So-net無料ブログ作成
検索選択

1977年の桜田淳子さんと音楽祭 [桜田淳子 各年度総括と音楽賞]

●毎年恒例のある年度にスポットライトをあてて振り返ります。
今回は、1977年の桜田淳子さんを振り返ります。

・2月25日 「あなたのすべて」発売
(1)
あなたのすべて1.jpg

・3月 「涙の卒業式」三人娘解散コンサート
(2)

卒業式2.jpg

・4月14日 「女っぽくなったでしょ・・・」19歳誕生会

・4月 日劇ワンマンショー
(3)

日劇3.jpg

・4月 東宝映画「若い人」公開
(4)

若い人4.jpg

・5月 思い切ってショートカットに
(5)

髪バッサリ5.jpg

・5月15日 「気まぐれヴィーナス」発売
(6)

気まぐれヴィーナス6.jpg

・6月25日 全曲集「淳子」発売
・7月 松竹映画「愛情の設計」公開
(7)

愛情の設計7.jpg

・7月 三浦海岸でファンの集い
・7月25日 アルバム 「ラブ・淳子が禁断の木の実を食べた」発売
・9月5日「もう戻れない」発売
(8)

もう戻れない8-2.jpg

・9月 リサイタル4開催
・10月 ドラマ「気になる季節」
・11月17日 「もう戻れない」で日本歌謡大賞の放送音楽賞候補曲、放送音楽プロデュサー連盟賞を受賞
・11月5日「しあわせ芝居」発売
・12月5日 アルバム「しあわせ芝居」発売
・12月18日 「しあわせ」Xマス 中島みゆきとパーティー
(9)

しあわせ芝居中島みゆき9.jpg

・12月21日 アルバム「淳子リサイタル4」発売
・12月31日 「気まぐれヴィーナス 」で第19回日本レコード大賞候補曲ベスト10
・12月31日 「気まぐれヴィーナス」で紅白出場

1977年の桜田淳子さんで、私の中のベスト5は、

1位 「涙の卒業式」三人娘解散コンサート
2位 「リサイタル4」
3位 「しあわせ芝居」発売
4位 「気まぐれヴィーナス 」で第19回日本レコード大賞候補曲ベスト10
5位 「愛情の設計」

です。

1位は、桜田淳子さん、山口百恵さん、森昌子さんの涙の卒業式で、中三トリオから始まった3人娘が解散
ということで、大きな話題でした。
2位は、観に行きました。
3位の「しあわせ芝居」は、シンガーソングライター中島みゆきさんに依頼し、大人の歌へ転機になった曲ですので、すごい当時は、印象的でした。また、この曲は、淳子さんの代表曲ですので、、
4位は、「気まぐれヴィーナス 」で第19回日本レコード大賞候補曲ベスト10です。
1976年の日本レコード大賞候補曲ベスト10には、山口百恵さん、森昌子さんが入りましたが、
あれだけヒットしていた淳子さんは、日本レコード大賞候補曲ベスト10には入れませんでしたので、1977年は、非常に良かったです。

☆皆さんは、1977年の淳子さん、どれが、一番印象的ですか?


●次に音楽祭の賞について

・1973年が桜田淳子さん、1974年が山口百恵さん、1975年が桜田淳子さん、1976年は、山口百恵さんの年でした。
ここで、1977年の桜田淳子さんと山口百恵さんのレコード売上を比較をして見ると
(1977年の賞の対象になる前年11月からその年の10月までに発売された新譜を比較しました。)

もう一度だけふり向いて 1976年12月5日 20.4万枚 11位
あなたのすべて 1977年2月25日 15.2万枚 6位
気まぐれヴィーナス 1977年5月15日 21.0万枚 7位
もう戻れない 1977年9月5日 14.4万枚 8位

赤い衝撃 1976年11月21日 50.4万枚 3位
初恋草紙 1977年01月21日 24.1万枚 4位
夢先案内人 1977年04月1日 46.8万枚 1位
イミテイション・ゴールド 1977年07月1日 48.4万枚 2位
秋桜 1977年10月1日 46.0万枚 3位位

1977年は、百恵さんの年でした。

桜田淳子さんは、「気まぐれヴィーナス 」で第19回日本レコード大賞候補曲ベスト10に入りました。

(10)レコード大賞での桜田淳子さん

レコード大賞気まぐれブィーナス10.jpg

また、「もう戻れない」で日本歌謡大賞の放送音楽賞候補曲に入り、放送音楽プロデュサー連盟賞を受賞しました。

・次に1977年の日本レコード大賞について触れたいと思います。

まずは、日本レコード大賞候補10曲は、下記です。(発表順)

「愛の終着駅」 八代亜紀
「愛のメモリー」  松崎しげる
「風の駅」 野口五郎
「勝手にしやがれ」 沢田研二
「気まぐれヴィーナス」桜田淳子
「秋桜」 山口百恵
「思秋期」岩崎宏美
「津軽海峡冬景色」石川さゆり
「星の砂」 小柳ルミ子
「ボタンを外せ」 西城秀樹
(11)

1977年レコード大賞ノミネート11.jpg

繰り返しますが、
1976年の日本レコード大賞候補曲ベスト10には、山口百恵さん、森昌子さんが入りましたが、
あれだけヒットしていて、淳子さんは、入れませんでしたので、1977年は、本レコード大賞候補曲ベスト10に入れて、非常に良かったです。

この中で、歌唱賞を受賞したのは、

「愛の終着駅」 八代亜紀
「勝手にしやがれ」 沢田研二
「秋桜」 山口百恵
「思秋期」岩崎宏美
「津軽海峡冬景色」石川さゆり

で、レコード大賞は、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」でした。

(12)

1977年レコード大賞12.jpg


☆2014年のレコード大賞は、誰が獲るでしょうか?
全くわかりませんが、、

・一方
1977年の日本歌謡大賞放送音楽賞についても触れたいと思います。
放送音楽賞候補は、

「ウォンテッド」ピンクレディー
「勝手にしやがれ」沢田研二  
「秋桜」山口百恵
「愛のメモリー」松崎しげる
「星の砂」小柳ルミ子
「風の駅」野口五郎
「ボタンを外せ」西城秀樹  
「思秋期」岩崎宏美
「愛の終着駅」八代亜紀
「九月の雨」太田裕美
「北挽歌」新沼謙治
「もう戻れない」桜田淳子
「津軽海峡・冬景色」石川さゆり

結局放送音楽賞は、13人の中から下記6人でした。

「ウォンテッド」ピンクレディ
「勝手にしやがれ」沢田研二  
「風の駅」野口五郎
「思秋期」岩崎宏美
「愛の終着駅」八代亜紀
「津軽海峡・冬景色」石川さゆり

厳しいです。山口百恵さんが、放送音楽賞をとれませんでした。
なぜ、厳しいかと言うと

1977年度のレコード売上げの順位です。

1渚のシンドバッド ピンク・レディー
2青春時代 森田公一とトップギャラン
3ウォンテッド ピンク・レディー
4勝手にしやがれ 沢田研二
5昔の名前で出ています 小林旭
6雨やどり さだまさし
7カルメン'77 ピンク・レディー
8S.O.S ピンク・レディー
9失恋レストラン 清水健太郎
10フィーリング ハイ・ファイ・セット
11北の宿から 都はるみ
12帰らない/恋人よ 清水健太郎
13星の砂 小柳ルミ子
14ペッパー警部 ピンク・レディー
15あずさ2号 狩人
16津軽海峡冬景色 石川さゆり
17スカイ・ハイ ジグソー
18愛のメモリー 松崎しげる
19赤い衝撃 山口百恵
20イミテイション・ゴールド 山口百恵
21夢先案内人 山口百恵
22サクセス/愛しのティナ ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
23人間の証明 ジョー山中(サウンドトラック)
24憎みきれないろくでなし 沢田研二
25あばよ 研ナオコ
26能登半島 石川さゆり
27やさしい悪魔 キャンディーズ
28ソウルこれっきりですか マイナー・チューニング・バンド
29帰郷/お化けのロック 郷ひろみ/樹木希林
30カントリー・ロード/たそがれの恋 オリビア・ニュートン・ジョン
31コスモス街道 狩人
32どうぞこのまま 丸山圭子
33むさし野詩人 野口五郎
34雨の物語 イルカ
35秋桜 山口百恵
36硝子坂 高田みづえ
37しあわせ未満 太田裕美
38思秋期 岩崎宏美
39暑中お見舞い申し上げます キャンディーズ
40九月の雨 太田裕美
41ホテル・カリフォルニア イーグルス
42おゆき 内藤国雄
43酒と泪と男と女 河島英五
44熱帯魚 岩崎宏美
45悲しきメモリー 郷ひろみ
46Hi-Hi-Hi あおい輝彦
47季節風 野口五郎
48四季の歌 芹洋子
49ジョリーン オリビア・ニュートン・ジョン
50初恋草紙 山口百恵

百恵さん、5曲もベスト50入っています。
百恵さんよりヒットしていない人が放送音楽賞をとっています。

日本歌謡大賞大賞は、沢田研二さんの「勝手にしやがれ」でした。
沢田研二さんの「勝手にしやがれ」は、日本歌謡大賞大賞とレコード大賞の2冠達成でした。

☆皆さんは、上記の1977年レコード売上ベスト50の曲で、印象に残った曲は、あるでしょうか?


●1977年の雑誌の人気投票結果です。

(13)

1977年人気投票13.jpg


淳子さん2位で頑張っています。


毎年、年末は、下記のような記事を書いています。

1976年の桜田淳子さんと音楽祭
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-12-26 

1975年の桜田淳子さん(歌手)と涙の真実は
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-12-27

1974年の淳子さん(TVガイドの記事)と1974年レコード大賞
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-12-30

1973年の日本レコード大賞の新人賞 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2010-12-30

今回の情報を下記の桜田淳子さんのバイオグラフィー・歴史に追加しました。

桜田淳子さんのバイオグラフィー・歴史
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-02-24


●最後に今年(2014年)を振り返ります。

・昨年の今頃(2013年末)2013年で、印象に残った桜田淳子さんの出来事については、
4月に「はらぺこ同志」のDVD発売
10月に「Thanks40~青い鳥たちへ」
11月に「Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」開催
を上げさせていただきました。

2013年は、40周年ということで、充実していましたが、2014年の桜田淳子さんもまずまず、充実していたと思います。

私の2014年の桜田淳子さんのベスト5位は、

1位 4月4日 テレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」
   15才のバースデイイベントの映像”天使も夢みる”
(14)

天使も夢みる14.jpg

2位 4月28日,5月1日 シネマヴェーラ渋谷での「愛の嵐の中で」上映
(15)

シネマべーラ15.jpg

3位 1月17日  電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」発刊
(16)

電子書籍16.jpg

4位 2月16日 TBSチャンネル1「閨閥」放送
(17)

閨閥17.jpg

5位 12月14日 チャンネル銀河 「居酒屋兆治」放送
(18)

居酒屋兆治18.jpg

になります。


1位のテレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」は、貴重な映像が紹介され、良かったです。
既出の映像を安易に放送するのでなく、貴重映像も、探して放映してくれて、テレビ朝日さんの努力を認めたいです。
15才のバースディイベントの映像とカンコー学生服のCMが流れました。

2位のシネマヴェーラ渋谷での「愛の嵐の中で」上映については、
shout83さん、チューリップさん、since1974さん、beginner14さんも観たと思います。
読者の方で、、観た方、他にいるでしょうか?

3位の電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」発刊については、
少し、物足りない面もありましたが、(すべての記事が載っていなかった)電子書籍という新しい媒体での発売は、評価できると思います。

4位、5位は、淳子さんのドラマで、初めて、観ることができましたので、、

☆皆さんは、2014年の淳子さん、何が、一番印象的ですか?
2014年の情報で、わからない方は、下記にあります。

桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/


・2014年の「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ」を振り返ります。
今年は、53の記事を書くことができました。
また、「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ掲示板」
と「桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト」をオープンいたしました。

桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ掲示板
http://6242.teacup.com/goodbyehappydays/bbs

桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/

今年の記事でのアクセス数ベスト5位です。

1位 桜田淳子さんデビュー41周年を迎える前に 
2位 電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」
3位 ドラマ 閨閥と桜田淳子さんアラカルト 
4位 桜田淳子さんデビュー41周年(歌手時代の11年間とシングルのバイオグラフィー)
5位 桜田淳子水着その1(はじめての水着)

1位の”桜田淳子さんデビュー41周年を迎える前に”は、すごい意外です。
4位の”桜田淳子さんデビュー41周年(歌手時代の11年間とシングルのバイオグラフィー)”の露払いの記事でしたので、、
アクセスが多いのは、必ずしも、いい記事とは、限りませんので、、、

私の中で、印象に、残った記事は、

NHK番組公開ライブラリー 
桜田淳子さんデビュー41周年(歌手時代の11年間とシングルのバイオグラフィー) 
・ヰセキ「さなえ」(その1)
桜田淳子シングル人気投票と歌本その2

の4つです。

”NHK番組公開ライブラリー”では、NHK番組公開ライブラリーをshout83さんに紹介しただき、貴重な映像を観ることができました。

”桜田淳子さんデビュー41周年(歌手時代の11年間とシングルのバイオグラフィー) ”
では、歌手時代の淳子さんを振り返させていただきました。

”ヰセキ「さなえ」(その1)””桜田淳子シングル人気投票と歌本その2”では、CMとシングルの人気(ベスト)投票を初めての試みで、行うことができました。

人気(ベスト)投票については、来年もやりますので、よろしくお願いします。
 
☆2014年の記事で、印象に残った記事は、あるでしょうか?

●12月28日(日)19:30 NHK 夢の紅白2014~名歌手たちの名勝負・名対決
があります。

紅白の曲目、発表されました。
薬師丸ひろ子さんは、「セーラー服と機関銃」では、なかったです。
サザンオールスターズと中森明菜さんは、出演するのでしょうか?

