So-net無料ブログ作成

桜田淳子さんのバイオグラフィー・歴史(桜田淳子さんデビュー40周年おめでとうございます。) [桜田淳子 バイオグラフィー]

2013年2月25日は、桜田淳子さんデビュー40周年です。
桜田淳子さん、デビュー40周年おめでとうございます。

それを記念して1973年からの桜田淳子さんを紹介したいと思います。
「天使も夢みる」から「お引越し」までの淳子さんの21年間を振り返ります。
今後、桜田淳子の歴史(バイオグラグラフィー)に出来事を追加して完成していきたい思います。

・1976年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2013年12月28日追記)
・電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」 の情報を追加しました、(2014年3月追記)
・1977年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2014年12月26日追記)
・ドラマ、映画、舞台情報を追加しました。(2015年3月2日追記)
・1992年1993年の出来事を時系列で整理、出来事追加
2003年から2015年の出来事を追加しました。(2015月5月29日追記)
・桜田淳子さんの本、ベストアルバムの情報を追加(2015年5月31日追記)
・1991年の出来事を時系列で整理(2015年6月3日追記)
・1978年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2015年12月24日追記)
・1973年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2016年1月2日追記)
・1974年、1975年、1979年、1980年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2016年1月3日追記)
・1981年~1993年の出来事を時系列に並べて新たな出来事を追加(2016年1月4日追記)
・2007年の出来事を整理(2016年1月5日追記)
・2002年の出来事を追加(2016年1月9日追記)
・DVD情報を追加(2016年1月10日追記)

各年度の淳子さんの活躍を紹介しますが、
それだけでは、文字の羅列でつまらないので、各年度の淳子さんの出来事の中でその年の一番(NO1)の出来事をひとつ●印で選びました。
写真を見るだけで、1973年から1993年の淳子さんの変化がわかると思います。

【桜田淳子さんのバイオグラフィー・歴史】

【1973年】 
●2月25日「天使も夢みる」でデビュー

1973天使も夢みる.jpg

3月 民放TVオーディションすべて第1位で合格
5月25日 「天使の初恋」発売
6月25日 アルバム「そよ風の天使」発売
6月30日 映画 「ときめき」で「天使の初恋」の歌唱
7月「べネルック・リップスティック」でCM初出演
7月「山一証券」のCMに出演
7月 大阪コマ劇場 はじめての劇場
8月25日 「わたしの青い鳥」発売
9月 国際劇場「三善英史ショー」にゲスト出演
9月15日 映画 「恋は放課後」で「わたしの青い鳥」の歌唱
9月25日 アルバム 「わたしの青い鳥」発売
9月 秋田で、西城秀樹とジョイントショー
10月 西武園で初めてファンの集い
10月 ドラマ「てんつくてん」出演
11月3日 映画「ひとつぶの涙」に出演
11月5日 「花物語」発売
11月 新宿音楽祭銀賞受賞
11月20日 日本歌謡大賞 最優秀新人賞受賞
12月31日 日本レコード大賞最優秀新人賞受賞

1973わたしの青い鳥.jpg

【1974年】 
1月10日 アルバム「淳子と花物語」発売
2月25日「三色すみれ」発売
3月4日 ドラマ  どっこい大作 第3部 59話「咲け!のぞみの花」
3月25日 アルバム「三色すみれ」発売
3月30日 映画「涙のあとから微笑みが」公開
4月 CM 「SSK プリンゼ」
4月1日 カリキュラマシーン
5月4日 日劇「森田健作・桜田淳子ショー」
5月20日 ドラマ 若い!先生 第2話「17歳の花ことば」
5月25日「黄色いリボン」発売
6月 CM 「尾崎商事 カンコー学生服」
6月 ベストアルバム「桜田淳子ベスト・ヒット」発売
7月5日 ベストアルバム「グランド・デラックス」発売
8月20日 ベストアルバム「恋のことりごと」白雪社
8月25日 アルバム「16才の感情」発売
8月25日「花占い」発売
9月 CM「日本模型 エレキベースギタープラモデル」
9月28日~3月29日 ドラマ「となりのとなり」
10月 CM「エスエス製薬 ブロン液」
10月19日 16歳のリサイタル 初リサイタル
12月 ベストアルバム「桜田淳子ゴールデン・デラックス」発売
12月5日「はじめての出来事」発売 
12月5日 ベストアルバム「ベストコレクション'75」発売
12月21日 アルバム「16才のリサイタル」発売
●12月31日「黄色いリボン」で紅白初出場

1974黄色いリボン.jpg

【1975年】 
1月 CM 「グリコ」
2月3日 はじめての出来事オリコン1位
3月5日「ひとり歩き」発売
3月25日 アルバム 「スプーン一杯の幸せ」発売
4月25日 桜田淳子ショー ひとり歩き 日劇
●4月26日 初主演映画「スプーン一杯の幸せ」公開

1975スプーン一杯の幸せ.jpg

5月 CM 「エスエス製薬 新エスタックW」
5月10日「白い風よ」発売
6月5日「十七の夏 」発売

1975十七の夏.jpg

6月6日~9月26日 ドラマ「あこがれ共同隊」
7月 CM「日本ビクター 純白カラーテレビ」
7月5日 アルバム 「わたしの素顔」発売
8月 CM 「東京靴下」
8月5日 ベストアルバム「スーパー・デラックス」発売
8月9日 映画「花の高2トリオ 初恋時代」公開
8月21日 日本テレビ音楽祭 トップ・アイドル賞
8月25日「天使のくちびる」発売
8月30日 西武園でソフトボール大会
9月 ベストアルバム「桜田淳子ゴールデン・デラックス2」発売
9月 CM「キスミーコスメチックス」
9月25日  「花の3人娘 決定版」 潮出版社
10月 CM 「ヰセキ さなえ」
10月 横浜音楽祭 大衆賞受賞
10月26日 桜田淳子リサイタル2 ビパ!セブンティーン
11月 CM「学研 中一コース」
11月20日 ベストアルバム「ベストコレクション'76」発売
11月24日「天使のくちびる」日本歌謡大賞放送音楽賞
11月25日「ゆれてる私」発売
11月19日 「十七の夏」日本レコード大賞大衆賞
12月10日 あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 ベストアクション賞
12月16日「天使のくちびる」FNS歌謡祭 最優秀歌謡音楽賞
12月21日 アルバム 「ビバ・セブンティーン~17才のリサイタル」発売
12月27日 映画「男はつらいよ 葛飾立志篇」公開
12月31日「はじめての出来事」で紅白出場

【1976年】 
2月 スカンジナビア号で「桜田淳子四年目の船出」キャンペーン
2月1日 「桜田淳子のすべて」 アロー出版社
2月25日 「泣かないわ」発売
4月5日 アルバム 青春前期
4月14日 18歳誕生日 ファン1300人とパーティー
4月24日 松竹映画「遺書・白い少女」公開
4月 日劇  桜田淳子ショー 淳子の四季
5月25日 「夏にご用心」発売
6月18日  国立競技場で「がんばれ淳子!ジュンコひとりぼっちのトレーニング」
6月30日 「がんばりやの天使」 大都社
7月 白い少女のバラード
●7月 全国縦断リサイタル「青春讃歌」開催

