So-net無料ブログ作成
検索選択

パーティー・イズ・オーバー(シングルシリーズ第6弾)と「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」から1年 [桜田淳子 シングル]

●「シングルシリーズ」の前に
2013年の11月26日(火)銀座 博品館劇場での桜田淳子さんの「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」でから約1年経ちました。早いです。
(a)

a博品館劇場2.jpg

ちょっとだけ1年前にプレイバックします。

(b)スポニチ
桜田淳子でございます。30年ぶりに歌った。

b淳子1周年スポニチ2.jpg

(c)日刊スポーツ
桜田淳子でございます。22年前のまんま。

c日刊.jpg

(d)サンケイスポーツ
変わらぬ淳子スマイル脚細いでしょ

dサンスポ.jpg

(e)報知
30年ぶり歌った。

e.jpg

(f)中日スポーツ
淳子歌った。20年ぶりのステージ。

f中日.jpg

(g)夕刊フジ
20年ぶりのステージ。

g夕刊フジ.jpg

新聞によるとほぼ22年前のまんまとあります。
いや、いいですね、、

「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」では、「Lady」「追いかけてヨコハマ」「しあわせ芝居」
が歌われました。

(h)「Lady」

hLADY歌本.jpg

(i)「追いかけてヨコハマ」

i追いかけてヨコハマ.jpg

(j)「しあわせ芝居」

jしあわせ芝居.jpg

1年前の事前の皆さんの予想では、「しあわせ芝居」「ミスティー」「はじめての出来事」 「This is a "Boogie"」「一枚の絵 or 序曲」「わたしの青い鳥」「化粧」「LADY」でした。
「Lady」と「しあわせ芝居」は、皆さんの予想が当たりました。
なぜ、桜田淳子さんは、「Lady」「追いかけてヨコハマ」「しあわせ芝居」を選んだか、再度、いろいろ考えてみました。
好きな歌で、大人な歌を歌いたかったでしょうか、、、
やはり、初期のアイドル時代の歌は、抵抗があったのでしょうか、、(でもアカペラでは、歌ってくれましたが、、)
今後、歌われる機会がある場合は、「Lady」「追いかけてヨコハマ」「しあわせ芝居」を歌う感じがします。

また、太川陽介さんは、淳子さんのために、「ファン感謝DAY」の進行をしていただきありがとうございます。

(k)

k太川.jpg

「ファン感謝DAY」では、太川陽介さんから、「あの出てきた笑顔を見たら、今後ももっとやって欲しい。やりましょう。 もっと桜田淳子を見たい」と言われ 桜田淳子さんは、 「考えときましょう。約束できない」と両方の意思を言っていました。
桜田淳子さん、「考えときましょう」は、どうなったでしょうか?????

というようないろいろな思いが今でもありますが、皆さんにも、行った方、行かなかった方、
いろいろな思いは、あると思います。
「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」のサプライズは、忘れることができません。
改めて桜田淳子さんありがとうございました。


「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」の様子は、下記で紹介しています。

「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-11-26


また、淳子さんの意思で、また、ファンの前で歌って欲しいですね、、

太川陽介さんは、32年ぶりの新曲で、初のCDが出ましたね、、
このCDには、香坂みゆきさんのデュエットソングも収録されています。
卵かけごはんが好きだそうです。(SJX773さんが紹介してくれたモーニングバードより)


●「シングルシリーズ」の6回目は、「パーティー・イズ・オーバー」です。

「シングルシリーズ」は、桜田淳子さんのシングル1曲にスポットライトをあてて紹介していきます。

「シングルシリーズ」で紹介する内容は、

・ジャケット写真
・データ(発売日、作詞、作曲、編曲、売上、B面曲)
・オリコンチャート
・歌本
・「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」のブックレットから紹介
・「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」で淳子さんが語った内容を紹介
・紙ジャケットのライナーノーツから紹介
・さくらんぼ情報
・衣装とそのテレビ番組
・振り付け
・ポスター
・所感
・エピソードまたはミニ特集
・カセット
・動画(これは、たまにです。当時のビデオより)

の構成で紹介していきます。

他に何かありましたら紹介しますので、よろしくお願いします。


「パーティー・イズ・オーバー」

【ジャケット写真】
(1)
パーティーイズオーバー1.jpg

ジャケット写真いい感じでしょうか?
淳子さんもこのジャケット気にいっているようです。

【データ】
1979年8月25日発売
作詞 伊藤薫
作曲 伊藤薫
編曲 松井忠重
売上 2.5万枚
最高位 オリコン51位
私の順位 19位(淳子さんのシングルでの順位)

B面 「まわれ私の恋よ」

【オリコン】
パーティー・イズ・オーバーは、最高位オリコン51位を記録しました。売上 2.5万枚で、
思ったより売れませんでした。

51位ですので、「パーティー・イズ・オーバー」が載っているオリコンは、持っていませんが、
発売日に近い1979年8月27日のオリコンを紹介します。

(A)

オリコン0827.jpg

ほとんど知っている歌多いです。


【歌本】

(2)歌本からです。

パーティーイズオーバー2.jpg


【Thanks 40 ~青い鳥たちへ】
ブックレットには、「パーティー・イズ・オーバー」について、淳子さんは、下記のように語っています。

この歌を気にいっていました。
でもこういう歌をシングルに出すのは、ちょっと冒険でしたね、、
私は、チャレンジするのが大好きなので、同じ路線を続けるのでなく、あえて変えることで、知らない自分
に出会えるじゃないかとと考えていたんです。
それは、歌だけでなく、すべてに関してそうでしたね、、

【Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAY】

Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAYでは、
「パーティー・イズ・オーバー」は、とてもきれいなメロディと言っていました。

【パーティー・イズ・オーバー 紙ジャケットライナーノーツ】

パーティー・イズ・オーバー紙ジャケットライナーノーツでは、淳子さんは、下記のように書いています。

”この歌は、好きな1曲でした。テレビ用の衣装として初めてロングドレスを作っていただいて。
脚をみせなくていいっていうのが、あの時、嬉しかったです。
きれいにまとまっているメロディラインも心地いいですね”

【衣装】

次に、恒例の衣装を紹介です。

(3)まずは、ブルー系衣装
1979年8月13日の夜のヒットスタジオ

パーティイズオーバー衣装3.jpg

(4)黄色の衣装
1979年9月1日 8時だよ!全員集合

パーティー・イズ・オーバー4.jpg

一番印象にあります。
彫刻の森、美術館でも歌っていました。

(5)違うタイプの黄色の衣装
1979年9月10日 紅白歌のベストテン

パーティー・イズ・オーバー5.jpg

(6)ピンク系の衣装

パーティイズオーバー衣装6.jpg

(7)白いロングの衣装
1979年10月8日の夜のヒットスタジオ

パーティイズオーバー7.jpg

皆さんは、どの衣装がいいでしょうか?


【振り付け】

曲調のため、振りは、最小限でした。
少し、右手を広げています。

(8)

振り8.jpg

(9)

振り9.jpg

【所感】

「パーティー・イズ・オーバー」は、淳子さんがおっしゃていますように、
きれいなメロディーで、非常に心地よく聴けます。

淳子さんもしっとり歌ってくれています。

この歌を聴くと、心が落ち着きます。
怒っている時、疲れている時など、ピッタリです。

「パーティー・イズ・オーバー」は、私の淳子さんのシングルの中では、19番目に好きです。
19番目は、好きな曲ですので、お気にいりです。
皆さんは、「パーティー・イズ・オーバー」は、いかがでしょうか?

【さくらんぼ情報】

さくらんぼからです。
(10)

パーティーイズオーバー10.jpg

スケールの大きい素晴らしい曲と書いてあります。

【カセット】
当時「パーティー・イズ・オーバー」をエアチェックしたカセットを紹介します。カセットも当時の想い出いっぱいで懐かしいです。
(少し恥ずかしいですが、、、)

(B)

カセット.jpg

では、次回の「シングルシリーズ」にご期待ください。
今まで紹介したシングルシリーズは、下記です。

第1弾
Lady(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-21

第2弾
天使の初恋(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-10-04

第3弾
ミスティー(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-12-13

第4弾
夏にご用心(シングルシリーズ第4弾)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-02-07

第5弾
しあわせ芝居(シングルシリーズ第5弾)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04


●前回の記事「花の高2トリオ 初恋時代」その2での問題の答えです。

問いかけ
3人の中で、熱気球に乗った時、誰が、一番怖がったでしょうか?

