So-net無料ブログ作成

ミュージックステーションでリベンジ 桜田淳子さん18位 [桜田淳子 テレビ番組]

今日のミュージックステーションで”昭和vs平成アイドルシングル総売り上げランキングベスト30”がありました。
前回の”史上最強アイドルBEST50”では、まさかの圏外で、今回が注目されました。
今回は、前回はアルバムとシングルの合計でしたが、今回は、シングルのみで、昭和と平成で分けての集計になりました。
結果は、昭和のアイドルで、18位で、前回のリベンジを果たしました。
(リベンジというか、今回が、正当な評価でした)

アイドルベスト30.jpg

前回の皆様のミュージックステーションのHPへの抗議が実りました。
自分も、何回か、抗議しました。
(後で、前回のミュージックステーションの内容を振り返ります)
前回、圏外でしたので、淳子さんは、シングルとアルバムの合計が285万枚以下を意味しますが、
今回、シングルだけで、590万枚で、18位でした。
前回の集計が、間違っていたことが明らかになりました。

今回の昭和のアイドルの順位は、

1位 松田聖子 1541万枚
2位 郷ひろみ 1295万枚
3位 中森明菜 1283万枚
4位 沢田研二 1239万枚
5位 西城秀樹 1159万枚
6位 山口百恵 1142万枚
7位 ピンクレディー 1103万枚
8位 近藤真彦 1036万枚
9位 田原俊彦 1005万枚
10位 工藤静香 981万枚
11位 小泉今日子 925万枚
12位 チェッカーズ 916万枚
13位 中山美穂 872万枚
14位 野口五郎 785万枚
15位 岩崎宏美 773万枚
16位 光GENJI 755万枚
17位 森高千里 640万枚
18位 桜田淳子 590万枚
19位 WINK 488万枚
20位 天地真理 483万枚
21位 吉川晃司 462万枚
22位 河合奈保子 422万枚
23位 森昌子 416万枚
24位 キャンデイーズ 403万枚
25位 アグネスチャン 400万枚
26位 シブがき隊 396万枚
27位 薬師丸ひろ子 395万枚
28位 少年隊 381.6万枚
29位 南沙織 381.5万枚
30位 柏原芳恵 347万枚
31位 南野陽子 337万枚
32位 太田裕美 329万枚
33位 フィンガー5 326万枚

前回、淳子さん以外の漏れた人も入っていますね、、、
ミュージックステーションのHPに今回の感謝と前回の間違えの訂正をやんわりと依頼しときます。

今回紹介された歌は、また、”わたしの青い鳥”でした。
それも、いつもの日本歌謡大賞での新人賞の映像。もっとお宝映像を探して欲しいです。
でも、何度見ても、上記映像、かわいいですが、、、


前回のミュージックステーションを振り返ります。
”史上最強アイドルBEST50”と題してシングルとアルバムの総売上(オリコン)を集計してのベスト50でした。
淳子さんは、まさかの圏外でした。
淳子さんのシングルとアルバムの総売上が285万以下のわけはありません。
その時の記事は、下記です。各記事のコメントを見てください。
各記事のコメントに皆様の熱い思いがありました。