1976リサイタル.jpg

8月 日本テレビ音楽祭 敢闘賞受賞
8月25日 「ねえ!気がついてよ」発売
10月 あなたが選ぶ全日本歌謡祭 ベストアクション賞
10月25日 ベスト・ヒット・アルバム
12月5日 「もう一度だけふりむいて」発売
12月5日アルバム 熱い心の招待状
12月15日 晴着姿で記念樹! 花の高三トリオ解散式
12月21日 アルバム 青春讃歌~リサイタル3
12月31日「夏にご用心」で紅白3回目出場

【1977年】 

2月25日 「あなたのすべて」発売
●3月27日 武道館で「涙の卒業式」三人娘解散コンサート開催

1977卒業式.jpg

4月14日 「女っぽくなったでしょ・・・」19歳誕生会
4月 日劇ワンマンショー
4月29日 東宝映画「若い人」公開
5月 思い切ってショートカットに
5月5日「7594人のコーラス  あなたと淳子の詩集」 レオ企画
5月15日 「気まぐれヴィーナス」発売
6月25日 全曲集「淳子」発売
7月16日 松竹映画「愛情の設計」公開
7月 三浦海岸でファンの集い
7月25日 アルバム 「ラブ・淳子が禁断の木の実を食べた」発売
9月5日「もう戻れない」発売
9月 リサイタル4開催 ラブ・トゥゲザー
10月16日 ドラマ「気になる季節」
11月17日 「もう戻れない」で日本歌謡大賞の放送音楽賞候補曲、放送音楽プロデュサー連盟賞を受賞
11月5日「しあわせ芝居」発売
12月5日 アルバム「しあわせ芝居」発売
12月18日 「しあわせ」Xマス 中島みゆきとパーティー
12月21日 アルバム「淳子リサイタル4」発売
12月31日 「気まぐれヴィーナス 」で第19回日本レコード大賞候補曲ベスト10
12月31日 「気まぐれヴィーナス」で紅白出場
花の高三トリオ解散の記念植樹(豊川稲荷)

【1978年】 

1月1日  ドラマ NHK 「変身旅行」
1月   NHK「花のステージ」で初司会
1月   文化放送 「淳子、陽介 青春の詩」初DJ
1月22日 東條会館でファンの集い
2月4日 ドラマ 初めてのワイド「わかれ道~ある朝炎のように」
2月17日から8月18日 ドラマ 「江戸プロフェッショナル・必殺商売人」ナレーション
2月25日 「追いかけてヨコハマ」発売
4月25日 アルバム 「ステンドグラス」発売
4月25日~5月1日 日劇 桜田淳子ショー 淳子満開!
4月29日 映画 「愛の嵐の中で」公開
4月 ラジオ関東 「爆笑ジャンイアンツアワー」
5月21日 ドラマ 初めての東芝日曜劇場 「初恋通りゃんせ」
6月5日 「リップスティック」発売
6月21日 ドラマ 「希望の大地~75万人の日系ブラジル移民」
6月25日 「ベスト・ヒット・アルバム」発売
7月8日~8月5日 ドラマ コメディ公園通り「愛一つ恋一つ」
7月29日 ドラマ 「魚たちと眠れ 洋上女子大学殺人事件」
8月 民音 縦断公演
9月5日 「20才になれば」発売
9月17日 リサイタル5
10月1日~10月30日 舞台「おはん長右衛門」

●10月「しあわせ芝居」でレコード大賞金賞受賞
1978しあわせ芝居.jpg

10月25日 アルバム 「20才になれば」発売
12月21日 アルバム「淳子リサイタル5」発売
12月24日 ドラマ 「おはなちゃん繁盛記」 第11回「売られた姫君危機一髪」
12月25日「冬色の街」発売
12月31日 「しあわせ芝居」で紅白出場

【1979年】 
1月15日 「うれしさ半分、怖さ半分」振袖姿で成人式
●2月13日 NHK 「NHK ビッグショー」に出演

1979ビッグショー.jpg

2月25日「サンタモニカの風」発売
3月5日 アルバム「愛のロマンス」発売  
5月7日~10月29日 ドラマ「かたぐるま」
5月23日「スター誕」400記念ソフトボール大会参加
5月25日「MISS KISS」発売
5月26日 映画「病院坂の首縊りの家」公開
6月1日 アルバム 「一枚の絵」発売
7月1日 ベストアルバム「しあわせ芝居/わたしの青い鳥」発売
8月 CM「サンヨー食品 カップスター」
8月17日 東條会館にてファンの集い
8月25日 「パーティー・イズ・オーバー」発売
9月5日 アルバム 「パーティー・イズ・オーバー」発売
9月8日 桜田淳子スーパーライブ リサイタル6
11月25日 「LADY」発売  
12月21日 アルバム 「淳子スーパーライブ~リサイタル6」発売
12月31日「サンタモニカの風」で紅白出場
CM 「松下電器産業 ルームエアコン楽園」

【1980年】 
1月15日 映画「動乱」公開
3月1日 舞台「おはん長右衛門」
4月21日「美しい夏」発売
5月11日「美しい夏」 新曲発表会と「ためらい 恋する人へ」写真詩集展 新宿アルタ
5月15日 「ためらい 恋する人へ」桜田淳子写真詩集 ワニブックス
5月30日31日 桜田淳子らいぶ 私小説 銀座博品館
●7月10日~10月2日 ドラマ「愛の教育」に出演。主題歌「夕暮れはラブソング」

1980愛の教育.jpg

7月21日「夕暮れはラブ・ソング」発売
8月 秋田鉄道管理局一日局長
9月 CM「日本電信電話公社 ミニプッシュホン」
9月 CM「マンナンライフ 食物せんいの素」
10月2日 ミュージカル「アニーよ銃をとれ」
10月21日「神戸で逢えたら」発売
11月3日 ラジオ セイ!ヤング
11月21日 アルバム「私小説」発売
12月5日 ベストアルバム「My Road」発売
12月31日「美しい夏」で紅白出場

【1981年】 
1月1日「化粧」発売
1月「アニーよ銃をとれ」で芸術祭優秀賞を受賞
2月 1ヵ月のアメリカ旅行
4月3日~11月6日 ドラマ「玉ねぎむいたら」
●5月1日「玉ねぎむいたら…」発売

1981玉ねぎむいたら.jpg

5月 CM「サンポット ファンヒーター」
5月 中販連のイメージガールに
6月5日「ミスティー」発売
6月26日 ドラマ 「夫婦は夫婦・魔が過ぎた時」
7月 歌番組 「ザ☆スター」(全5回) 
7月18日 いなたいコンサート Misty Night
9月21「This is a "Boogie"」発売
3月5日 アルバム 「あなたかもしれない」発売
11月5日 アルバム 「My Dear」発売
12月 ベストアルバム 「桜田淳子のすべ」発売
12月31日 「This is a "Boogie"」で紅白出場

【1982年】 
5月18日 ドラマ「危機一髪の女」
5月30日~6月27日ドラマ「街~若者たちは今」
6月4日ドラマ「妻たちは・ふりむけば春」
7月6日~9月21日ドラマ「はらぺこ同志」
7月17日 デビュー10周年記念コンサート
8月5日「窓」発売
8月8日 ドラマ「城下町の夏」
11月1日ドラマ「かりそめの妻」
12月 ミュージカル「あなただけ今晩は」
12月6日 ドラマ 水戸黄門 第13部 第8話「悲願を秘めた蜆売り・吉田」
●12月31日「セーラー服と機関銃」で紅白最後の出場

