So-net無料ブログ作成
検索選択

しあわせ芝居(シングルシリーズ第5弾) [桜田淳子 シングル]

「シングルシリーズ」の5回目は、「しあわせ芝居」です。
「シングルシリーズ」は、当ブログでの目玉ですで、今回も、少しだけ頑張って記事にしましたので、よろしくお願いします。

「シングルシリーズ」は、桜田淳子さんのシングル1曲にスポットライトをあてて紹介していきます。
「シングルシリーズ」で紹介する内容は、

・ジャケット写真
・データ(発売日、作詞、作曲、編曲、売上、B面曲)
・オリコンチャート
・歌本
・「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」のブックレットから紹介
・「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」で淳子さんが語った内容を紹介
・紙ジャケットのライナーノーツから紹介
・さくらんぼ情報
・衣装とそのテレビ番組
・振り付け
・ポスター
・所感
・エピソードまたはミニ特集
・カセット
・動画(これは、たまにです。当時のビデオより)

の構成で紹介していきます。

他に何かありましたら紹介しますので、よろしくお願いします。


「しあわせ芝居」

【ジャケット写真】
(1)

1しあわせ芝居.jpg

ジャケット写真いい感じでしょうか?
曲のイメージに合わせ、黒い衣装です。(7/5追記)


【データ】
1977年11月5日発売
作詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき
編曲 船山基紀
売上 36.5万枚
最高位 オリコン3位
私の順位 11位(淳子さんのシングルでの順位)

第20回日本レコード大賞 金賞
第4回全日本歌謡音楽祭 グランプリ候補

B面 「晩秋」

【オリコン】
しあわせ芝居は、最高位オリコン3位を記録しました。売上 36.5万枚と淳子さんとしては3番目に売れました。

・しあわせ芝居 1977年12月5日 最高位 3位

(a)1977年12月5日 オリコン3位

オリコンa19771205.jpg

懐かしい歌たくさんありますね、、
作詞作曲者の中島みゆきさんの「わかれうた」が淳子さんの上にいます。
「わかれうた」は、オリコン1位をとっています。
「わかれうた」と「しあわせ芝居」がヒットチャートで、競争している不思議な現象になっています。
売れっ子のシンガーソングライターに淳子さんは、曲を頼んだことになります。

しあわせ芝居のオリコンの順位を追うと

11/14 23位
11/21 8位
11/28 7位
12/5 3位
12/12 3位
12/19 3位
12/26 4位
1/9 4位
1/16 8位
1/23 8位
1/30 16位
2/6 18位
2/13 23位
2/20 25位
2/27 28位

になります。
と4か月にわたりベスト30に入る大ヒットでした。
追いかけてヨコハマが発売されても29位に入っているので、淳子さんの曲としては、長い間、ヒットしました。
この曲で第20回日本レコード大賞 金賞を受賞しています。

上記のすべてのオリコンチャートを紹介してもいいですが、今回は、抜粋して紹介します。


(b)1977年11月14日 オリコン23位

オリコンb19771114.jpg

(c)1978年1月9日 オリコン4位

オリコンc19780109.jpg

(d)1978年2月27日 オリコン28位

オリコンd19780227.jpg

【歌本】
(2)歌本からです。

2歌本.jpg


【Thanks 40 ~青い鳥たちへ】
ブックレットには、しあわせ芝居について、淳子さんは、下記のように語っています。

どうして桜田淳子に作品を提供しようと思われたのか、すごい不思議でした。
それまで、ずっとアイドルで、イメージが出来上がっていましたから。
不幸とか、陰を感じさせない存在だっと思うんです。

デモテープを聴いたとき、鳥肌がたって涙がとまらなくなりました。

当時片思いをしていたこともあって、自分の中で、抑え込んでいた感情・・・普通の女の子と同じように泣いて
もがくんだという心の叫びを代弁してくれたように思えたんですね。
自分でも気づかなった一面をこの歌が引っ張りだしてくれたような気がします。
間違いなく私の代表曲です。
苦しさから解放してくれたみゆきさんには、感謝します。

【Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAY】

Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAYでは、
「しあわせ芝居」は、3番目に歌われました。

「ファン感謝DAY」では、「しあわせ芝居」については、【Thanks 40 ~青い鳥たちへ】のブックレットと
同様なことを淳子さん言っていました。

”中島みゆきさんから曲をいただけるなんて思わなかった。
こういう表現ができるなんて???泣いてしまった。???
中島みゆきさんを、尊敬しています。”

【しあわせ芝居紙ジャケットライナーノーツ】

しあわせ芝居紙ジャケットライナーノーツでは、淳子さんは、下記のように書いています。

当時の私の願いとしては、自分より楽曲が勝って欲しいという気持ちがあったんです。桜田淳子というアイドル歌手の人気だけが先行してしまっているように思えたんです。
言い方は、難しいですが、出せば、ある程度売れてしますという意味でも私の肩に責任感がのしかかってします気がしてそれがすごく重かったのです。
だから今、思えば贅沢なことなんですが、そうじゃないものがほしくて。
そんな時、この歌をいただいたんです。



【Thanks 40 ~青い鳥たちへ】【Thanks 40 ~青い鳥たちへ ファン感謝DAY】【しあわせ芝居紙ジャケットライナーノーツ】で、語っているように、桜田淳子さんは、「しあわせ芝居」の詩に感激し、”自分より楽曲が勝っている”いい歌をもらったわけですね、、そして、中島みゆきさんに感謝しているわけですね、、


【衣装】
次にここで、恒例の衣装を紹介です。

(3)まずは、白い衣装
1977/11/21の夜のヒットスタジオ
3しあわせ芝居衣装.jpg

この衣装は、下記でも、着ていました。
1978/1/16の夜のヒットスタジオ
1978/2/6の夜のヒットスタジオ
1977/12/24 の全員集合
1978/1/1のスター誕生
1978/2/8 たまりまセブン大放送!

この白い衣装が一番多かったですね、、

第4回全日本歌謡音楽祭も白い衣装でした。


(4)同じ白い衣装
第4回全日本歌謡音楽祭

4しあわせ芝居衣装4.jpg

(5)薄いピンク
1977/11/10 トップスターショー(TBS)

5しあわせ芝居衣装2.jpg

(6)同じく薄いピンク
1978/1/26 ザ・ベストテンでの衣装(4位)

6しあわせ芝居3.jpg

(6)は、(5)の衣装と同じと思われるが、(5)と違うところは、首のリボンをはずし、首元を出している。


(7)青い衣装
1978/2/2 ザ・ベストテンでの衣装(5位)

7しあわせ芝居2.jpg

(8)薄い緑のロングドレス
1978/12/31 レコード大賞 金賞

8しあわせ芝居衣装3.jpg

(9)白い衣装
1978/12/31 紅白歌合戦

9しあわせ芝居紅白.jpg

皆さん、どの衣装がいいでしょうか?

他にも衣装あるようですが、、

【振り付け】

曲調のため、振りは、右手で最小限でした。

(10)”心のページ”での振り

10しあわせ芝居振り.jpg

(11)ラスト(さび)の部分

11しあわせ芝居振り2.jpg

シンプルな振りも、この曲に合っていて良かったです。

【ポスター】

(12)

12しあわせ芝居カレンダー.jpg

このポスターは、「しあわせ芝居」のアルバム予約特典ポスターのひとつです。
このポスターは、大好きで、10点満点中8点です。

他にも、「しあわせ芝居」のアルバムの予約特典ポスターもありますが、これは、後に紹介します。

ジャケットとポスターとも曲のイメージに合わせて、笑顔なしの写真です。
ポスターもジャケット写真ともに、笑顔なしは、珍しいでは、ないでしょうか?
ジャケットとポスターは、皆さんは、いかがでしょうか?

【所感】

「しあわせ芝居」は、前作の「もう戻れない」が売上14.4万枚でしたので、中島みゆきさんを作詞作曲をお願いし、36.5万の大ヒットになりました。
この曲で、淳子さんのアイドルから大人の歌手への転機になりました。
この大人の歌手への転機(中島みゆきさんへの曲への依頼)は、賛否両論ありますね、、
もう少し、アイドル路線でいくべきだったからとか、、、
いや、大人の路線に行って正解だったとか、、
私は、大人の歌手への転機(中島みゆきさんへの曲への依頼)は、良かったと思っています。
理由は、あります。皆さんはどう感じていますか、、

曲に関しては、せつない恋心をしっとり歌いあげた曲で、じっくり聴くことができます。
また、淳子さんが、今までは、明るく、のびのびと声を出していましたが、おさえて
歌ってくれて、それも非常に、じっくり聴くことができるんです。

「しあわせ芝居」は、は、私の淳子さんのシングルの中では、11番目に好きです。
11番目は、大好きな曲です。
皆さんは、「しあわせ芝居」は、いかがでしょうか?