答えは、森昌子さんでした。
映画のパンフレットに書いてありますし、当時のスポニチ新聞にも書いてありました。

●「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」ハイレゾで配信

http://hd-music.info/album.cgi/1208

ハイレゾとはですが、簡単に言うと、
96kHz/24bit以上で、録音されているものをデジタル部では、 96kHz/24bit以上の信号処理し、
アナログ部では、40kHz以上のアンプ、スピーカーであれば、ハイレゾ対応ということになる。

今回は、、16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術で
を用いハイレゾ化した作品ですので、
16bit/44.1kHzの音源を信号処理で、96kHz/24bitに、作り出したことになります。
ですので、、、、、
音源が、SACDやDVD-AUDIOであれば、良かったのですが、、

私の場合は、ハイレゾを聴く機器をまず、そろえないといけないので、、、
まずは、DAC AMPを買うことを検討中です。

●淳子さん情報
・12月14日(日) 20:00 チャンネル銀河で「居酒屋兆治」放送

shout83さんからいただいた情報です。
・12月 日本映画専門チャンネルで「海へ-See You-」放送


チャンネル銀河は、契約する予定です。日本映画専門チャンネルは、検討中です。


●スカパーTBSチャンネル 12月のレコード大賞は、1984年の第26回を放映(11/20追記)
1973年のレコード大賞は、残念ながらやらないようです。

これについて、考えると、、、

一昨年のTBSチャンネルで、1971年のレコード大賞が放送され
昨年、TBSチャンネルで、1972年と1982年のレコード大賞が放送されました。
今年は、1973年と1983年のレコード大賞の放送が、期待されましたが、1984年のレコード大賞
が放映されます。

このあたりを分析したいと思います。
以前(10年以上前)に、TBSチャンネルで、過去のレコード大賞が1年ずつ再放送されました。
この時も1983年が放送されず、1年とんで、1984年が、再放送されました。
1983年の出演者に何らかの事情で(権利や不祥事)放送できない方がいるからだと思います。

また、なぜ、1973年が放送しないのか、、考えてみました。
10年以上前に、TBSチャンネルで、過去のレコード大賞(1960年代と1970年代)を放映された
時は、特別に1回限りの放送ということを強調して、放送していました。
ですので、1960年代と1970年代のレコード大賞は、今後、放映されない感じでした。
しかし、一昨年に1971年のレコード大賞の放送が、突如再々放送されました。
これは、尾崎紀世彦さんの追悼の意味もあり特別に放映されたと推測されます。
そして、昨年は、その流れ(勢い)で、1971年の翌年の1972年のレコード大賞が放送されました。

よく考えると、レコード大賞の再々放送するにあたり、1971年から、始まるのもおかしい
ですし、1969年や1970年のレコード大賞は、再々放送されていません。
1971年が再放送された背景は、尾崎紀世彦さんの追悼で、特別の意味あいが強かった思います。

ですので、10年以上前の再放送時に、言っていた1回限りの放送というのが、ここにきて、再浮上し、
残っていると思われます。
まあ、これは、あくまで、私の推測にすぎませんが、、、

●音楽番組
・12月5日(金)19:00 BS-TBS  作詞家阿久悠~時代を超え今も心に灯る5000曲の言霊
・12月28日(日)19:30 NHK 夢の紅白2014~名歌手たちの名勝負・名対決(11/22追記)

●プロ野球

・FAの行方
 DeNA 金城→巨人入団
 ヤクルト 相川→巨人入団(11/23追記)
 日本ハム 小谷野→西武、オリックスと交渉
 日本ハム 大引→ヤクルト入団
 ロッテ 成瀬→ヤクルト入団(11/23追記)
 阪神 鳥谷
 オリックス 金子
 阪神 能見→残留

・中日 大島が契約更改保留(11/22追記)
落合GM厳しすぎます。中日の評判、落ちますね、、

●サッカー
・11月24日 ACミランvsインテル
・11月23日 アーセナルvsマンチャスターU

●まずは、速報です。予想どおり
「出発 三人娘・涙の卒業式より」 [Blu-ray] がアマゾンで 1月13日発売されます。(11/21追記)

●「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」 moraでもハイレゾ配信(11/26追記)

http://mora.jp/package/43000005/VICL-70134_F/

●2015年1月3日~9日 丸の内TOEI 「動乱」上映(11/23追記)
今後、大阪・梅田ブルク7、T・ジョイ京都、T・ジョイ博多でも上映が予定されています。

●12月14日(日) 4:30 日本映画専門チャンネルで「海へ-See You-」放送(11/23追記)
高倉健さんの「居酒屋兆治」は、日本映画専門チャンネルで12月13日放送

●shout83さんからコメントいただいたJ.D.サウザーの「You're Only Lonely 」がカセットに録音されていましたので紹介します。(11/30追記)

JDサウザー.jpg



出発 三人娘・涙の卒業式より [Blu-ray]

出発 三人娘・涙の卒業式より [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ホリプロ
  • メディア: Blu-ray





nice!(1)  コメント(28)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 28

dunsford

sjghd様、こんばんは。
あの奇跡の日から1年経つのですね、早いものです。今でも「LADY」を聴くとあの日のことが昨日のことのように思い出されます。
淳子さん、本当に綺麗でした。照明を浴びた淳子さんはキラキラしていて、太川さんのおっしゃっていたとおり、まさに「後光がさしている」感じでした。
「また、いつの日か」という期待も捨てないでおきます。
「パーティー・イズ・オーバー」ですが、残念ながら、この当時の淳子さんの記憶はほとんどありません。
今になって聴いてみると、とてもいい曲なのですが、中学生の私にはその良さが分からなかったのですね、きっと。
オリコンチャートですが、岸田智史さんの「きみの朝」は大好きでした。
岸田さんと大原麗子さんが共演されたドラマ(タイトルが思い出せない)の中で使われていた曲だったかと思います。
それと、SHOGUNの「男達のメロディー」もイキな感じの男臭さが好きでした。ただ、バンドとしてはあまり長く活躍していなかったですよね?
(B)のカセットのラベルですが、「しあわせ芝居」が入っていないような気がしますが・・・
それにしても、柳ジョージとレイニーウッドの「スマイル・オン・ミー」をエアチェックされているとは渋いっ!
少し枯れた感じの歌声が大人の曲を感じさせる名曲です。私もとても好きでした。
何も恥ずかしいことはありませんよ。想い出いっぱいのカセットをこれからもどんどん紹介してください。
by dunsford (2014-11-21 20:29) 

sjghd

dunsfordさん(様) こんばんは。

>あの奇跡の日から1年経つのですね、早いものです。

年をとったせいか特に、早いです。
本当に、奇跡的な出来事でした。
今回、記事を書くにあたり、新聞を見ると、再び、感きわまってきます。

>今でも「LADY」を聴くとあの日のことが昨日のことのように思い出されます。

「LADY」は、大好きな曲でしたので、なおさらです。

>淳子さん、本当に綺麗でした。照明を浴びた淳子さんはキラキラしていて、太川さんのおっしゃっていたとおり、まさに「後光がさしている」感じでした。

本当にきれいでかわいかったです。
(かわいいというのが、失礼かもしれませんが、かわいかったです)

>「また、いつの日か」という期待も捨てないでおきます。

世の中、何が、起こるか、わかりませんからね、、

>「パーティー・イズ・オーバー」ですが、残念ながら、この当時の淳子さんの記憶はほとんどありません。
今になって聴いてみると、とてもいい曲なのですが、中学生の私にはその良さが分からなかったのですね、きっと。

紹介が少し遅れましたが、秋に聴くには、ピッタリです。
また、私は、疲れている時によく聴きます。

>オリコンチャートですが、岸田智史さんの「きみの朝」は大好きでした。
岸田さんと大原麗子さんが共演されたドラマ(タイトルが思い出せない)の中で使われていた曲だったかと思います。
それと、SHOGUNの「男達のメロディー」もイキな感じの男臭さが好きでした。
ただ、バンドとしてはあまり長く活躍していなかったですよね?