1982セーラー服と機関銃.jpg

【1983年】  
1月5日 ドラマ「人見おんな物語~鳥影の関」
4月17日~9月25日「西田敏行・桜田淳子のもちろん正解」
4月28日 ドラマ 「父と娘~空白の18年」
5月5日 舞台 「大奥最後の日」
5月8日 ドラマ「花咲く街で」
5月10日~8月2日 ドラマ 「外科医 城戸修平」
●9月5日「眉月夜」発売

1983眉月夜.jpg

9月14日 ミュージカル 「アニーよ銃をとれ」
9月21日 アルバム「ナチュラリー」発売
12月19日 ドラマ「義母と小姑」

【1984年】
1月10日 本 「サラの瞳」 みみずくぷれす
1月10日 ドラマ 大奥 「消えた女の伝説」
1月17日 ドラマ 大奥 「疑惑の小公女」
●2月2日 舞台「細雪」

1984細雪.jpg

2月5日 ドラマ「寝ぼけ署長~居眠り春一番」
2月26日 ドラマ「海鳴り」
3月11日 ドラマ「寝ぼけ署長2~春に目覚める子供たち」
6月8日~8月31日 ドラマ「25歳たち~危うい予感」
6月19日 ドラマ「遅すぎた手紙」
8月2日 舞台「リトルショップ・オブ・ホラーズ」
10月29日 ドラマ「海よ眠れ・PARTII~愛と青春の輝き」

【1985年】
1月11日~3月1日 ドラマ「許せない結婚」
2月 ベストアルバム「全曲集」発売
2月4日~3月1日 ドラマ「季節はずれの蜃気楼」
3月23日 ドラマ「忍の一字」
●4月1日~10月5日 ドラマ「澪つくし」

1985澪つくし.jpg

5月4日 舞台「細雪」
8月1日 舞台「細雪」
8月25日 ドラマ「おーい春子」
12月8日 ドラマ「プロポーズをもういちど」
CM 「小林製薬 芳香剤」

【1986年】
1月2日ドラマ「愛・かなしくても愛」
1月25日 ドラマ「裏窓の花嫁」
2月2日 舞台「エドの舞踏会」
2月7日 ドラマ「悪魔からの通告」
3月4日 舞台「細雪」
3月31日 「桜田淳子 スペシャル・セレクション」CD発売
7月5日 ミュージカル「十二夜」
10月15日 ミュージカル「アニーよ銃をとれ」
●11月12日 ドラマ「湖に立つ女」

1986夏樹静子の湖に立つ女.jpg

11月30日ドラマ「女マンガ家故郷へ帰る」
CM 「わかもと製薬 強力わかもと」

【1987年】
●1月4日~12月13日 大河ドラマ「独眼竜政宗」

1987独眼竜政宗.jpg


7月6日 NKH「思い出のメロディー」司会者に
9月5日 映画「イタズ」
9月16日ドラマ「遺言を頼まれた女」
10月31日 映画「おれは男だ! 完結編」

【1988年】
1月2日 舞台「女坂」
1月3日 ドラマ「なつかしい春が来た」
5月3日 舞台「細雪」
●5月18日 映画「海へ ~See you~」

1988See you.jpg

10月13日~12月22日 ドラマ「ニューヨーク恋物語」
11月1日 「J U N K O ~JUNKO SAKURADA 30, SECOND BIRTHDAY」 小学館

【1989年】
1月1日 舞台「細雪」
3月20日 ドラマ「いもうと~異父妹~」
●4月8日~5月6日 ドラマ「池中玄太80キロⅢ」

1989池中玄太80キロ.jpg

5月3日 映画「善人の条件」
7月5日 ドラマ「思春期外来」
8月10日 ドラマ「ご存知!旗本退屈男III」
10月7日 映画「花の降る午後」
11月 舞台「野田版・国姓爺合戦」
CM「セブン-イレブン」

【1990年】
4月7日 ドラマ 特別企画ドラマ「閨閥」
5月17日 ドラマ「ゴミが捨てられない」
●8月3日 映画「オーロラの下で」

1990オーロラの下で.jpg

10月 舞台「細雪」
10月8日ドラマ「ホテル開業(オープン)」
10月13日 映画「白い手」
11月 舞台「細雪」
CM「リンレイ」

【1991年】

2月7日 新事務所 「オフィス・サクラダ」独立
3月8日 ドラマ 「プアゾンの匂う女」
3月14日 ドラマ 「世にも奇妙な物語~8時50分」

1991-8時50分.jpg

3月28日 ドラマ「浮浪雲」
4月9日 ドラマ 「黄金の犬」
4月27日 映画 「ストロベリーロード」 東京宝映
5月 舞台 「楡家の人びと」
5月27日 本 「神様がくれた贈り物~シルクロード絹物語」 全国朝日放送株式会社
7月3日 ドラマ 「合鍵の女」
7月29日 ドラマ 警察官の妻たち
10月10日 ドラマ 「ハンサムガールズ~いい女は夜眠れない」
10月17日 ドラマ 「ハンサムガールズII~結婚は女が選択する」
11月 舞台 「墨東綺譚」
12月12日 ドラマ 「株式会社の妻たち」
12月14日 映画 「曼荼羅 若き日の弘法大師」東宝東和

【1992年】
1月2日 ドラマ「天下の副将軍水戸光圀 徳川御三家の激闘」
5月31日 初公演で号泣秘話を披露 故郷秋田の中学生に
6月13日 ドラマ「オバサンなんて呼ばないで!」
6月15日 ドラマ「函館幸坂・ふたりの女」
6月29日 ドラマ「本当にあった怖い話 死の声が聞こえる」
7月10日 ドラマ「居酒屋兆治」
8月14日 ドラマ「象のいない動物園」
8月31日 ドラマ「麗子の決闘~銃口に愛をこめて」
9月 「神様がくれた贈り物(シルク)」 角川書店
12月16日 「わたしの青い鳥 桜田淳子 REMIX & BEST」CD 発売
CM「JR ナイスミディパス」

【1993年】
●3月20日 映画 お引越し 公開

1993お引越し.jpg

【2002年】
4月15日「わたしの素顔」CD
4月15日「ベスト ヒット 75」CD
4月15日「ベスト ヒット 76」CD
6月15日「青春前期」CD
6月15日「淳子が禁断の木の実を食べた」CD
6月15日「熱い心の招待状」CD
11月22日「お引越し デラックス版」DVD

【2003年】
4月23日「本当にあった怖い話 Vol.2」DVD
9月11日 「桜田淳子BOX~そよ風の天使~」CD+DVD

【2004年】
4月21日「カリキュラマシーン ベストセレクション」 DVD-BOX

【2005年】
3月9日 「COLEZO! 桜田淳子ベスト」CD
10月21日 「玉ねぎむいたら DVD-BOX」 日本クラウン 
12月16日 「COLEZO! TWIN 桜田淳子」CD