B面の「晩秋」も、秋らしいいい曲です。


【さくらんぼ情報】

さくらんぼからです。
(13)

13さくらんぼ1.jpg

しあわせ芝居で「イメージチェンジ」と書いてあります
それまで、原色の明るい華やかさを誇ってきた桜田淳子がこの歌で、「紫色」に変貌したとあります。

さくらんぼと言えば、今、さくらんぼ(果物)の季節ですね、、今、おいしいです。


【エピソード】

さくらんぼからです。
(14)

14さくらんぼしあわせ芝居4.jpg

しあわせ芝居のヒット記念パーティーでの桜田淳子さんと中島みゆきさんです。
中島さんは、淳子さんのことをこう言っています。

「あたし淳子ちゃんの大ファンだったんです。こんないい女と一緒に仕事できてとてもうれしい。
いい女と一緒だとレコード大賞をもらたっときも、絵になりますね」

「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」にもしあわせ芝居のヒット記念パーティーの事が載っています。
「しあわせ芝居」40万枚突破(オリコンでは、36.5万枚)で、東京プリンスホテルで、中島みゆきさんとクリスマスパーティーを1977年12月18日に開きました。
中島みゆきさんは、淳子さんのことを「淳子ちゃんの私にとってのイメージは、ガラスの人形でした。
そこから女の子らしいやさしさやあたたかさを引き出してみたいと思っていた」と語っています。

中島みゆきさんが淳子さんのために素晴らしい曲を作ってくれましたね、、

ここで、淳子さんは、「イメージチェンジでなく前進です」と言っています。
「私の青い鳥のイメージは、不可欠で、捨てる気はない。だから一歩、一歩なんです。変わっていくのは」と、、、語っています。


【カセット】
当時「しあわせ芝居」をエアチェックしたカセットを紹介します。カセットも当時の想い出いっぱいで懐かしいです。
(少し恥ずかしいですが、、、)
レコード持っていてもFMでエアチェックしちゃんですね、、、
「ギャル」の曲名がわからないようですね、、、
→調べました。
”好きになれば命がけよ。冗談なんかでは済ませてあげないは”の歌詞で、
石江理世さん、目黒ひとみさん、黒木真由美さんのユニットのギャルの歌で、「薔薇とピストル」でした。
すごい懐かしいです。 (7/5追記)

(15)

15しあわせ芝居カセット.jpg

では、次回の「シングルシリーズ」にご期待ください。
今まで紹介したシングルシリーズは、下記です。

第1弾
Lady(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-06-21

第2弾
天使の初恋(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-10-04

第3弾
ミスティー(シングルシリーズ)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2013-12-13

第4弾
夏にご用心(シングルシリーズ第4弾)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-02-07


●NHK番組公開ライブラリーについて5月30日で、当ブログで、紹介しまいしたが、その後、行かれた方は、いますか?
何か情報や感想などありましたら、下記へお願いします。
NHK番組公開ライブラリー 
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2014-05-30

●7月8日(火)19:00 フジテレビ「今でもすごい芸能人2・女の第2の人生全て見せますSP」は、アイドル関係の特集です。

●すでに、お知らせしていますが、桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイトをオープンしました。
サイトの運営は、2000年くらいに別のジャンルで、やっていましたので、久しぶりになります。

桜田淳子 グッドバイハッピーデイズのサイト
http://goodbyehappydays.web.fc2.com/

あくまでも私の場合、ブログが基本(主)ですので、ブログの情報が一番早いですし、今まで通り、ブログの方へアクセス、コメントをお願いします。

●shout83さんから情報ですが、7月12日のMSN産経ニュースに「花の中三トリオ」の話題が登場するかもしれません。(7/6追記)

●チューリップさんからの情報です。7月12日の産経新聞の朝刊に「花の中三トリオ」の話題が掲載されるかもしれません。(7/8追記)

●beginner14さんからの情報です。(グッドバイハッピーデイズ掲示板から)
7/12(土)22時からNHK Eテレの”SWITCHインタビュー 達人達(たち)「石川さゆり×千住博」”という番組に石川さゆりさんが登場します。
番組内容の説明に「売れないアイドル時代」とありますので、少し期待できます。(7/9追記)

P.S.
ワールドカップは、いよいよ準々決勝です。いずれもグループリーグ1位のチームが残って良かったです。
これからが楽しみです。

ベスト4が出揃いました。
オランダ-コスタリカ戦を見ましたが、圧倒的にオランダがおしてましたし、攻撃の選手を惜しげもなく投入していましたので、PK戦で、負けたら、つまらなくなると思っていました。
一つ前の記事で、ベスト4に残って欲しいチームにブラジル、ドイツ、オランダ、アルゼンチンと、上げましたが
そのとおりになって良かったです。準決勝が楽しみです。
大会前は、ブラジルを優勝予想していましたが、優勝、オランダ、準優勝 ドイツ 3位 ブラジルと予想します。

オランダの攻撃的なサッカーは、良かったです。相手によってシステムを変え、また状況によってシステムを変えるファンファールの采配が見事です。
アルゼンチン戦は、システムは、同じですが、デバイの代わりに、守備的な選手を起用するのでは、、、
また、個の力、ファンペルシー、ロッベン、スナイデル、カイトが素晴らしい。特に、カイトは、好きな選手で、能力高いです。

ブラジルは、ネイマールの怪我が痛い。総合力でドイツに負けるのでは、、(7/6追記)

ブラジル-ドイツ戦の感想だが、ブラジルは、組織力、個々の能力で、ドイツより劣っていた。

攻撃的な選手では、フレッジ、フッキは、欧州ビッグクラブの選手でない。南米のFWの選手でビッグクラブで活躍しているウルグアイのカバーニやスアレス、コロンビアのファルカオ、アルゼンチンのメッシ、イグアイン、アグエロ、チリのサンチェスのような選手と比べると実力は、落ちる。ネイマールの欠場が痛い。

また、サイドバックは、世代交代が全然できていない。マイコン、ダニエウアウベス、マクスウエルは過去の選手。またマルセロは、ムラが多い。
かつてのブラジルサイドバックとしてブランコ、レオナルド、ジュニオール、ジョルジーニョ、カフー、ロベルト・カルロスなど、錚々たる選手がいたが今は、その面影もない。

組織力の差については、今回の試合を見れば、一目瞭然である。(7/9追記)

オランダ-アルゼンチン戦の結果論での所感ですが、、

オランダは、コスタリカ戦の攻撃的布陣ではなく予想した通りの守備的な布陣。

オランダの誤算は、守備的な選手に2枚の交代を使ったこと。
一つ目は、警告を受けたマルティンスインディを、2枚目の警告を警戒してヤンマートと交代させたこと。
二つ目は、守備的デヨングの交代。デヨングが負傷明けのため早く代えたかもしれないが、
交代選手が守備的なクラーシ。

本来なら、フンテラールとデバイもしくはレンスを入れることに2枠使いたかった。
やはり、シレッセンは、PKを最近、阻止したことがなかったので、クルムを使う枠を残したかった。
オランダは、2回続けて、PK勝ちを狙うより、途中で、攻撃的布陣にしなかったことが悔やまれる。
少なくても、デヨングの交代の時は、デバイもしくはレンヌを入れるべきではなかったか、、
PK勝ちを狙うなら、クルムを使う枠を残したかった。

一方アルゼンチンは、アグエロ、マキシロドリゲスを入れて理想的な交代であった。
アグエロ、マキシロドリゲスは、PKを蹴る選手だからだ。

今回は、交代選手の使い方に明暗が出た感じだ。(7/10追記)


nice!(1)  コメント(48)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 48

ひろ

いつも当ブログを楽しみに拝見しています。
(ずっと見ているだけで、初コメントです)

今回も、シングルシリーズはいつも以上に充実した内容でとても楽しく読ませていただきました。
sighdさんの貴重なライブラリーを、いつも惜しげもなく公開してくださることに大変感謝しています。

私も淳子さんファンの端くれとして、これからも応援させていただきます。

いつか淳子さんの正式カムバックを夢みて。
by ひろ (2014-07-04 21:46) 

sjghd

ひろさん こんばんは。

>いつも当ブログを楽しみに拝見しています。
(ずっと見ているだけで、初コメントです)

初コメント、ありがとうございます。
そう言っていただくと、記事を書いた甲斐があります。

>今回も、シングルシリーズはいつも以上に充実した内容でとても楽しく読ませていただきました。

シングルシリーズの時は、少しだけ頑張って、時間をかけて書いています。

>sighdさんの貴重なライブラリーを、いつも惜しげもなく公開してくださることに大変感謝しています。

自前の物で、なるべくやろうとは、思っています。
また、読んでいる方に、公開することによって、その中で、ひとつだけでも覚えがある、共感できるものがあればと思っています。
特に、カセットは、自分しかないものですし、紹介することで、自分も懐かしいので、探すのが大変ですが、公開できてよかったです。

>私も淳子さんファンの端くれとして、これからも応援させていただきます。

ありがとうございます。
いや、、私も淳子さんファンの端くれですので、同じです。

>いつか淳子さんの正式カムバックを夢みて。

そうですね。淳子さんの才能を眠らせておくのは、もったいないですから、、
淳子さん自身が、(状況が変わって)決断するのであれば、私も、支持しますので、、
by sjghd (2014-07-04 22:34) 

dunsford

sjghd様、こんばんは。
今回は「しあわせ芝居」ですね。間違いなく、淳子さんの代表曲の一つです。
Thanks 40 ファン感謝DAYでの歌声とその姿は、まだ耳と脳裏に残っています。中島みゆきさんから曲をいただいた時の感動を語っていらっしゃいましたね。
発売当時は「アレレ、淳子さん、感じが全然違う!」と驚きましたね。
一気に大人になった感じがして、正直とまどいましたが、二度、三度と聴くうちに、いい曲だなとじんわり感じてきました。ロングヒットもうなずけます。
淳子さんの年齢と当時のニューミュージック(言葉が古い!)の台頭を考えれば、この選択は正解だったのでしょう。
でも、このビッグヒットの後がレコードセールスが低迷していきましたから、良薬ではあったが副作用もきつかったという感じでしょうか。
ただし、私はこのレコードセールスが低迷した時期でもいい曲はたくさんあると思っていますし、淳子さんもセールスなどに振り回されず、歌を大切に歌うことができる喜びを味わえてのではないでしょうか。
永遠に流行歌手(古すぎる!)であり続けることなど不可能なのですから、淳子さんには、よき「前進」のきっかけになった曲だったと思います。
それと、衣装は(3)の白いものが一番記憶に残っています、というか他のものは今回初めて観たような・・・
個人的には、(3)のような詰襟みたいな感じの服はちょっと苦手なので、この曲は「観る」より「聴く」が中心になりますね。
それにしても、オリコンチャートは涙ものです。
原田真二さんの「てぃーんずぶるーす」は懐かしいです。3曲連続(同時)発売していましたっけ?もじゃもじゃ頭でしたね。
それと、岩崎宏美さんの「思秋期」、渡辺真知子さんの「迷い道」どちらも印象深い名曲です。
私の姉の高校の先輩である榊原郁恵さんの「いとしのロビンフッドさま」など、本当に懐かしいものばかりです。
また、チャートの紹介をお願いします。
by dunsford (2014-07-04 22:44) 

shout83

こんばんは、

「しあわせ芝居」は、発売当時、正直ちょっと違和感がありました。
今までのシングルとは曲の感じがあまりにも違っていたので戸惑ったのを覚えています。
この曲に関しては賛否両論あると思いますが、当時はハッキリ言って否でした。
私は、アイドルの桜田淳子さんが好きだったし、私自身もまだ高校生だったので急激に大人っぽい歌になってしまったのについていけなかったんだと思います。