「きみの朝」は、調べてみると、TBSのテレビドラマ『愛と喝采と』のようですが、、どうでしょうか、、
「きみの朝」は、”モーニング、モーニング”の歌詞が印象的ですね、、
私は、「おもいで酒」「みちづれ」「夢追い酒」の演歌が、心に残っています。

>(B)のカセットのラベルですが、「しあわせ芝居」が入っていないような気がしますが・・・

完全に間違えました。「しあわせ芝居」でなく「パーティー・イズ・オーバー」でした。
後で、修正します。
ご指摘ありがとうございました。

>それにしても、柳ジョージとレイニーウッドの「スマイル・オン・ミー」をエアチェックされているとは渋いっ!
少し枯れた感じの歌声が大人の曲を感じさせる名曲です。私もとても好きでした。

資生堂のCMソングで、ヒットしました。
ヒットした曲は、エアチェックしていますので、、

>何も恥ずかしいことはありませんよ。想い出いっぱいのカセットをこれからもどんどん紹介してください。


汚い字と自分の趣味がわかってしまうので、少し、、、、
ありがとうございます。
何かのタイミングで、紹介したいと思います。

by sjghd (2014-11-21 21:32) 

shout83

こんばんは、

あの奇跡のような一夜から早いもので1年たちましたね。

私は、残念ながら外れてしまったので会場には入れませんでしたが、楽屋口から出てきた桜田淳子さんを本当に久しぶりに間近で
見ることができたのでよかったと思っています。
タクシーの中から手を振ってくれたのも忘れられません。

淳子さんが出てくる前には、サンミュージクの現社長と太川陽介さんのインタビューも見れました。

淳子さんが、いつの日か、また私たちの前で歌ってくれることを願っています。
そして、今度こそ歌う姿を直に見れたらいいなと思います。


「パーティー・イズ・オーバー」はシングルとしては地味な曲ですけど好きな曲です。
当時よく聞いていたオールディーなアリカン・ポップスのバラードにも通じる曲調が私の好みにピッタリでした。

(3)~(7)の衣装では、(6)だけ見た記憶がないですが、他はどれも素敵だと思います。
甲乙つけがたいです。


紹介していただいたオリコンのヒット・チャートを見ると洋楽、特にディスコソングが多く入っています。
「ジンギスカン」、ABBAの「ヴーレ・ヴー」、ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」「バッド・ガール」、EWFの「ブギー・ワンダーランド」、アニタ・ワード「リング・マイ・ベル」、アラベスク「今夜もロック・ミー」、ブロンディ「ハート・オブ・グラス」、ドゥーリーズ「ウォンテッド」、どれも懐かしいです。
当時は『サタデーナイト・フィーバー』から始まった日本でのディスコ・ブームが完全に定着していたころですね。
私も毎週のように新宿や横浜のディスコに通っていました。

これは放置状態の私のHPのネタですが3位に入っている水谷豊さんの「カリフォルニア・コネクション」のイントロはビージーズの「哀愁のトラジティ」とほぼ同じでした。ラジオで曲がかかってもどっちかわからないくらいでした(笑)


それから、前回記事のコメントへの回答になりますが、パソコンのデータは外付けHDに保管して週一で別のHDにもバックアップしているので大きな紛失はありませんでした。
ご心配ありがとうございました。

by shout83 (2014-11-21 21:54) 

チューリップでございます。。

こんにちわ、Sjghd さん。。。

そうですね、1年なんですね。。
今さらながら、Sjghd さんはじめ、淳子さんに逢えた方々が、
凄く羨ましいです。。
でも世の中、何が起こるかわからなですもんね。
太川さんも熱望なさってたように。。。ねっ!!

淳子さんの大好きな太川さん、2ショットは嬉しかったでしょう。

(A)ヒット曲にTULIP の、虹スニを発見し、嬉しいです。。

(7)の夜ヒットは、西武球場でしたか。
放送当時も、しっかり観た記憶があります。
その後、スカパーで録画しましたが、この時の淳子さんとても美しくして。。。

初恋時代、気球を怖がっていたのは、昌子さんでしたか。。
Sjghd さん、Shout 83さん、とご一緒に初恋時代を観ましたが、
森昌子さん、いい味でしたよね。。。


おとといだったか、徹子の部屋にて、
高倉健さんの追悼で、昔のを流してたんです。
それが、動乱のあとの80年、海へのあとの88年、でした。
2本の映画のことを話されてました。
で今、フジで南極物語を放送してますが、はじめに色々と、
高倉健さんを流してて~ 海へ、の時のシーンもありました。
きっと淳子さんも、ご覧になってるのかしら。。。
と。。。。


レコード大賞は、色々と難しいんでしょうね。。
昭和のいい時代、もっとたくさんの人に観てほしいですけどね。









by チューリップでございます。。 (2014-11-21 22:23) 

SJX773

こんばんは。
私が、最後に買ったシングル盤でした。
そのあとは、中古です。
そして、社会人になり離れて行きました。
そして、2002年に戻って来ました~(^_^;)
それから、アナログレコード全てのシングル、アルバム揃えました。

あれから1年・・・早いですね。早いは速いに変えたい位です。
生きてるうちに会えるかどうか…。
新聞全てお持ちなんですね。
あれほど騒いだマスコミも静かになりました。
でも、いつも自分で淳子さんに関することを聴いたり、作ったり、何かしら楽しんでおります。

報知と夕刊フジがいいですね。
衣装は、ブルー系のドレスもいいですが、(4)の黄色のドレスがいいですね。
歌詞にある、黒いイブニングドレスもあったらよかったですね~。

ハイレゾもどうなんでしょうね~。
専用が必要ですからね~。
私がしてるのは、Wav方式24Bit、周波数176400~192000です。
実際どんなものかよくわかりませんが、CD音源をイコライジングしてリマスタリングしてます。自分好みですから・・・どうだか(^_^;)

by SJX773 (2014-11-21 22:37) 

sjghd

shout83さん こんばんは。

>あの奇跡のような一夜から早いもので1年たちましたね。

早いです。もう2014年も終わろうとしていますし、、、

>私は、残念ながら外れてしまったので会場には入れませんでしたが、
楽屋口から出てきた桜田淳子さんを本当に久しぶりに間近で見ることができたのでよかったと思っています。
タクシーの中から手を振ってくれたのも忘れられません。

当選された方より熱心かもしれません。
私は、楽屋口から出てきた場面にいなかったので、今思うと、残念です。

楽屋口から出てきた桜田淳子さんは、テレビで、何十回も、観ました。(笑)

>淳子さんが出てくる前には、サンミュージクの現社長と太川陽介さんのインタビューも見れました。

報道陣は、中に入れませんでしたからね、、、
サンミュージクの社長と太川陽介さんは、この日に来ていただいて、やはり、温かい方ですね、、

>淳子さんが、いつの日か、また私たちの前で歌ってくれることを願っています。
そして、今度こそ歌う姿を直に見れたらいいなと思います。

淳子さんが、歌うなら40周年しかないと、このブログで書いていましたので、、
今後、世の中、状況が、変化して、何が起こるかわかりませんからね、、
あの淳子さんの才能を眠らせるのは、もったいないです。

>「パーティー・イズ・オーバー」はシングルとしては地味な曲ですけど好きな曲です。
当時よく聞いていたオールディーなアリカン・ポップスのバラードにも通じる曲調が私の好みにピッタリでした。

まあ、、、地味ですが、、でも、いい曲なんです。。。
私の中では、19位なので、好きな曲です。

>(3)~(7)の衣装では、(6)だけ見た記憶がないですが、他はどれも素敵だと思います。
甲乙つけがたいです。

この曲の衣装は、どれも、ドレスっぽい感じでしたので、素敵でしたね、、

>紹介していただいたオリコンのヒット・チャートを見ると洋楽、特にディスコソングが多く入っています。
「ジンギスカン」、ABBAの「ヴーレ・ヴー」、ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」
「バッド・ガール」、EWFの「ブギー・ワンダーランド」、アニタ・ワード「リング・マイ・ベル」、
アラベスク「今夜もロック・ミー」、ブロンディ「ハート・オブ・グラス」、ドゥーリーズ「ウォンテッド」、どれも懐かしいです。
当時は『サタデーナイト・フィーバー』から始まった日本でのディスコ・ブームが完全に定着していたころですね。
私も毎週のように新宿や横浜のディスコに通っていました。