【2006年】
11月29日 「アイスルジュンバン」 集英社

【2007年】
1月26日「居酒屋兆治」 DVD ギャガ・コミニケーションズ
7月25日「GOLDEN☆BEST 桜田淳子」CD
8月22日「そよ風の天使」紙ジャケットCD
8月22日「わたしの青い鳥」紙ジャケットCD
8月22日「淳子と花物語」紙ジャケットCD
8月22日「三色すみれ」紙ジャケットCD
8月22日「16才の感情」紙ジャケットCD
8月22日「スプーン一杯の幸せ」紙ジャケットCD
8月22日「わたしの素顔」紙ジャケットCD
9月21日「青春前期」紙ジャケットCD
9月21日「熱い心の招待状」紙ジャケットCD
9月21日「ラブ淳子が禁断の実を食べた」紙ジャケットCD
9月21日「しあわせ芝居」紙ジャケットCD
9月21日「ステンドグラス」紙ジャケットCD
9月21日「20才になれば」紙ジャケットCD
11月14日「愛のロマンス」紙ジャケットCD
11月14日「一枚の絵」紙ジャケットCD
11月14日「パーティーイズオーバー」紙ジャケットCD
11月14日「あなたかもしれない」紙ジャケットCD
11月14日「MyDear」紙ジャケットCD
11月14日「ナチュラリー」紙ジャケットCD
11月21日「NHK連続テレビ小説 澪つくし 完全版」 DVD-BOXI、DVD-BOXⅡ

【2008年】
3月21日「オーロラの下で」 DVD 東映
8月6日 「桜田淳子BOX~スーパー・ライブ・コレクション~」CD

【2009年】
9月16日 「GOLDEN☆BEST 桜田淳子 コンプリート・シングル・コレクション」CD

【2011年】
3月16日 「スター誕生! CD&DVD-BOX」 バップ
8月31日 「Masako / Junko / Momoe Memorial Box 初恋時代 / 出発」ソニー・ミュージック ダイレクト
12月7日「病院坂の首縊りの家 Soundtrack」CD 
12月20日「男はつらいよ 葛飾立志篇」 DVDマガジン 講談社

【2013年】
4月26日「はらぺこ同志」DVD-BOX ベストフィールド
10月23日 デビュー40周年記念「Thanks 40 ~青い鳥たちへ」CD+DVD
11月26日(火)銀座 博品館劇場 「桜田淳子 Thanks 40 スペシャル ~ファン感謝DAY」開催

【2014年】
1月17日 電子書籍「スポニチ秘蔵アイドル全集 桜田淳子」 スポーツニッポン新聞社
7月25日(金) 「男はつらいよ 葛飾立志篇」のDVD
10月10日(金) 「動乱」 DVD 東映
11月4日(火) 「花の高2トリオ 初恋時代」 [Blu-ray] と[DVD] ホリプロ
11月19日(水) 「ゴールデン☆ベスト 桜田淳子」 VICL-70134 CD

【2015年】
1月13日(火)「出発 三人娘・涙の卒業式より」 [Blu-ray]と[DVD] ホリプロ
2月11日(水)「ゴールデン☆アイドル 桜田淳子」 VICL-70145~8 CD
2月18日(水)「海へ -See You-」「病院坂の首縊りの家」DVD 東宝
4月22日(水) 「ゴールデン☆ベスト~コンプリート・シングル・コレクション」発売(SHM-CD仕様)
5月2日(土)「お引越し」DVD オデッサ・エンターテインメント


*今回紹介した「天使も夢みる」から「お引越し」までの淳子さんの21年間の歴史は、いかがでしたでしょうか?
どの年度のどの出来事に思いいれがあるでしょうか?

自分は、上記では、下記3つを選びます。
1974年のはじめての出来事オリコン1位------この曲の良さと淳子さんの素晴らしさでトップアイドルに
1975年の「スプーン一杯の幸せ」-------初めての生淳子さんと映画の素晴らしさ
1976年の全国縦断リサイタル「青春讃歌」-----一番の思い出のコンサート


*皆さんは、淳子さんの21年間をどう応援していきましたか?

自分は、今回、21年間を振り返るにあたり、淳子さんと15年間くらいは、応援してきたことを認識しました。
1984年くらいからは、ドラマは見ていません。
でも1984年以降もドラマ以外の淳子さんが出演する番組や過去のVTRを流す番組は、見ていました。
淳子さんにただ、感謝の言葉しかありません。


次に、今回40周年と言うことで、やはり、デビュー(原点)に戻っての淳子さんを紹介します。

デビュー前のようです。日記のようなものがあります。

デビュー.jpg

デビュー当時.jpg

私服と制服の淳子さんです。どちらも初々しいですね、、、
このかわいい淳子さんが、TOPアイドル、女優になっていくんですね、、、
不思議な感じです。


最後に、まだ、40周年記念の具体的な動きがないようです。
発売して欲しいです。


1月1日にも言いましたが、この40周年という機会がいいチャンスです。
桜田淳子さん40周年を迎えるにあたり、淳子さんの期間限定での復帰を願います。
期間限定での復帰をしないより、復帰する方がいいです。ただ、それだけです。
すべて、淳子さん次第なので、


今日の記念の日は、自分は、朝から、電車の行き帰りでは、淳子さんのシングルを聞きます。
桜田淳子さんデビュー40周年の2月25日の今日を皆さん、それぞれの過ごし方でお楽しみください。
この日は、盛大に祝い、話を咲かせましょう。
*皆さんは、2月25日をどう過ごしますか?または、どう過ごしましたか?

改めて、桜田淳子さん デビュー40周年おめでとうございます。
桜田淳子さんファンの皆さんもおめでとうございます。

P.S.
桜田淳子さん39周年の記事は、下記です。

淳子さんデビュー39周年おめでとう、40年目に突入(明星からデビュー前の淳子さん)
http://majun.blog.so-net.ne.jp/2012-02-2500
nice!(2)  コメント(35)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 35

桜えび

こんばんは。
そして桜田淳子さん、デビュー40周年おめでとうございます。

淳子さんは今日何をして過ごしたのでしょうか?
多分普段と変わらない日を過ごしたのでしょうね。
チラッとでも40周年を意識したりしたのかな?

sjghdさん、淳子さんのバイオグラフィーご苦労様でした。
きっと大御所がチェックしてくれると思います^^。

僕は生淳子さんを見たことないので特に思い入れと言われても何ですが、
・「わたしの青い鳥」辺りでファンになった僕は最優秀新人賞受賞した事
・「花物語」では恋焦がれていて、ほぼ毎日レコジャケを見ながらA・B面
 聴きまくっていた事。
・「はじめての出来事」の髪型で「おおーっ!」と来た事。(オリコン1位というのは僕にとってはあまり関係ないです)
・CS放送で念願だった「若い人」を見れたこと(初見でした)
・「若い人」の舞台となった学校に行ってきたこと。
・豊川稲荷別院に行って淳子さんが植樹した白木蓮に触ってきた事。
(自分の家にも白木蓮を植えました)

何ですがと言いながらいっぱい出てきた・・・(-。-;
あとは淳子さんのオフ会に参加したり、インターネットで他のファンの人と交流出来た事かな。

皆さんもそうだと思いますが、疲れていたり悩んでいたり凹んでいたりとかに淳子さんに触れていると癒されます。
自分の原点が桜田淳子さんに僕はあります。

そんなところかな。



by 桜えび (2013-02-25 20:35) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

>淳子さんは今日何をして過ごしたのでしょうか?
チラッとでも40周年を意識したりしたのかな?