前のシングル「もう戻れない」よりもヒットしたのは確かだし、この後もそれなりにヒット曲は続いたのでこの大人の曲への転換は正解だったと言ってもいいでしょう。
ただ、アイドル歌手の宿命で歌手として残っていくには、いつかは大人の曲に路線変更しなければいけないのですが、もう少しの間アイドルっぽい曲で勝負していたらどうなっていたのかなという思いは今もあります。
17、8歳でデビューするアイドルもいる中、淳子さんの場合は、デビューが早かったので、早く大人路線への転換期を考えざるえなかったのでしょう。
それと百恵さんが既にアイドルの曲という感じから脱皮をしてヒットを連発していたと言うのも影響しているんでしょう。

っていうところはさておいて、この曲を歌っているときの淳子さんは、落ち着いた感じで好きでした。
ショートカットも「気まぐれヴィーナス」の時よりもなじんできましたし・・・、
要するに初めて聴いたときは違和感があったけど、淳子さんが好きなのは変わらないので「しあわせ芝居」も好きになったということでした。


衣裳も曲に合わせて落ち着いた感じのものが多いですね。
よく見たのは(3)(4)ですが、私は(5)がいいですね。


後になって、ブックレットなどで知りましたが、この曲に対しては淳子さんもいろいろな思いがあるようなので、この曲を聴くときはその辺りのことも考えながら聴いたりしています。

by shout83 (2014-07-04 23:01) 

ひろ 改め「SJX773」

こんばんは。
同じ名前の方が来られましたので。
名前を変えようと思います。とりあえず、SJX773で。

しあわせ芝居で淳子さんに会えるはずでした…(>_<)
プロモーションで我が故郷…ド田舎まで来られてたのですが…。
チケットも購入していましたが…。
テスト期間中だったので厳しくて行けませんでした。
兄貴の知り合いから生写真1枚もらいアルバムにチケットと一緒に入ってます。
それから…。もう、一生会えない、会わない方がいいのだと思ってました。

そんなエピソード。
この曲も、何度も何度も聴いてました。
アルバムも買って良く聴いてました。
衣装は、最初の白い服ですね。生写真も同じ衣装です。
ジャケット、ポスターとも好きです。
みゆきさんも好きなのでよかったです。
長いランクインはよかったですね。


ギャルの曲が気になります(^_^;)

Remixアルバムの「しあわせ芝居」は歌い直しです。
感情的ですがいい感じです。

名前はまた変える予定です。
by ひろ 改め「SJX773」 (2014-07-04 23:32) 

sjghd

dunsfordさん(様) こんばんは。

>今回は「しあわせ芝居」ですね。間違いなく、淳子さんの代表曲の一つです。

そうですね、、
桜田淳子さんの代表曲を3曲と上げるとすると、「わたしの青い鳥」「はじめての出来事」「しあわせ芝居」になると思います。
(以前、書きましたが、、、)

>Thanks 40 ファン感謝DAYでの歌声とその姿は、まだ耳と脳裏に残っています。

「しあわせ芝居」は、淳子さんにとって欠かせない歌ですので、、
歌ってくれましたね、、、私も、残っています。このような感動は、最近なかったですから、、、

>中島みゆきさんから曲をいただいた時の感動を語っていらっしゃいましたね。

売れっ子のシンガーソングライターですたし、当時、ニューミュージックの方に書いてもらうことは、すごいことですから、、、

>発売当時は「アレレ、淳子さん、感じが全然違う!」と驚きましたね。
一気に大人になった感じがして、正直とまどいましたが、二度、三度と聴くうちに、いい曲だなとじんわり感じてきました。ロングヒットもうなずけます。

「しあわせ芝居」の前の2曲が「気まぐれヴィーナス」「もう戻れない」ですので、全然違いましたね、、
ベストテンには、9週(2ヶ月)ですので、ロングヒットでした。
私の順位は11位ですので、大好きです。

>淳子さんの年齢と当時のニューミュージック(言葉が古い!)の台頭を考えれば、この選択は正解だったのでしょう。

ニューミュージック、古いですか、(笑)
私も、この転機は、正解だっと思います。

>でも、このビッグヒットの後がレコードセールスが低迷していきましたから、良薬ではあったが副作用もきつかったという感じでしょうか。

「しあわせ芝居」の曲が良かったのと、その後の「追いかけてヨコハマ」、
「20才になれば」「冬色の街」が「しあわせ芝居」の曲の良さを上まわることができなかったことがあります。
後、残念ながら、ファン離れが、出てきていたのも事実です。

>ただし、私はこのレコードセールスが低迷した時期でもいい曲はたくさんあると思っていますし、淳子さんもセールスなどに振り回されず、歌を大切に歌うことができる喜びを味わえてのではないでしょうか。

私もそう思います。
「パーティー・イズ・オーバー」「Lady」「夕暮れはラブソング」など、いい歌
たくさんあります。
いい歌を心をこめて歌ってくれましたね、、


>永遠に流行歌手(古すぎる!)であり続けることなど不可能なのですから、淳子さんには、よき「前進」のきっかけになった曲だったと思います。

これが、いいたかったです。まさに同じ考えです!!!!!
永遠に流行歌手=アイドル=ベストテン歌手であり続けるのは、難しいです。ですので、このような歌を歌ったことは、正解だと思います。


>それと、衣装は(3)の白いものが一番記憶に残っています、というか他のものは今回初めて観たような・・・
個人的には、(3)のような詰襟みたいな感じの服はちょっと苦手なので、この曲は「観る」より「聴く」が中心になりますね。

(3)の衣装が多いですね、、私も(3)のような衣装は、苦手です。
歌のイメージでこのような衣装になったと思います。
黒や白系で、地味な感じで、「しあわせ芝居」は、考えていたと思います。
ジャケットは、黒の衣装で、地味ですし、、、

>それにしても、オリコンチャートは涙ものです。
原田真二さんの「てぃーんずぶるーす」は懐かしいです。3曲連続(同時)発売していましたっけ?もじゃもじゃ頭でしたね。

「てぃーんず ぶるーす」、「キャンディ」、「シャドー・ボクサー」を1ヶ月ごとに発売し、オリコンチャートやザベストテンでも同時にランクインしていましたね、、

>それと、岩崎宏美さんの「思秋期」、渡辺真知子さんの「迷い道」どちらも印象深い名曲です。

両方ともいい歌です。大好きです。

>私の姉の高校の先輩である榊原郁恵さんの「いとしのロビンフッドさま」など、本当に懐かしいものばかりです。

「アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた」「いとしのロビン・フッドさま」
は、印象的な曲で、元気いっぱいの郁恵さんでした。

>また、チャートの紹介をお願いします。

オリコンチャート、ビルボードチャートなど、機会ありましたら、紹介します。
by sjghd (2014-07-04 23:33) 

sjghd

こんばんは。

shout83さん、SJX773さんのコメント返しは、じっくり書きたいので明日にさせてください。申し訳ありません。
(実は、私、寝るの早いのです、、笑い、、、)
by sjghd (2014-07-04 23:37) 

桜えび

こんばんは。(もうお休みのようですが)

「しあわせ芝居」いいですね。
僕も中島みゆきさんはちょこちょこ聞いていたので、淳子さんがこの曲を歌ったのは違和感ありませんでした。
「そうきたか」みたいな感じでした。

また何よりカツラと思えるような髪の毛の豊富さ!今となっては羨まスィ~デスね、お互い、sjghdさん。(^_-)☆

髪の毛と言えば、ひろさん、違う方だったのですね。『?』でした。

【ジャケット写真】ですが、どこかのブログでも書きましたが、「ヤジロベーは悩んでる」ポーズですね。
当時は黒い服で珍しいな。なんて何となく思っていましたが、今見ると、生足が悩まスィ~(なまあしぃ~)!(*≧∀≦*)

オリコンチャートは他の曲を見ると当時が蘇ってきますよね。
ああ、この時かみたいな。

歌本からは見覚えがあります。得意の感違いかもしれませんが、当時持っていたと思われます。(今は無い)

白い衣装は何か「男組」という漫画に出てくるような服装だなと、勝手に思っております(今も)
でも、嫌いではないですよ。

ポスターいいですね。僕ならパネルにして直ぐに飾ります。
他のポスターも後になんて言わないでブログに貼りましょうよ。
『今でしょ』(古)

>「私の青い鳥のイメージは、不可欠で、捨てる気はない。

ましてやレコード大賞最優秀新人賞の曲ですから、今、「わたしの青い鳥」=桜田淳子となってもしょうがないですね。

ワールドカップも佳境に入ってきました。どこが優勝してもおかしくはないですね。
オランダも残っているし。
これ、誰んだ?おらんだ(秋田弁風)!なんちゃって、お粗末。(*≧∀≦*)



by 桜えび (2014-07-05 00:38) 

KAZU

sjghdさん、

(3)に記載頂きました、
昭和53年1月1日放送【スター誕生】は、
《第23回決戦大会》で【JUNKOオンステージ】
と題して、ミュージカルナンバーを歌われました。


(7)の青い衣装は、
昭和52年東京芝の郵便貯金ホール【リサイタル4~ラブトゥゲザー】での衣装ですので、
正式な【しあわせ芝居】の衣装ではありません。
この衣装は後の【リップスティック】でも着用されます。

きっと、淳子さんのお気に入りの服だったと思われます。

この昭和53年2月2日放映の【ザ・ベストテン】は、
本放映開始3回目にして初の百恵さんとの共演でした。

百恵さんはスタジオでは初出演であり、
しかも、淳子さんが5位、百恵さんが4位と続いていたので、
淳子さんの【しあわせ芝居】の後、淳子さん後ろにあったセットが前に倒れてきて、
その裏面の階段の上段から百恵さんが【赤い絆~レッドセンセーション】を歌われながら降りて来られたのは、
生涯忘れることのない名シーンです。

今でも鳥肌が立つ程の感動を覚えます。

当時のTBSのスタッフの思いが篭った演出でした。

TBSの方々、誠に有難うございました。
皆様の思い、意気込みを決して忘れる事はなく、
次世代へと語り継がせて頂きます。


(9)の【紅白歌合戦】は、
1989年1月1日ではなく、1978年12月31日の誤りだと思われます。

しかし、それは初回放映であって、BSでの再放映であれば、
間違いではないかも知れません。


(14)の【クリスマスパーティー】で淳子さんが着られて衣装が、後の【リップスティック】の衣装となります。

同年11月6日に日本テレビ系にて45分間放映となりました中島みゆきさんとの【しあわせ芝居】に関わる対談番組、
近い内にビデオを整理し、拝見させて頂きます。


また、楽しい一時を頂き、誠に有難うございました。
by KAZU (2014-07-05 05:27) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>「しあわせ芝居」は、発売当時、正直ちょっと違和感がありました。
今までのシングルとは曲の感じがあまりにも違っていたので戸惑ったのを覚えています。