そうでしたね、、、日本のヒットチャートに、こんなに洋楽が入るのも珍しいですね、、、
この中では、ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」「バッド・ガール」EWFの「ブギー・ワンダーランド」、
アニタ・ワード「リング・マイ・ベル」ブロンディ「ハート・オブ・グラス」がいいですね、、
ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」「バッド・ガール」アニタ・ワード「リング・マイ・ベル」ブロンディ「ハート・オブ・グラス」
は、アメリカで1位をとったと思いますが、、、
毎週ディスコ通いとは、、、

あ、、ドナサマーは、LPを持っていますし、、

>これは放置状態の私のHPのネタですが3位に入っている水谷豊さんの
「カリフォルニア・コネクション」のイントロはビージーズの「哀愁のトラジティ」とほぼ同じでした。
ラジオで曲がかかってもどっちかわからないくらいでした(笑)

HPの「The Influence」ですね、、、
しかし、あのHPよくできていますね、、私もHP作ったのですが、シンプルなことしかできないです。
ビージーズの「哀愁のトラジティ」は、大好きです。この曲が入った「失われた愛の世界 Spirits Having Flown」の
LP、持っています。
「カリフォルニア・コネクション」を動画サイトで、聴きましたが、似ていますね、、
やはり、いい意味で、洋楽の影響なんでしょうか、、それとも、、、

>それから、前回記事のコメントへの回答になりますが、パソコンのデータは外付けHDに保管して週一で別のHDにもバックアップして

いるので大きな紛失はありませんでした。
ご心配ありがとうございました。

それは、良かったです。
私は、最近、バックアップに時間がかかるので、バックアップさぼることがありますが、、
やはり、1週間に1回は、必要ですね、、

by sjghd (2014-11-21 22:39) 

sjghd

チューリップさん こんばんは。

>そうですね、1年なんですね。。

もう1年になります。
早いというしかありません。

>今さらながら、Sjghd さんはじめ、淳子さんに逢えた方々が、
凄く羨ましいです。。

すいません。

>でも世の中、何が起こるかわからなですもんね。
太川さんも熱望なさってたように。。。ねっ!!

状況は、変わりますからね、、
世の中は、どうなるか、誰も、すべて予想できませんので、、

>淳子さんの大好きな太川さん、2ショットは嬉しかったでしょう。

顔、つねられても、嬉しいそうです。
当たり前か、、、

>(A)ヒット曲にTULIP の、虹スニを発見し、嬉しいです。。

「虹とスニーカーの頃」を虹スニって言うですね、、、
財津さんのボーカルですよね、、、
グループに2人のボーカルをとる人がいるのは、いいでね、、
姫野さんと財津さんの声は、かなり違いますし、、、

>(7)の夜ヒットは、西武球場でしたか。
放送当時も、しっかり観た記憶があります。
その後、スカパーで録画しましたが、この時の淳子さんとても美しくして。。。

私も、観ていました。
この時、風が強いのと、寒かったようで、半袖で、歌うのは、大変だったと思います。

>初恋時代、気球を怖がっていたのは、昌子さんでしたか。。
Sjghd さん、Shout 83さん、とご一緒に初恋時代を観ましたが、
森昌子さん、いい味でしたよね。。。

森昌子さんが一番、怖がったようです。
(乗る前の写真では、昌子さん、笑顔を見せていましたが、、)
森昌子さんも、明るい感じの役でした。


>おとといだったか、徹子の部屋にて、
高倉健さんの追悼で、昔のを流してたんです。
それが、動乱のあとの80年、海へのあとの88年、でした。
2本の映画のことを話されてました。
で今、フジで南極物語を放送してますが、はじめに色々と、
高倉健さんを流してて~ 海へ、の時のシーンもありました。
きっと淳子さんも、ご覧になってるのかしら。。。
と。。。。

紹介ありがとうございます。
「動乱」と「海へ-See You-」の両方が、流れるとは、、
自分が、出ている映画は、気になると思いますよ、、、

shout83さんに紹介していただいた「海へ-See You-」の日本映画専門CH契約するか、迷っています。

>レコード大賞は、色々と難しいんでしょうね。。
昭和のいい時代、もっとたくさんの人に観てほしいですけどね。

あれだけのスターが出ていますので、色々あるんでしょうね、、、
1971年のレコード大賞は、尾崎紀世彦さんの追悼で、再々放送されたようなものですから、、
でも、また、来年は、どうなるか、わかりませんので、もしかしても、1973年のレコード大賞が放送されたりして、、
by sjghd (2014-11-21 23:12) 

sjghd

SJX773さん こんばんは。

>私が、最後に買ったシングル盤でした。
そのあとは、中古です。
そして、社会人になり離れて行きました。

私は、最後は、「玉ねぎむいたら…」だと思うのですが、、

>そして、2002年に戻って来ました~(^_^;)

私も、同じくらいに戻ってきました。

>それから、アナログレコード全てのシングル、アルバム揃えました。

え!!!アナログレコード、すべて揃えたですか、、
SJX773さんは、ベストアルバムや4chレコードや特別なシングル(シングル曲2曲入っているような、、)を持っていますし、
すごいことです。

私は、LPは、持っていますが、シングルは、歯抜け状態です。

>あれから1年・・・早いですね。早いは速いに変えたい位です。
生きてるうちに会えるかどうか…。

望みは、ゼロでは、ないので、、

>新聞全てお持ちなんですね。

新聞は、記念になりますので、ほとんど、買いました。

>あれほど騒いだマスコミも静かになりました。
でも、いつも自分で淳子さんに関することを聴いたり、作ったり、何かしら楽しんでおります。

そうですね、、、
私も、淳子さんのことを、何らかで、毎日、関わっていますね、、

>報知と夕刊フジがいいですね。

え!!!
全部同じ写真なんですけど、、、
どこか違いますか?????


>衣装は、ブルー系のドレスもいいですが、(4)の黄色のドレスがいいですね。

(4)の衣装が多かった感じがします。一番印象残っています。


>歌詞にある、黒いイブニングドレスもあったらよかったですね~。

歌詞、そうでしたね、、
黒いイブニングドレスは、淳子さんに合いますかね???
清潔感が出ますかね、、、

松坂慶子さんの「愛の水中花」の黒いドレスを思い出しますが、、

>ハイレゾもどうなんでしょうね~。
専用が必要ですからね~。

少しずつ流行りはじめては、いますが、、
耳のいい方や音がよくわかる方は、いいと思いますが、、
SJX773さんは、音がよくわかるので、おすすめだと思いますが、、
(私は、だめですが、、、)

>私がしてるのは、Wav方式24Bit、周波数176400~192000です。

その数字は、ハイレゾですね、、

>実際どんなものかよくわかりませんが、CD音源をイコライジングしてリマスタリングしてます。
自分好みですから・・・どうだか(^_^;)

PCで、聴いているので、よくわかりませんが、また聴いてみますね、、

by sjghd (2014-11-21 23:40) 

じゅんた

こんばんは、早いものでファン感謝DAYからもうすぐ1年ですね、
あれから大きな出来事はありませんでしたが、淳子さんの気持ちが第一なので、静観するしかないですね。

淳子さんは、中島みゆきさんの作品以前のポップな曲は、もう歌われないような感じで、チョット残念です。

「Party is Over」実は、苦手な曲なんです、sjghdさんも推されておられるので、今度じっくり聴いてみまう。

健さん亡くなられたので「海へ See You」はタイムリーですね、個人的には「動乱」が好きですが「海はSee You」もいい映画だと思います。
by じゅんた (2014-11-21 23:51) 

sjghd

じゅんたさん こんにちは。

>早いものでファン感謝DAYからもうすぐ1年ですね、

早いです。何か、人生のはかなさを感じます。

>あれから大きな出来事はありませんでしたが、淳子さんの気持ちが第一なので、静観するしかないですね。

そのとおりですです。
ブログにも書いてあるように、淳子さんの意思を尊重し、淳子さんが決定したことを支持したいと思います。
(本人の人生ですので、、、、)