そうですね、、これは、関心ありますね、、、淳子さんは、2月25日の40周年をどう迎えているんでしょう。ちらっと意識してくれるだけでもうれしいですよね、、

>淳子さんのバイオグラフィーご苦労様でした。

たぶん、抜けはあると思いますし、間違えがあると思います。
バイオグラフィーだけでに、つまらないので、、、独断で、No1を選び、写真をつけました。その写真を探し、加工するのに時間がかかりました。

>「わたしの青い鳥」辺りでファンになった僕は最優秀新人賞受賞した事

自分も最優秀新人賞受賞は、感激しました。
以前も言いましたが、この年の最優秀新人賞は、テレビの前で、ワクワクでした。l

>「花物語」では恋焦がれていて、ほぼ毎日レコジャケを見ながらA・B面
 聴きまくっていた事。

「花物語」で、語りに驚き、この歌で、いじらしさを感じ、淳子さんに引き寄せられました。ですので、桜えびさんと同じです。奇遇です。ジャケは、毎日、見ませんでしたが、、

>「はじめての出来事」の髪型で「おおーっ!」と来た事。(オリコン1位というのは僕にとってはあまり関係ないです)

自分もい1位はあまり関係ありません。結果としてはいいですが、
「はじめての出来事」の曲のよさに感動。淳子さんのイメージチェンジ(美しさ)に感激です。

>CS放送で念願だった「若い人」を見れたこと(初見でした)
「若い人」の舞台となった学校に行ってきたこと

桜えびさんは、「若い人」を上げると予想していましたよ、、
今までもコメント見てきて、、、

>豊川稲荷別院に行って淳子さんが植樹した白木蓮に触ってきた事。

まだ、行っていません。いつか、行きたいです。(いつも言っていることですが、、、、)

>自分の家にも白木蓮を植えました

え!!!!!そこまで、やるというのは、生粋の淳子ファンです。

>あとは淳子さんのオフ会に参加したり、

オフ会の常連さんですか、、、どのくらい参加しているんですか、、、

>疲れていたり悩んでいたり凹んでいたりとかに淳子さんに触れていると癒されます。

これは、そうです。最近、へこみましたが、淳子さんが癒してくれました。
それだけ、当時の影響、あこがれが強いです。

>自分の原点が桜田淳子さんに僕はあります。

同じです。人間は、最後は、好きな物に帰るような気がします。
淳子さんには、感謝しか見当たりません。
by sjghd (2013-02-25 21:21) 

サーフサイド6

こんばんは。またまた、力作の掲載をありがとうございます。
私も、40周年を記念して、一番好きな穂口雄右さんの「晩秋」を聴きながらコメントさせていただきます。
私もほとんどsjghdさんと同意見ですが、75年の「男はつらいよ」は歴代7位の観客数だそうです。まさに淳子さん効果ですね。
76年の「白い少女」は百恵さんの「エデンの海」に圧勝したと記録されています。
77年の「涙の卒業式」では、ステージに力を入れると宣言した淳子さんの「ラストタイム・ソー・ヒム」のパフォーマンスが他の誰よりも圧巻で見事でした。
78年のレコ大賞は、今観ると淳子さんが一番だと思います。あと5万枚売れていたら取れたかも知れませんね。残念です・・・・
80年の「愛の教育」のころの美しさは凄いの一言です。
93年の「お引っ越し」ではクライマックスにかかる部分で、レンコを追いかけて橋の上から見下ろすその表情に15歳の頃の面影が残っていました。
最後に、品川中学の頃の淳子さんを作家の村松友視さんが電車の中で見かけて、「凛とした姿に感銘を受けた」というような事を本に書いています。これからも宜しくお願いいたします。
by サーフサイド6 (2013-02-25 21:43) 

KAZU

桜田淳子さん

デビュー満40周年おめでとうございます。

お幸せでありますように。


sjghdさん

実は、私は先日の集会で風邪をこじらせてしまい、余りチェックする気力に欠けるところがありますが、幾つか書かせて頂きます。

①昭和48年映画初出演【恋は放課後】とありますが、【ときめき】です。

②昭和61年は淳子さんが最も舞台に力を入れられた年ですので、ミュージカル【アニーよ銃をとれ】(再々演)(関東と関西方面)とミュージカル【十二夜】(日生劇場)だけでも、追加願いたい。

③平成元年の【善人の条件】はドラマではなく映画です。
この年の一番は、【野田版姓爺合戦】にするべきと考えます。
なぜなら、11月12月の2ヶ月間セゾン劇場という、同じ劇場で公演をされたからです。このようなことは、この時だけになってしまいました。

今回はこの辺で失礼致します。

誠にご苦労様でした。
有難うございました。

私は、淳子さんがデビューされ、【わたしの青い鳥】でファンになった昭和48年7月以降は、常に心は淳子さんと共にあります。

この40年間全く変わらなかった様に、これからも全く変わることは有り得ません。

by KAZU (2013-02-25 22:17) 

sjghd

サーフサイド6さん こんばんは。

>力作の掲載をありがとうございます。

少しだけ、時間がかかりました。

>一番好きな穂口雄右さんの「晩秋」を聴きながらコメントさせていただきます。

今日は、皆さんが、いろいろな過ごし方で、楽しんでいますね、、、
「晩秋」は、「しあわせ芝居」からですね、、、少し地味ですが、落ち着けるいい歌です。

>私もほとんどsjghdさんと同意見ですが、

どうしても74年、75年、76年に集中しそうですね、、、特に、一番輝いていた75年に、、、、

>75年の「男はつらいよ」は歴代7位の観客数だそうです。まさに淳子さん効果ですね。

そうなんですか、、、貴重な情報ありがとうございます。歴代7位というのは、すごいですね、、200万人を超えているようですね、、
自分も淳子さん効果だと思います。

>76年の「白い少女」は百恵さんの「エデンの海」に圧勝したと記録されています。

映画情報、詳しいですね、、、感心します。。「白い少女」は、いい映画でしたので、どのくらいの差なんでしょうか、、、

>77年の「涙の卒業式」では、ステージに力を入れると宣言した淳子さんの「ラストタイム・ソー・ヒム」のパフォーマンスが他の誰よりも圧巻で見事でした。

輝いていましたし、自信に満ち溢れていているような歌い方でした。

>78年のレコ大賞は、今観ると淳子さんが一番だと思います。あと5万枚売れていたら取れたかも知れませんね。残念です・・・・

これは、すごいです。淳子さんファンですね、、あの年は、ピンクレディーの「UFO」と百恵さんの「プレイバック」、沢田研二さんの「LOVE」が大賞を獲るのでは、ないかと言われていましたね、、、

>80年の「愛の教育」のころの美しさは凄いの一言です。

これは、同感です!!!!!1980年のドラマでは、「愛の教育」が一番好きです。このドラマは、淳子さんを全面に押し出していました。
いつか紹介します。

>93年の「お引っ越し」ではクライマックスにかかる部分で、レンコを追いかけて橋の上から見下ろすその表情に15歳の頃の面影が残っていました。

さすが、詳細まで、よく見ていますね、、、、この映画のクライマックスは、少し、難解でした。。。

>最後に、品川中学の頃の淳子さんを作家の村松友視さんが電車の中で見かけて、「凛とした姿に感銘を受けた」というような事を本に書いています。

またまたお宝情報ありがとうございます。淳子さんの姿が思い浮かびますね、、、

いつも貴重な情報ありがとうございます。
by sjghd (2013-02-25 22:39) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>実は、私は先日の集会で風邪をこじらせてしまい、余りチェックする気力に欠けるところがありますが、幾つか書かせて頂きます。