そうですね、、「気まぐれヴィーナス」の時ほどでは、ないでしたが、
しっとりした大人の路線に変更でしたから、、

>この曲に関しては賛否両論あると思いますが、当時はハッキリ言って否でした。

そうでしたか、、
私は、今になって賛否両論を語っていますが、当時は、あまり考えていなかった言うか、、、あまりにも「しあわせ芝居」がいい曲でしたので、受け入れてしまいました。(笑)

>私は、アイドルの桜田淳子さんが好きだったし、私自身もまだ高校生だったので急激に大人っぽい歌になってしまったのについていけなかったんだと思います。

ちょっと、前の曲「気まぐれヴィーナス」「もう戻れない」からかなり変わっており、ジャケットの雰囲気も大人路線でしたからね、、

>前のシングル「もう戻れない」よりもヒットしたのは確かだし、この後もそれなりにヒット曲は続いたのでこの大人の曲への転換は正解だったと言ってもいいでしょう。

私も前進だと思っています。
アイドル(ここでは、トップアイドルの意味)でいられるのは、ある程度
賞味期限というか、期限があります。長い間トップアイドル(ベストテン歌手)にいられる方は、ほとんどいません。
ですので、私は、今は、正解だと思っています。

>ただ、アイドル歌手の宿命で歌手として残っていくには、いつかは大人の曲に路線変更しなければいけないのですが、もう少しの間アイドルっぽい曲で勝負していたらどうなっていたのかなという思いは今もあります。

これは、ここ数年思っていました。「しあわせ芝居」でなく年齢的にも、「アイドル路線」で、勝負しても良かったかと思う時もありました。
でも最終的には、「しあわせ芝居」で良かったと思っています。


>17、8歳でデビューするアイドルもいる中、淳子さんの場合は、デビューが早かったので、早く大人路線への転換期を考えざるえなかったのでしょう。

おっしゃるとおりです。淳子さんは、デビューする年齢が早かったので、、賞味期限(アイドルの最盛期は、2年か3年)という仮説では、そうですね、、

>それと百恵さんが既にアイドルの曲という感じから脱皮をしてヒットを連発していたと言うのも影響しているんでしょう。

この影響もあると思います。百恵さんは、「千家和也さん 都倉俊一さん」
路線から卒業して、「阿木燿子さん 宇崎竜童さん」路線に行きましたので、
「阿久悠さん」は、大好きで、すごい方ですが、やはりこれだけ淳子さんの曲を作っていると、 阿久悠先生の引出しもなくなってきていたので、、
いや、、、素晴らしい分析です。

>っていうところはさておいて、この曲を歌っているときの淳子さんは、落ち着いた感じで好きでした。

私も、第11位ですので、、、この歌大好きです。

>ショートカットも「気まぐれヴィーナス」の時よりもなじんできましたし・・・、

私もそう思います。ショートカットが似合ってきたような、、、

>要するに初めて聴いたときは違和感があったけど、淳子さんが好きなのは変わらないので「しあわせ芝居」も好きになったということでした。

当時は、大好きでしたので、何でも受け入れました。
(当時は、純粋でしたし、、)

>衣裳も曲に合わせて落ち着いた感じのものが多いですね。
よく見たのは(3)(4)ですが、私は(5)がいいですね。

曲のイメージで、衣装、ジャケット、ポスターが作られていますね、、
(3)の詰襟みたいな感じ(dunsfordさんが言っていましたが)は、私は、
苦手ですので、私も断然(5)がいいですね、、

>後になって、ブックレットなどで知りましたが、この曲に対しては淳子さんもいろいろな思いがあるようなので、この曲を聴くときはその辺りのことも考えながら聴いたりしています。

そういう聴き方もできますね、、見習いたいです。
今度から淳子さんの思いを理解して、「しあわせ芝居」を聴きたいと思います。泣けるかな、、、

by sjghd (2014-07-05 11:11) 

sjghd

SJX773さん こんにちは。

>同じ名前の方が来られましたので。名前を変えようと思います。とりあえず、SJX773で。

今までのひろさん(SJX773さん)と新しいひろさん、お互いに遠慮せずに、今後、両方とも来て欲しいですね、、

>しあわせ芝居で淳子さんに会えるはずでした…(>_<)
プロモーションで我が故郷…ド田舎まで来られてたのですが…。
チケットも購入していましたが…。
テスト期間中だったので厳しくて行けませんでした。

残念でしたが、、
テスト期間中は、無理ですね、、、私もテスト期間中であればいけませんし、行きません。当時のテストの覚えなければいけない事、膨大でしたし、、まとまって数科目の試験がありましたから、、、
当時は、やはり勉強の方が優先でしたから、、、
しかし淳子さんは、地方まで、駆けつけてくれるというのは、さすがですね、、

>兄貴の知り合いから生写真1枚もらいアルバムにチケットと一緒に入ってます。

チケットは、大事にしてください。チケットは、行けなくても、行こうとしていた思い出であり、青春時代のお宝ですから、、、
私も、チケットは、大切にしています。一番のお宝です。

>それから…。もう、一生会えない、会わない方がいいのだと思ってました。

いやーー、まだ、チャンスは、あるかもしれません。

>そんなエピソード。
この曲も、何度も何度も聴いてました。アルバムも買って良く聴いてました。

私も当時、よく聴きました。それほどじーんとする歌でした。
このころから自分のテレビもありましたし、、TVでも見ましたし、
カセットやレコードでも聴きました。

>衣装は、最初の白い服ですね。生写真も同じ衣装です。

生写真も同じ衣装ですか、、
テレビで歌う衣装と地方で歌う衣装同じだったんですね、、
情報ありがとうございます。

>ジャケット、ポスターとも好きです。

こういう表情もいいですね、、
ポスターは、8点ですが、好きな方です。

>みゆきさんも好きなのでよかったです。
長いランクインはよかったですね。

中島みゆきさんの最初の作品で、曲が良かったですので、ロングヒットに
なりました。

>ギャルの曲が気になります(^_^;)

私も気になります。宿題にさせてください。

>Remixアルバムの「しあわせ芝居」は歌い直しです。
感情的ですがいい感じです。

最近、リミックスを聴いていましたが、「しあわせ芝居」リミックスは、ちょっと劇的にアレンジしすぎて苦手です。
「しあわせ芝居」は、オリジナルの方がしっとりしていて、いいです。
すいません。
by sjghd (2014-07-05 11:31) 

KAZU

sjghdさん、

この昭和52年秋は忘れられない年でした。

淳子さんの【しあわせ芝居】、百恵さんの【秋桜】、宏美さんの【思秋期】。

私が百恵さんの親衛隊MBCに入隊したのもこの時期で、
【イミテーションゴールド】~【秋桜】への変遷の時期には、
驚くべき事が起こりましたが、このお話しは別の機会に別の場所にて。

私は残念ながら百恵さんとはご縁がありませんでしたが、
私の父親は、昭和51年春、昭和52年夏と秋に百恵さんと私的な場でお逢い致しました。

親衛隊入隊後の昭和52年11月17日日本武道館での【日本歌謡大賞】、昭和52年12月20日中野サンプラザでの【FNS歌謡祭】での応援合戦。

私一人、淳子さん、宏美さんを声援していました。
他の親衛隊では絶対に考えられない良い思い出です。

失礼致しました。
by KAZU (2014-07-05 11:45) 

sjghd

桜えびさん こんにちは。

>(もうお休みのようですが)

そうなんです。年なので、夜更かしできません。

>「しあわせ芝居」いいですね。
僕も中島みゆきさんはちょこちょこ聞いていたので、淳子さんがこの曲を歌ったのは違和感ありませんでした。「そうきたか」みたいな感じでした。

そうでしたか、、、よく聴いていましたか、、
私の場合は、、中島みゆきさんの歌は、この当時は、「アザミ嬢のララバイ」「時代」「わかれうた」しか知りませんでしたので、
違和感は、曲がすごーく良かったので、ありませんでした。当時純粋でしたので、受け入れました。(笑)

>また何よりカツラと思えるような髪の毛の豊富さ!今となっては羨まスィ~デスね、お互い、sjghdさん。(^_-)☆
髪の毛と言えば、ひろさん、違う方だったのですね。

まとまっている感じです。SJXさんの話では、淳子さん、髪の量多いらしいです。うらやましいです。
(私を、どこかで、見られましたか????笑)

>【ジャケット写真】ですが、どこかのブログでも書きましたが、「ヤジロベーは悩んでる」ポーズですね。
当時は黒い服で珍しいな。なんて何となく思っていましたが、今見ると、生足が悩まスィ~(なまあしぃ~)!(*≧∀≦*)

淳子さんが黒い服を着るのは、珍しいですね、、
今回、記事を書いて、曲のイメージに合わせて、この色を選らんだことがわかりました。
生足???気づきませんでした。(本当???)よく見ていますね、、
黒い服にアクセントとしては、いいじゃないですか、、、
この黒い服に白い靴下だと合わないし、、生足がぴったりしていると思います。

>オリコンチャートは他の曲を見ると当時が蘇ってきますよね。
ああ、この時かみたいな。

紹介してよかったです。ありがとうございます。
私も、オリコンチャートや自分で録音したカセットを見ると当時が非常に懐かしく思います。

>歌本からは見覚えがあります。得意の感違いかもしれませんが、当時持っていたと思われます。(今は無い)

え!!!、、、捨てるなんて、もったいないです。
(私の場合は、捨てなくて良かったです。)

>白い衣装は何か「男組」という漫画に出てくるような服装だなと、勝手に思っております(今も)でも、嫌いではないですよ。

嫌いでは、ありませんが、詰襟みたいな感じ(dunsfordさんが言っていましたが)がちょっと、、、

>ポスターいいですね。僕ならパネルにして直ぐに飾ります。

アルバム特典ポスターで、気いっているのは、飾ろうかと思っていますが、

>他のポスターも後になんて言わないでブログに貼りましょうよ。
『今でしょ』(古)