●2014年の野球は、ソフトバンクが強かったのと、阪神の4人の外人が全員活躍し、4人全員がタイトルを獲ったことは、すごいと言うか、珍しいと思います。

最後に、今年の更新は、この記事が最後になります。
(何か、あれば、、臨時更新はしますが)
今回は、今年最後ですので、頑張って記事を書きました。
今年も大変お世話になりました。
コメントをいただいた方、ありがとうございました。

皆様のお蔭でなんとか更新してこれました。
皆様、よいお年をお迎えください。

次回は、1月1日更新予定です。

●dunsfordさんから情報をいただきました。
BSジャパンで、土曜日、寅さんシリーズの放映が開始になります。(12/31追記)

●第56回レコード大賞で桜田淳子さんの「わたしの青い鳥」が流れました。(12/30追記)

●中森明菜さん 紅白出場決定(12/28追記)

●すでに、前記事で12月24日にいち早く、紹介しましたが、

週刊現代(2015年1月3日、10日の年末年始合併号)の”スター誕生!の時代”の記事で、桜田淳子さんの写真が4枚載っていました。

(a)淳子さん表紙にも登場しています。

週刊現代スター誕生a.jpg

(b)1975年

週刊現代スター誕生b.jpg

(c)1972年決選大会

週刊現代スター誕生c.jpg

(d)1974年

週刊現代スター誕生d.jpg

淳子さんは、インタビューで
”スター誕生!は、家族のような存在”と言っており
「同い年の昌子ちゃんの存在がスター誕の応募のきっかけを作ってくれました。懐かしく、大きな家。スター誕とは、そんな場所でした。」と語っています。

また、森昌子さんの話で、
桜田淳子ちゃんや伊藤咲子ちゃんから「昌子ちゃんみたいな普通の子が合格したから、自分も
いけると思った」と言われ、内心は、複雑な思いだった。と書かれています。

昌子ちゃんについての話は、どこかで、聴きましたね、、、

皆さんは、購入しましたか?
年末年始合併号ですので、購入の参考にお願いします。


nice!(1)  コメント(42)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 42

チューリップでございます。。。

こんにちわ、Sjghd さん。。。

今年は、このブログに書き込み出来たことが、一番嬉しかったことでしょうか。。
アナログの私なので、Shout 83さんに教えていただきながら、
やっと書き込みでき、Sjghd さん、他の皆様と、
桜田淳子さま、を語れた事がとても嬉しかった日々でございました。

ずーーっと、桜田淳子ファンでいて、ホントに良かった!って思いましたもん。。


週刊現代、、明日やっぱり買います。。


77年の淳子さん、(4)の若い人のセーラー服いいですよね。。。
淳子さんが歌う「秋桜」  私、結婚式に流せばよかったなーーって(今になって思います)
(山口百恵さんの赤い~、初恋~、って曲が全く知らずごめんなさい、、、)

この時代のレコード大賞、歌謡大賞は、、全て知ってる曲ばかりですね。。。
我が家にも、ピンクレディーのレコード何枚か、ありましたもの。
誰が買ってきたのかしら?って感じですけど(私ではないのですが、、)
やっぱり聴いちゃいましたね。。
まぁ、今って、たとえば5万人ファンがいて、ひとりが20枚購入すれば、ミリオンヒット。
だから、知らない曲が100万枚も売れるんですよね。


今年の紅白、薬師丸さん、、、セーラー服と~じゃなかったでしたね。
ちょっと良かったです。
淳子さんが歌ったのは、やはり色々と思い出して、、、


Sjghd さん、偶然にお会いしてから。。色々とお世話になりまして、
有り難うございました。。
来年もまた、お付き合い下さいますよう、宜しくお願い致します。。







by チューリップでございます。。。 (2014-12-26 21:34) 

sjghd

チューリップさん こんばんは。

>今年は、このブログに書き込み出来たことが、一番嬉しかったことでしょうか。。

ありがとうございます。
そう言っていただくとありがたいです。

>アナログの私なので、Shout 83さんに教えていただきながら、
やっと書き込みでき、Sjghd さん、他の皆様と、
桜田淳子さま、を語れた事がとても嬉しかった日々でございました。

中々、コメントできなくて、困っている方いると思います。
まずは、パスワードを入れないと、だめですし、コメント承認制をとっているため、表示には、時間がかかります。ブログなので、すいません。

私も、桜田淳子さんのことやいろいろ事を語れたことが良かったです。
また、チューリップさんからは、桜田淳子さん情報もいただきありがとうございました。

>ずーーっと、桜田淳子ファンでいて、ホントに良かった!って思いましたもん。。

そうですね、、、
当時(青春時代)に、応援していたことは、絶対忘れませんから、、、
桜田淳子さんは、原点ですから、、、

>週刊現代、、明日やっぱり買います。。

買う方が増えて、良かったです。
(紹介して良かったです)

>77年の淳子さん、(4)の若い人のセーラー服いいですよね。。。

77年の淳子さんでは、
チューリップさんは、「若い人」が一番いいと言うのは、予想していました。

>淳子さんが歌う「秋桜」  私、結婚式に流せばよかったなーーって(今になって思います)
(山口百恵さんの赤い~、初恋~、って曲が全く知らずごめんなさい、、、)

「秋桜」は、結婚式披露宴では定番曲の一つと言われています。
「赤い衝撃」は、山口百恵さん主演のドラマの主題歌です。
「初恋草紙」は、ちょっと地味な曲ですので、百恵さんのシングルでは、人気がない方だと思います。

>この時代のレコード大賞、歌謡大賞は、、全て知ってる曲ばかりですね。。。

すべて、知っていて、観るのが当時楽しみでした。

>我が家にも、ピンクレディーのレコード何枚か、ありましたもの。
誰が買ってきたのかしら?って感じですけど(私ではないのですが、、)
やっぱり聴いちゃいましたね。。

ピンクレディーがありましたか、、
私は、ピンクレディーは、1枚もありませんが、興味を持って観ていました。
ピンクレディーの歌では、S・O・S、ウォンテッド、マンデー・モナリザ・クラブが好きです。

あと、レコードは、淳子さん、百恵さん、美代子さんと洋楽とフォークを買っていました。

>まぁ、今って、たとえば5万人ファンがいて、ひとりが20枚購入すれば、ミリオンヒット。
だから、知らない曲が100万枚も売れるんですよね。

最近は、結構、大人買い(複数枚買い)するファンいるですかね、、
握手会が原因でしょうか、、

当時は、1枚購入でしたよね、、、1枚でも、握手できましたが、、

>今年の紅白、薬師丸さん、、、セーラー服と~じゃなかったでしたね。
ちょっと良かったです。
淳子さんが歌ったのは、やはり色々と思い出して、、、

今年の曲目、決まるのが、例年より1週間遅くて、もめていたようです。
薬師丸ひろ子さん、何を歌うか注目していました。

そうですか、、、私は、薬師丸ひろ子さんと言えば「セーラー服と機関銃」なので、
聴きたかったですが、、やはり、大人の曲「Woman “Wの悲劇”より」を選曲しました。

>Sjghd さん、偶然にお会いしてから。。色々とお世話になりまして、
有り難うございました。。
来年もまた、お付き合い下さいますよう、宜しくお願い致します。。

シネマヴェーラ渋谷「愛の嵐の中で」は、平日でしたし、、偶然でしね、、
今年は、コメントをいただきありがとうございました。
来年も、またよろしくお願いいたします。

by sjghd (2014-12-26 22:20) 

shout83

こんばんは、

「週刊現代」昨日、仕事帰りに立ち読みしてきました。
淳子さんのコメントと写真だけしか見てないですが、30年以上前に終了したが番組が特集で組まれるということを考えると改めて「スタ誕」はテレビ史上に残る番組なんだなと思い知らされました。

読んでないですけど表紙を見て児島美ゆきさんが高倉健さんとのことを語ったインタビューもちょっと気になりました。


私の1977年の桜田淳子さんの思い出の一番は、ゴールデン・ウィークの日劇のワンマン・ショーです。
これを最後に淳子さんのコンサートには行っていないので、今思えばもっと行っておけば良かったなんて思ってます。

映画「若い人」は当時、劇場で2回観ましたが、これも最後に映画館で観た淳子さんの出演映画ということで印象深いです。
「若い人」は淳子さんの映画を観る前に吉永小百合さんが江波恵子を演じた方を観ていてその時、この役を淳子さんが演じたらどんな感じだろうと思ってその通りになったのでワクワク、ちょっとドキドキしながら観に行ったのを覚えています。
結果は期待以上といっていいほど淳子さんが素晴らしかったのですごくうれしかったです。
同じことを「泥だらけの純情」でも思ったんですが、こちらは山口百恵さんでリメイクされてしまったので、ちょっとガッカリしたのも忘れられません。
批判ではないので、百恵さんファンの人は怒らないでください。
ちなみに、私は、百恵=友和コンビの「泥だらけの純情」は観てませんので・・・

後は、「気まぐれヴィーナス」の時のショートカットも結構驚きましたね。
最初、観たときはちょっと切りすぎじゃないと思いましたが、「しあわせ芝居」の頃あたりからはいい感じになってきたなと思ったりもしてました。


1977年度のレコード売上げ50位までの中では、小柳ルミ子さん「星の砂 」、ジグソー「スカイ・ハイ 」、山口百恵さん「夢先案内人 」、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「愛しのティナ 」、ジョー山中「人間の証明 」キャンディーズ「やさしい悪魔 」、イルカ「雨の物語」、高田みづえさん「硝子坂」、あおい輝彦さん「Hi-Hi-Hi」が好きな曲です。

特にジグソーの「スカイ・ハイ」はよく聞きました。
プロレス・ファンにはミル・マスカラスの入場曲、阪神タイガースファンには代打の神様=八木裕の甲子園テーマソングとして有名?ですが、当時はジミー・ウォング主演の香港映画「スカイ・ハイ」のテーマ曲にもなっていました。
カンフー映画が大好物だったので観に行きました。
オーストラリアでロケしたり2代目ジェームズ・ボンドを演じたジョージ・レーゼンビーを悪役で使ったり当時の香港映画としてはスケールが大きくて結構面白かったです。
まぁ、今見たらどうかわからないですけど(笑)


2014年の淳子さんということでは、1番はsjghdさんのブログをとおしていろいろな方と交流でき淳子さんの情報を共有できたことです。
特に、sjghdさん、チューリップさんとはお酒を飲みながら大好きな淳子さんや野球、音楽の話などたくさんできてとても楽しかったです。
ありがとうございました。
来年は、まだお会いしいていない方々とも機会があれば会って淳子さんの話ができればいいなと思います。

それ以外では、
ドラマ「大奥」「閨閥」のテレビ放送、
sjghdさんと偶然遭遇したシネマヴェーラ渋谷での映画「愛の嵐の中で」、
『NHK横浜』と『放送ライブララリー』でドラマ 「変身旅行」「ドラマ人間模様 「街」 -若者たちは,今-」「第19回思い出のメロディー」「なつかしい春が来た」「いもうと 異父妹」「ホテル開業(オープン)」などが観れたことです。
私が今まで観ていなかった淳子さん出演作品なのでどれも印象的です。


『桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ』の記事では、私事ですが、何と言ってもチューリップさんと行った「はらぺこ同志」の撮影場所探しを載せてもらったことが一番印象に残っています。
臨時の管理人まで仰せつかって、楽しい思いをさせていただきました。
その節はお世話になりました。


今年1年大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

でも、年内にまたコメントするかもしれませんけど・・・

by shout83 (2014-12-27 00:23) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>「週刊現代」昨日、仕事帰りに立ち読みしてきました。
淳子さんのコメントと写真だけしか見てないですが、30年以上前に終了したが番組が特集で組まれると
いうことを考えると改めて「スタ誕」はテレビ史上に残る番組なんだなと思い知らされました。

年末年始に特集が、組まれることは、すごい番組でした。
そして「スター誕生!」での主役は、やはり中三トリオでした。
(表紙を3人が飾っていました。)
森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さん、ピンクレディーさん、小泉今日子さん、中森明菜さん
がスター誕生!出身で、ビッグなアイドルでした。
こうしてみると「スター誕生!」は、男性より、女性の方が、成功した人多いですね、、

>読んでないですけど表紙を見て児島美ゆきさんが高倉健さんとのことを語ったインタビューもちょっと気になりました。

私は、購入しましたが、読んでいません。
すでに、「スター誕生!」の部分だけを切り取って、捨ててしまいました。
当時と同じで、切り抜いてしますタイプのようです。
なので、気になりましたので、また立ち読みします。(笑)

>私の1977年の桜田淳子さんの思い出の一番は、ゴールデン・ウィークの日劇のワンマン・ショーです。
これを最後に淳子さんのコンサートには行っていないので、今思えばもっと行っておけば良かったなんて思ってます。

私と逆のパターンですね、、
私は、日劇の後のコンサートは行きましたが、日劇は、行っていません。
同じく、私の場合は、日劇に行けば、良かったと思っています。

>映画「若い人」は当時、劇場で2回観ましたが、これも最後に映画館で観た淳子さんの出演映画ということで印象深いです。
「若い人」は淳子さんの映画を観る前に吉永小百合さんが江波恵子を演じた方を観ていてその時、
この役を淳子さんが演じたらどんな感じだろうと思ってその通りになったのでワクワク、
ちょっとドキドキしながら観に行ったのを覚えています。
結果は期待以上といっていいほど淳子さんが素晴らしかったのですごくうれしかったです。

劇場で、2回、観ると言うのは、よほど、気にいっていたんでしょう。。。
私は、当時、どの映画も1回しか、観ていない気がします。(忘れていますが、、、)
え!!!当時から、吉永小百合さんの「若い人」を観ていたんですね、、
1962年の古い映画を、テレビで、観ているとは、驚きです。
音楽だけでなく映画も幅広く観ていたんですね、、

私は、「若い人」と「愛情の設計」は、映画的には、「若い人」の方がいいですが、、
「愛情の設計」では、初日、淳子さんの舞台あいさつがあったので、こちらを上にしました。


>同じことを「泥だらけの純情」でも思ったんですが、こちらは山口百恵さんでリメイクされてしまったので、
ちょっとガッカリしたのも忘れられません。
批判ではないので、百恵さんファンの人は怒らないでください。
ちなみに、私は、百恵=友和コンビの「泥だらけの純情」は観てませんので・・・


え!!!!!1963年の吉永小百合さんの「泥だらけの純情」も観たんですか、、
ちょっとガッカリしたというのは、吉永小百合さんファンでもあったのでしょうか。。。。

百恵さん友和さんの「泥だらけの純情」は、劇場では、観ませんでしたが、当時、テレビで、観ましたし、
最近も観ました。いい映画でした。


>後は、「気まぐれヴィーナス」の時のショートカットも結構驚きましたね。
最初、観たときはちょっと切りすぎじゃないと思いましたが、
「しあわせ芝居」の頃あたりからはいい感じになってきたなと思ったりもしてました。

「気まぐれヴィーナス」の時のシュートカットは、最初は、違和感がありました。
その後、曲を出すごとの、ショートカットの感じも変わってきて、「愛の嵐の中で」での
ショートカットは、素敵でした。
ショートカットでも、微妙に違うですね、


>1977年度のレコード売上げ50位までの中では、小柳ルミ子さん「星の砂」、
ジグソー「スカイ・ハイ 」、山口百恵さん「夢先案内人 」、
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「愛しのティナ 」、ジョー山中「人間の証明 」キャンディーズ「やさしい悪魔 」、
イルカ「雨の物語」、高田みづえさん「硝子坂」、あおい輝彦さん「Hi-Hi-Hi」が好きな曲です。

私も「スカイ・ハイ」「夢先案内人」「やさしい悪魔」「硝子坂」は、大好きです。
「人間の証明」は、映画関係ですね、、
あおい輝彦さんは、「Hi-Hi-Hi」よりも「あなただけを」の方が好きでした。

>特にジグソーの「スカイ・ハイ」はよく聞きました。
プロレス・ファンにはミル・マスカラスの入場曲、阪神タイガースファンには代打の神様=八木裕の
甲子園テーマソングとして有名?ですが、当時はジミー・ウォング主演の香港映画「スカイ・ハイ」の
テーマ曲にもなっていました。
カンフー映画が大好物だったので観に行きました。
オーストラリアでロケしたり2代目ジェームズ・ボンドを演じたジョージ・レーゼンビーを悪役で使ったり
当時の香港映画としてはスケールが大きくて結構面白かったです。
まぁ、今見たらどうかわからないですけど(笑)