風邪で、体調が悪いところすいません。助かります。

>昭和48年映画初出演【恋は放課後】とありますが、【ときめき】です。

そうでした。恋は放課後は、2作目でした。修正します。

>昭和61年は淳子さんが最も舞台に力を入れられた年ですので、ミュージカル【アニーよ銃をとれ】(再々演)(関東と関西方面)とミュージカル【十二夜】(日生劇場)だけでも、追加願いたい。

追加します。しばらくお待ちください。

>平成元年の【善人の条件】はドラマではなく映画です。

そうでした。修正します。

>この年の一番は、【野田版姓爺合戦】にするべきと考えます。

1985年以降は、見ていないのが多いので、見た「池中玄太80キロⅢ」にしてしまいました。この年は、ほとんど見ていないのが多いので、どれでもいいのですので、修正します。しばらく時間がかかりますが、、、

KAZUさんは、ここにあるすべてを観ているんですか???
もし、そうであれば、キングオブ淳子ファンですね、、、

>私は、淳子さんがデビューされ、【わたしの青い鳥】でファンになった昭和48年7月以降は、常に心は淳子さんと共にあります。

「私の青い鳥」からですか、、それよりも、その後、ずっとと言うのがすごいです。
まあ、自分もずっと、他のアイドルにいかないで、淳子さんを応援していましたが、、、、KAZUさんには、到底及びません。

体調が悪い中、ありがとうございました。
by sjghd (2013-02-25 23:23) 

ひろ

こんばんは。
私は淳子さんの歌声を聴くと落ち着きます。
思春期頃に聴きまくってたのが淳子さんの歌です。
初めて買った「はじめての出来事」A面、B面ともよく聴きました。
レコードが擦り切れる程。

それまでは、天地真理さん…。
デビューされた淳子さんからぼちぼち変わって生きました。
わたしの青い鳥より、花物語あたりから、黄色いリボンでビビビ…。
それから、はじめての出来事…。
高校卒業と同じくして淳子さんから離れました…。

2000年あたりから再燃。
2002年、オフ会参加。
現在に至る。


時間的に、またいじゃいましたが…
桜田淳子さま…40周年おめでとうございます。
これからも応援させて頂きます。

by ひろ (2013-02-26 00:09) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

花の高三トリオ解散の記念植樹(豊川稲荷)を
桜田淳子さんの歴史(バイオグラフィー)に追加しました。

皆さん

皆さんからいただいた出来事を桜田淳子さん歴史(バイオグラフィー)に追加しますので、何かありましら指摘ください。
by sjghd (2013-02-26 19:43) 

sjghd

ひろさん こんばんは。

>私は淳子さんの歌声を聴くと落ち着きます。

まったく同じです。心やすまります。

>思春期頃に聴きまくってたのが淳子さんの歌です。

全く同じです。他の歌手や洋楽も聴きましたが、その中心には、淳子さんがいました。当時は、淳子さんの新曲が出るのが楽しみで、ラジオで、いち早く聴くことが、楽しみでした。

>初めて買った「はじめての出来事」A面、B面ともよく聴きました。

ひろさんは、「はじめての出来事」と「特別な気持ち」が好きなのは、知っていますよ。「はじめての出来事」に対する思いも全く同じです。
自分にとっても、「はじめての出来事」は、本当に衝撃でした。曲のよさと淳子さんのきれいさ、、、当時は、大変な気持ちで応援していました。

>それまでは、天地真理さん…。

ここで、初めて違いました(笑) 自分は、浅田美代子さんです。

>わたしの青い鳥より、花物語あたりから、黄色いリボンでビビビ…。
それから、はじめての出来事…。

1973年のデビューから注目している3人の一人でした。
同じようにわたしの青い鳥でいいなあと思い、、、
花物語でビビビです。花占いで、完全にぞっこんです。

>2000年あたりから再燃。

再燃早いですね、、、自分は、2003年のBOX発売ですか、、、

あとひろさんの言葉で、感心することがあります!!!!!!

「これからも昔の感覚で昔のままのファンで行こうと思ってます。」
この言葉は、いいですね、、

自分も当時の淳子さんへの思い、感謝を忘れず応援していきたいと思います。
by sjghd (2013-02-26 20:03) 

KAZU

sjghdさん

こんばんは。

sjghdさんが書かれたリストの、映画、ドラマは全て拝見致しております。

しかし、全てとなりますと。
映画で2本、ドラマで2本拝見できていないものがあります。

映画の内の1本は、会の仲間が10年ほど前に吉祥寺で公開があると誘ってくれたのですが、その日一日だけで、仕事で時間が取れずに行くことが出来ませんでした。内容は、その方から伺いましたが、いつの日か拝見できるものと信じております。

拝見できなかった、舞台とコンサートを書かせて頂きます。

舞台は、昭和53年【おはん長右衛門】とその再演の昭和55年です。
初演は当時高校三年生で受験近くであった為、行くことが出来ませんでした。
再演は当時大学一年生で、まだ大阪へ出向くには力不足でした。

平成3年【墨東綺譚】です。
こちらは、5月に【楡家の人々】の公演があり、その最中事務所の独立がありました関係で、11月公演のこの舞台の情報は事務所に確認するも何故か答えて頂けず、結局私が淳子さんがご出演されていたのを知ったのは10年後でした。
淳子さんが憬れていらした、浅丘ルリ子さんとの共演だっただけに、尚更拝見したかったです。

この両方の舞台とも行かれた方が、会のメンバーにはいらっしゃいますので、その舞台の概要とエピソードなどを随分と教えて頂きました。

コンサートは、
昭和49年の【16歳のリサイタル】
昭和50年の日劇と、【ビバ!セブンティーン】

の3つです。

昨年9月に30年振りに集会があったJBAの集いにがまたありましたら、私も参加させて頂き、その中の方にその時の様子をしっかりと聞いて参ります。

by KAZU (2013-02-26 20:10) 

KAZU

ひろさん

こんばんは。

ひろさんに初参加頂いたのは、まだ会が【オフ会】の時でしたね。
第十七回です。2003年11月2日でした。

永いお付き合いを有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します。

by KAZU (2013-02-26 20:19) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

>リストの、映画、ドラマは全て拝見致しております。

そうでしたか、、やはりキングの称号ですね、、、自分は、1983年までは、なんとかドラマも観ておりました。ファンクラブは1985年2月まで、あとは、ドラマ以外の淳子さんを見るくらいでしょうか、、、そこで、離れてしまいました。

>映画で2本、ドラマで2本拝見できていないものがあります。

拝見できないものもあったんですね、、、少しある意味安心しました。

>映画の内の1本は、会の仲間が10年ほど前に吉祥寺で公開があると誘ってくれたのですが

このように、今後も公開してくれることを望みたいです。

【おはん長右衛門】ですか、、、自分は、このような舞台は、あまり好きでないので行きませんでした。

【墨東綺譚】は、完全にノーマークで、まったく存在すら知りません。
完全に淳子さんから離れていました。

コンサートは、【16歳のリサイタル】は、行きませんでした。行きませんでしたでなく、行くと意識は、まったくありませんでした。
あとは、日劇は、行きませんでした。

いろいろ、お話、ありがとうございました。
by sjghd (2013-02-26 20:30) 