他のポスターは、次回のネタが決まっているので、その時に、、すいません。(いつか、やりますが、かなり遅い予定です)

>>「私の青い鳥のイメージは、不可欠で、捨てる気はない。
>ましてやレコード大賞最優秀新人賞の曲ですから、今、「わたしの青い鳥」=桜田淳子となってもしょうがないですね。

そのととりです。わたしの青い鳥=桜田淳子で仕方ないです。
レコード大賞最優秀新人賞は、簡単に獲れないし、新人賞は、一生に1回しか権利がないし、最優秀は、1人しかいませんので、、
ただ、TV局には、わたしの青い鳥以外の曲を流して欲しいだけです。

>ワールドカップも佳境に入ってきました。どこが優勝してもおかしくはないですね。オランダも残っているし。
これ、誰んだ?おらんだ(秋田弁風)!なんちゃって、お粗末。(*≧∀≦*)

ここからが楽しみです。
オランダvコスタリカは、オランダを応援します。
オランダかドイツが優勝すると思っています。
最後は、相変わらず、絶好調ですね、、
by sjghd (2014-07-05 12:06) 

sjghd

KAZUさん こんにちは。

>(3)に記載頂きました、昭和53年1月1日放送【スター誕生】は、
《第23回決戦大会》で【JUNKOオンステージ】と題して、ミュージカルナンバーを歌われました。

紹介ありがとうございます。

>(7)の青い衣装は、昭和52年東京芝の郵便貯金ホール【リサイタル4~ラブトゥゲザー】での衣装ですので、正式な【しあわせ芝居】の衣装ではありません。
この衣装は後の【リップスティック】でも着用されます。
きっと、淳子さんのお気に入りの服だったと思われます。

わざわざありがとうございます。
リサイタル4行きましたし、正式な衣装でないことは、承知しております。
記事の表現が悪くて、すいませんでした。

>この昭和53年2月2日放映の【ザ・ベストテン】は、
本放映開始3回目にして初の百恵さんとの共演でした。

そうでしたね、、

>百恵さんはスタジオでは初出演であり、
しかも、淳子さんが5位、百恵さんが4位と続いていたので、
淳子さんの【しあわせ芝居】の後、淳子さん後ろにあったセットが前に倒れてきて、その裏面の階段の上段から百恵さんが【赤い絆~レッドセンセーション】を歌われながら降りて来られたのは、
生涯忘れることのない名シーンです。
今でも鳥肌が立つ程の感動を覚えます。

紹介ありがとうございます。
百恵さんのザベストテンのDVDを拝見いたしました。
その様子、確認できました。
いい演出でした。

>(9)の【紅白歌合戦】は、
1989年1月1日ではなく、1978年12月31日の誤りだと思われます。
しかし、それは初回放映であって、BSでの再放映であれば、
間違いではないかも知れません。

後で、修正します。ご指摘ありがとうございます。

>(14)の【クリスマスパーティー】で淳子さんが着られて衣装が、後の【リップスティック】の衣装となります。

そうでしたね、、、
リップスティックの衣装は、下記に以前紹介しています。

http://majun.blog.so-net.ne.jp/2011-04-22



by sjghd (2014-07-05 12:27) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>この昭和52年秋は忘れられない年でした。
淳子さんの【しあわせ芝居】、百恵さんの【秋桜】、宏美さんの【思秋期】。

淳子さんの「しあわせ芝居」は、発売時期の関係で、翌年の日本レコード大賞の賞(金賞)でしたね、、

>私が百恵さんの親衛隊MBCに入隊したのもこの時期で、【イミテーションゴールド】~【秋桜】への変遷の時期には、驚くべき事が起こりましたが、このお話しは別の機会に別の場所にて。

百恵さんの方の親衛隊に入っていたのですか、、

>私は残念ながら百恵さんとはご縁がありませんでしたが、
私の父親は、昭和51年春、昭和52年夏と秋に百恵さんと私的な場でお逢い致しました。

私的、、ちょっと気になりますが、、

>親衛隊入隊後の昭和52年11月17日日本武道館での【日本歌謡大賞】、昭和52年12月20日中野サンプラザでの【FNS歌謡祭】での応援合戦。私一人、淳子さん、宏美さんを声援していました。
他の親衛隊では絶対に考えられない良い思い出です。

そうでしたか、、
FNS歌謡祭では、淳子さんは、何を歌われたのでしょうか?

by sjghd (2014-07-05 17:30) 

sjghd

SJX773さん こんばんは。

>>ギャルの曲が気になります(^_^;)
>私も気になります。宿題にさせてください。

わかりました。
”好きになれば命がけよ。冗談なんかでは済ませてあげないは”の歌詞で、石江理世さん、目黒ひとみさん、黒木真由美さんのユニットのギャルの歌で、「薔薇とピストル」でした。
すごい懐かしいです。 
by sjghd (2014-07-05 18:46) 

KAZU

sjghdさん、

先程の書き込みで誤りがありました。

『私は残念ながら百恵さんとはご縁がありませんでしたが』は、
『私は残念ながら百恵さんとは余り沢山のご縁がありませんでしたが』
の誤りです。

百恵さんと出逢えたことこそ、最も大きく、深いご縁でした。

誠に失礼を致しました。


全国組織の親衛隊MBCは、淳子さんにおけるJBAです。

私は、JBAには属しませんでしたが、
MBCには昭和52年10月2日より、昭和55年10月15日の解散に至るまで入隊していました。

途中、受験勉強のため、昭和53年9月より昭和54年3月までの半年間は休止致しましたが、
様々な公開番組に、毎日のように同行し、
非常に思い出深い3年間でした。

それでも、私は百恵さんとは握手を交わすことさえ叶わなかったのです。

それに比べ、ファンでない父親は・・・。
このお話しは、また別の機会に。


昭和52年12月20日中野サンプラザでの【FNS歌謡祭】では、
【しあわせ芝居】で、
昭和52年11月17日日本武道館での【日本歌謡大賞】では、
【もう戻れない】で、
昭和52年12月31日帝国劇場での【日本レコード大賞】では、
【気まぐれヴィーナス】で、
ノミネートをされました。

3賞が3賞とも違うとは、一体どういうことなのでしょう。

同番組にて、
百恵さんは全て【秋桜】、
宏美さんは全て【思秋期】、
でのノミネートでしたので、全く選考基準が分かりません。

知らない内に闇の中に入るところでした。
誠に有難うございました。

by KAZU (2014-07-05 18:49) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>全国組織の親衛隊MBCは、淳子さんにおけるJBAです。
私は、JBAには属しませんでしたが、MBCには昭和52年10月2日より、昭和55年10月15日の解散に至るまで入隊していました。
途中、受験勉強のため、昭和53年9月より昭和54年3月までの半年間は休止致しましたが、様々な公開番組に、毎日のように同行し、
非常に思い出深い3年間でした。
それでも、私は百恵さんとは握手を交わすことさえ叶わなかったのです。

JBAでなくMBCに属していたのは、意外です。
親衛隊は、大変ですね、、
しかし、毎日は、すごいですね、、、
新曲発表会でもですか、、、
私は、新曲発表会では、握手した覚えがあります。

>昭和52年12月20日中野サンプラザでの【FNS歌謡祭】では、
【しあわせ芝居】で、昭和52年11月17日日本武道館での【日本歌謡大賞】では、【もう戻れない】で、
昭和52年12月31日帝国劇場での【日本レコード大賞】では、
【気まぐれヴィーナス】で、ノミネートをされました。
3賞が3賞とも違うとは、一体どういうことなのでしょう。

レコード大賞の大賞の対象が、前年の11月からその年度の10月に発売された曲なので、しあわせ芝居は、11月5日発売なので、1978年にまわされました。1977年のレコード大賞では、「しあわせ芝居」は、発売日からして対象外になります。
「FNS歌謡祭」は、発売日におけるきちっとした対象のきまりがないと思います。1977年の「FNS歌謡祭」は、12月20日に行われたので、一番ヒットした「しあわせ芝居」にしたと思います。

by sjghd (2014-07-05 19:34) 

SJX773

こんばんは。
薔薇とピストルしたか~。多分そうかなと。
いい歌ですもんね。
少し、振りも覚えてます。

しかし、KAZUさんは凄いですね。
お体無理なさらずに~。

あ、女性自身今日見ました。
少しふくよかに映ってました(^_^;)

Remix…。アレンジは好きじゃないんですけど。淳子さんの歌唱はいいです。LADYも歌唱は歌い直しですね。

by SJX773 (2014-07-05 20:16) 

sjghd

SJX773さん こんばんは。

>薔薇とピストルしたか~。多分そうかなと。
いい歌ですもんね。

ネットで、「ギャル」を調べたら、出てこなくて、、
歌手に薔薇とピストルがありましたので、思いだしました。
石江理世さんを気にいっていて、録音したと思います。
歌も良かったです。

>少し、振りも覚えてます。

SJX773さんは、振りを覚えるが、好きなんですね、、

>あ、女性自身今日見ました。
少しふくよかに映ってました(^_^;)

いいじゃないですか、、のんびりしていて、、、

>Remix…。アレンジは好きじゃないんですけど。淳子さんの歌唱はいいです。

「しあわせ芝居」のリミックスは、苦手です。
歌唱の違いまで、はっきりわかるまで、聴きこんでいませんね、、
(だめな私です)

>LADYも歌唱は歌い直しですね。

ということは、歌い直しでないリミックスもあるんですね、、
「Lady」のリミックスは、良かったです。
前奏、間奏、終わりの部分がうまくアレンジされていると思います。リミックス特有のしゃかしゃかした感じもなくバランスがいいです。

by sjghd (2014-07-05 20:34) 

shout83

こんばんは、

今日は休日出勤だったので、仕事の合間にアイフォンで産経新聞の無料アプリを見たんですが、オピニオンというページの『ニッポンの分岐点』と言う記事に「アイドル(1)偶像の誕生 テレビと若者文化の幕開け」というタイトルが載っていました。
天地真理さん、南沙織さんの話がメインですが、ザ・ピーナッツの登場あたりまで遡るかたちでアイドルを語っている興味深い内容でした。
「同時期に活躍した芸能人3人をまとめた主な呼称」という表も載っていてその中には「花の中三トリオ」として森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんの名前もあります。
サブタイトルに(1)とあるのでこの記事は今後も続くと思われます。
当然、「花の中三トリオ」の話も出てくると思います。
毎週土曜日に掲載されているので、来週の土曜日に、「花の中三トリオ」のことが載るかもしれません。

by shout83 (2014-07-05 22:42) 

sjghd

shout83さん こんばんは。

>今日は休日出勤だったので、仕事の合間にアイフォンで産経新聞の無料アプリを見たんですが、オピニオンというページの『ニッポンの分岐点』と言う記事に「アイドル(1)偶像の誕生 テレビと若者文化の幕開け」というタイトルが載っていました。