ジグソーの「スカイ・ハイ」は、当時、ラジオで、本当に、よくかかっていました。
ミル・マスカラスの入場曲は、知っていた感じですが、、八木裕の甲子園テーマソングは、知りませんでした。
香港映画「スカイ・ハイ」も観に行ったですか、、
やはり、映画も幅広いですね、


>2014年の淳子さんということでは、1番はsjghdさんのブログをとおしていろいろな方と交流でき淳子さんの
情報を共有できたことです。

ありがとうございます。
このブログの目的は、「共有」ですので、、
私も、shout83さんから多くの情報をいただき、共有できたことは、感謝いたします。

>特に、sjghdさん、チューリップさんとはお酒を飲みながら大好きな淳子さんや野球、音楽の話などたくさんできてとても楽しかったです。ありがとうございました。
来年は、まだお会いしいていない方々とも機会があれば会って淳子さんの話ができればいいなと思います。

また、機会あれば、よろしくお願いします。

>それ以外では、ドラマ「大奥」「閨閥」のテレビ放送、

「大奥」ありましたね、、、時代劇ですが、良かったです。
あういう時代劇であれば、観たいです。ラストもすごかったし、、

「閨閥」は、どろどろした感じもありますしたが、涙ありの心温まるいいホームドラマでした。
涙して観ていました。

>sjghdさんと偶然遭遇したシネマヴェーラ渋谷での映画「愛の嵐の中で」、

混んでいない時を狙って行ったのですが、
平日の昼間でしたので、、偶然、会って、びっくりしました。

>『NHK横浜』と『放送ライブララリー』でドラマ 「変身旅行」「ドラマ人間模様 「街」 -若者たちは,今-」
「第19回思い出のメロディー」「なつかしい春が来た」「いもうと 異父妹」「ホテル開業(オープン)」
などが観れたことです。
私が今まで観ていなかった淳子さん出演作品なのでどれも印象的です。

「NHK番組公開ライブラリー」と「放送ライブラリー」の紹介ありがとうごさいました。
お陰様で、本年、行くことができました。
来年は、「ドラマ人間模様 「街」 -若者たちは,今-」を観にいきたいと思っています。


>『桜田淳子 グッドバイハッピーデイズ』の記事では、私事ですが、
何と言ってもチューリップさんと行った「はらぺこ同志」の撮影場所探しを載せてもらったことが一番印象に残っています。
臨時の管理人まで仰せつかって、楽しい思いをさせていただきました。
その節はお世話になりました。

せっかく、撮影場所に行ったのですので、私も、場所をお貸しできて良かったです。
皆さんからたくさんのコメントもいただきましたし、、、
臨時管理人をしていただきありがとうございました。


>今年1年大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
でも、年内にまたコメントするかもしれませんけど・・・

こちらこそ、いろいろと、ありがとうございました。
(コメントはいつでもOKです。)
来年もよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-27 09:27) 

小がめら

sjghdさん、チューリップさん、shout83さん、こんばんは。
記事ならびにお三方のコメント拝読しました。

お三方以外の方も同じでしょうが、長年淳子ファンをなさってきた皆さん、色々な思いでこの2014年も淳子さんで盛り上がり、過ごされてきたことでしょうね。

私は2013年のThanks40で淳子さん熱が再点火されたものの、その年はYouTubeで淳子さんの動画を視るようになったのと、「玉ねぎむいたら…」のDVDを年末ぎりぎりに入手したところまででした。その年は専ら岩崎宏美さんと石川優子さんの音楽作品を買い揃えたので。

でも2013年12月末に日本から届いた「玉ねぎむいたら…」を視て以降、2014年は淳子さんにすっかりハマってしまいました。そして、こちらのブログの場をお借りして、何人もの淳子ファンの皆さんと交流できたこともとても良かったです。こちらのブログにコメントされる皆さんは、私のような新参者にもとても親切にして下さり、本当に楽しかったです。ありがとうございました。来年はまだお目に掛かっていない方々とも、是非一度お目に掛かれればと存じます。(因みに私、殆ど晩酌はしませんが、お酒は各種大好きです)


sjghdさんの今年の記事で一番印象に残ったのは、2014/03/26の「笑っていいともでの桜田淳子さん」でした。こちらにお邪魔し始めた頃だったこともあり、噂の第1回テレフォンゲストの回の画像が視れた感動は忘れられません。この頃から、コメントで参加させていただき始めたと思います。もちろん他にもたくさんのいい記事がありました。でも年間50本以上は凄いですね。どれも内容が濃いですし。

「はらぺこ同志」のロケ地めぐりも良かったですね。正直、すごく参加したかったです。ドラマシーンと現在風景の写真対比も良かったです。


その他では、こちらのブログのご縁でKAZUさんに声をかけていただき、会員の末席に加えていただきました。そのご縁で6年振りくらいの宏美さんのコンサート観覧も叶いましたし、更に何人かの方に出会うことができました。

そして暫くご無沙汰になってしまいましたが、私がこちらのブログにたどり着くきっかけになった、イワタヤイセタンさんにも感謝したい1年です。彼には大変勉強させていただきました。


2014年は8月末までほぼ年間一時帰国がなかったのも、ブログで交流するのに都合が良かったです。一時帰国は人に会える楽しみもありますが、前後が忙しく生活のリズムも狂うので、痛し痒しというところです。2015年も2回くらいは出張で短期一時帰国することになりそうな気配ですがが、できればこちらでも休暇を取って、娘でも呼び寄せて遠くにドライブ旅行にでも行きたいところです。

9月以降はすっかりペースダウンしてしまいましたが、自分のブログも頑張りたいと思います。sjghdさんがご覧になれないドラマシーンは、私がしっかりご紹介申し上げますネ。


来年は淳子さんのオリカラを元に自分流のBGM作りにも挑戦しようと思い準備中です。引き続き淳子さんで盛り上がりたいと思います。

取り留めのない話になりましたが、皆さん来年もよろしくお願いいたします。


それではまた。

by 小がめら (2014-12-27 10:05) 

チューリップでございます。。

またまたで、ございます。。

スカイハイを、Y T で聞いていて~~
「これね、阪神の八木さんのテーマ曲だったんだって」と、言ったら、、

我が家のG オヤジが、
「いや!俺はTドームで聞いたんだよなぁ、誰だったけなぁー。
あっ二岡だ!!」 っと。

「私も、一緒に観戦したんでしょうけど、、、
全く覚えてないわ、、、」 っと。

で、Wlki 見たら、2選手とも使ってたんですね(笑)


Sjghd さん、このブログは色んな事がわかって、ホント楽しいです。。。。。






by チューリップでございます。。 (2014-12-27 10:34) 

sjghd

小がめらさん こんにちは。

>お三方以外の方も同じでしょうが、長年淳子ファンをなさってきた皆さん、
色々な思いでこの2014年も淳子さんで盛り上がり、過ごされてきたことでしょうね。

2014年を振り返りましても、桜田淳子さん関係の出来事としては、良かったと思います。
色々、楽しませていただきました。

>私は2013年のThanks40で淳子さん熱が再点火されたものの、その年はYouTubeで淳子さんの動画を視るようになったのと、
「玉ねぎむいたら…」のDVDを年末ぎりぎりに入手したところまででした。
その年は専ら岩崎宏美さんと石川優子さんの音楽作品を買い揃えたので。

2013年のThanks40は、まさに40周年として、今後、淳子史に残るくらいの大きな出来事でした。
私の場合、10年間くらいは、中断は、していましたが、
2000年くらいから、スカパーで、レコード大賞や夜のヒットスタジオをやるようになって、復活しました。
2003年に30周年BOXを買い、完全に当時に戻った気分です。

>でも2013年12月末に日本から届いた「玉ねぎむいたら…」を視て以降、2014年は淳子さんにすっかり
ハマってしまいました。
そして、こちらのブログの場をお借りして、何人もの淳子ファンの皆さんと交流できたこともとても良かったです。
こちらのブログにコメントされる皆さんは、私のような新参者にもとても親切にして下さり、
本当に楽しかったです。ありがとうございました。
来年はまだお目に掛かっていない方々とも、是非一度お目に掛かれればと存じます。
(因みに私、殆ど晩酌はしませんが、お酒は各種大好きです)

「玉ねぎむいたら…」がきっかけですか、、、
私も、コメントしていただく方や読者の方と、いろいろなことが共有できたことを感謝したいと思います。

>sjghdさんの今年の記事で一番印象に残ったのは、2014/03/26の「笑っていいともでの桜田淳子さん」でした。
こちらにお邪魔し始めた頃だったこともあり、噂の第1回テレフォンゲストの回の画像が視れた感動は忘れられません。

ありがとうございます。
「笑っていいともでの桜田淳子さん」は、元々、記事を用意していつかやろうと思っていましたが、
「笑っていいとも」が終了と言うことで、タイムリーに記事にさせていただきました。

私も、紹介することで、懐かしい感じでした。

>この頃から、コメントで参加させていただき始めたと思います。

小がめらさんの初コメントは、
「桜田淳子さん18才の誕生日(4月14日は、淳子さんの誕生日)」の記事でしたね、、
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-04-13

>もちろん他にもたくさんのいい記事がありました。でも年間50本以上は凄いですね。どれも内容が濃いですし。

50記事は、そんな数的には、多いと思いません。
1週間の1本ですので、50記事しか書けませんし、、マイペースで、やります。
記事内容は、くだらない記事もありましたので、ご容赦お願いします。


>「はらぺこ同志」のロケ地めぐりも良かったですね。正直、すごく参加したかったです。
ドラマシーンと現在風景の写真対比も良かったです。

shout83さん、チューリップさんに感謝です。


>その他では、こちらのブログのご縁でKAZUさんに声をかけていただき、会員の末席に加えていただきました。
そのご縁で6年振りくらいの宏美さんのコンサート観覧も叶いましたし、更に何人かの方に出会うことができました。
そして暫くご無沙汰になってしまいましたが、私がこちらのブログにたどり着くきっかけになった、
イワタヤイセタンさんにも感謝したい1年です。彼には大変勉強させていただきました。
2014年は8月末までほぼ年間一時帰国がなかったのも、ブログで交流するのに都合が良かったです。
一時帰国は人に会える楽しみもありますが、前後が忙しく生活のリズムも狂うので、痛し痒しというところです。
2015年も2回くらいは出張で短期一時帰国することになりそうな気配ですがが、
できればこちらでも休暇を取って、娘でも呼び寄せて遠くにドライブ旅行にでも行きたいところです。
9月以降はすっかりペースダウンしてしまいましたが、自分のブログも頑張りたいと思います。
sjghdさんがご覧になれないドラマシーンは、私がしっかりご紹介申し上げますネ。

海外での生活は、いろいろご苦労があると思いますが、、、、
はい。よろしくお願いしますが怖いので、見れない可能性があります。


>来年は淳子さんのオリカラを元に自分流のBGM作りにも挑戦しようと思い準備中です。
引き続き淳子さんで盛り上がりたいと思います。

演奏の方は、無理をしないようにお願いします。
来年も、淳子さんで、盛り上がれたらいいと思います。


>取り留めのない話になりましたが、皆さん来年もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-27 13:55) 

sjghd

チューリップさん こんにちは。

>またまたで、ございます。。

再度の訪問ありがとうございます。

>スカイハイを、Y T で聞いていて~~
「これね、阪神の八木さんのテーマ曲だったんだって」と、言ったら、、
我が家のG オヤジが、
「いや!俺はTドームで聞いたんだよなぁ、誰だったけなぁー。
あっ二岡だ!!」 っと。
「私も、一緒に観戦したんでしょうけど、、、
全く覚えてないわ、、、」 っと。
で、Wlki 見たら、2選手とも使ってたんですね(笑)

え!!!!二岡も使っていたんですか、、、
テレビでは、あまり、テーマ曲は、気にしないで、観ていましたので、
まったく知りませんでした。


>Sjghd さん、このブログは色んな事がわかって、ホント楽しいです。。。。。

二岡が、テーマ曲に、使っていたことを紹介しただき、ありがとうございます。
by sjghd (2014-12-27 14:00) 

shout83

こんにちは、

私は特に吉永小百合さんのファンではないです。
50's、60'sの音楽が好きだったのでファッションなどもその当時のものにあこがれがありました。
なのでエルヴィス・プレスリーはもちろんですがジェームズ・ディーンの主演映画とか観ていろいろまねしていました。
その延長で日本の同じころの映画、特に小林旭さん、石原裕次郎さん、赤木圭一郎さんの日活のアクション映画は意識して見ていました。
その中で「若い人」「泥だらけの純情」も観たことが有ったんですが、特に「泥だらけの純情」は、チンピラやくざの浜田光夫さんと金持ちのお嬢さん吉永小百合さんの純愛という設定が好きでした。
ショックだったと書いたのは、この役を桜田淳子さんが演じてくれないかなと思っていたのに山口百恵さんでリメイクされてしまったことです。


私も「Hi-Hi-Hi」より「あなただけを」の方が好きでした。
因みに、あおい輝彦さんで一番好きな曲は「ジャニスを聴きながら」です。


「爆報!THEフライデー あの人は今…年末大追跡SP」で岡崎友紀さんを久しぶりに見ました。
現在61歳、芸能活動はあまりされていない様子で正直、普通のおばさんになってた感はありました。
そう考えると酒井和歌子さんは現在も女優として活動しているとはいえ驚異的だなと改めて思ってしまいました(笑)



チューリップさん、こんにちは、

そう言えば「スカイ・ハイ」が東京Dで流れて「???・・・」って思ったの思い出しました(笑)
二岡でしたか。
八木はミル・マスカラスが好きでテーマ曲にしたんじゃなかったかな。
二岡もそうですかね?
この辺りはSince1974さんが知ってるでしょうか?

by shout83 (2014-12-27 16:38) 

sjghd

shout83さん こんばんは。

>私は特に吉永小百合さんのファンではないです。

そうでしたか、、精通した映画ファンということですね。

>50's、60'sの音楽が好きだったのでファッションなどもその当時のものにあこがれがありました。
なのでエルヴィス・プレスリーはもちろんですがジェームズ・ディーンの主演映画とか観ていろいろまねしていました。

shout83さんが50's、60'sの音楽やファッションが好きなのは、よくわかっています。

>その延長で日本の同じころの映画、特に小林旭さん、石原裕次郎さん、赤木圭一郎さんの
日活のアクション映画は意識して見ていました。

映画も、深く精通していますね、、
私は、このあたりの小林旭さん、石原裕次郎さん、赤木圭一郎さんは、全然観れていません。

>その中で「若い人」「泥だらけの純情」も観たことが有ったんですが、特に「泥だらけの純情」は、
チンピラやくざの浜田光夫さんと金持ちのお嬢さん吉永小百合さんの純愛という設定が好きでした。
ショックだったと書いたのは、この役を桜田淳子さんが演じてくれないかなと思っていたのに
山口百恵さんでリメイクされてしまったことです。