KAZU

sjghdさん

度々申し訳ありません。

【あなただけ今晩は】は昭和58年ではなく、昭和57年です。

タモリさんとの思い出に残るとても素敵なミュージカルでした。


by KAZU (2013-02-26 20:34) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

「あなただけ今晩は」は、1982年ですか、Wikiでは、1983年でしたので、、、
Wikiが間違えでしょうか、、、、
by sjghd (2013-02-26 20:40) 

KAZU

sjghdさん

【あなただけ今晩は】は、昭和57年で間違えはありません。

12月3日4日5日と年末で3日間と短かったので、誤って書かれているのかも知れませんが・・・。

3日間で昼と夜の6公演ありましたが、3公演行かせて頂きました。

【3時にあいましょう】などの情報番組で、沢山取り上げられました。

by KAZU (2013-02-26 22:32) 

sjghd

KAZUさん こんばんは。

わざわざありがとうございます。

自分も「さくらんぼ」を調べ1982年12月だとわかりました。

WIKIや他のサイトが間違えているのですね、、

>3日間で昼と夜の6公演ありましたが、3公演行かせて頂きました。

すごいですね、、、その発想が当時、自分にはありませんでした。

by sjghd (2013-02-26 22:49) 

じゅんた

こんばんは淳子さんデビュー40周年企画力作ですね!
有難うございます。
自分は今回sighdさんのブログを拝見して衝撃を受けた事がいくつかありました。
1、「みよつくし」の写真の淳子さんの美しさ
  このドラマは見ていないのですが、この頃流行ったボブヘアーの淳子
  さんは本当に綺麗でした。
  どおしても、アイドル時代の写真や映像が多いので忘れておりました  「25さいたち」の淳子さんも綺麗でした。

2、「男はつらいよ」の観客動員が歴代7位
  この映画のマドンナが樫木さんだった事を考えると、当時の淳子さん  の人気の凄さが想像できます。
  あらためてマドンナの依頼を断った事務所に首をかしげます。

3、1978年のレコ大受賞に淳子さんがもう少しだったこと。
  ・・・・・・全くしりませんでした(汗)

このブログを淳子さんを通じて、淳子さんを今でも惜しんでいる人達の話しをたくさん聞けてとてもありがたく思っております。
by じゅんた (2013-02-26 23:44) 

T.A

こんばんは

そして遅くなりましたが、桜田淳子さん、デビュー40周年おめでとうございます。

今回の記念記事、sjghdさんらしく豊富な資料から構成されましたね。素晴らしいと思います。

あ、でも、てんつくてんは1973年放送開始、気になる季節は1977年放送開始だと思いますが...ご認識の上での年表化であれば、ご容赦くださいませ。

私の場合、淳子さんの全盛期時はまだ子供でしたので、記憶はかなり曖昧です。
最早、近年に得た知識と当時の記憶がごっちゃになって、何だかよく判りません(笑)
そんな曖昧な記憶の中からリアルタイムでの強い思い出を引っ張り出してみると、月並みですがレコ大最優秀新人賞、国民的人気CM(さなえ、エスタック、カンコー学生服)でしょうか。もちろんスタ誕、紅白歌のベストテンでの歌唱シーンやカリキュラマシーンも僅かに覚えてますが。

後、1991年の写真、アイドル時代っぽい表情が可愛らしく見えますが、この間「警察官の妻たち」に出演した方が、アクタースクールか何かのホームページで、ロケ地の泉岳寺で淳子さんとご一緒したとのお話を読みました。その後、さっそく泉岳寺へ行き、淳子さんの面影を探したのですが、ドラマ自体観たことが無かったので良く判らず、結局マルベル堂に寄って帰りました、残念です(笑)

すみません、まだ続きます...

「男はつらいよ 葛飾立志篇」の観客動員数のお話が出てますが、ちょっとだけ調べてみたら、第13作(吉永小百合さん)194万人、第14作(十朱幸代さん)226万人、第15作(浅岡ルリ子さん)200万人、葛飾立志篇が213万人となっていまして、驚くことに、以降は168万人、172万人、140万人と落ちてました...淳子さん効果は、やはり高かった様です。

最後になりますが、モノクロ二枚の写真は、コラボと思って宜しいですか(笑)
ファンサイトの掲示板でも、この時の別写真を掲載された方がいらっしゃいました。デビュー直前の貴重な資料ですし、40周年で取り上げるのに相応しい(明星?)の記事だったんですね、きっと。

長々と失礼しました。

by T.A (2013-02-27 01:29) 

桜えび

こんにちは。sjghdさん、

>花の高三トリオ解散の記念植樹(豊川稲荷)を
桜田淳子さんの歴史(バイオグラフィー)に追加しました。

ありがとうございます。トリオ解散のピリオドとして解散コンサートが行われましたが、記念として植樹されました。
コンサートはDVD化され形として残り、樹は生き続けています。
前に立っている観音様のご加護もあるのでしょうが(?)、三人の「絆」も生きているということでしょうね(今週号のアサ芸記事に絡めました・^^)。

白木蓮は大きくなるので悩みましたが、僕の家と豊川稲荷の白木蓮がリンクして淳子さんに僕の想いが通じないかという、真に神秘的な(?)神頼みという超他力本願の極みでございます(生マジメ)。
また「あなたのすべて」の歌詞で♪白い花が咲いて♪とあり、まさにこれからの季節なのですがこの白い花が白木蓮と僕は思ってます。実際はどうなのかは知りませんが。

大御所のチェックと真打T.Aさんのチェックもあり、ご苦労なされたバイオグラフィーもWikiより正確で充実してきた感ありですね(^∇^)ノ。

僕は[さなえの会]は4回ぐらいしか出ていません。とても常連ではないですよf^^*)。
常連の方々はシャイみたいであまり書き込みはなさらないようですね。



by 桜えび (2013-02-27 11:25) 

ひろ

こんばんは。
KAZUさん…「第十七回です。2003年11月2日でした。
        永いお付き合いを有難うございます。」
良く覚えてますね~(^_^;) 忘れてます(>_<)
これからもよろしくお願いします。


2000年頃、中古レコード屋で2枚組ベストLPを手にし、CD屋さんでたまたま見かけた2IN1CD桜田淳子でした。物足りなかったんですが何だか嬉しかったのを覚えてます。
それから再燃~。

もっともっと、淳子さんファンの方々と語り合えればいいですけどね~。

by ひろ (2013-02-27 18:58) 

sjghd

じゅんたさん こんばんは。

>淳子さんデビュー40周年企画力作ですね!