休日出勤、お疲れ様です。忙しいそうですね、、
情報ありがとうございます。
「アイドル」と聴くと、血が騒ぎます。(笑)

>天地真理さん、南沙織さんの話がメインですが、ザ・ピーナッツの登場あたりまで遡るかたちでアイドルを語っている興味深い内容でした。
「同時期に活躍した芸能人3人をまとめた主な呼称」という表も載っていてその中には「花の中三トリオ」として森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんの名前もあります。
サブタイトルに(1)とあるのでこの記事は今後も続くと思われます。

天地真理さん、南沙織さんだと、新三人娘なので、この後の3人娘が「花の中三トリオ」ですので、、、、

>当然、「花の中三トリオ」の話も出てくると思います。
毎週土曜日に掲載されているので、来週の土曜日に、「花の中三トリオ」のことが載るかもしれません。

期待したいですが、アイフォンで産経新聞の無料アプリ以外に観れる方法は、産経新聞を買えば観れるのか、サンケイスポーツを買えば観れるのか、どうなんでしょうかね、、
私は、スマホでないので、アイフォンで産経新聞の無料アプリを観るのは、無理ですので、何かいい情報があれば、お願いします。

by sjghd (2014-07-05 23:20) 

shout83

こんばんは、

そうですね、このところちょっと忙しくてこれで3週連続で土曜日出勤です。
まあ土曜日は電車も空いてるので座って行けるし、自分の仕事に集中できるので嫌ではないです。
でも、そろそろ2連休したくなってきました(笑)

「アイドル」で血が騒ぐのは私も同じです(笑)

新聞は産経新聞ですがパソコンでも見れました、
”ニッポンの分岐点”でググったら、MSN産経ニュースのページがあるのでそこで見れます。
来週、「花の中3トリオ」が載るか楽しみです。

by shout83 (2014-07-06 01:05) 

小がめら

sjghdさん、こんばんは。
SJX773さん、初めまして。

「Lady」のリミックス大好きです。それ以外のリミックスも、あれはあれで私は結構好きです。が、かねがね疑問に思っていたのですが、リミックスは基本的には歌唱も全て再録音なのですか? 素人質問ですみません。

リミックスがいつ頃の録音なのかも良く分からないでお訊ねしてしまっているのですが、初期のナンバーも歌声(声質?)は当時の声のままのようなので、私はてっきり当時の歌唱のトラックに、音声に少し処理を加えたりして、リミックスの演奏と重ねただけなのかと思っていました。(ここでまた、リミックスとアナザーバージョンの違いは?という疑問が私には湧いてしまいますが…)

SJX773さんのコメントを拝見し、あらためて「Lady」のオリジナルバージョンとリミックスを何度も聴き比べ、歌い方や発声自体が違うところがないか一生懸命探してみました。全体を聞くと判りにくいので、ワンコーラス目を8ないしは16小節ごとに区切って繰り返し聞いてみたところ、「ムーンライト どうかお願い 私きれいに、ムーンライト 照らしてほしい 淡いひかりで~」の部分の、「…お願い 私きれいに」と「淡いひ…」の部分に何とか違いを認識しました。

お話を伺ってそのつもりで両方を部分的に十数回も聴き比べてやっとわかるレベル。好きで歌は何度も聴いていますが、やはり音楽素人の私は耳も良くないし、聴き込みもまだまだ足りませんね。ため息が出てしまいました。

リミックスやオリカラについては、SJX773さんが詳しいと、以前桜えびさんからご紹介いただいていたのですが、検索下手な私にはなかなかサイトやブログが見つからず、そろそろどなたかにURLを教えて戴けないかご支援をお願いしようと思っていた矢先でした。もしお差支えなければアドバイスいただければ幸いです。

「しあわせ芝居」とは関係のない話題ですみません。

今後ともよろしくお願いいたします。
by 小がめら (2014-07-06 01:21) 

KAZU

sjghdさん、

【新曲発表会】について、以前5月9日に投稿致しました内容に誤りがありました。

私が、百恵さんの【新曲発表会】に池袋西武百貨店に参りましたのは、
昭和49年11月頃【冬の色】の時ではなく、
昭和50年10月6日【ささやかな欲望】の誤りです。

誠に失礼を致しました。

その時には、15:00~16:00までの開催で、
学校終了後にそのまま電車で駆けつけましたが、
15:30になってしまい、多くの人で拝見するのがやっとでした。

しかし、握手会はなかったと思います。

sjghdさんが行かれたのは、それより以前であったのではないでしょうか。

私が親衛隊に入隊してからは【新曲発表会】は行われた事はありませんでした。


ひろさん(SJX773さん)

有難うございます。
身体には気を配りながら頑張っておりますので、
この一年は入院もなく過ごす事が出来ました。

今年は参れませんでしたが、来年こそはお会い致しましょう。

ひろさん(SJX773さん)もお身体を大切にお過ごし下さい。

ひろさんと言うハンドルネームは多かったですね。
ひろさんにも、ローマ字にして頂いたり、漢字にして頂きました。

しかし、メールや掲示板での書き込みでは判別できますが、
実際にお会いした時には、全く判別が付かなくなることから、
会の他の仲間には、ひろたさん、ゆきさんへと変更を頂きました。

私、KAZUも同様の事由で、カズパートⅡさん、かずかずさんがいらっしゃいます。

永きに渡りお付き合い頂きました事、心より感謝申し上げます。

誠に有難うございます。

今後とも末永く宜しくお願い致します。


sjghdさん、

失礼致しました。
by KAZU (2014-07-06 03:36) 

sjghd

shout83さん こんにちは。

>そうですね、このところちょっと忙しくてこれで3週連続で土曜日出勤です。まあ土曜日は電車も空いてるので座って行けるし、自分の仕事に集中できるので嫌ではないです。でも、そろそろ2連休したくなってきました(笑)

嫌ではないですか、、さすがですね、、、
私は、昔は、忙しくて、残業、休出していましたが、最近は、休出はしていません。昔は、嫌では、ありませんでしたが(仕事に燃えていて)、今は、年のせいもあって嫌です。(笑)

>「アイドル」で血が騒ぐのは私も同じです(笑)

後、「アイドル」と言っても、昔のアイドルですよね、、
いや、当時のアイドル、歌は、本当に良かったです。

>新聞は産経新聞ですがパソコンでも見れました、
”ニッポンの分岐点”でググったら、MSN産経ニュースのページがあるのでそこで見れます。来週、「花の中3トリオ」が載るか楽しみです。

紹介ありがとうございます。同じように、探してみましたらありました。
スマホでない私でも見れます。
これで、来週楽しみになりました。

by sjghd (2014-07-06 10:46) 

sjghd

小がめらさん こんにちは。

>リミックスやオリカラについては、SJX773さんが詳しいと、以前桜えびさんからご紹介いただいていたのですが、検索下手な私にはなかなかサイトやブログが見つからず、そろそろどなたかにURLを教えて戴けないかご支援をお願いしようと思っていた矢先でした。もしお差支えなければアドバイスいただければ幸いです。

SJX773さんが詳しいというのは、、、、
私がよくわからない、イニシャルバージョン、シングルバージョン、アルバムバージョン、リミックスバージョンについて、SJX773さんからこのブログ(グッドバイハッピーデイズ)にコメントをいただいて、アドバイスをいただいていました。
私は、そのあたりがよくわからないので、大変、助かっています。


by sjghd (2014-07-06 11:01) 

sjghd

KAZUさん こんにちは。

>私が、百恵さんの【新曲発表会】に池袋西武百貨店に参りましたのは、昭和49年11月頃【冬の色】の時ではなく、
昭和50年10月6日【ささやかな欲望】の誤りです。
その時には、15:00~16:00までの開催で、
学校終了後にそのまま電車で駆けつけましたが、
15:30になってしまい、多くの人で拝見するのがやっとでした。
しかし、握手会はなかったと思います。
sjghdさんが行かれたのは、それより以前であったのではないでしょうか。

私が、百恵さんの新曲発表会にいったのは、そのとおりで、「ささやかな欲望」の前です。1974年です。
平日でなく、日曜日でした。
以前、コメントしたように、その時の様子は、写真付でいつか紹介します。
こちらのブログでは、簡易バージョンでの紹介になるかもしれません。


by sjghd (2014-07-06 11:10) 

チューリップでございます。

Sjghdさん、こんにちは。
いつぞや、偶然?!お逢いして以来でございます。。
いつも楽しく拝見させていただいております。。。


「しあわせ芝居」
当時、19才の私は恋人がいて。。
この曲は、その事とリンクしてしまうので、
私にとって、とても思い入れがある、1曲でございます。

淳子さんがよく着ていらした、3の夜ヒット。
少し悲しげな表情で、いらっしゃる淳子さんが、
私は、好きです。。。。

by チューリップでございます。 (2014-07-06 12:34) 

小がめら

sjghdさん、こんばんは。

なるほど、状況は理解できました。要するに、sjghdさんのこのブログの過去記事の中にひろさんのコメントとして、いろいろなアドバイスの記録があるということですね。

sjghdさんのこのブログの情報は私にとっては膨大ではありますが、サイトが絞れましたので、あとはコツコツと探してみたいと思います。

いつもいろいろと教えていただいてありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。
by 小がめら (2014-07-06 13:25) 

sjghd

チューリップさん こんにちは。

>いつぞや、偶然?!お逢いして以来でございます。。

本当に偶然でしたね、、、
淳子さんファンは、やはり、淳子さんがある所に引き込まれますからね(笑)