>淳子さんは、中島みゆきさんの作品以前のポップな曲は、もう歌われないような感じで、チョット残念です。

そうですね、、
もし、どこかで、1曲歌うとして、「Lady」「しあわせ芝居」「追いかけてヨコハマ」になると
思います。わかりませんが、、、

>「Party is Over」実は、苦手な曲なんです、sjghdさんも推されておられるので、今度じっくり聴いてみまう。

そうでしたか、、でも大人の曲の「もう一度だけふり向いて」は、お好きなんですね、、、
「パーティー・イズ・オーバー」は、優雅で、お勧めですが、、
淳子さんのバラードもいいですよ、、、、

>健さん亡くなられたので「海へ See You」はタイムリーですね、
個人的には「動乱」が好きですが「海はSee You」もいい映画だと思います。

高倉健さんの映画は、今後、かなりやるようです。
「海へ-See You-」は、まだ、放送日が決まっていませんが、決まり次第お知らせしようとは、思っています。
じゅんたさんは、「動乱」が好きでしたね、、、確か、映画館まで、行って観ていましたよね、、、
「動乱」は、話をすでにしていますが、苦手なので、淳子さんの出番のとことしか観ていません。
by sjghd (2014-11-22 09:09) 

shout83

こんにちは、

HPを褒めていただいてありがとうございます。
今は、公私ともにいろいろあって更新できずにいます。
でも折角はじめたのでゆっくりとひっそりと続けていって仕事をリタイアした老後もライフワークとしてやっていけたらいいなと思っています。


「カリフォルニア・コネクション」と「哀愁のトラジティ」は発売時期を考えると影響というよりパ○リに近いでしょうね(笑)


それから、「パーティー・イズ・オーバー」の作者、伊藤薫さんは、ほぼ同時期に欧陽菲菲さんに「ラヴ・イズ・オーヴァー」を提供しています。
「Party is Over」「Love is Over」とタイトルに類似性があるので推測ですが続けて作ったかアイデアとして両方持っていた可能性があります。
「片思い」と「相手を振ってしまう」という歌詞は対象的ですが、どちらもバラードの名曲なので、私はこの2曲を性格の違う双子のように感じています。
by shout83 (2014-11-22 10:20) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>こんにちは、 HPを褒めていただいてありがとうございます。

ホームページ作成に精通されていないとあのようなホームページは、作れないですね、、
私もCSSを少し、勉強しましたが、あの程度です。

>今は、公私ともにいろいろあって更新できずにいます。
でも折角はじめたのでゆっくりとひっそりと続けていって仕事をリタイアした老後もライフワークとしてやっていけたらいいなと思っています。

そうですね、、仕事があると、時間がないですよね、
リタイアすれば、少しは、ゆっくりできますので、趣味しては、いいですね。

>「カリフォルニア・コネクション」と「哀愁のトラジティ」は発売時期を考えると影響というより
パ○リに近いでしょうね(笑)

やはりそうでしょうか、、、
やはり、こういうことが、起こっているんですね。(少しは、アレンジは、していると思いますが、、)

アルバムのビージーズの「Spirits Having Flown」が1979年2月5日発売で、、
「カリフォルニア・コネクション」は、1979年4月21日発売です。

>それから、「パーティー・イズ・オーバー」の作者、伊藤薫さんは、ほぼ同時期に欧陽菲菲さんに
「ラヴ・イズ・オーヴァー」を提供しています。 「Party is Over」「Love is Over」と
タイトルに類似性があるので推測ですが続けて作ったかアイデアとして両方持っていた可能性があります。

「ラヴ・イズ・オーヴァー」も伊藤薫さんが作者であったのですね。知りませんでしたのでありがとうございます。アイデアがあったんでしょうか、、、、
「パーティー・イズ・オーバー」が1979年8月25日、「ラヴ・イズ・オーヴァー」が1979年7月1日ですね、、
「ラヴ・イズ・オーヴァー」がヒットしたのは、1984年ですが、、、

あと、「オーバー」と「オーヴァー」をあえて使いわけているんですね、、、

>「片思い」と「相手を振ってしまう」という歌詞は対象的ですが、
どちらもバラードの名曲なので、私はこの2曲を性格の違う双子のように感じています。

バラードの名曲ですね、、淳子さんの曲では、一番のバラードだと思います。
今度、「ラヴ・イズ・オーヴァー」を聴くときは、何か、別の感じがして聴けます。
ありがとうございました。
by sjghd (2014-11-22 11:33) 

SJX773

こんにちは。

確か、ラヴ・イズ・オーヴァーとパーティー・イズ・オーバーは少し関係があったような・・・。
パーティー・イズ・オーバーがアナザーテイク的に作ったらしいです。
はっきりは覚えてませんが・・・どこかで聞いたような…。
by SJX773 (2014-11-22 12:03) 

sjghd

SJX773さん こんにちは。

>確か、ラヴ・イズ・オーヴァーとパーティー・イズ・オーバーは少し関係があったような・・・。
パーティー・イズ・オーバーがアナザーテイク的に作ったらしいです。

これまた、すごい情報ありがとうございます。
同じバラードですので、やはり、関連が、、、

>はっきりは覚えてませんが・・・どこかで聞いたような…。

こういう情報でも、全然OKです。
私なんか、段々、記憶力が、悪くなっていますし、、、

「パーティー・イズ・オーバー」を「ラヴ・イズ・オーヴァー」にように何回か再リリースすれば、もう少しヒットしていたでしょうかね、、、

by sjghd (2014-11-22 12:24) 

チューリップでございます。。

こんにちわ、Sjghd さん。。

「動乱」映画館で上映されるんですね。
それも丸の内東映ですか。。。。
情報ありがとうございます。
きっと、もう2度と映画館上映されないのでは、、、と、、、
考えると淳子さんのお姿を大きなスクリーンで観たい!
ですけど、「動乱」って映画の題材が私は、あまり好きではないので、、、
映画館行くのは、ちょっと悩みますね~。

でも、やっぱ新年早々、観に行っちゃうかも???





by チューリップでございます。。 (2014-11-23 22:17) 

sjghd

チューリップさん こんばんは。

>「動乱」映画館で上映されるんですね。
それも丸の内東映ですか。。。。
情報ありがとうございます。

丸の内TOEIは、大きい映画館ですからね、、、
席数も多いし、、設備もいいし、、銀座ですし、、、

>きっと、もう2度と映画館上映されないのでは、、、と、、、
考えると淳子さんのお姿を大きなスクリーンで観たい!
ですけど、「動乱」って映画の題材が私は、あまり好きではないので、、、
映画館行くのは、ちょっと悩みますね~。
でも、やっぱ新年早々、観に行っちゃうかも???

私も「動乱」の映画の題材が、好みでありませんし、
淳子さんの出番も少ない(ほとんどない)ので、たぶん、行かないと思いますが、、、
大画面は、魅力ですが、時間が3時間なので、たぶん集中できないので、、
by sjghd (2014-11-23 22:33) 

Since1974

sjghdさん こんばんは

「動乱」の上映情報ありがとうございます。
さすがに高倉健さん、関西・九州でも追悼上演があるんですね。私は歴史物は好きですが(苦手なのはホラーと純愛物というかヒロインor恋人が不治の病で・・・的な作品です)内容が重苦しいのと淳子さんの出演時間が短いので、でも大画面で関西で観られる訳ですし、迷ってます。
日本映画専門チャンネルの「海へ-See You-」放送情報もありがとうございます。録画して観ます。

ファン感謝DAYのsjghdさんの記事を再度拝見しました。詳細なレポートはとても臨場感がある力作ですし、参加された方、できなかった方それぞれの思いがこもったコメントも素晴らしく当時の熱気が伝わってきました。(あのお花もスゴイです)スポーツ新聞各紙もカラーで大きく扱ってますが、サンスポの見出しがいいですね。「脚をみせるポーズがかわいかった」のsjghdさん記事の情景が想像されます。
今後淳子さんがファンの前に登場される機会があるのかはご本人の意思次第ですが、アイドル時代と変わらない容姿や歌声を維持されている間にお会いできれば、と願っています。

