So-net無料ブログ作成

1974年の淳子さん(TVガイドの記事)と1974年レコード大賞 [桜田淳子 各年度総括と音楽賞]

1973年の淳子さんは、新人賞を総なめにしてきましたが、
1974年の淳子さんは、賞関係をとることは、できませんでした。
反対に百恵さんは、1974年は、1973年のくやしさをばねに、日本歌謡大賞放送音楽賞、レコード大賞大衆賞と大活躍でした。
ただ、淳子さんと百恵さんのレコード売上の差は、わずかですが、このわずかな違いが、天国と地獄の差に表れてしまいます。

下記は、百恵さんのレコード大賞大衆賞と日本歌謡大賞放送音楽賞のシーンです。
百恵大衆賞.jpg
日本歌謡大賞ひと夏の経験.jpg

1974年の賞の対象になる
前年11月からその年の10月までに発売された新譜を淳子さんと百恵さん比較しました。

1974年の淳子さん
花物語 1973.11.5 オリコン9位 
三色すみれ 1974.2.25 オリコン10位  
黄色いリボン 1974.5.25 オリコン10位  
花占い 1974.8.25 オリコン 9位

1974年の百恵さん
禁じられた遊び 1973.11.21 オリコン12位
春風のいたずら 1974.3.01 オリコン11位
ひと夏の経験  1974.6.01 オリコン3位
ちっぽけな感傷 1974.9.01 オリコン3位

これを見ると、淳子さんと百恵さんの差は、わずかで、淳子さんは、コンスタントに9位、10位で花物語、三色すみれでは、禁じられた遊び、春風のいたずらを上回っている。
ただ、百恵さんは、ひと夏の経験での3位でのヒットが大きく、この曲で賞を受賞している。わずかな違いで、賞をもらえるか、もらえないかになっています。

ここで1974年の淳子さんを総括するTVガイドの記事”桜田淳子が泣いて笑った48時間”を紹介します。
TVガイドレコ大紅白1.jpg
TVガイドレコ大紅白3.jpg
TVガイドレコ大紅白4.jpg
TVガイドレコ大紅白2.jpg

記事には、
”レコード大衆賞当確かと言われた桜田淳子が落ちた。ライバル山口百恵が、晴れの舞台に立っている時、淳子は、会場に背を向けて去った”とあります。
日本レコード大賞のノミネーション(11月19日)に淳子さんは、前年度最優秀新人賞受賞者として出演をし、大衆賞や歌唱賞にノミネートにスタンバイしていましたが、大衆賞や歌唱賞に名前を呼ばれることはなかったと書いてあります。
このとき、淳子さんは、大衆賞を取れなかったが、泣いている新人たちをサポートしました。
この時のシーンが、”お茶の間では、ほのぼのしたものを感じた、感激した”と書いてありました。

最後に1974年のレコード大賞新人賞は、
「恋はダンダン」浅野ゆう子
「太陽の日曜日」荒川 務
「イルカにのった少年」城みちる 
「空港」テレサ・テン
「あなたにあげる」西川峰子
「逃避行」麻生よう子

で6人が取りました。前年度も次年度は、新人賞は5人で、厳しかったのに、1974年はなぜか6人。
どこから、圧力がかかったのでしょうか?
その中では、最優秀新人賞は、歌唱力があり、正統派歌謡曲の麻生よう子さんの「逃避行」が取りました。

P.S.
”名歌手たちの名勝負名対決”で淳子さん、少し映っていた気がします。

男はつらいよ 葛飾立志篇 DVDマガジン [桜田淳子 映画]

以前、このブログで”男はつらいよの17才のブレザーの淳子さん ”を紹介しました。
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-11-05

12月20日に”男はつらいよ 葛飾立志篇 ”のDVDマガジンが発売されたので紹介します。
(すでに買われた方もいると思いますが、)

まずは、DVDマガジンの表紙です。
男はつらいよ表紙.jpg

次にマガジンを開けると
男はつらいよ2.jpg

このマガジンは、下のように、小型ポスターもついてきます。
懐かしいです。
ポスター.jpg

次にDVDです。
男はつらいよDVD.jpg
まだ、全部見ていませんが、DVDの画質もそんな悪くはありませんでした。

最後に”この人もキラリ!”と淳子さんの紹介があります。
男はつらいよ淳子さん紹介.jpg
山形の寒河江市に暮らす女子高生の役とあります。
あとは、淳子さんのプロフィールがあります。