そういうことでしたか、、、
ということは、「泥だらけの純情」も好きな映画だったですね、、
私は、山口百恵さんの映画では、「泥だらけの純情」は、好きな方ですので、いい映画ですね、、

>私も「Hi-Hi-Hi」より「あなただけを」の方が好きでした。
因みに、あおい輝彦さんで一番好きな曲は「ジャニスを聴きながら」です。

そうですよね、、
「ジャニスを聴きながら」より「あなただけを」の方が私は、好きです。
「あなただけを」は、リズミカルな感じが良くて、、、


>「爆報!THEフライデー あの人は今…年末大追跡SP」で岡崎友紀さんを久しぶりに見ました。

私も観ました。
番組で紹介された岡崎友紀さんの46ヶ月連続プロマイド売上NO1は、驚異的ですね、、
4年間ですから、、、
山口百恵さん、大場久美子さんが、次で、27ヶ月連続プロマイド売上NO1ですので、、

>現在61歳、芸能活動はあまりされていない様子で正直、普通のおばさんになってた感はありました。
そう考えると酒井和歌子さんは現在も女優として活動しているとはいえ驚異的だなと改めて思ってしまいました(笑)

お金があると思うので、もう芸能活動は、考えていないと思います。
VTRで、紹介された家にいる時より、スタジオに来ている時のお姿は、良かったです。
酒井和歌子さんは、65才ですか、俳優さんで、頑張っている方は、多いですね、、
紹介された「俺たちの荒野」は、近いうちに、必ず観たいと思います。

by sjghd (2014-12-27 18:06) 

じゅんた

こんばんは1977年の淳子さんの曲は、それまでに比べやや地味なのかもかもしれないですが、良い曲ばかりだと思います。
特に「あなたのすべて」は何度聞いてもいいですね。

この年の淳子さんの印象深かった出来事ですが、「高3トリオ卒業コンサート」中島ミユキさんの「しあわせ芝居」の印象が大きいのですが1番はなんといっても、名曲「もう戻れない」ですね!・・・・というのは冗談で、髪型をショートにしたことですね(笑)

この中島みゆきさんの曲に関してなのですが、「しあわせ芝居」の次の曲
が「追いかけてヨコハマ」のようなアップテンポな曲ではなく、もう2、3曲ほどバラードにすればかなり違った展開になったのではないか、その後はいろんな感じの曲を歌われましたが、私個人の意見としては、あれこれやらず、じっくり聴かせる、研ナオコさんのような大人の雰囲気をもった息の長い歌手として行けたのではと思ってしまうのです。

それともう1つは全く逆でまだ19歳だったので、もうしばらく可愛い曲を歌い続けても良かったのかな~とうい全く正反対の意見です。

この当時はフォークソングが流行っていたので、前の意見の方を推しますが、ピンクレディーやキャンディーズなんかは淳子さんより年上でしたが結構可愛い曲をうたわれていたので、もう少し可愛い曲でもいけたのかなとも思ってしまいます、とにかくこの1977年は大きなポイントだったのかなと
思います、sjghdさんはどお思われますか?

今年1年、色々と楽しませていただきありがとうございました。

by じゅんた (2014-12-27 23:36) 

sjghd

じゅんたさん こんにちは。

>こんばんは1977年の淳子さんの曲は、それまでに比べやや地味なのかもかもしれないですが、良い曲ばかりだと思います。 特に「あなたのすべて」は何度聞いてもいいですね。

1977年の淳子さんの曲は、バラエティにとんでいるというか、4曲とも、嗜好が違っていました。
じゅんたさんは、シングルの投票では、「あなたのすべて」に確か投票していましたね、「あなたのすべて」は、いい曲ですね、、

>この年の淳子さんの印象深かった出来事ですが、「高3トリオ卒業コンサート」
中島ミユキさんの「しあわせ芝居」の印象が大きいのですが1番はなんといっても、
名曲「もう戻れない」ですね!・・・・というのは冗談で、髪型をショートにしたことですね(笑)

「高3トリオ卒業コンサート」と「しあわせ芝居」は、私と同じですね、、
「もう戻れない」も、じゅんたさんは、確か、好きだった気がしますが、、

一番は、髪型をショートですか、、確かに、ビックリの大きな出来事でした。

>この中島みゆきさんの曲に関してなのですが、「しあわせ芝居」の次の曲 が「追いかけてヨコハマ」
のようなアップテンポな曲ではなく、もう2、3曲ほどバラードにすればかなり違った展開になったのではないか、
その後はいろんな感じの曲を歌われましたが、私個人の意見としては、あれこれやらず、じっくり聴かせる、
研ナオコさんのような大人の雰囲気をもった息の長い歌手として行けたのではと思ってしまうのです。
それともう1つは全く逆でまだ19歳だったので、もうしばらく可愛い曲を歌い続けても良かったのかな~とうい
全く正反対の意見です。 この当時はフォークソングが流行っていたので、前の意見の方を推しますが、
ピンクレディーやキャンディーズなんかは淳子さんより年上でしたが結構可愛い曲をうたわれていたので、
もう少し可愛い曲でもいけたのかなとも思ってしまいます、
とにかくこの1977年は大きなポイントだったのかなと 思います、
sjghdさんはどお思われますか?

これは、よく言われますが、私もじゅんたさんと同じで、前の意見を支持します。
「しあわせ芝居」のような、大人の曲は、必要だった思います。(淳子さん本人もそう言っていたと思います)
キャンディーズや松田聖子さんなどは、例外だと思います。
どうしても、アイドルとしての賞味期限があります。

淳子さんに、必要なのは、「しあわせ芝居」のようなクオリティの高い曲を続けて提供してもらうことだったと思います。
「追いかけてヨコハマ」「冬色の街」「20才になれば」はいい歌ですが、素晴らしい曲かと言われると、考えてしまいます。
ちょうど、淳子さんのレコードが以前よりも売り上げが落ちて来た時に、楽曲のクオリティが今ひとつだと厳しくなってくると思います。
「しあわせ芝居」のような素晴らしい曲が3曲くらい提供され、「しあわせ芝居」と同じくらいヒットしたら、歌手として、もう少し、やっていけたかもしれません。

>今年1年、色々と楽しませていただきありがとうございました。

じゅんたさんの1年もいろいろありましたね、、
こちらこそありがとうございました。
by sjghd (2014-12-28 08:24) 

青大将

sjghdさん、こんにちは!
週刊現代「スター誕生!」の紹介、ありがとうございました! コンビニで見た時、表紙上の《独占スクープ告白「高倉健さんと暮らした300日」女優・児島美ゆきが初めて語った》の見出しがすぐパッと視界に入りましたが、見送ったので、教えて頂かなかったら、この記事には出会えませんでした。(^^;
初めて見る写真も掲載されてて、更に欽ちゃん・昌子・金谷氏の座談会と、これはもう、永久保存版ですね。
まさか最上由紀子まで見られるとは・・・・。(涙)

処で、桜田淳子が「天使の初恋」のジャケ写で着ているピンクのギンガムチェックの半袖ブラウスは、決勝大会で着用した私物だったんですね。
今回、決勝大会でのショットを見て、今更乍ら判りました。(^^;

1977年の桜田淳子と言えば、これも実に印象&思い出深いです。 何しろ、初めて実物を間近で見た訳ですから。 テレビでは、春先に観た、井上 順司会の「そっくりショー」が印象深いです。 あの番組は、先ず井上 順が番組テーマソングを歌い、歌い終わると、その回のゲストを紹介。ゲスト歌手は、自身の、ちょっと懐かしい歌で後方セットの下から階段を上がって来る様に登場して、歌い終わると審査員席に着き、ゲスト歌手と同じ様に登場する5人のそっくりさん出場者・一人一人が、その歌手の歌を歌って、そっくりぶりをアピール。中盤でゲスト歌手は、その当時の最新曲を歌い、審査結果を発表後のエンディングでは、出場者全員と共に、またちょっと懐かしいヒット曲を歌って締め括る構成でしたが、桜田淳子の巻(こういう表現だった)は、先ず、「もう一度だけふり向いて」で登場し、中盤で最新曲「あなたのすべて」を歌い、エンディングでは全員で「はじめての出来事」を歌って終了でした。
優勝したのは、4番の女性でしたが、(俺も、この人だと確信してて、嬉しかった覚えがあります(^^))驚いたのは、夏に開かれた、各回の優勝者を一堂に集め、更なるチャンピオンを決めるグランド・チャンピオン大会で、その4番の人は、セミロングヘアーを、歌手本人に合わせて、同じ様に短くカットして、衣装も、「気まぐれヴィーナス」の、上下赤のホットパンツをコピーしたものを着用して登場した事です。
《何もそこまでしなくても・・・・。》と思ったのですが・・・。(^^;
ちなみに、グランド・チャンピオンが誰のそっくりさんかは?です。
by 青大将 (2014-12-28 17:26) 

shout83

こんばんは、

私は、全然、精通した映画ファンじゃないですよ(笑)
昔は人並みに映画館に行きましたけど最近はほとんど行かないし、DVDとかで観てる映画は偏ってます。
好んで観るのはアクション映画が多いです。
あとは、どんでん返しがあるようなサスペンスものとかも好きですが、その程度です(笑)

桜田淳子さん関係以外で一番最近映画館で観たのは、確か家族で行った「ハリー・ポッター」の最後のやつですから(笑)
「ハリー・ポッター」は娘が好きで1本目から家族で行くのが恒例になってたので・・・

今は1歳半になった孫娘が「ゲラゲラポー」とか歌ってるんで、次に映画館に行くのは「妖怪ウォッチ」かな?みたいな(笑)


話変わりますが、「第36回 NHK紅白歌合戦」は、ハーフタイムショーで「澪つくし」の出演者が登場して紅組司会の森昌子さんに淳子さんが花束を渡しますよね。

さっき何となく、”今日は「夢の紅白2014」が放送されるなー、淳子さんの映像出ないかなー”って考えてて、ふと思って『NHK番組公開ライブラリー』のページで検索したんですが『公開ライブラリー』で「第36回 NHK紅白歌合戦」が観れるみたいですね。
sjghdさんは気が付いてましたか?


by shout83 (2014-12-28 17:40) 

TS

sjghdさん、こんばんは。

1977年度は、個人的にはいろいろと思い出深い年でした。
ピンクレディー/ウォンテッド、狩人/あずさ2号、

今年は、sjghdさんの交流の場にて、お陰様で淳子ちゃんに、再び熱くなることができました。
ありがとうございました。
私は年末年始は、山で初日の出の撮影をかねて出かけてきます。

良いお年をお迎えください。


by TS (2014-12-28 18:28) 

SJX773

こんばんは。

今年も終わりますね…。
お世話になりました。

1977年の出来事としてですが…淳子さんがこの田舎に「しあわせ芝居」のキャンペーンで来られたのですが…残念ながらお会いすることが出来なかった事です。
その時のチケットはそのままフォトアルバムの中にしまってます。

「あなたのすべて」から始まりました。
歌は良かったのですがジャケットが…。
「気まぐれヴィーナス」これは、夏淳子のイメージとしてよかったです。
髪をショートに…話題になりました。淳子さんも基本ショート好きだったようでノッテました。
「もう戻れない」この曲も筒美先生のアレンジがよかったです。
30周年記念BOXには別カットのジャケット仕様です。
「しあわせ芝居」久々ヒットに恵まれ大人の仲間入りの曲となりました。
それだけ力も入ってました。

そうそう、週刊現代、数年ぶりに購入しました。
スター誕生!の特集…それもオールカラーですね。何で今時期なんでしょう?明菜さんが紅白にご出演が決まったからでしょうか?関係ないですね(^_^;)
おみくじが「大吉」でした(^_^;)

1977年レコード売上ベスト50の曲で、印象に残った曲・・・全曲知ってる曲ばかりです。
この中からは、「ウォンテッド」数週間連続1位でしたから。「S・O・S」イントロの前のモールス信号が話題となりました。最初はS・O・Sだったのが電波法問題でピンク・レディーとモールスを変えたらしい。「北の宿から」ザ・昭和の歌詞。「星の砂」ホントに星の形の砂があるんだと知りました。沖縄の方の島で歌われたのを覚えてます。「あずさ2号」兄弟で仲良さそうでしたが実際は違ってたらしく…。歌詞にある時間には走って無かったようで…。「津軽海峡冬景色」紙吹雪がよかったです。「赤い衝撃」ドラマを良く見てました。真似たりして…(^_^;)「やさしい悪魔」衣装にびっくりでした。「硝子坂」歌が上手いなぁ~って。「思秋期」レコーディングが大変だったらしく…。いい歌です。・・・などがよかったでしょうか?

人気投票も淳子さんが2位で頑張ってましたね~。
その後…段々…。もう気にしなくなりました(^_^;)

(14)はよかったですね~。
他局にも秘蔵映像とかもあるんでしょうが世の中に出してほしいものです。


それでは・・・良い年をお迎えくださいませ。
また、来年もよろしくお願いします。

ではでは…。
by SJX773 (2014-12-28 19:28) 

sjghd

青大将さん こんばんは。

>週刊現代「スター誕生!」の紹介、ありがとうございました!
コンビニで見た時、表紙上の《独占スクープ告白「高倉健さんと暮らした300日」女優・児島美ゆきが初めて語った》
の見出しがすぐパッと視界に入りましたが、見送ったので、教えて頂かなかったら、この記事には出会えませんでした。(^^;

そう言っていただくと紹介してよかったです。
「高倉健さんと暮らした300日」は、何と、表紙の2箇所に書いてありましたので、目立ちました。
「高倉健さんと暮らした300日」は、週刊現代としたは、すごいスクープなんでしょう、、

>初めて見る写真も掲載されてて、更に欽ちゃん・昌子・金谷氏の座談会と、これはもう、永久保存版ですね。
まさか最上由紀子まで見られるとは・・・・。(涙)

このために、わざわざ、萩本欽一さん、森昌子さん、金谷さんが出てきて対談するなんて、すごい番組です。
今回の記事は、貴重でした。
「バンザイなしよ」のポーズもありましたし、、
最上由紀子さんは、あまり覚えていませんが、スター誕生出身歌手がたくさんいる中、選ばれているのは、ちょっと不思議でしたが、、、

>処で、桜田淳子が「天使の初恋」のジャケ写で着ているピンクのギンガムチェックの半袖ブラウスは、
決勝大会で着用した私物だったんですね。
今回、決勝大会でのショットを見て、今更乍ら判りました。(^^;