ミュージックステーション 史上最強アイドルBEST50 

ミュージックステーション 

象印スターものまね大合戦からはじめての出来事  

前回の順位は、下記でした。

1位 SMAP(3231万枚)
2位 松田聖子(2951万枚)
3位 中森明菜(2534万枚)
4位 Kinki Kids(2467万枚)
5位 SPEED(1953万枚)
6位 嵐(1914万枚)
7位 モーニング娘(1670万枚)
8位 山口百恵(1622万枚)
9位 郷ひろみ(1578万枚)
10位 沢田研二(1570万枚)
11位 チェッカーズ(1538万枚)
12位 中山美穂(1497万枚)
13位 工藤静香(1487万枚)
14位 小泉今日子(1426万枚)
15位 ピンクレディー(1333万枚)
16位 西城秀樹(1329万枚)
17位 田原俊彦(1270万枚)
18位 近藤真彦(1267万枚)
19位 光GENJI(1222万枚)
20位 華原朋美(1219万枚)
21位 V6(1212万枚)
22位 野口五郎(950万枚)
23位 鈴木亜美(883万枚)
24位 TOKIO(819万枚)
25位 KAT-TUN(766万枚)
26位 Wink(749万枚)
27位 河合奈保子(653万枚)
28位 天地真理(596万枚)
29位 薬師丸ひろ子(585万枚)
30位 南野陽子(563万枚)
31位 少年隊(548万枚)
32位 キャンディーズ(545万枚)
33位 シブがき隊(543万枚)
34位 荻野目洋子(538万枚)
35位 アグネスチャン(490万枚)
36位 南沙織(475万枚)
37位 関ジャニ∞(457万枚)
38位 太田裕美(456万枚)
39位 NEWS(449万枚)
40位 柏原芳恵(440万枚)
41位 AKB48(431万枚)
42位 菊地桃子(411万枚)
43位 篠原涼子(405万枚)
44位 w-inds(370万枚)
45位 フィンガー5(360万枚)
46位 堀ちえみ(321万枚)
47位 麻丘めぐみ(302万枚)
48位 男闘呼組(300万枚)
49位 浅香唯(297万枚)
50位 早見優(285万枚)

淳子さん 前回のランクインの歌手を今回追い越しました。

近代映画からの桜田淳子さんと”桜田淳子のすべて”から [桜田淳子 近代映画]

お知らせしたように第四金曜日ですが、ライトな更新になります。

近代映画からの淳子さんです。

エース1.jpg

エース2.jpg

”桜田淳子のすべて”から少し紹介します。

淳子さんへの質問のコーナーで
好きなテレビ番組は?の質問には
”パンチDEデート””東芝日曜劇場”と答えています。
両方とも日曜日の夜の番組です。

自分は、そのころでは、好きなテレビ番組と言われると難しいですね、、、”あこがれ共同隊"など単発ドラマは
除外して、”紅白歌のベストテン”と”赤いシリーズ”かなあ、、、、、

くせは?の質問には、”頭をたたく”ことと書いてありました。
口ぐせは?の質問には、”どうも””ほんとに””やっぱし”とあります。



P.S.
今週の番組から
”マツコ&有吉の怒りの新党”で1972年の相撲の”北の富士-貴ノ花”の世紀の物言いの取組をやっていました。
北の富士の右手が「つき手」か「かばい手」か、さらに貴ノ花が「生き体」か「死に体」が当時、すごい話題になりました。懐かしかったです。
相撲は、ここ30年は、見ていませんが1970年代は、時々見ていました。
(1970年代テレビいいですね、、、)

「This is a "Boogie"」と第32回の紅白歌合戦からの桜田淳子さん [桜田淳子 テレビ歌番組]

第3金曜日なので、ライトな更新でしたが、予定を変更し、通常更新とします。
その代わりに次週の第4金曜日をライトな更新にします。

最近の番組から紹介したいと思います。

今週、カックラキン放送で、This is a "Boogie"が放送されました。

This is a boogie.jpg

「This is a "Boogie"」や「窓」を歌っているこのころの淳子さんは、かわいいというよりきれいです。

「This is a "Boogie"」ですが、1981年の第32回の紅白で歌っています。
手持ちのビデオからです。

紅白This is a boggie1.jpg

紅白This is a boggie2.jpg

第32回の紅白の中で、「愛のコリーダ」のパフォーマンスがありました。
当時のビデオからです。

紅白(愛のコリーダ)This is a boggie.jpg

この時の淳子さんの赤の衣装、セクシーでした。

第32回の紅白の審査員としては、
石毛宏典さん、古手川祐子さん、緒形拳さん、倉本昌弘さん、森光子さん、高橋洋子さんなどでした。
その年、活躍した人ですね、、、


話題を変えて、先日、「動乱」が再放送されました。
「動乱」の関する記事が、見つかりましたので紹介します。週刊明星か週刊平凡からです。
本当は、以前の記事の「どっこい大作」と「動乱」の桜田淳子さんとの時に紹介したかったのですが、今頃、見つかりました。