「パーティー・イズ・オーバー」宴の後の寂しさと恋の終りを重ね合わせた、いい曲だと思います。黄色の衣装を何度かTVで観た記憶がありますが多分(4)の衣装だったと思います。大人の淳子さんがしっとりと歌うのも良かったですが、オリコン順位は意外に低かったですね。SJX773さんがコメントされていた「ラヴ・イズ・オーヴァー」との関連、タイトルが似てる感はありましたが、驚きでした。
カセットのラベルはオリコンの切り抜きとともに、当時が懐かしく思い出されて、楽しみにさせていただいてます。私も淳子さんの曲や歌謡曲・演歌等、好きな曲ヒットした曲をエアチェックしてましたのでなおさらです。これからも紹介していただければと思います。
by Since1974 (2014-11-24 23:08) 

sjghd

Since1974さん こんばんは。

>「動乱」の上映情報ありがとうございます。
さすがに高倉健さん、関西・九州でも追悼上演があるんですね。

関西と、九州の追悼上演は、予定ということですので、まだ、確定はされていないようです。

>私は歴史物は好きですが
(苦手なのはホラーと純愛物というかヒロインor恋人が不治の病で・・・的な作品です)

私も、ホラーと病気がテーマの作品が苦手です。それに歴史物(大河ドラマ、時代劇)も、少し苦手です。
やはり、映画やドラマは、ハッピーエンドがいいですね、、

>内容が重苦しいのと淳子さんの出演時間が短いので、でも大画面で関西で観られる訳ですし、迷ってます。

すでに、テレビ等で、観ているということですので、迷いますよね、、
淳子さんの出番がほとんどありませんので、私は、今回は、パスしようと思います。

>日本映画専門チャンネルの「海へ-See You-」放送情報もありがとうございます。録画して観ます。

「海へ-See You-」は、2年前にスカパーで、見ましたが、まあまあ、楽しめる映画ですので、ぜひ、観てください。
ただ、3時間の映画ですので、覚悟して観て下さい。

>ファン感謝DAYのsjghdさんの記事を再度拝見しました。詳細なレポートはとても臨場感がある力作ですし、
参加された方、できなかった方それぞれの思いがこもったコメントも素晴らしく当時の熱気が伝わってきました。
(あのお花もスゴイです)

ありがとうございます。
淳子さん、20年ぶりの登場ですので、皆さんの思いもすごかったです。
この時は、普段の5倍以上のアクセスもあり、反響も大きかったと思います。

>スポーツ新聞各紙もカラーで大きく扱ってますが、サンスポの見出しがいいですね。
「脚をみせるポーズがかわいかった」のsjghdさん記事の情景が想像されます。

”変わらぬ淳子スマイル脚細いでしょ”は、的を得た記事でした。
淳子スマイルと脚細いでしょのポーズ、これには、感激しかありませんでした。

>今後淳子さんがファンの前に登場される機会があるのかはご本人の意思次第ですが、
アイドル時代と変わらない容姿や歌声を維持されている間にお会いできれば、と願っています。

そうですね、、淳子さんの意思次第ですね。(本人の決めた道は、尊重したいと思います。)
50周年だと、65才ですからね、、、できれば、50代のうちにだと思いますが、
加山雄三さんを見ていると、今でも、本当に若々しいので、淳子さんも50周年でも、若々しいと思います。

> 「パーティー・イズ・オーバー」宴の後の寂しさと恋の終りを重ね合わせた、いい曲だと思います。

”宴の後の寂しさと恋の終りを重ね合わせた”は、この曲にピッタリの表現ですね、、このような表現は、私では、できませんので、さすがです。

この歌は、私も、大好きです。淳子さんのバラード最高で、落ち着きますので、、


>黄色の衣装を何度かTVで観た記憶がありますが多分(4)の衣装だったと思います。

(4)の衣装は、私も一番、印象に残っています。
一番、多かった思います。

>大人の淳子さんがしっとりと歌うのも良かったですが、オリコン順位は意外に低かったですね。

このあたりから、レコードの売り上げは、全盛期より落ちて、5万枚以下になってきたころです。
(5万枚、売ることは、すごいことなんですが、)

>SJX773さんがコメントされていた「ラヴ・イズ・オーヴァー」との関連、
タイトルが似てる感はありましたが、驚きでした。

パーティー・イズ・オーバーがアナザーテイク的に作ったというのは、初めて聞きましたので、
いろいろ皆さんの情報には、感心しますし、、勉強になります。


>カセットのラベルはオリコンの切り抜きとともに、当時が懐かしく思い出されて、楽しみにさせていただいてます。

ありがとうございます。
このブログの目的である、”古き良き1970年代(80年代)を懐かしく思いながら振り返り、共有”ですので、
当時のラベルやオリコンの切り抜きなどは、できるだけ、そのまま、載せていきたいと思います。

>私も淳子さんの曲や歌謡曲・演歌等、好きな曲ヒットした曲をエアチェックしてましたのでなおさらです。
これからも紹介していただければと思います。

やはり、エアチェックしていましたか、、当時は、エアチェックが、当たり前でしたね、、
私も、好きな曲やヒットした曲は、淳子さん以外もエアチェックしていました。演歌もSince1974さんと同じように、エアチェックしましたからね、、

はい、できるだけ、紹介していきたいと思います。



by sjghd (2014-11-24 23:56) 

桜えび

こんにちは。今日は寒いですね。

淳子さんもあれから1年か・・・と思っていることでしょう。
ジムワークは続いていらっしゃるのでしょうか...

(a)の張り紙は剥がして帰りたかったですね。Σ(゚д゚lll)
でもそんなことをしたら桜田淳子さんが眉をしかめてしまいます。
僕も写真は撮って帰りました。
 淳子さんを見送る時sjghdさんが見当たらないので、もしかして淳子さんが乗るタクシーに乗っているのでは?と思いましたがいませんでしたね(嘘です・笑)
 T.Aさん達と軽く飲んで帰りましたが(結局終電に間に合わず1泊した)、sjghdさんとワインで乾杯したかったです。

「Lady」は皆さんにとって“ファン感謝DAY”の代名詞みたくなったかもしれませんが、僕は何故か「眉月夜」が代名詞になってしまいました。
まあ皆さんそれぞれでしょうか。

「パーティー・イズ・オーバー」はいい曲ですが、当時は自分は若かったせいか淳子さんのバラードはあまり聞きませんでした。
今になって良くなってきています。

(7)の西武球場は寒々しかったですね。

「居酒屋兆治」は最初に高倉健さん版を見たので、渡辺謙さん版があると知った時イマイチピンと来ませんでしたが、淳子さんが出ていると知りDVDを手に入れました。

高倉健さんの映画はTVなどで結構見てます。
心からご冥福をお祈りします。

by 桜えび (2014-11-25 11:53) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

>今日は寒いですね。

今日は、雨も降っており、気温あがらないですね、、
(今日は、気温、下がりもしないようですが、、、)
夏よりは、まだ、冬の方がいいですが、、、

>淳子さんもあれから1年か・・・と思っていることでしょう。

当然、何らかは、思っているとは、思いますが、、
太川陽介さんの問いかけも、考えてくれてるといいのですが、、、

>ジムワークは続いていらっしゃるのでしょうか...

少なからずは、続いているとは、思いますが、(あくまで、私の推測です)

> (a)の張り紙は剥がして帰りたかったですね。Σ(゚д゚lll) でもそんなことをしたら桜田淳子さんが眉をしかめてしまいます。

それは、できませんね、、、

>僕も写真は撮って帰りました。 

やはり、写真は、撮りますよね、、、
記念ですから、、
(当時、もっと映画館やコンサート会場の外観の写真を撮っておけばよかったと思います)

>淳子さんを見送る時sjghdさんが見当たらないので、もしかして淳子さんが乗るタクシーに乗っているのでは?
と思いましたがいませんでしたね(嘘です・笑) 
T.Aさん達と軽く飲んで帰りましたが(結局終電に間に合わず1泊した)、sjghdさんとワインで乾杯したかったです。

私は、握手が、早かったので、最初の方での退出でしたので、帰ってしまいました。
淳子さんが出てくるまで、1時間、粘れば、良かったですね、、淳子さんファンとして粘りが足りませんでした。
ワインで乾杯、いいですね、、
私は、飲めないくせにワインは、好きなので、、
ワインは、また、機会あれば、飲みたいですね、、、
(ワインを持ち込めるところがあればいいのですが、、

>「Lady」は皆さんにとって“ファン感謝DAY”の代名詞みたくなったかもしれませんが、
僕は何故か「眉月夜」が代名詞になってしまいました。まあ皆さんそれぞれでしょうか。