さすが、鋭いです。
言われて、気づきました。
まさか、1作目でなく2作目のジャケットに私物を使うなんて、、、

デビューの頃は、なるべく自然な普通の衣装を着るようにしていたようです。

>1977年の桜田淳子と言えば、これも実に印象&思い出深いです。 何しろ、初めて実物を間近で見た訳ですから。

初めて見る生淳子さんは、思い出いっぱいですよね、、
私も、はじめての生淳子さんの時は、苦労して、見ましたし、わくわくでしたから、、、

>テレビでは、春先に観た、井上 順司会の「そっくりショー」が印象深いです。
あの番組は、先ず井上 順が番組テーマソングを歌い、歌い終わると、その回のゲストを紹介。
ゲスト歌手は、自身の、ちょっと懐かしい歌で後方セットの下から階段を上がって来る様に登場して、
歌い終わると審査員席に着き、ゲスト歌手と同じ様に登場する5人のそっくりさん出場者・一人一人が、その歌手の歌を歌って、そっくりぶりをアピール。中盤でゲスト歌手は、その当時の最新曲を歌い、
審査結果を発表後のエンディングでは、出場者全員と共に、
またちょっと懐かしいヒット曲を歌って締め括る構成でしたが、桜田淳子の巻(こういう表現だった)は、先ず、「もう一度だけふり向いて」で登場し、中盤で最新曲「あなたのすべて」を歌い、
エンディングでは全員で「はじめての出来事」を歌って終了でした。
優勝したのは、4番の女性でしたが、(俺も、この人だと確信してて、嬉しかった覚えがあります(^^))

しかし、よく覚えていますね、、、それも、桜田淳子さんの3曲をすべて覚えているなんて、
また、優勝したのが4番の女性、、、番号まで記憶していることは、驚きです。
やはり、青大将さんの記憶力は、抜群ですね、、
「そっくりショー」は、時々は、観ていたと思いますが、、忘れかけています。
ただ、5人もいると、全然、似ていない人もいました、

>驚いたのは、夏に開かれた、各回の優勝者を一堂に集め、更なるチャンピオンを決めるグランド・チャンピオン大会で、
その4番の人は、セミロングヘアーを、歌手本人に合わせて、同じ様に短くカットして、
衣装も、「気まぐれヴィーナス」の、上下赤のホットパンツをコピーしたものを着用して登場した事です。
《何もそこまでしなくても・・・・。》と思ったのですが・・・。(^^;
ちなみに、グランド・チャンピオンが誰のそっくりさんかは?です。

グランド・チャンピオンを獲るために、すごく気合です。、
(グランド・チャンピオンは、海外旅行・賞金獲得だったようですので、、)

髪をショートにして「気まぐれヴィーナス」で、勝負したのがいけかったのでしょうか、、
髪を、短くすると似てなくなる可能性もあるので、セミロングのままの方が良かったかも、、
でも、桜田淳子さんがグランド・チャンピオン大会出ているなら、必然的に、合わせてしまいますが、、

1977年の「そっくりショー」の思い出ありがとうございました。
by sjghd (2014-12-28 19:38) 

sjghd

shout83さん こんばんは。

>私は、全然、精通した映画ファンじゃないですよ(笑)
昔は人並みに映画館に行きましたけど最近はほとんど行かないし、DVDとかで観てる映画は偏ってます。

昔、映画館に行ったのがすごいです。
私は、昔は、テレビで、少し前は、ビデオレンタルかWOWOWで、最近は、スカパーで見ることが、多いです。

映画館、DVDで、観るのは、本格的です。

>好んで観るのはアクション映画が多いです。
あとは、どんでん返しがあるようなサスペンスものとかも好きですが、その程度です(笑)

私も、アクション、サスペンス物は、好きです。
最近は、懐かしい邦画が、肩がこらなくていいです。

>桜田淳子さん関係以外で一番最近映画館で観たのは、確か家族で行った「ハリー・ポッター」の最後のやつですから(笑)
「ハリー・ポッター」は娘が好きで1本目から家族で行くのが恒例になってたので・・・

そうでしたか、、
「ハリー・ポッター」は、WOWOWで、見ました。

>今は1歳半になった孫娘が「ゲラゲラポー」とか歌ってるんで、次に映画館に行くのは「妖怪ウォッチ」かな?みたいな(笑)

「妖怪ウォッチ」は、流行っているんですね、、、

>話変わりますが、「第36回 NHK紅白歌合戦」は、ハーフタイムショーで「澪つくし」の出演者が登場して
紅組司会の森昌子さんに淳子さんが花束を渡しますよね。

そうでしたね、、
有名な鈴木健二アナと森昌子さん司会の紅白歌合戦ですね、
最後の森昌子さんの涙よく覚えています。

>さっき何となく、”今日は「夢の紅白2014」が放送されるなー、淳子さんの映像出ないかなー”って考えてて、

先ほどまで、私も、「夢の紅白2014」観ていました。
淳子さん、出てきませんでした。
小柳ルミ子さんファンは、良かったですね、、
あとは、「女のみち」「他人の関係」は、懐かしかったです。

>ふと思って『NHK番組公開ライブラリー』のページで検索したんですが『公開ライブラリー』で
「第36回 NHK紅白歌合戦」が観れるみたいですね。sjghdさんは気が付いてましたか?

まったく気がつきませんでした。
情報ありがとうございます。
「NHK番組公開ライブラリー」の記事に情報として追加させていただきました。
NHK番組公開ライブラリーを観にいく楽しみが増えました。
by sjghd (2014-12-28 20:49) 

sjghd

TSさん こんばんは。

>1977年度は、個人的にはいろいろと思い出深い年でした。
ピンクレディー/ウォンテッド、狩人/あずさ2号、

1977年度は、いい歌、多かったです。
ピンクレディーは、レコード大賞大衆賞、狩人は、レコード大賞新人賞を獲りました。
ピンクレディーの曲では、やはりウォンテッドですね、、

>今年は、sjghdさんの交流の場にて、お陰様で淳子ちゃんに、再び熱くなることができました。
ありがとうございました。

TSさんとも、いろいろ交流できて、
こちらこそありがとうございました。

>私は年末年始は、山で初日の出の撮影をかねて出かけてきます。

いい写真が撮れるといですね、、

>良いお年をお迎えください。

ありがとうございます。
TSさんも良いお年をお迎えください。

by sjghd (2014-12-28 21:04) 

sjghd

SJX773さん こんばんは。

>今年も終わりますね…。
お世話になりました。

この年になると時が経つの早いですね。
こちらこそ、いろいろお世話になりました。

>1977年の出来事としてですが…淳子さんがこの田舎に「しあわせ芝居」のキャンペーンで来られたのですが…
残念ながらお会いすることが出来なかった事です。
その時のチケットはそのままフォトアルバムの中にしまってます。

残念な出来事でしたね、、
やはり、淳子さんは、地方によく行っていたんですね、、
チケットは、お宝ですので、大事にして下さい。

>「あなたのすべて」から始まりました。
歌は良かったのですがジャケットが…。

「あなたのすべて」は、いい歌で、9番目か10番目に好きです。
ジャケットは、平凡な感じでした。

>「気まぐれヴィーナス」これは、夏淳子のイメージとしてよかったです。
髪をショートに…話題になりました。淳子さんも基本ショート好きだったようでノッテました。

髪を切りたいと言っていましたが、、
でも、結局、髪をショートにしていた期間は、1年ちょっとでしょうか、、

>「もう戻れない」この曲も筒美先生のアレンジがよかったです。

イントロの部分でしょうか、、

>30周年記念BOXには別カットのジャケット仕様です。

30周年記念BOXに、「もう戻れない」の別カットを選ばれたのは、少し驚きました。
30周年記念BOXの題名が「そよ風の天使」なので、初期のころの写真が選ばれるかと思っていました。

>「しあわせ芝居」久々ヒットに恵まれ大人の仲間入りの曲となりました。
それだけ力も入ってました。

淳子さんの曲としては、長い間(ロングセラー)、ヒットしました。(4カ月にわたりベスト30否以内)

>そうそう、週刊現代、数年ぶりに購入しました。

買いましたか、、
結構、買われる方がいて良かったです。

>スター誕生!の特集…それもオールカラーですね。何で今時期なんでしょう?
明菜さんが紅白にご出演が決まったからでしょうか?関係ないですね(^_^;)

どうでしょうか、
スター誕生!は、歴史に残る番組だったからでしょう。
明菜さん、紅白決まりましたね、、
NHKは、話題が欲しいのでしょう、、、
あとサザンは、どうなるのでしょうか、、、

>おみくじが「大吉」でした(^_^;)

良かったですね、、
「大吉」は、16%くらいの確率のようです。

>1977年レコード売上ベスト50の曲で、印象に残った曲・・・全曲知ってる曲ばかりです。

私も、全曲知っています。
この時代の歌は、染付いています。

>この中からは、「ウォンテッド」数週間連続1位でしたから。

「ウォンテッド」は、12週連続1位ですので、驚異的ですね、、

>「S・O・S」イントロの前のモールス信号が話題となりました。最初はS・O・Sだったのが電波法問題で
ピンク・レディーとモールスを変えたらしい。

そうでしたね、、ピンク・レディーでは、「S・O・S」は、「ウォンテッド」と並んで大好きな曲です。

>「北の宿から」ザ・昭和の歌詞。

これは、大ロングセラーでした。

>「星の砂」ホントに星の形の砂があるんだと知りました。沖縄の方の島で歌われたのを覚えてます。

私も、当然、知りませんでした。

>「あずさ2号」兄弟で仲良さそうでしたが実際は違ってたらしく…。歌詞にある時間には走って無かったようで…。

やはりそうですか、、現在も、基本的には、別々に活動しています。

>「津軽海峡冬景色」紙吹雪がよかったです。

紅白歌合戦ですか、、、

>「赤い衝撃」ドラマを良く見てました。真似たりして…(^_^;)

私もドラマ観ていました。
どんな、真似をしていたんですか?

百恵さんの走るシーンは、印象的でした。


>「やさしい悪魔」衣装にびっくりでした。

ミニスカートでは、ありませんが、良かったです。
「やさしい悪魔」は、キャンディーズの曲では、大好きです。

>「硝子坂」歌が上手いなぁ~って。

デビュー曲で、よく売れました。

>「思秋期」レコーディングが大変だったらしく…。いい歌です。・・・などがよかったでしょうか?

情報ありがとうございます。
どのように大変だったのでしょうか、、難しい歌だったからでしょうか?


>人気投票も淳子さんが2位で頑張ってましたね~。
その後…段々…。もう気にしなくなりました(^_^;)

1977年は、まだ、頑張ってきました。
1978年は、来年紹介します。

>(14)はよかったですね~。
他局にも秘蔵映像とかもあるんでしょうが世の中に出してほしいものです。

テレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」は、淳子さん以外も、新しい映像を探して
流してくれましたので、珍しく局の努力が、見えましたので、評価できます。

普通は、既出のビデオを流すだけで、努力が見れないので、、
この番組は、良かったです。


>それでは・・・良い年をお迎えくださいませ。
また、来年もよろしくお願いします。

SJX773さんも良い年をお迎え下さい。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-28 21:59) 

Since1974

sjghdさん こんばんは

週刊現代の情報ありがとうございした。年末年始号で今年がどんな1年だったか振り返るのにも、将来思い出すにも役立つかなとも思ったこともあって、私も買いました。(b)の淳子さんミニで美脚でかわいいですね。欽ちゃんの司会は半ばヤケで一部審査員にも不評だったのは、日経でも見ましたが意外でした。あのコーナーと司会で、厳しい審査員に怒られた気分の視聴者も救われていたと思います。
週刊現代をめくるとP98-99に「あの日を旅する サウダージ」1975年の年末の世相が記事になっていて、「音楽この週のベスト10」では岩崎宏美さんの「センチメンタル」が1位でした。そう言えば寒い時にヒットしてた記憶があります。淳子さんの「ゆれてる私」が6位でした。「映画この週の1本」は「トラック野郎 爆走1番星」でした。この年の大河ドラマ「元禄太平記」も取り上げられてました。私的に面白かった(2~3番目に)記憶があるので嬉しかったです。

77年は私的には最初で最後(にならないで欲しいですが・・・)かも知れない「生淳子さん」を見に京都のコンサートへ行ったこと、そこで新曲として歌われた「あなたのすべて」が1番の印象に残ってます。
髪を切ってイメチェン及び「しあわせ芝居」で大人への階段を一歩上がられた年で、明るくかわいい淳子さんを見慣れた私には少し戸惑う部分もありました。
「気まぐれヴィーナス」はもちろん淳子さんの代表曲の1つだと思いますが、レコード売り上げ50位に入ってなかったのは意外です。「わたしの青い鳥」もそうですが売上と印象とはとは必ずしも比例しない、ということでしょうか。淳子さんは「記憶に残る」タイプの歌手なのでしょうか。
上位50曲の中では「カントリー・ロード」が印象に残ってます。TBS朝番組の「キャラバンⅡ」で流れていたのと、高校の英語の教材に使われたので、当時は英語の歌詞を覚えて歌えました。またこの頃ハマっていたサイクリングの時によく口づさみました。内藤九段の「おゆき」もこの年だったんですね・・・
人気投票は淳子さんの2位はさすがですが、岡田奈々さんがピンク・レディー、キャンディーズより上位の4位に頑張ってますね。レコード大賞等の歌謡賞も懐かしいです。当時は関心があり、「今年は沢田研二やろな、いや石川さゆりかも、大穴で松崎しげるとか」みたいな会話を友人や家族としていたものでした。

今年は偶然YouTubeで淳子さんの動画を観て、懐かしい・・かわいい・・と思いながら、これって年齢からして自分の娘を見ているような目線なんだろうか・・・自問自答して、すぐ答えが出ました。自分が14、5歳の淳子さんファンになった頃に戻っているのでした。心をときめかせる人に再び出会えたことは、それまで淡々と生活していた私にとって、ちょっと大げさですが、何か1つ生きがいが見つかったような感じがしています。2014年は本当に自分にとって忘れられない年になると思います。そんな楽しい時間が過ごせたのは、sjghdさんのブログに出会えたからです。映画やドラマの放映情報はとても有り難く、数多く録画して観ることができました。shout83さんから紹介されました「NHK公開ライブラリー」は何度となく行って、淳子さん出演番組はほぼ観ましたので、最近では、私の好き
な歴史物のドキュメンタリーや好きだったドラマ「天下御免」(山口崇さん主演)も観ています(それでも行く毎に紅白歌合戦と「水色の時」は観てしまいます)ありがとうございました。

そんな今年で1番印象に残ったのは、sjghdさんのブログの情報で知った、シネマヴェーラ渋谷で「愛の嵐の中で」を観たことです。同じ日に豊川稲荷、合歓の広場、マルベル堂へも初めて行きました。(その日は外苑前のホテルに泊り、翌日は上野の国立博物館へ行きましたが、渋谷、赤坂見附、銀座、浅草、外苑前、上野と全て銀座線1本で移動できました)そしてこのブログに初めてコメントするきっかけにもなりました。
そもそもブログのコメント自体が初めてで、おっかなびっくり状態でしたが、こちらが恐縮するくらい、とても丁寧にコメント返しして下さるのが嬉しかったです。それから毎週拝見してコメントするのが楽しみになりました。(つい野球、特にロッテの私的話題に走ってしまうので、すみません)

今年の記事の中では、今回の記事が力作でとてもよかったと思います。またシングル曲やCMのファン投票の企画も、人それぞれの思い入れが分かり楽しかったです。でも毎回色々な淳子さんを紹介して下さるので、決して飽きることがない、甲乙つけ難い内容だったと思いました。