動乱2.jpg

豪華な3ショットです。高倉健さんと吉永小百合さんとです。

P.S.
先日、BS-TBSで”後世に遺したい日本の名曲”があり、懐かしい歌を聞くことができました。

1973年のチェリッシュのてんとう虫のサンバ
てんとう虫のサンバ.jpg

同じく1973年のペドロ&カプリシャスの五番街のマリーへ(阿久悠さんの作詞です)
今、聴くといい歌です。
五番街のマリーへ.jpg

1971年のジローズの戦争を知らない子供たち
戦争を知らない.jpg

1969年のレコード大賞からの映像で千賀かほるさんの真夜中のギター
真夜中のギター.jpg

1969年のレコード大賞からの映像ではしだのりひことシューベルツの風
風.jpg

どれも大好きな曲です。

連想ゲームPart2から桜田淳子さん、中田喜子さん、壇ふみさんとめぐりあいの酒井和歌子さん [桜田淳子 テレビバラエティ]

予告(お知らせ)したとおり
”あの記事をもう一度”コーナーと題して、過去に書いた記事の中で、一番アクセス数が多かった
記事を新しい写真で、紹介します。

一番アクセス数が多かった記事は、
2010年7月23日に書いた「連想ゲーム(桜田淳子さん中田喜子さん出演ビデオより)」です。
この記事がアクセスが多かった理由を分析すると
「連想ゲーム」は、
1.視聴率が高いこと
2.万人に人気がある
3.全国ネットの番組である。
4.NHKの番組である。
なので、アクセス数が多かったと思われる。
「連想ゲーム」は、1969年から1991年夜19:30から20:00までにNHK総合テレビで放送されていたクイズ番組です。

「連想ゲーム」からの淳子さんです。(以前の写真と違います)
桜田淳子連想ゲーム1.jpg
桜田淳子連想ゲーム2.jpg

「1分ゲーム」での淳子さんです。
桜田淳子連想ゲーム3.jpg


そして赤組のキャプテンの中田喜子さんです。
淳子さんの出演した回以外のビデオからです。

中田喜子.jpg
中田喜子2.jpg

加藤芳郎さんと中田喜子さんのキャプテンがこの番組を支えたと言っても過言ではありません。
キャプテンのヒントが、この番組をおもしろくさせるからです。
加藤芳郎さんの違反ヒントも印象的でした。

連想ゲームは、クイズのおもしろさ+中田喜子さん見たさで、見ていました。

赤組の女性レギュラー回答者の壇ふみさん(前回紹介したのと回が違います。)
壇ふみ.jpg

そして岡江久美子さん
岡江久美子.jpg

「連想ゲーム」のような番組は、今の時代では、はやらないですかね、、、


過去記事アクセスランキングのベスト7です。いかかでしょうか?
1連想ゲーム(桜田淳子さん中田喜子さん出演ビデオより)

2懐かしのCMカンコー学生服、知床しぶきと花王フェザーシャンプー(ビデオより)
懐かしいカンコー学生服と知床しぶきと花王フェザーシャンプーが良かったのでしょうか?

3水泳大会でMISS KISSを水着で歌う淳子さん
淳子さんの水着の魅力でしょうか?

4桜田淳子vs山口百恵
山口百恵さんとのversusが影響でしょうか?

5ミスティーの衣装(1981年の桜田淳子さん)
s-imgさん 惜しいですね、、ミスティーの衣装を4種類を紹介したためでしょうか?

6FM番組(夕べの広場、ひるの歌謡曲、リクエストコーナー、軽音楽をあなたに)
これは、驚き、淳子さん話題でないのに、やはり、1970年代ファンはいますね、、、
1970年代のFM番組が懐かしかったからでしょうか

7ミュージックステーション 史上最強アイドルBEST50
淳子さんが悪夢の圏外、怒りで、、、

また、今週、お引越しが放送されました。
記事は、下記で
「オーロラの下で」と「お引っ越し」の桜田淳子さん

さらに、先ほど、ミュージックポートレートでは、松田聖子さんが出ていました。大切な音楽を10曲選ぶ番組。
その中で淳子さんの「気まぐれヴィーナス」を松田聖子さんが選びました。
オーディションで、この曲を、歌って、九州大会で優勝したそうです。