P.S.
このDVDマガジンには、1975年の8月からの出来事が書いてあります。
懐かしいです。
男はつらいよ1975.jpg

この年は、広島カープが初優勝しました。
「クリーン・ベースボール」を掲げた長嶋巨人は、初の最下位。
巨人が、早々と脱落したので、最後は、カープを応援していました。
カープ優勝には、当時、非常に感動しました。

全国の電話加入者数が3000万を突破ともあります。
国鉄がスト権ストなど、今はなき、電電公社と国鉄の話題がありました。

流行語は、”チカレタビー”や”おじゃま虫”など、
1975年は、いずれにせよ、淳子さんにとって最高の年でした。

明星か、平凡からの淳子さん(スケート) [桜田淳子 月刊明星平凡]

フィギュアスケートのグランプリファイナルが終わり、来年、フィギュアスケートの世界選手権が行われます。
今回は、明星か、平凡からスケートをする淳子さんを紹介します。

まずは、
スケート1.jpg

次に
スケート3.jpg

最後に
スケート2.jpg


来年フィギュアスケートの世界選手権の話に戻りますが、日本人が活躍して出場枠3枠をキープして欲しいです。

P.S.
百恵さんの写真集、予約しました。
着次第、淳子さんが載っているか、報告したいと思います。

タグ:桜田淳子

美しい夏(の衣装) [桜田淳子 衣装]

先日、スカパーの夜のヒットスタジオで、淳子さんの「美しい夏」が放送されました。
(129回と131回)
前曲の「LADY」が自分としては、大好きな曲で、素晴らしかったですが、「美しい夏」は、百恵さんの思いを歌詞にこめていると言われますが、歌詞やメロディーは、前作に比べて、個人的には、良くなかったと思いますが、売り上げ的には、「LADY」を上まわりました。

美しい夏の衣装を紹介したいと思います。いずれも、古いビデオからです。

まずは、
美しい夏衣装3.jpg
これは、129回の夜のヒットスタジオと同じ衣装です。

次に
美しい夏衣装1.jpg
これは、131回の夜のヒットスタジオと同じ衣装です。

最後に
美しい夏衣装2.jpg
黄色い衣装です。今回の曲は、衣装は、3パターンでした。

P.S.
夜のヒットスタジオが休止になります。

山口百恵さん、ピンクレディー、中森明菜さん、沢田研二さんの夜のヒットスタジオのDVDが発売されたのと1980年代は、ジャニーズ事務所のタレントが出演するが多いためと言われているが、真意は、???
ただ、山口百恵さん、ピンクレディー、中森明菜さん、沢田研二さんやジャニーズ事務所の歌手を除いても放送できる回は、あるのに、なぜ????

これで、前回は、見れた淳子さんの「神戸で逢えたら」や「化粧」は見れなくなります。

GORO(の表紙の淳子さん) [桜田淳子 男性雑誌]

「GORO」は小学館から1974年から月2回発売の雑誌でした。
「GORO」のポスター(3つ折り)がついており、グラビアは、他の雑誌と比べてサイズが大きくきれいでした。
篠山紀信さんが表紙やグラビアを撮影していました。(他の写真家もいましたが)

グラビアが大きくきれいなので、淳子さんが掲載されていなくても毎回、買っていました。
GORO表紙.jpg

いろいろな情報(読み物)が載っていましたが、いろいろなアイドルや女優やタレントが、グラビアを飾るので、当時は、毎回、グラビアを楽しみにしていました。ですので、今でも、淳子さん以外のグラビアでも、少し、残っていると思います。

「GORO」の表紙を飾った淳子さんを紹介します。

まずは、1976年から
GORO1.jpg

次に、1975年から
GORO2.jpg

最後も1975年から
GORO3.jpg

「GORO」の表紙の淳子さん、どれもいい表情です。3つのうちどれがいいか?困ります。
残念なのは、クリアファイルに入れるため、「GORO」のサイズが大きいため、表紙を少し小さく切ってしまいました。
今、考えると、そのまま表紙を残しとければよかったです。

おまけで、「GORO」の百恵さんのグラビアを紹介します。
GORO山口百恵.jpg

このように、「GORO」では、印象的なグラビアが多かったです。
「GORO」では、淳子さん以外のアイドルや女優やタレントでも印象的なグラビアが多いと思います。

P.S.
今週は、歌番組で安西マリアさんが「涙の太陽」を歌っていました。
安西.jpg
懐かしの振付も健在です。
1973年のレコード大賞の新人賞5人でで、テレビに出ていないのは、淳子さんだけです。
(浅田美代子さんは、歌は歌っていませんが、)