So-net無料ブログ作成

スカイセンサー5600(ICF-5600) [お気に入り]

最近、ラジオが売り切れのため、いざという時に、しまっていたラジオを出してきました。
それは、1974年に買ったソニーのスカイセンサー5600(ICF-5600)です。
当時、おこずかいをためて、買いました。このころから電気製品が好きでした。

スカイセンサー.jpg

37年経った今もクリアな音を出してくれました。
部品の経年変化もあるのに、昔の電気製品は、良くできていました。
1970年代前半は、ビデオやパソコンや携帯もなかった時代なので、ラジオは、ラジカセとともに今では、考えられませんが、主流の電気製品でした。

スカイセンサーは、当時、非常にお気に入りで、ラジカセとともにラジオ番組を良く聴いていました。さすがにラジカセもお気に入りでしたが、カセット部の故障で、現在持っていません。(ラジカセも当時お気に入りでしたので、いつか紹介したいと思います)


リップスティック [桜田淳子 衣装]

先日、スカパーで「リップスティック」が放映されました。
リップスティックは、十七の夏、夏にご用心、気まぐれヴィーナスに続く夏の勝負曲で、作詞も初めて松本隆さんが担当しました。
この曲は、中島みゆきさん作品の「追いかけてヨコハマ」と「二十歳になれば」の間の曲で、「しあわせ芝居」以降の最大の売り上げを記録しました。「追いかけてヨコハマ」は、今ひとつでしたが、「リップスティック」は、良くできたいい曲だと思います。さすが、松本隆さん作詞筒美京平さん作曲の曲です。
今回は、リップスティックの衣装を紹介します。前回は、ミスティーの衣装紹介で4パターンありましたが、今回のリップスティックは、何パターンあるでしょうか?

まずは、今回放送された夜のヒットスタジオから白い衣装です。
リップスティック1.jpg


次も夜のヒットスタジオから赤い衣装です。赤い衣装は、まさにリップスティックのイメージです。
リップスティック2.jpg



その次は、手持ちのビデオから金色っぽい衣装です。
当時、一番印象や記憶に残っている衣装です。
リップスティック3.jpg



最後は、ビデオからベストテンで着ていた白のミニです。
リップスティック4.jpg

ミスティーのときも4パターンでしたが、リップステックも4パターンありました。
(まだ、あるかもしれませんが、、、)
淳子さんは、他のアイドルと比べて衣装のパターンが多いですね、

リップスティックは、夏の勝負曲であったので、衣装とは違いますが、紅白歌のベストテンや、フジテレビの水泳大会では、水着で歌っていました。
ちなみに水着で歌うのは、次の年の夏の曲の「MISS KISS」が最後だったと思います。

タグ:桜田淳子

淳子さんのサイン(横書き) [桜田淳子 グッズ]

淳子さんのサインを紹介します。
記憶は、薄れているので、その場でサインをしてもらったかあらかじめ、用意されているものかわかりません。いずれにせよ大事な宝物です。

まずは、天使のくちびるのレコードジャケットです。
他のホームページでも天使のくちびるでのサインを紹介している方がいます。
サイン横1.jpg


次は、淳子さんの詩集の”恋のひとりごと”の中のサインです。
サイン横2.jpg


映画の愛情の設計でのサインです。
サイン横3.jpg

最後は、何のときのサインが覚えがありませんが、"Junko"といっしょに書かれているので、貴重です。
サイン横4.jpg


いずれも、今回は、横書きのサインを紹介しました。


タグ:桜田淳子

高1トリオなどグラビアから [桜田淳子 月刊明星平凡]

花の高1トリオの写真を紹介します。月刊明星か月刊平凡からです。
花の高1トリオ”はじめての遠足”と題しての写真です。
3人(桜田淳子さん、山口百恵さん、森昌子さん)の笑顔いいですね、、
高1トリオ.jpg
高1トリオ2.jpg

TVでの高1トリオの映像です。
ビデオに残っていました。
高一トリオ.jpg

おまけですが、高1トリオとは関係ありませんが、
月刊明星か月刊平凡からの淳子さんの写真を紹介します。
リラックスグラビア.jpg

池中玄太80キロⅢとスター誕生! CD&DVD BOX [桜田淳子 LP CD DVDBD]

スカパーで、池中玄太80キロⅢが放送されてました。
池中玄太80キロⅢは1989年に放送され料理研究家役で淳子さんが出演しています。
池中.jpg
単発出演ドラマでなく連続ドラマでは、最後に出演したドラマだと思います。
久しぶりに見て懐かしかったです。
池中玄太80キロは、西田敏行さんとその3人の娘が印象的なドラマで、淳子さんが出演していない池中玄太80キロ(1980年)や池中玄太80キロII(1981年)も見ていました。1980年や1981年の池中玄太の絵里(杉田かおるさん)、未来(有馬加奈子さん)、弥子(安孫子里香さん)の3人の娘は、絶妙のバランスでした。

話題を変えて、「スター誕生! CD&DVD BOX」の内容を紹介したいと思います。
前回は、まだ見ていない方のため、内容は、紹介しませんでしたが、今回は、少し紹介したいと思います。
Disc1は、73年放送の100回記念で、それまでに、スター誕生にデビューした歌手の曲が聴けます。淳子さんは、わたしの青い鳥を歌いますが、映像は、既出のものです。
下記は、”愛の奇跡”を中村泰士さんと歌っている淳子さんです。
”愛の奇跡”は、 ヒデとロザンナの曲で、お気に入りでしたので、
淳子さんが一生懸命歌う”愛の奇跡”は良かったです。
愛の奇跡.jpg

Disc1の後半は、78年放送の7周年記念で、あっちむいてホイなどのゲームが収録されています。下記は、”聖徳太子ゲーム”での淳子さんです。聖徳太子.jpg

Disc2は、1974年の木曜スペシャル”実録・スター誕生!”で伊藤咲子さんのデビューが紹介されています。
下記は、森昌子さん、山口百恵さんとお互いの曲を歌う場面で、これも既出の映像です。淳子さん、本当にかわいいです。このDISCに山口百恵さんとのジョイントショーで、禁じられた遊びを歌う淳子さんもありました。
3人娘.jpg

Disc3は、1979年のスター誕生SP 正月公演で、ゲームと歌が収録されています。
下記は、ジャンケンリクエストのゲームでの淳子さんです。
ジャンケンして勝った方が負けている方に言った歌手の曲を歌わせるゲームで、淳子さんは、このゲームでは、いろいろな歌手の歌を即座に歌い、一番優れていました。
このころの淳子さん(冬色の街の頃)も素敵です。
じゃんけんリクエスト.jpg

少し高い感じがしますが、1970年代を懐かしむことができるDVDです。