「スカイ・ハイ」が阪神・八木の登場曲であるのは知ってましたが、二岡も同じだったとは知りませんでした。また2人がミル・マスカラスのファンであるかについても知りませんです(期待はずれでスミマセン)ミル・マスカラスは当時悪役が定番の外国人レスラーの中でビル・ロビンソンとともに正当派技のレスラー役で光ってましたね。

今年は淳子さんと共演された高倉健さん、米倉斉加年さんが亡くなられました。ジョニー大倉さんも亡くなられました。「NHK公開ライブラリー」で観た「ドラマ人間模様「街」若者たちは今」での淳子さんに対して許し難い男の役が印象に残ってます。ご冥福をお祈りいたします。

今年1年本当にお世話になりました。拙く冗長なコメント(今回もですが・・・)ばかりですみませんが、来年もよろしくお願いいたします。

by Since1974 (2014-12-29 02:13) 

sjghd

Since1974さん こんにちは。

>週刊現代の情報ありがとうございした。
年末年始号で今年がどんな1年だったか振り返るのにも、
将来思い出すにも役立つかなとも思ったこともあって、私も買いました。

Since1974さんも買いましたか、、
紹介して良かったです。

>(b)の淳子さんミニで美脚でかわいいですね。

本当に、美脚ですね、、
1975年ですが、1974年の写真と顔が、ずいぶん違っていますね、、

>欽ちゃんの司会は半ばヤケで一部審査員にも不評だったのは、
日経でも見ましたが意外でした。あのコーナーと司会で、厳しい審査員に怒られた気分の視聴者も救われていたと思います。

日経新聞の記事の紹介ありがとうございます。
いろいろあるんですね、、
放送10回目で、そんなことがあったとは、思いもよりませんでした。
あのコーナーとは、、「欽ちゃんと遊ぼう」コーナーですね、、

欽ちゃんの司会が、良かったので、10年間も司会をやることができたと思います。

>週刊現代をめくるとP98-99に「あの日を旅する サウダージ」1975年の年末の世相が記事になっていて、
「音楽この週のベスト10」では岩崎宏美さんの「センチメンタル」が1位でした。
そう言えば寒い時にヒットしてた記憶があります。淳子さんの「ゆれてる私」が6位でした。

「スター誕生!」の記事を切り抜いて、他は、捨ててしまいましたので、紹介ありがとうございます。
「ゆれてる私」は、オリコンでは、最高位5位でした。
「センチメンタル」は、オリコンでは、2週連続1位でした。
岩崎宏美さんの歌では、「センチメンタル」が一番好きです。


>「映画この週の1本」は「トラック野郎 爆走1番星」でした。この年の大河ドラマ「元禄太平記」も取り上げられてました。
私的に面白かった(2~3番目に)記憶があるので嬉しかったです。

トラック野郎はshout83さんに紹介されて今年4本観ましたが、「トラック野郎 爆走1番星」は、
観ていないので、いつか観たいと思います。
大河ドラマが好きなんですね、私は、あまり印象がなくてすいません。

>77年は私的には最初で最後(にならないで欲しいですが・・・)かも知れない
「生淳子さん」を見に京都のコンサートへ行ったこと、そこで新曲として歌われた「あなたのすべて」が
1番の印象に残ってます。

淳子さん、京都まで、行かれたですね、
「生淳子さん」を見た場合が、やはり一番印象的になりますよね、、
私の1位も「涙の卒業式」三人娘解散コンサートで、生で、コンサート観ましたので、すごく感動しました。

また逢える日がくることもあるかもしれません。

>髪を切ってイメチェン及び「しあわせ芝居」で大人への階段を一歩上がられた年で、
明るくかわいい淳子さんを見慣れた私には少し戸惑う部分もありました。

言われて見ると、歌手淳子さんとしては、激動の1年でしたね、、

「あなたのすべて」では、セミロングで、明るく、心地いい歌
「気まぐれヴィーナス」では、ショートで、リズミカルな歌
「しあわせ芝居」では、しっとりとした大人の歌

そういった意味で、いろいろな淳子さんが見れました。

>「気まぐれヴィーナス」はもちろん淳子さんの代表曲の1つだと思いますが、
レコード売り上げ50位に入ってなかったのは意外です。


気まぐれヴィーナスは、オリコンでは、
売上21万枚  最高位 7位

5/23 29位
5/30 12位
6/6 11位
6/13 7位
6/20 9位
6/27 10位
7/4 12位
7/11 17位
7/18 19位

でした。

まあまあのヒットだと思います。

「しあわせ芝居」が1978年のレコード売上でベスト50(44位)に入ってきています。

>「わたしの青い鳥」もそうですが売上と印象とはとは必ずしも比例しない、ということでしょうか。
淳子さんは「記憶に残る」タイプの歌手なのでしょうか。

そうですね、、必ずしも、いい歌だから売れるとは、限りませんし、、、
「わたしの青い鳥」は、レコード大賞最優秀新人賞、日本歌謡大賞新人賞の曲でもありますし、
淳子さんの代表曲ですね、、、長い間、売れたとは、思います。

>上位50曲の中では「カントリー・ロード」が印象に残ってます。
TBS朝番組の「キャラバンⅡ」で流れていたのと、高校の英語の教材に使われたので、
当時は英語の歌詞を覚えて歌えました。またこの頃ハマっていたサイクリングの時によく口づさみました。

「カントリーロード」ですか、、、このシングルを買った覚えがあります。
探してみます。

英語の教材ですが、、割と歌詞が聴きやすいので、最適な感じがします。

淳子さんも「カントリーロード」を歌っていますね、、、

>内藤九段の「おゆき」もこの年だったんですね・・・

将棋ですね、、、

>人気投票は淳子さんの2位はさすがですが、岡田奈々さんがピンク・レディー、キャンディーズより
上位の4位に頑張ってますね。

淳子さんは、頑張っていますね、、
岡田奈々さんは、1976年に、歌では、「青春の坂道」「手編みのプレゼント」がヒットし、「俺たちの旅」に出演していました
ので、1977年は、その実績で、4位に入ったと思います。
研ナオコさんの8位も少し驚きました。

>レコード大賞等の歌謡賞も懐かしいです。当時は関心があり、
「今年は沢田研二やろな、いや石川さゆりかも、大穴で松崎しげるとか」みたいな会話を友人や家族としていたものでした。

いい予想ですね、、、
私も レコード大賞は、誰が獲るかを家族と話ながら観ていました。レコード大賞を見るのがすごく楽しみでした。
1977年は、沢田研二さんが獲るとは、思っていました。
沢田研二さんは、過去、レコード大賞が獲れなく、1977年は、絶対に獲りたかったと思います。
日本歌謡大賞では、1973年(第4回) 「危険なふたり」で大賞を獲りましたが、レコード大賞
は、とれませんでしたので、、

一方1977年の新人賞ですが、
清水健太郎さん、高田みづえさん、榊原郁恵さん、狩人、太川陽介さんでしたが、
最優秀新人賞も、激戦で、清水健太郎さんが獲りました。

>今年は偶然YouTubeで淳子さんの動画を観て、懐かしい・・かわいい・・と思いながら、
これって年齢からして自分の娘を見ているような目線なんだろうか・・・
自問自答して、すぐ答えが出ました。自分が14、5歳の淳子さんファンになった頃に戻っているのでした。
心をときめかせる人に再び出会えたことは、それまで淡々と生活していた私にとって、ちょっと大げさですが、
何か1つ生きがいが見つかったような感じがしています。
2014年は本当に自分にとって忘れられない年になると思います。

いや、私も桜田淳子さんをこうして、再度、応援し、観るようになって
生活の中の楽しみになりました。
当時に戻った感じです。(そこまでは、行かないかもしれませんが、、)

>そんな楽しい時間が過ごせたのは、sjghdさんのブログに出会えたからです。
映画やドラマの放映情報はとても有り難く、数多く録画して観ることができました。

ありがとうございます。

>shout83さんから紹介されました「NHK公開ライブラリー」は何度となく行って、
淳子さん出演番組はほぼ観ましたので、最近では、私の好き な歴史物のドキュメンタリーや好きだったドラマ
「天下御免」(山口崇さん主演)も観ています(それでも行く毎に紅白歌合戦と「水色の時」は観てしまいます)
ありがとうございました。

何度か行ったというのは、すごいです。私は、まだ、1回ですから、、、
私も来年は、また、「NHK公開ライブラリー」に行きたいと思います。

>そんな今年で1番印象に残ったのは、sjghdさんのブログの情報で知った、
シネマヴェーラ渋谷で「愛の嵐の中で」を観たことです。同じ日に豊川稲荷、合歓の広場、マルベル堂へも初めて行きました。

(その日は外苑前のホテルに泊り、翌日は上野の国立博物館へ行きましたが、
渋谷、赤坂見附、銀座、浅草、外苑前、上野と全て銀座線1本で移動できました)

淳子さん三昧で、いい1日でしたね、、、
シネマヴェーラ渋谷で「愛の嵐の中で」は、私も、2014年の中では、印象的です。
「愛の嵐の中で」では、スカパーで、最近、放映されていませんし、、、
私は、豊川稲荷、合歓の広場にやっと最近、行くことができました。

>そしてこのブログに初めてコメントするきっかけにもなりました。
そもそもブログのコメント自体が初めてで、おっかなびっくり状態でしたが、こちらが恐縮するくらい、とても丁寧にコメント

返しして下さるのが嬉しかったです。それから毎週拝見してコメントするのが楽しみになりました。
(つい野球、特にロッテの私的話題に走ってしまうので、すみません)

いつもコメントありがとうございます。
野球の話題大好きですので、OKです。
淳子さん以外の事でも、懐かしい音楽やスポーツについて、語ることができればと思っています。

>今年の記事の中では、今回の記事が力作でとてもよかったと思います。

ありがとうございます。
音楽賞は、特に、思い入れがありますので、どうしても、長々と書いてしまいます。

>またシングル曲やCMのファン投票の企画も、人それぞれの思い入れが分かり楽しかったです。

これは、今年から始めました。仰る通り、いろいろな方の思いがわかりますので、楽しいですね、
来年もやりたいと思います。

>でも毎回色々な淳子さんを紹介して下さるので、決して飽きることがない、甲乙つけ難い内容だったと思いました。

ありがとうございます。
いろいろなことは、やりたいと思っていますので、、

>「スカイ・ハイ」が阪神・八木の登場曲であるのは知ってましたが、二岡も同じだったとは知りませんでした。
また2人がミル・マスカラスのファンであるかについても知りませんです(期待はずれでスミマセン)
ミル・マスカラスは当時悪役が定番の外国人レスラーの中でビル・ロビンソンとともに
正当派技のレスラー役で光ってましたね。

プロレスは、詳しくありませんが、正当派としては、ファンク兄弟もそうだったでしょうか。。。

>今年は淳子さんと共演された高倉健さん、米倉斉加年さんが亡くなられました。ジョニー大倉さんも亡くなられました。
「NHK公開ライブラリー」で観た「ドラマ人間模様「街」若者たちは今」での淳子さんに対して
許し難い男の役が印象に残ってます。ご冥福をお祈りいたします。

「ドラマ人間模様「街」若者たちは今」は、当時、観ましたが、ほとんど忘れていますので、
来年、「NHK公開ライブラリー」に行きたいと思います。
改めて、ご冥福をお祈りしたいと思います。

>今年1年本当にお世話になりました。拙く冗長なコメント(今回もですが・・・)ばかりですみませんが、
来年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、本当にありがとうございました。
拙く冗長なコメントとは、まったく思っていませんし、ありがたかったです。
Since1974さんからも情報をいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-29 12:29) 

青大将

再びこんばんは。

レコード大賞観てましたよ! 歌ってる映像の少し後に、最優秀新人賞発表シーンもチラッと流れてましたね。 懐かしいです。
さて、前回のコメントは「そっくりショー」の回想に終始してしまったので、1977年のレコード大賞とか、触れてみたいと思います。
先ず、記事に書かれてるTOP50ですが、「四季の歌」以外は、シングル盤全部持ってます。 (なんと、「おゆき」も所有してるんですねー(^^;汗)

レコード大賞ですが、この年のノミネートって、対戦方式じゃなかったでしたっけ? 客席に控えてるノミネート歌手を二人ずつ画面に並べて、どちらかを別室の審査員たちが選出するというやり方で。 画面には、数字で票が分かれる表示が出されてた様な記憶がありますが、ちょっと定かではありません。
ちなみに、桜田淳子の対戦相手(ちょっと表現が変だけど)は、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」の、しばたはつみ でした。
「気まぐれヴィーナス」か、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」か、みたいな接戦の果て、「気まぐれヴィーナス」に票が挙がり、桜田淳子はスポットライトに照らされ、ステージに上がり、歌ったという記憶です。

この年は、個人的にも終始、充実してて、人生稀に見るラッキーな年でした。干支でもありましたし。
ヒット曲は、どれも懐かしいです。
後半は、「思秋期」と「ウォンテッド(指名手配)」、「もう戻れない」に彩られてますね。
そして、また「そっくりショー」に話を戻すと、岩崎宏美の巻もよく憶えてて、先ず水色の衣装で「センチメンタル」で登場し、中盤で「ドリーム」、エンディングで全員揃って「ロマンス」でした。 しかし、桜田淳子の時みたいに何番の人が優勝だったか迄は、さすがに憶えてませんねー。(^^;

紅白の「気まぐれヴィーナス」は、片手を上に上げて登場した様に記憶しておりますが、当たってる?ハズレ?(笑)
売り上げがどうであれ、「あなたのすべて」から「しあわせ芝居」迄、年間通して実にバラエティーに飛んでましたが、過渡期のターニングポイントを見事、独自に切り開いて行った、という印象ですね。
by 青大将 (2014-12-30 22:25) 

青大将

追記します。


肝心な事、書き忘れました。 (^^;



sjghdさん、今年は突如、出現して色々コメント書かせて頂きありがとうございました。
記事は勿論、皆さんのコメントも併せて読ませて頂くうち、桜田淳子の魅力を再認識させて貰い、愉しませて頂きました。


sjghdさんも、読者の皆さんも、身体に気をつけて良いお年をお過ごし下さい。
それでは・・・。
by 青大将 (2014-12-30 22:39) 

小がめら

sjghdさ、、Since74さん、おはようございます、小がめらです。


Since1974さんの、コメントにある「当時の淳子さんを…自分の娘を見ているような…」という部分、同じかどうかは分かりませんが、私も常日頃感じていることがあります。

私より5歳年上の淳子さんは、昔から素敵なお姉さんだったわけですが、いま10代、20代、30代の淳子さんの写真や映像を見ても、なぜか年下と言う感覚がなく、依然素敵な「お姉さん」という感じがします。

私の娘も「はらぺこ同志」の頃の淳子さんと同じ年頃になりますが、「たまねぎむいたら…」や「はらぺこ同志」に出演している淳子さんは、とても娘のようには感じられません。やはり素敵なお姉さんです。今現在20代の女性芸能人の方は、皆娘みたいな感じなのですから(そしてあまり興味も無く…)不思議なものです。