「眉月夜」は、わかります。桜えびさんの好きなシングルの3位でしたから、、
皆さんの思いは、同じところもあるし、当然違うところもあると思います。
私は、やはり、「Lady」ですね。
「Lady」のイントロが流れ、淳子さんの歌声が聴いた時は、涙が出てきて、鳥肌がたつような、感じでしたから。。

>「パーティー・イズ・オーバー」はいい曲ですが、当時は自分は若かったせいか淳子さんのバラードはあまり聞きませんでした。
今になって良くなってきています。

そうでしたか、、、私は、バラードは、淳子さんだけでなく、
外国のロック歌手が歌うバラードも、大好きでしたので、、

私は、うっとりという感じです。

>(7)の西武球場は寒々しかったですね。

かわいそうでしたね、、
あの寒さで、あの恰好だと寒くて大変ですね、、
歌っている時よりも、すわって、歌の出番を待っている時が大変だと思います。
(走るわけにもいきませんし)

>「居酒屋兆治」は最初に高倉健さん版を見たので、
渡辺謙さん版があると知った時イマイチピンと来ませんでしたが、
淳子さんが出ていると知りDVDを手に入れました。

え!!!!高倉健さん版の「居酒屋兆治」観たんですか、、
私も渡辺謙さん版のDVDは、持っています。

>高倉健さんの映画はTVなどで結構見てます。心からご冥福をお祈りします。

「居酒屋兆治」といい、結構、観ているんですね、、
たぶん、私より、映画好きですね、、
ご冥福をお祈りします。
by sjghd (2014-11-25 20:12) 

青大将

こんばんは!
桜えびさんも今日は感傷的な御様子ですね。
わたくしも今日は、頭の中、(あれから一年・・・・・)状態一色でした。

日頃、ネット上の文面だけで、顔も存じ上げない皆さんとも、あの僅かな時間、同じ空間でステージと感動を共有出来たんですよね、それも併せての歓びでした!(^O^)/


そして今、また一年前の回想を共有出来て嬉しい限りです。(^^)

劇場を出た時点で、未だその後の行動も、宿泊先も未定だったので、俺はマスコミと共に出待ちして、タクシーに乗り込み、去って行く迄見届けましたよ。
(結局、深夜まで銀座界隈を食事がてら徘徊した後、新橋のサウナに一泊(^^;)博品館劇場のエレベーターから新橋の信号待ち迄、計3回、クリス松村と遭遇したのも良き思い出。(笑)


さて、「パーティー・イズ・オーバー」ですが、レコード買った日の状況は、よく憶えてますよ。「白い風よ」を探して自転車で行ける限りのレコード店巡りに明け暮れてた中学2年の夏休みも終盤の某日、いちばん足を運んだレコード店で、「Miss Kiss」に次ぐ新譜が並べられて居りました。 タイトルの感じや、ジャケットの柔らかな感じに好感を持ち、早速一枚抜いてレジに持って行きました。 その時点で、この新曲に関して、何の情報もなく、ぶっつけ本番で遭遇した感じでした。
家に帰り、針を落として初めて聴いたわけですが、イントロで、ちょっとガックリしたかな。(^^;
でも、(嗚呼、でも秋だからね・・・)と、納得しつつ最後迄聴きました。
でも、寂しさの中に温かさも在るこの曲を、毎日幾度となく流し、同時に「まわれ私の恋よ」も、何回聴いた事か・・・。テレビでは、日曜の午後のバラエティー番組(TVジョッキーでは無い)で観たのが最初の歌唱映像かな。黒いドレスだった記憶でしたが、記事掲載の濃紺のドレスだったかも知れませんね。
この時期は特に、シングル中袋に印刷されてた『ビクターテレホン歌謡曲』に、よく公衆電話から掛けてましたよ。桜田淳子か岩崎宏美が出れば、ラッキーでした。 歌手本人のメッセージと新曲が受話器の向こうから聴けるのが当時斬新でした。(笑)
たまに演歌の人とか出て来てガクッ!
でも大体、桜田淳子か岩崎宏美、石野真子、そしてピンク・レディーが主だった印象があります。
by 青大将 (2014-11-26 19:51) 

青大将

追記します。(^^;



つい、先程、毎週聴いて参加してるラジオ番組(こちらのローカル番組)で、一年前の淳子ライブの回想をメールして、「眉月夜」の頭サビをアカペラで歌って呉れた事にも触れたら、(放送の数時間前にメール入れた)放送で、読んで貰えただけでなく、特にリクエストしたわけでもないのに、「眉月夜」掛けて頂き、感激しました。
DJの女性の方も、レコードジャケットの様子まで伝えて呉れて、大変、良心的です。(^^)
by 青大将 (2014-11-26 23:00) 

sjghd

青大将さん こんばんは。

>「桜えびさんも今日は感傷的な御様子ですね。
わたくしも今日は、頭の中、(あれから一年・・・・・)状態一色でした。

ちょうど1年経過しての26日のコメントありがとうございます。
いろいろな思いがこみあげてきますね、、
私は、最初のナレーションと「Lady」のイントロがかかって淳子さんの歌声を聴いた瞬間が一番印象的でした。

>日頃、ネット上の文面だけで、顔も存じ上げない皆さんとも、
あの僅かな時間、同じ空間でステージと感動を共有出来たんですよね、それも併せての歓びでした!(^O^)/

そうですね、このブログの読者の方も、同じ時間、同じ空間を共有していたと思います。
このブログの読者で、ファン感謝DAYに行かれた方、いませんか?

もしかしたら、青大将さんとも、博品館で、なんとなく対面していたのかもしれません。
まあ、忘れもしない、感動的な出来事でした。

>そして今、また一年前の回想を共有出来て嬉しい限りです。(^^)

ちょうど1年で、節目でしたので、少し、記事で、触れさせていただきました。

>劇場を出た時点で、未だその後の行動も、宿泊先も未定だったので、俺はマスコミと共に出待ちして、タクシーに乗り込み、去って行く迄見届けましたよ。

いや、私も、最後まで、見届けたかったです。これを見逃したのは、痛恨の極みです。

>(結局、深夜まで銀座界隈を食事がてら徘徊した後、新橋のサウナに一泊(^^;)

わざわざ、上京して、そして1泊、お疲れ様でした。

>博品館劇場のエレベーターから新橋の信号待ち迄、計3回、クリス松村と遭遇したのも良き思い出。(笑)

ということは、クリス松村さんと席が近かったのですね。

>さて、「パーティー・イズ・オーバー」ですが、レコード買った日の状況は、よく憶えてますよ。
「白い風よ」を探して自転車で行ける限りのレコード店巡りに明け暮れてた中学2年の夏休みも終盤の某日、
いちばん足を運んだレコード店で、「Miss Kiss」に次ぐ新譜が並べられて居りました。

淳子さんのレコード売上が落ちているころ、「パーティー・イズ・オーバー」は、買うとは、さすがですね、、
私は、LPの「パーティー・イズ・オーバー」を買ったんで、シングルは、当時、パスしました。


>タイトルの感じや、ジャケットの柔らかな感じに好感を持ち、早速一枚抜いてレジに持って行きました。
その時点で、この新曲に関して、何の情報もなく、ぶっつけ本番で遭遇した感じでした。

確かに、ジャケット写真とタイトルの感じは、ソフトな感じですね、、
当時は、小遣いで、レコードを買っていたので、レコードを買う時は、ワクワクして買いましたね、、

>家に帰り、針を落として初めて聴いたわけですが、イントロで、ちょっとガックリしたかな。(^^;
でも、(嗚呼、でも秋だからね・・・)と、納得しつつ最後迄聴きました。
でも、寂しさの中に温かさも在るこの曲を、毎日幾度となく流し、同時に「まわれ私の恋よ」も、

前曲の「MissKiss」、前々曲の「サンタモニカの風」が、明るい曲でしたからね、、
前曲と、がらりと変わりましたので、、
私の場合、「MissKiss」が苦手な曲でしたし、「パーティー・イズ・オーバー」は、新鮮で、
バラードも好きでしたので、良かったです。

