンネル2がスカパーで開局され、「寺内貫太郎一家」が、また放送されます。
「寺内貫太郎一家」は、大好きなドラマで、当時、初回放送を見ていました。
また、スカパーでも以前、再放送されたので、見ました。

「寺内貫太郎一家」の中のミヨちゃんです。

寺内貫太郎一家1-2.jpg

「寺内貫太郎一家」は、下記で詳しく紹介されています。
「寺内貫太郎一家」の浅田美代子さん
http://ameblo.jp/majsmy/entry-11366411545.html

百恵さんの「伝説から神話へ」がブルーレイで出るようです。
迷いましたが、先ほど、予約しました。

エンジェルハットの桜田淳子さんと「がんばりやの天使」から [桜田淳子 ワンポイント特集]

第3金曜日なので、ライトな更新になります。

淳子さんのグラビア、帽子を被っての撮影、本当に多いですが、デビュー当時でないエンジェルハットの淳子さんです。
たぶん75年の17才の淳子さんだと思いますが、、、

エンジェルハット.jpg

あと、エンジェルハットが微妙ですが、、21才ころの淳子さんです。

エンジェルハット2.jpg

次に「がんばりやの天使」から

がんばりやの天使.jpg

上記、ひとつ間違いがあるようですが???


「がんばりやの天使」から”あれこれ質問コーナー”から

”スポーツ”に対しては、
”ニガ手であるが、走るのは、自信がある。50mを7~8秒で走る」


「がんばりやの天使」には、天使ですので、デビュー時のエンジェルハットの写真もありました。

がんばりやの天使1.jpg

がんばりやの天使2.jpg

P.S.
カックラキンで、「This is a "Boogie"」が放映されました。
見てない方は、、、再放送ありますので、

This is a Boogie.jpg

「This is a "Boogie"」の記事は、
「This is a "Boogie"」と第32回の紅白歌合戦からの桜田淳子さん
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-06-15

歌謡選抜のラジオでは、淳子さんの歌、聴けましたね、、、
ラジオは、いいですね、、昔を思い出します。
有名な淳子さんのエピソードも話されていました。
水着は、二十歳で卒業という話です。テレビでは、結局21才まで、水着で歌っていました。

「海へ -See you-」鑑賞記と「一枚の絵」(アルバム)の紹介(女優の桜田淳子さんと歌手の淳子さん)(追加あり) [桜田淳子 映画とアルバム]

女優の淳子さんと歌手の淳子さんを紹介します。
まずは、女優の淳子さんです。

先日、スカパーで、「海へ -See you-」が放映されました。
「海へ -See you-」は、高倉健さん主演、桜田淳子さんが準主演の1988年の映画です。
3時間近い映画でしたが、歴史物でないので、なんとか、見ました。

海へタイトル.jpg

高倉健さんの後に桜田淳子さんがクレジットタイトルで、名前が連ねています。
この映画は、桜田淳子さんが準主演ですが、いしだあゆみさんも準主演のような感じがします。
出番もいしだあゆみさんの方が多かったような、、、

淳子さんは歌手の役で、冒頭のシーンが下記です。
マスコミのインタビューシーンです。
セクシーで、魅力的でした。

海へ.jpg


パリダカールでは、

海へパリダカール.jpg

あまり、好きでない髪型で、、、冒頭のシーンの淳子さんと比べると、、、、、



最後の淳子さんのシーンは、

海へ最後.jpg

映画の最初と最後の淳子さんの出番、どちらも、マスコミのインタビューシーンなんですね、、、
(監督が意識してそうしたのかなあ)


この映画でも帽子を被っていました。

海へ帽子.jpg


映画の内容では、「動乱」より「海へ -See you-」の方が好きですが、(歴史映画は嫌いなので)
淳子さんは、「動乱」の方がいいですね、、、
総合的には、まあまあです。
「海へ -See you-」を見ていない方は、来週水曜日ありますので、、、
「海へ -See you-」を今回、見ましたが、淳子さんの映画は、1970年代の主演映画がいいです。