>いつも楽しく拝見させていただいております。。。

ありがとうございます。

>「しあわせ芝居」
当時、19才の私は恋人がいて。。
この曲は、その事とリンクしてしまうので、
私にとって、とても思い入れがある、1曲でございます。

素晴らしい思い出ですね、、
詩の内容は、ちょっと微妙ですけど、、

>淳子さんがよく着ていらした、3の夜ヒット。

「しあわせ芝居」と言えば、何ってたってこの衣装ですから、、、
「しあわせ芝居」=白い衣装のイメージです。

>少し悲しげな表情で、いらっしゃる淳子さんが、
私は、好きです。。。。

1番と2番の間奏の時に、少し悲しげな表情をみせてくれます。(下を向いたりして)。そして、淳子さんがしっとり歌い上げてくれる、、、「しあわせ芝居」は、最高の歌というドラマですね、、、

by sjghd (2014-07-06 13:51) 

sjghd

小がめらさん こんばんは。

>なるほど、状況は理解できました。要するに、sjghdさんのこのブログの過去記事の中にひろさんのコメントとして、いろいろなアドバイスの記録があるということですね。
sjghdさんのこのブログの情報は私にとっては膨大ではありますが、サイトが絞れましたので、あとはコツコツと探してみたいと思います。

ありがとうございます。
でも探すのは、大変だと思いますので、無理をなさらないでください。

>いつもいろいろと教えていただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いします。
by sjghd (2014-07-06 18:22) 

SJX773

こんばんは。
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃ、じゃ~ん(^^)/

小がめらさんも、こんばんは。
私はそこまで詳しい訳ではありませんが、ヘッドフォンで聴くと「ん?違うぞ~」って分かってしまいます。
「天使のくちびる」のイニシャルバージョンは、シングルレコードだけでマスターテープも無いようで、CD紙ジャケの中の音源は「レコード盤」からです。
「しあわせ芝居」のアルバムCDのリミックスは歌唱が歌い直し。このアルバムの為に歌唱新録です。「LEDY」も同様です。
「リップスティック」のシングルと、ベストアルバムに入っているのもベストの方が歌唱新録です。アナザーヴァージョンです。このカラオケもBOXのカラオケと紙ジャケのカラオケが微妙に違うらしいです…。
「This is a Boogie」もシングルとアルバム「My Dear」と微妙に違うように思えます。
「三色すみれ」のオリジナルカラオケで、昔のカラオケレコードと紙ジャケのカラオケとは違います。
他にもありそうですが…。

KAZUさんありがとうございます。
これからもっと暑くなると思いますご用心です(^_^;)

ではでは、この辺で…。
by SJX773 (2014-07-06 22:16) 

KAZU

sjghdさん、

百恵さんの【新曲発表会】のご様子を、何時の日か写真付にて、宜しくお願い致します。

心から楽しみに致しております。
by KAZU (2014-07-07 07:41) 

小がめら

SJX773さん、よく来てくださいました。
今ちょうど壺に向かってくしゃみをしようと思っていたところでした(笑)

やはり密閉式ヘッドフォンですか? パソコンに付いてくるような安い卓上スピーカーや、ウォークマンなどについてくるような、カナル型の小さいステレオイヤホンではダメでしょうか...? でも一番は耳の良し悪しではないのでしょうか?

「天使のくちびる」のイニシャルバージョンは、CD紙ジャケの中の音源は、17cmのシングル盤だったのですか? アルバム「わたしの素顔」の紙ジャケに収録されている、天使のくちびるのオリカラは、イニシャルバージョンですが、シングル盤レコードの現物からオリカラが作れてしまうのですか? だとしたら、すごいですね。

SJX773さん、また是非教えてください。よろしくお願いいたします。

今日はご登場ありがとうございました。
by 小がめら (2014-07-07 14:25) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>百恵さんの【新曲発表会】のご様子を、何時の日か写真付にて、宜しくお願い致します。

はい。予定では、かなり紹介は、かなり遅くなる可能性がありますが、必ずやりますので、よろしくお願いします。

by sjghd (2014-07-07 21:18) 

SJX773

こんばんは。
小がめらさんこんばんは。

ヘッドフォンは普通のパソコンで使うような…マイク付きを使用でございます。
イヤホンは使ってませんよ(^_^;)
「天使のくちびる」イニシャルバージョンの紙ジャケCDの音源はレコード(17cm)のシングル盤からです。
紙ジャケCD「わたしの素顔」の「天使のくちびる」オリジナルカラオケはマスターテープからで、イニシャルバージョンです。レコード現物からカラオケは多分作れないと思います。
ただ、カラオケ擬きは作れると思います。
by SJX773 (2014-07-07 22:07) 

ナゾ~(笑)の天くち

こんいちは。>●shout83さんから情報ですが、7月12日のMSN産経ニュースに「花の中三トリオ」の話題が登場するかもしれません。(7/6追記)

→なんでそげなこつがワカルトだろか?オカルト?ほとんどノストラダムスでwすな・・・ナゾ~、Ju~ンコア”~象~

最近、本ブログおよびコメントの内容がコア”&マニアック過ぎでツイて活け末世ん、こともシバシバ、漬けたべたい(笑)

by ナゾ~(笑)の天くち (2014-07-08 10:47) 

小がめら

SJX773さん、こんばんは。
sjghdさん、場所をお借りいたします。

やはりそれなりのヘッドフォンはお使いなのですね。

私は今まではiPodにMP3で落としたもので聴き比べていたので、本日
・「天使のくちびる(イニシャルバージョン)」を、
・「わたしの素顔[+9](紙ジャケ)」のディスクで、
・Windows Media Playerで直接CDから再生し、
・自分の持っている3つのステレオイヤホンの中で、一番音の良いものを使い

イントロの部分を重点的に交互に繰り返し聴いて聞いてみたのですが、17cmレコード音源(歌唱入り)とオリカラの演奏の音質の違い、良く分かりませんでした(涙;)

先入観を持って聴くと、オリカラの方が多少良い音に聞こえなくもない…という感じでしょうか。私の場合はやはり機材より自分の音感欠如が多分に問題みたいです。

今度は別途時間を取って、先日聴き比べて投稿した「Lady」を再度CD音源ないしはCD-Rにwavデータで落として聴き比べてみようと思います。でも、音の良さそうなヘッドフォンも買ってみようかな…? お奨めのメーカーとか機種はありますか?

それとやはり、歌唱入り音源からはカラオケ擬きしか作れないのですね。歌唱などモノラルで入っている部分は左右の信号の打消しでかなり消せる(自分でやったことはありませんが)という認識はあったのですが、元々入っていない演奏だけのトラックのようにはならないということですね。

いろいろ教えていただきありがとうございました。また助けてほしいことがありましたら、壺に向かってくしゃみさせていただきますので、その節はよろしくお願いいたします。


それではまた。
by 小がめら (2014-07-08 11:58) 

sjghd

天くちさん こんばんは。

>>●shout83さんから情報ですが、7月12日のMSN産経ニュースに「花の中三トリオ」の話題が登場するかもしれません。
(7/6追記)
>→なんでそげなこつがワカルトだろか?オカルト?ほとんどノストラダムスでwすな・・・ナゾ~、

→→おっとここから入りましたか、、、
shout83さんからいただいた情報です。皆さんいろいろ情報をお持ちで助かります。

>Ju~ンコア”~象~
最近、本ブログおよびコメントの内容がコア”&マニアック過ぎでツイて活け末世ん、
こともシバシバ、漬けたべたい(笑)

→→そんなことありませんのでよろしくお願いします。
今回の「しあわせ芝居」は、コアではなく、長いだけです。
この記事の、ひとつでも感じることがありましたら、よろしくお願いします。
暑いので、「しば漬け食べたい」ですね、、、
by sjghd (2014-07-08 18:58) 

チューリップでございます。


Sjghdさん、こんにちわ。。


我が家は、産経新聞もとっているのですが。。。
先週土曜日の朝刊を見たら、
Shout 83さんの書き込みの記事が載っておりました。。。
私も来週は、淳子さんが載るんではないかしら。。って、
朝から感じました。


今から、ちょっと楽しみです。。。。


あっ、本日はG 戦中止ですね。
夫はSjghd さんと同じ、G 党でして。。。
仕方なく?!今夜は私の愛するオリックス戦をテレビで見ておりますが。
(ちなみに我が夫婦、プロ野球シーズン中は旅行しませんし、
プロ野球ネタは、限りなくトークしちゃいます。。。
プロ野球大好きです。。。。。。)






by チューリップでございます。 (2014-07-08 19:28) 

sjghd

SJX773さん 小がめらさん こんばんは。

ありがとうございます。
私に遠慮せずにお願いします。

リミックスの「Lady」「しあわせ芝居」が歌唱新録音は、評価できますね、、
でもリミックスとしては、「Lady」>「しあわせ芝居」ですね、、、
リミックスは、お二人の影響で、最近、聴きはじめています。


SJX773さんは、さすがですね、、、
「This is a "Boogie"」「リップスティック」は、シングルとアルバムで違うのですか、
うーん今まで知りませんでした。
ポイントは、ヘッドフォンなんですね、、
でも年老いた私の耳では、わからないし、1曲聴いた後、次の曲を聴いても、1曲目が覚えていないので、違いを理解するのは、厳しいですね、、、(私の頭では、メモリーできない、、、)

by sjghd (2014-07-08 19:43) 

sjghd

チューリップさん こんばんは。

>我が家は、産経新聞もとっているのですが。。。
先週土曜日の朝刊を見たら、Shout 83さんの書き込みの記事が載っておりました。。。私も来週は、淳子さんが載るんではないかしら。。って、
朝から感じました。

わーー情報ありがとうございます。
ネットのMSN産経ニュースだけでなく、紙の媒体の産経新聞の土曜日に
掲載される可能性あるんですね、、、
shout83さんの情報とチューリップさんの情報で、『ニッポンの分岐点』という記事がお休みにならない限り、大丈夫そうですね、、、、

>今から、ちょっと楽しみです。。。。

ワクワクさせてよですね、、(誰かの歌にあったような?)