同様なことが、応援していた岩崎宏美さんや石川優子さんについても、少なからず言えます。

青春時代の心に、淳子さん達は大きな何かを植えつけてくれたということなのでしょうか。まさか、30年を経てこの気持ちが復活するとは、Thanks40に巡り会うまで予想もしていませんでした。


ところで、桜えびさ~ん(呼んでるの聞こえますか~?)。私に淳子さんのオリカラの楽しみを倍増させてくださり有難うございました。また、ぽぽんたさんをご紹介いただき有難うございました。お陰様で「淳子さんの歌を聴く」を少し超えて、自分でもチョット遊んでみようかな?という世界に足を踏み入れました。100年経ってもぽぽんたさんのようにはとてもなれませんが、私なりに(低レベルではありますが)苦戦しながらもとても楽しんでいます。


SJX773さん(くしゃみしましょうか?)。「天使のくちびる」をきっかけに、バージョン違いを聴く楽しみを教えてくださり有難うございました。最近は、同じ歌でもオケの違うバージョンにに気付くと、歌唱も違うのではないかと、耳を皿?のようにして聴き入ってしまうことが増えました。これは宏美さんや優子さんの曲についても同様です。

いままでiPodでEQの設定も何となくフラットにしたままだったのですが、最近設定を変えたら、いままで気付かなかった楽器のパートが聞こえてきたりして、いまさらですがそんなことでも喜んでいます。耳のあまり良くない私ではありますが、来年は少しきちんとしたヘッドフォンを入手してみようかぁ…なんて思っています。


sjghdさんのブログ他を通じた、淳子さんに関する皆さんとの交流のお陰で、単身赴任生活をとても楽しく過ごさせていただいております。有難うございます。あらためて皆様に感謝です。

私は1977年の淳子さんについて、これと言って書けるような記憶に残るエピソードがないため、記事の趣旨に沿ったコメントができずスミマセン。この年リリースされた歌では「気まぐれビーナス」と「あなたのすべて」は好きです。みゆきソングは、いいとは思うのですが、淳子さんのシングル曲の中では、私の中では相対的に順位は中~後半になります。「化粧」のアルバムバージョンは好きです。

それではまた。良い新年をお迎えください。

by 小がめら (2014-12-31 01:49) 

dunsford

sjghd様、おはようございます。
まずは、今年1年間の更新ありがとうございます。
私の一番好きな淳子さんとその次に好きなスポーツの話ができる場を提供していただき、とても有難かったです。
週刊現代は買いました、淳子さんの写真が可愛かったので。
レコ大は見逃してしまいました、残念です!
1977年の淳子さんは、髪を切っちゃった(?)年ですね。
前にも書きましたがショックでした。別人になってしまったみたいでしたね、淳子さんも大人への脱皮を迫られていたとはいえ、その頃の私は急速な変化についていけませんでした。
ところで、(7)の佐藤佑介さんですが、すね毛が濃くないですか?(撮影角度のせい?)爽やか系の俳優さんだったと認識していたので意外です。
(8)の写真ですが、淳子さんの服の後ろ襟が面白いですね、そこだけ起毛素材みたいな生地になっています。ショートヘアが少しこなれて自然な感じになってきています。
1977年のレコード売上では「愛のメモリー」が印象的です。歌そのものもいいのですが、翌年の春の選抜高校野球大会の入場行進曲になったことを覚えています。ただし、あまり行進曲向きの曲ではなかったような・・・
2014年は、やはり、テレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」が印象的です、今まであまり見たことのないような映像が紹介されていて、貴重な資料になりました。
それとは関係ないですが、昨日、やっと「ゴールデン☆アイドル 桜田淳子」 を予約しました。(遅い!)
本当に、今年1年、このブログは私の心の支えになってくれました。
sjghd様もよいお年をお迎えください。

追伸
既にご存知かも知れませんが、来年BSジャパンにて寅さんシリーズが、再び放送されるようです。半纏姿の淳子さんにまた会えそうです。
by dunsford (2014-12-31 09:09) 

SJX773

こんにちは。

何かくしゃみがでたんですが…。

小がめらさんだったんですね~(^^)/
曲に関しては、よく遊んだりしてましたから・・・聴き過ぎたり、曲をショートにしたりロングにしたり、一番だけ歌入りにして二番をカラオケにしたり、カラオケみたいにしたり、オリジナルリマスタリングしたり…(^_^;)
バージョン違いや歌の新録やカラオケの違いやらいろいろ楽しめます。
リップスティックもBOXと紙ジャケのカラオケも違うらしいです…。
まだ検証してないので何とも言えませんが。


ではでは、読者の皆さま・・・よいお年をお迎えくださいませ。
sjghdさま、他皆さま・・・来年もよろしくお願い致します。
by SJX773 (2014-12-31 10:04) 

sjghd

青大将さん こんにちは。

>レコード大賞観てましたよ! 歌ってる映像の少し後に、最優秀新人賞発表シーンもチラッと流れてましたね。 懐かしいです。

私も、観ましたが、、新人賞の名場面では、「わたしの青い鳥」の歌っているシーンが流れ、その後、かなり経ってから
「最優秀新人賞発表シーン」少しだけ流れました。「わたしの青い鳥」の歌唱シーンは、この番組の定番ですが、
最優秀新人賞発表シーンは、珍しいですね、、、

>さて、前回のコメントは「そっくりショー」の回想に終始してしまったので、1977年のレコード大賞とか、触れてみたいと思います。
先ず、記事に書かれてるTOP50ですが、「四季の歌」以外は、シングル盤全部持ってます。
(なんと、「おゆき」も所有してるんですねー(^^;汗)

え!!!!!!驚きです。
全部で、何枚のシングル持っているんですかね?
だから、ぽぽんたさんのところでも、どんな歌が、きても、対応できるわけですね、、
たくさん持っている中で、「季節風」や「悲しきメモリー」を持っていて「四季の歌」を持っていないのは、少し意外ですが、、

>レコード大賞ですが、この年のノミネートって、対戦方式じゃなかったでしたっけ?
客席に控えてるノミネート歌手を二人ずつ画面に並べて、どちらかを別室の審査員たちが選出するというやり方で。
画面には、数字で票が分かれる表示が出されてた様な記憶がありますが、ちょっと定かではありません。
ちなみに、桜田淳子の対戦相手(ちょっと表現が変だけど)は、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」の、しばたはつみ でした。
「気まぐれヴィーナス」か、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」か、みたいな接戦の果て、「気まぐれヴィーナス」に票が挙がり、桜田淳子はスポットライトに照らされ、ステージに上がり、歌ったという記憶です。

本大会は、当時とスカパーで再放送されたので、記憶がありますが、
ノミネートの時は、当時しか、観ていないので、ほとんど、覚えていません。
1977年では、「気まぐれヴィーナス」は、日本レコード大賞候補10曲に、ぎりぎりに入ったことだけは、覚えています。
(1976年は、淳子さんは、日本レコード大賞候補10曲に入れませんでしたので、1977年にやっと入ることができたので、覚えています)
しかし、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」との対戦、よく覚えていますね、、、

>この年は、個人的にも終始、充実してて、人生稀に見るラッキーな年でした。干支でもありましたし。
ヒット曲は、どれも懐かしいです。後半は、「思秋期」と「ウォンテッド(指名手配)」、「もう戻れない」に彩られてますね。

1977年は、7が2つ重なっていますし、ラッキーな年だったですね、、、
このころのヒット曲は、すべて、知っていますので、本当に懐かしいです。
「ウォンテッド(指名手配)」は、12週連続NO1。「思秋期」は、長い間、ベストテンに入っていました。

>そして、また「そっくりショー」に話を戻すと、岩崎宏美の巻もよく憶えてて、先ず水色の衣装で「センチメンタル」で登場し、
中盤で「ドリーム」、エンディングで全員揃って「ロマンス」でした。
しかし、桜田淳子の時みたいに何番の人が優勝だったか迄は、さすがに憶えてませんねー。(^^;

やはり、よく覚えていますね、、

>紅白の「気まぐれヴィーナス」は、片手を上に上げて登場した様に記憶しておりますが、当たってる?ハズレ?(笑)

紅白では、両手を横に広げて登場していると思いますが、、

>売り上げがどうであれ、「あなたのすべて」から「しあわせ芝居」迄、年間通して実にバラエティーに飛んでましたが、
過渡期のターニングポイントを見事、独自に切り開いて行った、という印象ですね。

1977年の淳子さんは、いろいろな歌に挑戦していましたね、、
髪を切って、「気まぐれヴィーナス」を歌って、、中島みゆきさんに曲を書いてもらって「しあわせ芝居」を歌って、、、
ですね、、

by sjghd (2014-12-31 10:05) 

sjghd

青大将さん こんにちは。

>sjghdさん、今年は突如、出現して色々コメント書かせて頂きありがとうございました。

青大将さんが登場したのは、今年ではなく昨年の2013年からでしたね、、
こちらこそ、コメントありがとうございます。

>記事は勿論、皆さんのコメントも併せて読ませて頂くうち、桜田淳子の魅力を再認識させて貰い、愉しませて頂きました。

皆さんのコメントで、いろいろな情報や思いが共有できるので、すごくありがたかったです。
青大将さんのすごい記憶もびっくりしています。

>sjghdさんも、読者の皆さんも、身体に気をつけて良いお年をお過ごし下さい。
それでは・・・。

青大将さんもよいお年をお迎えください。
by sjghd (2014-12-31 10:14) 

sjghd

小がめらさん こんにちは。

>Since1974さんの、コメントにある「当時の淳子さんを…自分の娘を見ているような…」という部分、
同じかどうかは分かりませんが、私も常日頃感じていることがあります。
私より5歳年上の淳子さんは、昔から素敵なお姉さんだったわけですが、いま10代、20代、30代の淳子さんの写真や映像を見ても、
なぜか年下と言う感覚がなく、依然素敵な「お姉さん」という感じがします。
私の娘も「はらぺこ同志」の頃の淳子さんと同じ年頃になりますが、「たまねぎむいたら…」や「はらぺこ同志」に
出演している淳子さんは、とても娘のようには感じられません。やはり素敵なお姉さんです。
今現在20代の女性芸能人の方は、皆娘みたいな感じなのですから(そしてあまり興味も無く…)不思議なものです。

表現の問題だと思いますが、、淳子さんとの年の差は、ずっと同じだとは、思いますが、、

>青春時代の心に、淳子さん達は大きな何かを植えつけてくれたということなのでしょうか。
まさか、30年を経てこの気持ちが復活するとは、Thanks40に巡り会うまで予想もしていませんでした。

青春時代に淳子さんから夢と希望をいただきました。
そして応援させていただきました。
青春時代の思いは、決して忘れません。

ですので、思いが復活するですね、、

>いままでiPodでEQの設定も何となくフラットにしたままだったのですが、最近設定を変えたら、
いままで気付かなかった楽器のパートが聞こえてきたりして、いまさらですがそんなことでも喜んでいます。
耳のあまり良くない私ではありますが、来年は少しきちんとしたヘッドフォンを入手してみようかぁ…なんて思っています。

EQは、私も、Normalのままです。
音をよくしたいのであれば、あまり圧縮せずに、記録し、いいヘッドファンにすることが、いいと思いますが、
iPodは、あまり、音は、よくないですね、、

>sjghdさんのブログ他を通じた、淳子さんに関する皆さんとの交流のお陰で、単身赴任生活をとても楽しく過ごさせていただいております。

有難うございます。あらためて皆様に感謝です。

皆さんからの情報、思いは、非常にありがたく、共有させてもらっています。
皆さんには、感謝です。

>私は1977年の淳子さんについて、これと言って書けるような記憶に残るエピソードがないため、
記事の趣旨に沿ったコメントができずスミマセン。
この年リリースされた歌では「気まぐれビーナス」と「あなたのすべて」は好きです。
みゆきソングは、いいとは思うのですが、淳子さんのシングル曲の中では、
私の中では相対的に順位は中~後半になります。「化粧」のアルバムバージョンは好きです。

「あなたのすべて」「しあわせ芝居」がわたしは、好きですが、
「もう戻れない」「気まぐれヴィーナス」は、下位になります。
私の場合、「20才になれば」と「追いかけてヨコハマ」は、下位ですが、「しあわせ芝居」は、上位ですね、、
「化粧」のアルバムバージョンの方が、演奏が抑え気味でいいですね、、

>それではまた。良い新年をお迎えください。

小がめらさんの良いお年をお迎えください。

by sjghd (2014-12-31 10:47) 

チューリップでございます。。。

Sjghd さぁ~ん、昨日のTBS 見逃しちゃいましたよ(涙)
一応、主婦なので暮れは忙しい?!みたいな。
きっと淳子さんもお忙しい年末を過ごされてるのかしら。
それとも~~、ご自分が出られてたレコード大賞を懐かしく観てるのかしら。


1977年、、私自身は成人式で、、
そんなわけで先日、淳子さんより、1つ年上になってしまいましたが(笑)


Sjghd さん、そして皆様。。
どうぞ、お健やかに新年をお迎えなさいますよう、
お祈りしております。
また、来年も宜しくお願い申し上げます。。。






by チューリップでございます。。。 (2014-12-31 10:47) 

桜えび

桜田淳子さん、sjghdさん、そしてファンの皆様方こんにちは。三波春夫じゃございません。(なんだそりゃ)

sjghdさん、本年もいろんな桜田淳子さんを紹介して頂き、また楽しい企画アリでありがとうございました。
週一の更新とは言え休むこともなく続けているのはすごいことだと思います。
また皆さんのコメントに丁寧に答えているのが人気の秘密ですね。
これがsjghdさんの『終活』でしょうか?・・・違うか!

週刊現代はお陰さまで購入しました。ありがとうございます。

「若い人」の淳子さんいいですね。いくつになっても淳子さんのセーラー服は無敵です(^O^)

ショートカットにした淳子さんを見た時は引いてしまいましたが、(5)の淳子さんはキュート(死語?)です。

(8)の歌本は当時持っていたと思います。懐かしく感じるので。

どこかで誰かが私を呼んでいるような・・・・
と思ったらやっぱり小がめらさんでしたかー!
僕ははカリスマSJX773さんほどオリカラに詳しいわけでも耳がいいわけでもないですが、ただ単に感じたことを述べているだけなので、的外れも多いと思います。

小がめらさんのブログにも書きましたが、先日「さなえの会」でカラオケをした時オリジナルと違う気がしました。
通信カラオケはオリジナルカラオケとは違うのでしょうか?これはカリスマ氏が詳しいかな?

sjghdさんのブログの主旨であるように、お互い情報交換して懐かしむだけでなく、新たなることを知って、また新たなることに興味を持つ、正に『温故知新』ではないですか。(僕の座右の銘なんです)

マルベル堂のオフ会では岡田有希子さんのファンの方がギターの生演奏を聴かせてくれました。熱い想いが伝わってきましたよ。

いつの日か小がめらさんの演奏を聴ける日を楽しみに首を長くして待ってます。(´∀`*)ノ

青大将さんが仰っている対戦方式のレコ大の淳子さんの動画が以前ありました。
しかし記憶力が半端ないですね。これからもいろんなエピソードを聞かせてもらえるとうれしいです。

SJX773さんもまた淳子さんのレアなエピソードとオリジナル音源楽しみにしてます。

shout83さん、また淳子さんのロケ地ゆかりの地紹介お願いします。ありがとうございました。

またまだ見ぬファンの方々、いつの日かお会いできればと思います。

sjghdさん、今度は花が咲いている白木蓮を見たいですね。(花びら1枚欲しいですが)

ではでは、皆様方良いお年を。m(_ _)m(ペコリ)

by 桜えび (2014-12-31 11:12) 

sjghd

dunsfordさん(様) こんにちは。

>まずは、今年1年間の更新ありがとうございます。

こちらこそ、いろいろありがとうございます。

>私の一番好きな淳子さんとその次に好きなスポーツの話ができる場を提供していただき、とても有難かったです。

私もその次にスポーツ大好き(野球だけでなく)ですので、
これからも、淳子さんが基本ですが、スポーツ、音楽などは、取り上げていきます。

>週刊現代は買いました、淳子さんの写真が可愛かったので。

やはり、買ってしまいましたか、、、
今回は、買う方、多いようです。
紹介できて良かったです。

>レコ大は見逃してしまいました、残念です!