>何回聴いた事か・・・。テレビでは、日曜の午後のバラエティー番組(TVジョッキーでは無い)
で観たのが最初の歌唱映像かな。黒いドレスだった記憶でしたが、
記事掲載の濃紺のドレスだったかも知れませんね。

日曜の午後のバラエティー番組は、何なのでしょうかね、、
「ドレミファドン」「歌謡ドッキリ生放送」「家族そろって歌合戦」でしょうか、、、
たぶん、濃紺のドレスだとは、思われますが、、

>この時期は特に、シングル中袋に印刷されてた『ビクターテレホン歌謡曲』に、
よく公衆電話から掛けてましたよ。桜田淳子か岩崎宏美が出れば、ラッキーでした。
歌手本人のメッセージと新曲が受話器の向こうから聴けるのが当時斬新でした。(笑)
たまに演歌の人とか出て来てガクッ!
でも大体、桜田淳子か岩崎宏美、石野真子、そしてピンク・レディーが主だった印象があります。

私は、「ビクターテレホン歌謡曲」、利用したことがありませんでしたので、
情報、ありがとうございます。
淳子さんのメッセージ、聴いてみたかったです。
by sjghd (2014-11-26 23:42) 

sjghd

青大将さん こんばんは。

>つい、先程、毎週聴いて参加してるラジオ番組(こちらのローカル番組)で、一年前の淳子ライブの回想をメールして、「眉月夜」の頭サビをアカペラで歌って呉れた事にも触れたら、
(放送の数時間前にメール入れた)放送で、読んで貰えただけでなく、
特にリクエストしたわけでもないのに、「眉月夜」掛けて頂き、感激しました。
DJの女性の方も、レコードジャケットの様子まで伝えて呉れて、大変、良心的です。(^^)


いい番組ですね、、、回想を読んでもらって、曲がかかる、2重の喜びですね、、
また、普通は、「眉月夜」は、知らないと思いますので、知らない「眉月夜」をかけてくれるなんて、、、
東京でも、このようなラジオ番組があれば、いいのですが、、
紹介ありがとうございました。
by sjghd (2014-11-26 23:50) 

shout83

こんばんは、

「パーティー・イズ・オーバー」でちょっと思い出したことがあるのでコメントしました。

当時は好きな曲をカセット・テープに入れて聴いていましたが、ちょうど同じ頃に流行っていたJ.D.サウザーの「You're Only Lonely 」を「パーティー・イズ・オーバー」と続けて聴いていたのを思い出しました。

「You're Only Lonely 」は大好きな曲なんですが歌詞の中に「君が独りで寂しいときは僕の名前を呼んでおくれ、僕だって寂しいんだ」「君がクイーンだったとき僕は傍にいたんだよ」というのがあります。

「パーティー・イズ・オーバー」は、片思いの相手に好きな思いを打ち明けることができないままパーティで踊った喜びと終ってしまったパーティの寂しさを歌っています。

当時勝手な思いこみで「パーティー・イズ・オーバー」の主人公の女性の片思いの相手が「You're Only Lonely 」の歌詞の男性で実はその男の人も彼女のことが好きだったというストーリーを想像してこの2曲を並べた記憶があります。

曲の中には聴いてすぐ「来たー!」って思うものと、じっくり聴きこんでいくうちにだんだん好きになってくる曲があると思うんですが、「パーティー・イズ・オーバー」の場合は後者の方で聴けば聴くほど心に染み入ってくる曲だと思います。


by shout83 (2014-11-28 22:59) 

sjghd

shout83さん こんばんは。

>パーティー・イズ・オーバー」でちょっと思い出したことがあるのでコメントしました。

ありがとうございます。

>当時は好きな曲をカセット・テープに入れて聴いていましたが、
ちょうど同じ頃に流行っていたJ.D.サウザーの「You're Only Lonely 」を
「パーティー・イズ・オーバー」と続けて聴いていたのを思い出しました。

「You're Only Lonely 」もAORですので、合っていますね、、、
J.D.サウザーの「You're Only Lonely」は、アメリカでヒットしましたので、私もカセットに録音していると思います。
あと、俺たちの洋楽ヒット DELUXE Vol5にも入っていているので、先ほど聴きました。いい歌ですね、、

>「You're Only Lonely 」は大好きな曲なんですが歌詞の中に
「君が独りで寂しいときは僕の名前を呼んでおくれ、僕だって寂しいんだ」
「君がクイーンだったとき僕は傍にいたんだよ」というのがあります。

英語の歌詞まで、聴いているなんて、さすがですね、、
私の場合、洋楽は、題名とサビの部分の歌詞は、覚えているんですが、、他は、正確に英語が聴き取れないので、、


>「パーティー・イズ・オーバー」は、片思いの相手に好きな思いを打ち明けることができないまま
パーティで踊った喜びと終ってしまったパーティの寂しさを歌っています。
当時勝手な思いこみで「パーティー・イズ・オーバー」の主人公の女性の片思いの相手が
「You're Only Lonely 」の歌詞の男性で実はその男の人も彼女のことが好きだったというストーリーを
想像してこの2曲を並べた記憶があります。

そういう思い出でしたか、、
いや、でも、「You're Only Lonely」の歌詞を理解していないと並べられないですね、、


>曲の中には聴いてすぐ「来たー!」って思うものと、
じっくり聴きこんでいくうちにだんだん好きになってくる曲があると思うんですが、
「パーティー・イズ・オーバー」の場合は後者の方で聴けば聴くほど心に染み入ってくる曲だと思います。

そうですね、、、
曲のヒットでも、初登場で、1位になる曲のありますし、じわじわ上がって1位になる曲もあります。
じわじわ上がって1位になった曲ほど、心に染付きますね、、

じわじわ聴きこんで好きになる曲は、ありますよね、、、
私の場合、演歌がその傾向が強いです。

by sjghd (2014-11-28 23:29) 

shout83

こんばんは、

sjghdさんは、イーグルスが好きなのでおそらく6人目のイーグルスとも呼ばれているJ.D.サウザーも聴いているんじゃないかと思っていました。

私の場合「You're Only Lonely」で好きになって、後追いでサウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドのアルバムとかも買いました。

私は英語が得意という訳ではないですけど「You're Only Lonely」は比較的シンプルな歌詞なので何とか訳せました。
辞書は使ったかもしれませんけど、とにかく好きな歌だったので・・・

今はネットで訳詩はすぐ検索できますからね。
便利な世の中になりました(笑)

by shout83 (2014-11-29 23:50) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>sjghdさんは、イーグルスが好きなのでおそらく6人目のイーグルスとも呼ばれているJ.D.サウザーも聴いているんじゃないかと思っていました。

イーグルスの曲に共作で参加していますが、
あまり、6人目のイーグルスの意識は、ありませんでした。
J.D.サウザーの曲は、他にアメリカで、ヒットした曲がないようなので、「You're Only Lonely」しか知らないと思います。

当時「You're Only Lonely」を録音したカセットが見つかりましたので、この記事に追加しときます。
「You're Only Lonely」は、ヒットしましたので、このように、カセットに録音(エアチェック)
して聴いていました。

>私の場合「You're Only Lonely」で好きになって、後追いでサウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドのアルバムとかも買いました。

紹介ありがとうございます。初めて、サウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドは、知りました。
さすが、いろいろ知っていますね、、勉強になります。
私の場合は、チャートマニアでしたので、最新のチャートを追うのに精いっぱい(エアチェックやLPを買う)で、あまり後追いで、
聴くことは、しませんでした。もちろん、後追いで、聴いた曲やアルバムもあります。

>私は英語が得意という訳ではないですけど「You're Only Lonely」は比較的シンプルな歌詞なので何とか訳せました。
辞書は使ったかもしれませんけど、とにかく好きな歌だったので・・・

英語の歌は、聴いただけでは、ききとれません。(タイトルと繰り返しのサビの部分は、のぞく)
レコードを買わないと、歌詞を見ることができませんので、
英語の歌詞を見れば、だいたいは、わかりますが(辞書もありますし、、、)
何せ、ヒアリングが、まったくの苦手なので、、、

>今はネットで訳詩はすぐ検索できますからね。
便利な世の中になりました(笑)

今は、元の英語の歌詞と訳詩と両方、ネットで、わかりますからね、、
このYou're Only Lonely」もネットで調べましたら、ありました。

by sjghd (2014-11-30 09:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。