>あっ、本日はG 戦中止ですね。

台風の影響で、昨日、中止になりました。
グリエルがどんな選手か見たかったのですが、残念です。

>夫はSjghd さんと同じ、G 党でして。。。
仕方なく?!今夜は私の愛するオリックス戦をテレビで見ておりますが。
(ちなみに我が夫婦、プロ野球シーズン中は旅行しませんし、プロ野球ネタは、限りなくトークしちゃいます。。。プロ野球大好きです。。。。。。)

今は、違いますが、昔は、G党が多かったですから、、、
今日は、パリーグ首位攻防戦ですね、、ですので、仕方なくでは、ないと思います。
20時13分現在、オリックス勝っていますので、このままいけば、首位奪還です。
そこまで、野球好きですか(笑)、、、まあ、筋書きのないドラマで、おもしろいですから、、、


by sjghd (2014-07-08 20:14) 

Since1974

sjghdさん こんばんは

私はセミロング時代の明るい感じの曲が好きだったので、「しあわせ芝居」を声を張らずに抑えた感じで歌う淳子さんに、今までと違う、と少し戸惑いました。でも大人の女性に変わっていく淳子さんにはアイドルの曲が合わなくなる時が来る、今までにない淳子さんが出てくる転機ととらえて(要は好きな人のことなので)受け入れよう、と当時思いました。
何度か聴いてるうちに、切ない女性の恋心を歌ったすばらしい曲だと感じて徐々に好きになっていきました。
中島みゆきさんが淳子さんの大ファンとコメントしていたのは知りませんでしたが、新しい魅力を引き出そうと良い作品を提供されて、淳子さんにとっての代表作という財産ができて本当に良かったと思います。
中島みゆきさんの曲は当時高校の同級生の女子達に支持されていたので、今思えばこの後何作か中島みゆき路線で押せば、新しい同性のファン層を開拓できたのではないかという気もします。
アーチストとの出会いによって、歌手が自分でも気付かない一面を引き出されることがあるという好例だと思うので、25歳の若さで新曲を出されなくなったのが、可能性を閉ざしてしまったようで惜しいです。

衣装の写真では(5)がいいと思いました。淳子さんのスタイルの良さが感じられるように見えたからです。
ジャケットもポスターも笑顔でないですね。曲のイメージに合っていて、このほうが自然に感じられていいですね。

「女性自身」をコンビニで立ち読みしました。女性週刊誌を立ち読みするのは初めてで、周りの目が気になり変にドキドキしました。淳子さんが真剣に芸能界復帰を考えていて、記事に書かれている事情で叶わないのだとすると、、、とても悲しく残念です。

by Since1974 (2014-07-09 03:14) 

KAZU

sjghdさん、

かなり、かなり先でも構いませんので、百恵さんの写真、宜しくお願い致します。


小がめらさん、

私はオーディオマニアですので、ヘッドフォンについてお答え致します。

私の尊敬する及川先生が、良いヘッドフォンで聴く音は、ヘッドフォンなら2万円で済むところを、スピーカーで同じ音に達するまでには40万円は掛かるとのことでした。

また、良いヘッドフォンでないと、耳を壊しますのでご注意下さい。

外国製なら、
密閉型のダイナミック型のゼンハイザー、
オープンエアー型のエレクトレットコンデンサー型のSUTAX、
国内製なら、
密閉型のダイナミック型のオーディオテクニカ、
密閉型のダイナミック型のEXCELIA、
オープンエアー型のエレクトレットコンデンサー型のSATOREX、
がお勧めです。

尚、長時間、大音量で聴くのであれば、オープンエアー型でなければ耳を壊しますのでご注意下さい。

最近は購入しておりませんので、型番につきましては、
必要であれば、今度、ビックカメラかヨドバシカメラで確認をして参ります。

何れにせよ、ヘッドフォンは長時間聴くものではありません。
また、くれぐれも大音量ではお聴きにならないで下さい。

因みに私は、SATOREX、SUTAX、EXCELIAを、必要に迫られた時にのみ使用しております。

失礼致しました。
by KAZU (2014-07-09 16:58) 

sjghd

Since1974さん こんばんは。

>私はセミロング時代の明るい感じの曲が好きだったので、
「しあわせ芝居」を声を張らずに抑えた感じで歌う淳子さんに、今までと違う、と少し戸惑いました。

私も基本的にセミロング時代の明るい曲が上位にきます。ですので、同じですね、、
「はじめての出来事」「十七の夏」「ひとり歩き」「泣かないわ」「夏のご用心」がベスト5です。
確かに、「しあわせ芝居」は、今までと”どこか少し違う”(Ladyの歌詞を一部引用)でしたね、
でも、曲の良さにすぐに好きになりました。


>でも大人の女性に変わっていく淳子さんにはアイドルの曲が合わなくなる時が来る、
今までにない淳子さんが出てくる転機ととらえて(要は好きな人のことなので)受け入れよう、と当時思いました。

まったく同じです。
いつかは、転機がきますし、同じことで、すっといくこともできませんので、前進だと思います。

また、シングルの新曲には、次は、どんな曲なのか、いつも、注目していましたし、
いくつかの曲では、新曲を聴いたり、見たりして、驚きもありました。
当時は、大好きな淳子さんを観たくて、または、聴きたかったのですから、、驚きやためらいよりもどんな曲であろうが、観たり聴いたりしました。


>何度か聴いてるうちに、切ない女性の恋心を歌ったすばらしい曲だと感じて徐々に好きになっていきました。

せつない恋心をしっとり歌いあげてくれました。淳子さんの歌い方も、明るい曲とは、違って良かったですし、振りも最小限でしたし、、、


>中島みゆきさんが淳子さんの大ファンとコメントしていたのは知りませんでしたが、
新しい魅力を引き出そうと良い作品を提供されて、
淳子さんにとっての代表作という財産ができて本当に良かったと思います。

まさに”新しい魅力”を引き出してくれました。
「しあわせ芝居」は、好みがありますので、それぞれの方の好みのベスト3には、必ずしも、入らないかもしれませんが
世間一般的に言って、間違いなく桜田淳子さんの代表曲ですし、淳子さんも代表曲の一つにセレクトすると思います。

>中島みゆきさんの曲は当時高校の同級生の女子達に支持されていたので、今思えばこの後何作か中島みゆき路線で押せば、新しい同性のファン層を開拓できたのではないかという気もします。

淳子さんは、この時期から同性のファンが増えたと確か、言っていましたよ、、、

>アーチストとの出会いによって、
歌手が自分でも気付かない一面を引き出されることがあるという好例だと思うので、25歳の若さで新曲を出されなくなったのが、可能性を閉ざしてしまったようで惜しいです。

これは、難しい話ですね、、
私も、「眉月夜」以降もいろいろチャレンジできると思っていたし、
年齢を重ね、新しい淳子さんの歌に期待していまして
女優をやりながら、1年に1曲、または、2年に1曲でも歌って欲しかったです。(歌手の桜田淳子さんが一番好きなので)

女優でいくのか、歌手でいくにか、二者択一になって、女優に専念しないと、中途半端に見られる風潮があったり、
淳子さんの中でも、歌手卒業、女優専念の思いがあったと思います。

>衣装の写真では(5)がいいと思いました。淳子さんのスタイルの良さが感じられるように見えたからです。

「しあわせ芝居」のイメージは(3)ですが、、やはり(5)の方がいいですか、、、

>ジャケットもポスターも笑顔でないですね。曲のイメージに合っていて、このほうが自然に感じられていいですね。

ジャケットもポスターも笑顔でないのは、珍しいですね、、、
私もこの記事を書いている時に気づきました。
他の「しあわせ芝居」のポスターでも笑顔なしです。


>「女性自身」をコンビニで立ち読みしました。女性週刊誌を立ち読みするのは初めてで、
周りの目が気になり変にドキドキしました。

私も「女性自身」立ち読みするのは、ちょっと抵抗がありますし、まして購入となると気にしてしまいますね、、、まさかこの年で、「女性自身」を読むとは、思いませんし、、、
中学、高校の時に、「プレイボーイ」「平凡パンチ」を買うように、ドキドキします。


>淳子さんが真剣に芸能界復帰を考えていて、記事に書かれている事情で叶わないのだとすると、、、
とても悲しく残念です。

まずは、記事の内容には、残念です。
また、もし淳子さんが芸能界復帰を考えていて(Ifですので)、そういう事情で、叶わないとするので、あれば残念な気持ちは、Since1974さんと同じです。
週刊誌は、目立つ記事を欲しているので、結論ありきで、記事を書いています。
また、推測で、書いてあることが多いので、淳子さんが言った内容以外は、あまり信じない方がいいと思います。
なので、このような週刊誌の記事の内容は、真剣に考えないで、あくまで、参考情報として扱うのがいいと思います。
私もあくまで参考情報としてとらえています。

完全芸能界復帰は、いろいろあるので、厳しいかもしれませんが、昨年の11月26日に行われた「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」のような限定的イベントならありえるかもしれません。
また、もし、現状と状況が大きくかわって、(Ifです)淳子さんが自ら、芸能界復帰を決断することもゼロでは、ありません。

ですので、今後も、あたたかく桜田淳子さんを見守っていきたいと思うし、桜田淳子さんが決めた道を支持したいと思います。
(ちょうど「しあわせ芝居」での大人への転機を肯定したように、、淳子さん本人の道ですので、、)
by sjghd (2014-07-09 20:18) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>かなり、かなり先でも構いませんので、百恵さんの写真、宜しくお願い致します。

忘れたころにやりますので、、、
コメント、わざわざありがとうございます。

by sjghd (2014-07-09 20:21) 

小がめら

KAZUさん、こんばんは。
sjghdさん、また場所をお借りします。

ヘッドフォンの詳しい情報ありがとうございました。まずはそのうち土日にでも、市内の家電量販店をぶらついてそれらしいメーカーのものがありそうかリサーチしてみます。あまりなさそうなら、ネット通販をあたってみます。もし迷うようであれば、その時はメールででも相談させてください。

私は難聴になるのを気にしてあまり大音量で聞かないようにはしているので、これからも引き続き気を付けたいと思います。年齢の割には高音が良く聞こえる方らしく、同年代の人で集まっても、都会のビルの入り口の猫よけの「キーン」という高い音(モスキート何とか言うんでしたっけ?)が私には聞こえるのに、一緒にいる同年代の友達は何も聞こえない…ということが良くあります。でもそれと音感は全く別物ですが(涙)

いつもながら、いろいろご丁寧にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

sjghdさん、お邪魔致しました。

by 小がめら (2014-07-10 12:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0