So-net無料ブログ作成

週刊TVガイドの1975年淳子さんの記事より [桜田淳子 雑誌]

今では、乱立するテレビ情報雑誌ですが、1970年代は、テレビ情報雑誌といえば”週刊TVガイド”であった。”週刊TVガイド”は、テレビ情報だけでなく、芸能情報も充実していました。
”週刊TVガイド”は、テレビ情報だけでなく、芸能情報も充実していました。
当時は、年末年始号は、必ず"TVガイド”を買っていました。(年末年始号は、紅白の司会者が表紙を飾ることが多かったです)
また、ビデオを買ってからは、毎週TVガイドは、買っていました。TVガイドで、淳子さんが出る番組をチェックしていました。

そのTVガイドから淳子さんの記事がありましたので、紹介します。
TVガイド.jpg

この記事は1975年の年初くらいのTVガイドからです。
右側が、デビュー当時の淳子さん。左側が16才の淳子さん。(はじめての出来事を歌っているとき)女っぽくなったと書いてあります。
ジーパンにセーターが好きと書いてあります。
淳子さんのことを”負けず嫌い””決してグチをこぼさない”と書かれています。
百恵さんと”伊豆の踊り子”を見に行ったそうです。
この中で”桜田淳子と森田健作のある秘密”と書かれていますが、誕生日に森田健作さんから金のネックレスをもらったことが、ある秘密ということでした。

TVガイドのあとは、1980年代は、ザテレビジョンを買っていました。
今、お勧めのTV雑誌ありますか?たくさんありすぎて、どれがいいのかなあ?

カックラキン大放送からの淳子さん [桜田淳子 テレビバラエティ]

先日、スカパーでのカックラキン大放送で淳子さんが出演していました。
1980年の夕暮れはラブソングのころの淳子さんです。

カックラキン(夕暮れ).jpg
カックラキン(夕暮れ)2.jpg

カックラキン大放送は、1975年から日本テレビで、毎週金曜19:30-20:00に放送されていました。お笑いお茶の間劇場では、ゲスト歌手も出演し、くだらない?ギャグが満載のコントでした。ですので、当時は、必ずしもすべて見ていませんでした。
このころは、歌手が歌だけでなくコントなどをやる番組も多く、歌手が毎日、歌番組やこのような、番組に出ていました。
カックラキン大放送は、歌は、短かいのは、よくないが、今後売れると思われるアイドルも歌うことで、そのあたりは良かっです。

1981年の化粧のころのカックラキン大放送の淳子さんが、ビデオに残っていたので、紹介します。そのうち、スカパーでも放送されるでしょう。

カックラキン1.jpg
カックラキン2.jpg

PS.
夜のヒットスタジオ62(1977年)が放送されましたが、淳子さんと岩崎宏美さんが出演していました。淳子さんが夏にご用心を歌うときは、宏美さんは口ずさんで歌っていました。それ以外は、特にとなりに並ぶこともなくでした。どうしてもあれからは、二人を見てしまいます。

ハワイでの3人(明星か平凡より)と近代映画のグラビアから淳子さん [桜田淳子 月刊明星平凡]

明星か平凡のグラビアから岩崎宏美さんと伊藤咲子さんとハワイでのバカンスです。
「熱い友情」とあります。3人とも笑顔です。

宏美さん咲子さんと.jpg

淳子さんと宏美さんと咲子さんは仲がよかったはずですが、岩崎宏美さんのことは、いろいろなところで書かれていますので、言及しません。
岩崎宏美さんが淳子さんから離れて、百恵さんの方に親しみを持ったのは、いつごろでしょうか?
(1978年くらいでしょうか?)