でも、いつもの「わたしの青い鳥」ですので、まあ、見逃しても、あまり気にすることは、ありません。

>1977年の淳子さんは、髪を切っちゃった(?)年ですね。
前にも書きましたがショックでした。別人になってしまったみたいでしたね、淳子さんも大人への脱皮を迫られていたとはいえ、
その頃の私は急速な変化についていけませんでした。

淳子さんも、髪を切りたかったようですし、、
夏の勝負曲の「気まぐれヴィーナス」に合わせて、切ってしまいました。
今まで、セミロングで、売れていたので、大胆な変身(大冒険)でしたね、、、
私は、ショックというか、すごい驚きでした。

>ところで、(7)の佐藤佑介さんですが、すね毛が濃くないですか?(撮影角度のせい?)
爽やか系の俳優さんだったと認識していたので意外です。

まあ、男性ですので、濃い方もいるでしょう。
淳子さんと同じ事務所でした。
青春を描いた映画やテレビドラマに出ていましたので、仰る通り、爽やか系でしょうか、、、

>(8)の写真ですが、淳子さんの服の後ろ襟が面白いですね、そこだけ起毛素材みたいな生地になっています。
ショートヘアが少しこなれて自然な感じになってきています。

よく、見ていますね、起毛素材で、暖かくして、色も違っているので、アクセントにもなっています。
ショートヘアは、「気まぐれヴィーナス」の時より自然になっていますね、、
「しあわせ芝居」では、さらに自然な感じでよくなりますね、、

>1977年のレコード売上では「愛のメモリー」が印象的です。歌そのものもいいのですが、
翌年の春の選抜高校野球大会の入場行進曲になったことを覚えています。ただし、あまり行進曲向きの曲ではなかったような・・・

「愛のメモリー」は、圧倒的な歌唱力を感じるいい歌でした。
CMソングにに確か使われました。
「ウォンテッド」があったため、週間オリコンチャートでは、2位が最高でした。
行進曲にも使われましたね、、、ただ、こういう曲もアレンジを変えて、行進曲向きの曲にしているんでしょうかね、、

>2014年は、やはり、テレビ朝日「伝説のアイドルから歌姫まで 不滅の歌謡曲」が印象的です、
今まであまり見たことのないような映像が紹介されていて、貴重な資料になりました。

これは、本当にいい番組でした。
dunsfordさんが言われる「今まであまり見たことのないような映像が紹介されていて」いうのが、
本当に評価できます。
テレビ朝日さんが、既出のVTRを流すのでなく、珍しい映像を探してくれた努力に感謝します。
ですので、私は、第1位に選びました。

>それとは関係ないですが、昨日、やっと「ゴールデン☆アイドル 桜田淳子」 を予約しました。(遅い!)

予約しましたか、、楽しみですね、、、

>本当に、今年1年、このブログは私の心の支えになってくれました。

ありがとうございます。
言えますのは、皆さんの支えがあったからです。

>sjghd様もよいお年をお迎えください。

dunsfordさん(様)もよいお年をお迎えください。

>追伸
既にご存知かも知れませんが、来年BSジャパンにて寅さんシリーズが、再び放送されるようです。半纏姿の淳子さんにまた会えそうです。

情報ありがとうございます。
何度見てもいいですので、
by sjghd (2014-12-31 11:29) 

sjghd

SJX773さん こんにちは。

>曲に関しては、よく遊んだりしてましたから・・・聴き過ぎたり、曲をショートにしたりロングにしたり、
一番だけ歌入りにして二番をカラオケにしたり、カラオケみたいにしたり、オリジナルリマスタリングしたり…(^_^;)

いろいろ楽しませていただきました。

>バージョン違いや歌の新録やカラオケの違いやらいろいろ楽しめます。
リップスティックもBOXと紙ジャケのカラオケも違うらしいです…。
まだ検証してないので何とも言えませんが。

いつも微妙な違いを教えていただきありがとうございます。
また、聞き分けることができる音楽的素養や探究心に感心しています。


>ではでは、読者の皆さま・・・よいお年をお迎えくださいませ。
sjghdさま、他皆さま・・・来年もよろしくお願い致します。

SJX773さんもよいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-31 11:41) 

sjghd

チューリップさん こんにちは。

>Sjghd さぁ~ん、昨日のTBS 見逃しちゃいましたよ(涙)
一応、主婦なので暮れは忙しい?!みたいな。
きっと淳子さんもお忙しい年末を過ごされてるのかしら。
それとも~~、ご自分が出られてたレコード大賞を懐かしく観てるのかしら。

私は、レコード大賞は、真剣には、見ていません。
知らない歌ばかりですので、、
私は、録画しながら、テレビをつけていただけですので、、
いつもの「わたしの青い鳥」の歌唱シーンですので、見逃しても、大丈夫です。

淳子さんは、今年のレコード大賞は、観てないでしょう、、
いや、お子さんが観ているので、つきあっているかも、、、


>1977年、、私自身は成人式で、、
そんなわけで先日、淳子さんより、1つ年上になってしまいましたが(笑)

節目の年だったわけですね、、
年、わかってしまいますね(笑)


>Sjghd さん、そして皆様。。
どうぞ、お健やかに新年をお迎えなさいますよう、
お祈りしております。
また、来年も宜しくお願い申し上げます。。。

チューリップさんもよいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。
by sjghd (2014-12-31 11:52) 

sjghd

桜えびさん こんにちは。

>桜田淳子さん、sjghdさん、そしてファンの皆様方こんにちは。三波春夫じゃございません。(なんだそりゃ)

いつものが最後に出ました。

>sjghdさん、本年もいろんな桜田淳子さんを紹介して頂き、また楽しい企画アリでありがとうございました。

こちらこそ、いろいろありがとうございます。
いろいろな淳子さんの紹介は、2009年3月の開設依頼やってきました。
たぶん、皆さんお持ちの切り抜きもあると思いますが、40年前から大切に保存していたものですので、ご容赦お願いします。
あまり、面白くない記事の時もありますので、ご容赦お願いします。

>週一の更新とは言え休むこともなく続けているのはすごいことだと思います。
また皆さんのコメントに丁寧に答えているのが人気の秘密ですね。
これがsjghdさんの『終活』でしょうか?・・・違うか!

ありがとうございます。
基本は、週一で、やっていきますが、、ちょっとずれる場合があるかもしれません。
「終活」かわかりませんが、、、


>週刊現代はお陰さまで購入しました。ありがとうございます。

購入される方、多いですね、、

>「若い人」の淳子さんいいですね。いくつになっても淳子さんのセーラー服は無敵です(^O^)

桜えびさんは、セーラー服もありますが、「若い人」の映画が好きですね、、

>ショートカットにした淳子さんを見た時は引いてしまいましたが、(5)の淳子さんはキュート(死語?)です。

引いたのは、夜のヒットスタジオでの「気まぐれヴィーナス」でしょうか、、、
夜のヒットスタジオでの「気まぐれヴィーナス」と(5)は、ちょっと違う感じがしますね、、

>(8)の歌本は当時持っていたと思います。懐かしく感じるので。

当時、明星を買っていれば、持っていたと思います。
本当に懐かしいですね、、
当時の写真は、最近観ると、こんな写真見たことあると、、、、覚えているもんですね、、

>小がめらさんのブログにも書きましたが、先日「さなえの会」でカラオケをした時オリジナルと違う気がしました。
通信カラオケはオリジナルカラオケとは違うのでしょうか?これはカリスマ氏が詳しいかな?

権利の問題でしょうか。。。

>sjghdさんのブログの主旨であるように、お互い情報交換して懐かしむだけでなく、新たなることを知って、
また新たなることに興味を持つ、正に『温故知新』ではないですか。(僕の座右の銘なんです)

そうですね、、、
情報や思いを共有しながら新たな発見ができますから、、、、

当時のことを懐かしみながら、共有し、新たなことを知ることが、このブログの趣旨ですので、、


>マルベル堂のオフ会では岡田有希子さんのファンの方がギターの生演奏を聴かせてくれました。熱い想いが伝わってきましたよ。
いつの日か小がめらさんの演奏を聴ける日を楽しみに首を長くして待ってます。(´∀`*)ノ

そうですね、、、
楽器を弾ける人が羨ましいです。

>青大将さんが仰っている対戦方式のレコ大の淳子さんの動画が以前ありました。
しかし記憶力が半端ないですね。これからもいろんなエピソードを聞かせてもらえるとうれしいです。

青大将さんの記憶力と歌のレパートリーは、すごいので、いろいろ当時のことを聴きたいです。

>sjghdさん、今度は花が咲いている白木蓮を見たいですね。(花びら1枚欲しいですが)

桜えびさんが何度もいく理由がわかりました。
また、その節は、よろしくお願いします。

>ではでは、皆様方良いお年を。m(_ _)m(ペコリ)

桜えびさんもよいお年をお迎えください。
by sjghd (2014-12-31 13:34) 

SJX773

こんにちは。

ん?桜えびさん?
そうそう、通信カラオケとオリジナルカラオケは全く違うものですね。
その通信カラオケの方とオリジナルカラオケとの両方に著作権が発生しますね。
今の通信カラオケはPCでの打ち込みが殆んどでしょう。
70年代のカラオケは楽器を使ってますから。

あと、もう色々出し尽くしてネタ切れなのでどうしましょう?

ではでは。
by SJX773 (2014-12-31 14:09) 

sjghd

SJX773さん こんにちは。

ありがとうございます。
やはり権利の問題でしたか、
楽器とPCでは、大違いですね、、、

>あと、もう色々出し尽くしてネタ切れなのでどうしましょう?

そんなことは、ないとは、思いますが、
リップスティックのBOXと紙ジャケのカラオケが違うという情報もいただきましたし、、
by sjghd (2014-12-31 15:40) 

shout83

こんにちは、

昨日、レコ大の「わたしの青い鳥」見ました。

丁度、其の時、大掃除のまっただ中でリヴィングで洗ったカーテンを架け替えてました。
たまたまテレビがつけっぱなしになっていて、「あーレコ大始まったなー」と思いながら作業してたら「新人賞名場面」みたいな声が聞こえたんで乗ってた椅子からあわてて飛び降り(危うく落ちそうになり(笑))とりあえずレコーダーの録画ボタン押しました。
その後、すぐ「わたしの青い鳥」が映ったのでしっかり見ました。
いつもの映像でしかもワンコーラスに満たない放送でしたが、地上波で桜田淳子さんを見れたので満足です(笑)
氷川きよしが出てきたとこで録画は止めましたが、その後しばらくしてからのコマーシャル前の新人賞発表の瞬間の映像も見れました。

『NHK番組公開ライブラリー』は、来年、早々にも行きたいと思います。
私は、「第36回 NHK紅白歌合戦」当時観た記憶がないので、ぜひ見たいです。



桜えびさん、こんにちは、

「はらぺこ同志」の撮影場所探しは急な思い付きでやったんですがsjghdさんのご好意で、ブログの記事として載せてもらって淳子さんファンの皆さんに観ていただけてとてもうれしく思います。

ロケ地案内ということではT.Aさんというしっかりブログ記事として構成されているオーソリティーがいらっしゃいますし、私のは報告程度の内容で足元にも及びませんが、楽しかったので、いつになるかわかりませんが、またやってみたいとは思っています。
其の時もsjghdさんにお願いしてブログに載せてもらえればと思います。
sjghdさん、其の時は、よろしくお願いします<(_ _)>。

by shout83 (2014-12-31 15:58) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>昨日、レコ大の「わたしの青い鳥」見ました。
丁度、其の時、大掃除のまっただ中でリヴィングで洗ったカーテンを架け替えてました。
たまたまテレビがつけっぱなしになっていて、「あーレコ大始まったなー」と思いながら作業してたら
「新人賞名場面」みたいな声が聞こえたんで乗ってた椅子からあわてて飛び降り(危うく落ちそうになり(笑))
とりあえずレコーダーの録画ボタン押しました。
その後、すぐ「わたしの青い鳥」が映ったのでしっかり見ました。
いつもの映像でしかもワンコーラスに満たない放送でしたが、地上波で桜田淳子さんを見れたので満足です(笑)
氷川きよしが出てきたとこで録画は止めましたが、その後しばらくしてからのコマーシャル前の新人賞発表の瞬間の映像も見れました。

お掃除、年末ですね、、
あわてて、飛び降りる様子が、目に浮かびます。
レコ大の「わたしの青い鳥」見れて、録画できて良かったですね、、、
私の場合は、めんどうなので、最初から、タイマー予約していました。
「わたしの青い鳥」は、昨年は、観れなったと思いますが、一昨年は、観れたと思います。
比較的、「わたしの青い鳥」は、レコード大賞では、定番には、なっていると思います。
新人賞発表の瞬間の映像は、初々しくていいですね、、

>『NHK番組公開ライブラリー』は、来年、早々にも行きたいと思います。
私は、「第36回 NHK紅白歌合戦」当時観た記憶がないので、ぜひ見たいです。


「第36回 NHK紅白歌合戦」は、1985年なので、まだ、歌から、離れていませんでしたので、
しっかり観ていました。
ただ、忘れていますが、、松田聖子さんの天使のウィンクだけ、ビデオに、録画していました。

下記は、期間限定です。
松田聖子さんの天使のウィンク
http://youtu.be/yJH2kqcbTP4

今日の紅白松田聖子さんオオトリですね、、

>sjghdさん、其の時は、よろしくお願いします<(_ _)>。

はい。了解しました。

by sjghd (2014-12-31 17:10) 

天くち

今年もお世話になりました。来る年もよろしくお願いします(^-^)/
by 天くち (2014-12-31 23:59) 

sjghd

天くちさん こんばんは。

>今年もお世話になりました。来る年もよろしくお願いします(^-^)/

こちらこそ、大変お世話になりました。
2015年もよろしくお願いします。

しかし、2014年ぎりぎりの23時59分のコメントは、まさにオオトリですね、、
by sjghd (2015-01-01 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。