次に歌手の淳子さんです。

今までアルバムを3枚紹介してきましたが、今回は、1979年発売の「一枚の絵」です。

淳子さんのアルバムの中で、後期では、「一枚の絵」も傑作で、大好きです。
後期では、「あなたかもしれない」が一番ですが、、

LPとCDです。

一枚の絵.jpg

当時「一枚の絵」を録音したカセットです。(追加)
カセット.jpg

たぶんLPから簡単に聴けるように、当時、カセットにおとした思いますが、ひるの歌謡曲で、やっていたというコメントがありましたので、エアチェックしたか、さだかでは、ありません。でも、このころは、予約してLP買っていたので、いち早く、LPを手に入れたので、放送を待つ必要がないので、LPから落としたと思います。

当時、特定のレコード屋で、アルバムを予約すると、ポスターがついていたような、気がします。
このジャケット写真は、デビュー30周年記念BOXのジャケット選出の際、この時の写真が最後まで、候補に残っていたそうです。
淳子さんは、横顔を撮られる時は、右より、左から写真を撮られる方が好きで、左を向いている写真が多いそうです。この写真もそうです。そう言えば、左を向いている方が多いかも、、、

裏の写真です。

一枚の絵2.jpg

このアルバムは、なんと言っても、門谷憲二さん、西島三重子さんの作詞作曲の2曲の「風の中のさよなら」「一枚の絵」が素晴らしい。特に「一枚の絵」は、詩、曲ともに、素晴らしいです。
また、「夕なぎ」も大好きです。この最初の3曲が、このアルバムでは、いいです。

次に続くのが「避暑地の出来事」と丸山圭子さんの曲の「あなたに染まって」「パンドラの箱」がいいかと思っています。

この一枚の絵もA面にいい曲が集まっています。
以前紹介した「スプーン一杯の幸せ」もA面がいい曲が集まっていました。

アルバムは、「注目を引くために、アルバムは、A面にいい曲を集める」という仮説が立てられますが、正しいでしょうか?

コメントでいただいた「「パーティーイズオーバー」に関する”さくらんぼ”の記事です。(追加)

さくらんぼ40-party.jpg

以前紹介した淳子さんのアルバムの記事です。

●「スプーン一杯の幸せ」
スプーン一杯の幸せ(アルバム)と忍の一字(歌手の淳子さんと女優の淳子さん) 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-05-04

●「わたしの素顔」
アルバム「わたしの素顔」と世にも奇妙な物語(歌手の淳子さんと女優の淳子さん)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-11-18

●「あなたかもしれない」
アルバム「あなたかもしれない」 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-07-08

桜田淳子さんセイヤング”どこが違うの同じでないかいのコーナー” [桜田淳子 ラジオ]

恒例の”さんくらんぼ”の紹介コーナーですが、さくらんぼでもセイヤングが取り上げられました。

セイヤング.jpg

また、桜田淳子さんのセイヤング、以前下記で紹介しました。

桜田淳子さんのセイヤング

この時、コメントでもさらに紹介して欲しいというリクエストがありましたので、
今回、人気コーナーの”どこが違うの同じでないかいのコーナー”を紹介します。



上記は、1981年1月6日のセイヤングからです。
これは、同じような似た言葉を淳子さんなりに違いを説明するコーナーです。


日頃、コメントをいただいて、たくさんの淳子さん情報ありがとうございました。
そこで、2012年1月1日から2012年9月30日までにコメントを2回以上いただいた方に
1月6日の”どこが違うの同じでないかいのコーナー”の拡大版を限定公開したいと思います。
(まだ、9月30日まで、時間あります。同一記事2回のコメントもOK)

また、2012年1月1日から2012年8月31日までに、15回以上、コメントいただいた方は、
1月6日の”どこが違うの同じでないかいのコーナー”の完全版を限定公開したいと思います。


私のブログのプロフィールにメールアドレスがありますので、メールをください。
アップ先のアドレスを教えたいと思います。
グッドバイハッピーデイズの番号をお持ちの方は、グッドバイハッピーデイズの番号も合わせて連絡いただけばと思います。

なお、動画サイトは、基本的に期間限定で公開を考えていますので、動画サイトにコメントを入れていただいても、将来削除されますので、コメントがある場合は、当ブログへお願いします。