この話題は、このあたりで終わりにして1977年の8月か9月の近代映画からの淳子さんの写真を紹介します。(リサイタル4と新曲もう戻れないのことを書いてあります。)このころは、気まぐれヴィーナスのころなので、髪が短いです。
ブルドッグ2.jpg
ブルドッグ.jpg

先日、NHK BSで”JPOP青春の'80”で石野真子さん、石川ひとみさん、岩崎良美さん、浅香唯さんが出ていました。
石野真子.jpg

石野真子さんの「狼なんか怖くない」は、歌詞の「あなたも狼に変わりますかあなたが狼なら怖くない」ばかりの印象が強く、当時は、淳子さんを応援していたので、あまりいい歌だと思いませんでしたが、最近、石野真子さんのテレビ出演が増え、この歌を聴くと
さびに入る前の「はじめてのルージュの色は紅過ぎてはいけない。大人の匂いがするだけでいい。唇をすぼめたままでくちづけは出来ない。鏡に向かってあれこれ思う。鼻が邪魔だと誰かがいってたわ。古い映画の台詞だったかしら」が良く非常にいい歌だと思います。石野真子さんを見ると淳子さんも復帰して歌って欲しいです。

「3時のあなた」からの淳子さん [桜田淳子 テレビ対談番組]

「3時のあなた」は、1968年から1988年まで、フジテレビで15時から放送されたワイドショーで芸能レポーター(東海林のり子さん、福岡翼さん)が芸能レポートする番組で、当時、夏休みの時は暇つぶしで見ていたこともありました。
今では、あまり芸能ニュースは興味ありませんが、そのころは、それほどではありませんが、多少興味を持って見てました。
また、裏番組のTBSの「3時にあいましょう」(芸能レポーターは鬼沢慶一さん)とスクープ合戦を繰り広げて芸能ネタは、1970年代充実していました。

その中で1980年の終わりか1981年はじめにの「3時のあなた」に出演している淳子さんです。「アニーよ銃をとれ」について、語っていました。
このころから、テレビ番組でも、ミュージカルの歌を披露するようになりました。
(たぶんビデオに残っているので、探して紹介します。)

司会者の森光子さんとの対談です。
3時のあなたフジミュージカル.jpg
3時のあなたフジミュージカル2.jpg

「アニーよ銃をとれ」の稽古の様子です。
3時のあなたフジミュージカル1.jpg

ライバル番組であるTBS系の「3時にあいましょう」も同じような番組であり、「3時にあいましょう」でも「アニーよ銃をとれ」を取り上げられたこともあるので、いつか紹介します。

PS.
ミュージックステーションのアーティストの年齢別売り上げランキングで16才のランキングで淳子さんのはじめての出来事のランクインも期待されましたがだめでした。なお15位は58万のV6の曲でした。残念!!!

1979年の淳子さん(明星か平凡より)と昭和のヒットメーカー [桜田淳子 月刊明星平凡]

4/30の土曜日は、淳子さんのブログでなかったので、今日は、明星か平凡からわかりませんが、淳子さんのグラビアをちょっと紹介します。
1979年3月ごろの記事で春にトレーニングする淳子さんです。
(サンタモニカの風を歌っているころです)

春トレーニング1.jpg

春トレーニング2.jpg



あと、4/29にNHK BSで昭和のヒットメーカーの音楽番組をやっていました。
いい曲がたくさん流れていましたが、その中で、お気に入りの曲を紹介します。

まずは、1967年のブルーコメッツの「ブルーシャトウ」です。この曲は、小学生のときに聞いた曲で、当時、歌詞の語尾に「トンカツ」「ニンニク」などをつけてよく歌っていました。
ブルーシャトウ.jpg

次は1968年のいしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」です。ヨコハマのつく歌ではNO1かも。(追いかけてヨコハマがありますが、、、)
ブルーライトヨコハマ.jpg

次は、1971年の小柳ルミ子さんの「わたしの城下町」です。この曲は、当時より、今の方が、本当にいい曲だと感じています。
わたしの城下町.jpg

最後は、太田裕美さんの1975年の「木綿のハンカチーフ」です。太田裕美さんは、最近TVの歌番組によく出るので、よく聞きますが、このビデオも平成8年です。できれば、1975年/1976年に歌っている太田裕美さんを見たかったです。
木綿のハンカチーフ.jpg

この番組で、淳子さんの曲は、ありませんでしたが、淳子さんの名前だけの紹介はありました。