P.S.
先日、日本映画専門チャンネルを契約し、酒井和歌子さん初主演の映画「めぐりあい」を初めて見ました。

めぐりあい.jpg

1968年の映画ですので、当時は、小学生でしたので、当然、見ていません。
酒井和歌子さん、当時19才、、、初々しく魅力的です。
この映画、当時(昭和)の風情を感じる映画でした。
今度、見ていただければ、よさがわかると思います。

同じく、日本映画専門チャンネルで1974年の「サンダカン八番娼館 望郷」を見ました。
栗原小巻さん、田中絹代さん、高橋洋子さん良かったです。

日本の古い映画いいですね、、、

次回の予告 [お知らせ]

次回の記事ですが、特に、何もなければ、
”あの記事をもう一度”コーナーと題して、過去に書いた記事の中で、一番アクセス数が多かった記事を再紹介します。
158の記事の中で、どの記事が一番アクセス数が多かったかわかりますか?
それぞれ、考えていただければ、次回の記事も楽しめると思います。

何か、あれば、記事を変更する可能性がありますが、、、
タグ:桜田淳子

桜田淳子さん特集本”アイドルエース”と「気まぐれヴィーナス」 [桜田淳子 特集本]

桜田淳子さんの近代映画のアイドルエース特集号を紹介します。
この本は、1977年3月に発売されたものです。
”若い人”の映画撮影をしているときです。
”あなたのすべて”を歌っているときです。

近代映画淳子アイドルエース.jpg

この中から、いくつか紹介します。

”夢みるひとみ”と題してです。
アイドルエース1.jpg

”瞑想”と題してです。
アイドルエース2.jpg

”虹色の港 淳子の春”と題してです。
アイドルエース3.jpg

”富士湖畔へピクニック”と題してです。
アイドルエース4.jpg

淳子さんのステージからです。
アイドルエース6.jpg

”若い人”から
若い人.jpg

白黒の写真から
アイドルエース5.jpg

このあと、淳子さんは、「気まぐれヴィーナス」でショートカットになります。
18才最後の淳子さん、素敵ですね、、、

近代映画特集本は、淳子さんは、何冊あるでしょうか?
8冊くらいだと思います。アイドルとしては、すごい数だと思います。

百恵さんは、17冊、そのうち9冊は、友和さんといっしょの表紙。
単独の表紙では8冊になります。(百恵さんの写真集、完全記録のデータより)

”1枚のポスター”コーナーと題して”1枚のポスター”を紹介します。
今回は、この本についていたポスターです。
ポスター12.jpg

話題をかえてすでに、いろいろな所で、書かれていますが、HEY!HEY!HEY!で淳子さんの「気まぐれヴィーナス」が見れました。

一つ前の記事のコメントをもらいましたように、1977年7月11日の夜のヒットスタジオからでした。
今回の赤の衣装です。
この衣装のポスターあるようです。

気まぐれヴィーナス1.jpg

その1977年7月11日の夜のヒットスタジオに出演した百恵さんです。
momoe夜ヒット.jpg

1977年7月11日の夜のヒットスタジオの「気まぐれヴィーナス」は、2009年のHEY!HEY!HEY!でも放映されていました。下記です。
夜ヒット気まぐれ.jpg

この回は、沢田研二さんが出ているので、前回より前は、沢田研二さんで放送NG。
前回は、沢田研二さんは、OKでしたが、百恵さんで、放送NGでした。残念。

赤以外の衣装の淳子さんです。
気まぐれヴィーナス2.jpg

気まぐれヴィーナス3.jpg

以前書いた「気まぐれヴィーナス」関係の記事です。
気まぐれヴィーナスとショートカットヘアの淳子さんと少し日本レコード大賞

P.S.
淳子さんの特集のラジオで、このDJは、本当に”中島みゆき”作品で良かったのか(よくなかったと言うニュアンス)言いましたがわかるような気がしました。本当に”中島みゆき路線”で良かったのか、、、、、
確かに、しあわせ芝居は、売れましたが、、、
アルバムの”20才になれば”も、このDJ(パーソナリティー)は、嫌いなようだ。
こちらは、もっとわかるような気がします。
中島みゆきさん作品では、”しあわせ芝居”は、いい曲で、好きですが、