ありがとうございます。
年末の記事に比べれば、1/20くらいの労力です。

>「みよつくし」の写真の淳子さんの美しさ。このドラマは見ていないのですが、この頃流行ったボブヘアーの淳子さんは本当に綺麗でした。

自分もこもあたりからまったく淳子さんのドラマは、観ていません。「澪つくし」は、仕事をやめてからゆっくり見るつもりです。
ボブヘアーの淳子さんは、他のテレビ番組でも披露していたので、いつか紹介します。この頃ボブヘアー流行ったのですか?知りませんでした。
「25歳たち」も見ていません。1985年ごろの淳子さんの写真もありますが、美しいです。

>「男はつらいよ」の観客動員が歴代7位この映画のマドンナが樫木さんだった事を考えると、当時の淳子さんの人気の凄さが想像できます。

これは、そうですね、、、自分もサーフサイド6さんに対するコメントに、「樫山さん」がマドンナなので、と書きたかったのですが、、少し、「樫山さん」に遠慮しました。 

>1978年のレコ大受賞に淳子さんがもう少しだったこと。

客観的には、、ピンクレディーの「UFO」と百恵さんの「プレイバック」、沢田研二さんの「LOVE」が有力でした。「しあわせ芝居」も50万超えれば良かったですが、、、

>このブログを淳子さんを通じて、淳子さんを今でも惜しんでいる人達の話しをたくさん聞けてとてもありがたく思っております。

自分も皆さんの意見が聴けて、ありがたいです。

by sjghd (2013-02-27 20:41) 

sjghd

T.Aさん こんばんは。

>今回の記念記事、sjghdさんらしく豊富な資料から構成されましたね。素晴らしいと思います。

そんなことありません。出来事は、サイトとさくらんぼから引っ張りました。
写真だけ、時間がかかりました。

>でも、てんつくてんは1973年放送開始、気になる季節は1977年放送開始だと思いますが...

ありがとうございます。そうですね、、修正します。

>淳子さんの全盛期時はまだ子供でしたので、記憶はかなり曖昧です。

でも、淳子さんの歌は、歌っていたようで、、すごいことです。

>レコ大最優秀新人賞

レコ大最優秀新人賞は、感激度では、NO1ですね、、最優秀新人賞
は一生に1回しかチャンスがなくそれも一人しか獲れませんから

>国民的人気CM(さなえ、エスタック、カンコー学生服)でしょうか。

CMもインパクト強いですね、、、グリコや山一証券も良かったです。
でもやはりエスタックとカンコー学生服が一番ですかね、、、

>もちろんスタ誕、紅白歌のベストテンでの歌唱シーンやカリキュラマシーンも僅かに覚えてますが。

スター誕生、紅白歌のベストテンは、チャンネル権を確保していたので、観てました。特に紅白歌のベストテンは、大好きな番組でした。
カリキュラマシーンは、逆にあまり覚えがありません。

>この間「警察官の妻たち」に出演した方が、アクタースクールか何かのホームページで、ロケ地の泉岳寺で淳子さんとご一緒したとのお話を読みました。その後、さっそく泉岳寺へ行き、淳子さんの面影を探したのですが、ドラマ自体観たことが無かったので良く判らず、

自分も「警察官の妻たち」は、ドラマ自体知りません。「ゆかりの地」には、
なりませんでしたか、、残念。しかし、この淳子さん情報はどうやって見つけるでしょうか?いつものように、その探究心には、感心の言葉しかありません。

>結局マルベル堂に寄って帰りました

また行ったのですか?何か買いましたか?

>第13作(吉永小百合さん)194万人、第14作(十朱幸代さん)226万人、第15作(浅岡ルリ子さん)200万人、葛飾立志篇が213万人となっていまして、驚くことに、以降は168万人、172万人、140万人と落ちてました...淳子さん効果は、やはり高かった様です。

そうそうたるマドンナの吉永小百合さんや浅丘ルリ子さんをしのいでいます。樫山さんを考えると淳子さん効果ですね、、、
それ以降は、下日になって行ったわけですね、、、

>モノクロ二枚の写真は、コラボと思って宜しいですか

これ、結果的にコラボになりました。後で追加したわけでは、ありません。
この40周年記事は、1ヵ月以上前に準備していたので、すべて載せる写真は、かなり前に用意していました。ですので、自分が明星か平凡の写真を用意していたものが、T.Aさんの用意した写真と同じ号のグラビアだと気づきませんでした。
だから、T.Aさんのブログのコメントに「下から2枚目の写真を今探してる最中ですが、、、 まだ、見つかりません。 」と書いてしまいました。
本当にその時は、見つからなく、「ファン歴カミングウト#1の写真と同じです」と聞いてようやくわかったのですが、すでに、記事は、用意していましたので、そのまま載せました。39周年の時もそうでしたが、やはり、記念日には、デビュー当時の写真を載せたくて、用意していたわけです。

by sjghd (2013-02-27 21:18) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

>トリオ解散のピリオドとして解散コンサートが行われましたが、記念として植樹されました。コンサートはDVD化され形として残り、樹は生き続けています。前に立っている観音様のご加護もあるのでしょうが(?)、三人の「絆」も生きているということでしょうね(今週号のアサ芸記事に絡めました

この3人の絆は、永遠に不滅ですね、、、記念樹がすっと生き続けていることを祈ります。そのうち、豊川稲荷行きたいですね、、、今ごろ行っても珍しくないし、、、

>白木蓮は大きくなるので悩みましたが、僕の家と豊川稲荷の白木蓮がリンクして淳子さんに僕の想いが通じないかという、真に神秘的な(?)神頼みという超他力本願の極みでございます(生マジメ)。

白木蓮を植えたことだけで、想いは、通じると思いますよ、、
同じ木を植えることは自体が、桜田淳子さんへの思いが相当強いと思います。中々、これは、できません。

>白い花が白木蓮と僕は思ってます。実際はどうなのかは知りませんが

「あなたのすべて」と「植樹」の時期が近いですから、、、そうかもしれませんね、、、

>大御所のチェックと真打T.Aさんのチェックもあり、ご苦労なされたバイオグラフィーもWikiより正確で充実してきた感ありですね

皆さんのおかげです。

>[さなえの会]は4回ぐらいしか出ていません。

常連かと思いました。いつか、お会いできる時があれば、その時は、よろしくお願いします。
by sjghd (2013-02-27 21:35) 

T.A

すみません。セルフチェックに引っ掛かりました(笑)。警察官の妻たちのロケ地は泉岳寺では無く、浅草寺の間違いです、お恥ずかしい...泉岳寺は淳子さんのまた違うゆかりの地がある場所ですね。
by T.A (2013-02-27 21:35) 

sjghd

ひろさん こんばんは。

>2000年頃、中古レコード屋で2枚組ベストLPを手にし、CD屋さんでたまたま見かけた2IN1CD桜田淳子でした。物足りなかったんですが何だか嬉しかったのを覚えてます。

これが、2000年から再燃なんですね、、、
2003年BOXの前も、自分もCDは、何枚か買いましたね、、、
(Twinベスト、スペシャルセレクション、他のオリジナルアルバムなど)
でも再燃は、2003年BOXを買ってからです。

>淳子さんファンの方々と語り合えればいいですけどね~。

そうですね、、、色々な切り口で語り合いたいですね、、、
想いが違っても、、、
by sjghd (2013-02-27 22:23) 

sjghd

T.Aさん こんばんは。

訂正ありがとうございます。

自分は、ゆかりの地については、まったく弱いので、またあちらで紹介お願いします。
by sjghd (2013-02-27 22:25) 

天くち

こんばんは。
完全に出遅れました。(苦笑)
まさか25日すぐに更新されていたとは、、、遅れついでに、アサ芸読んでからにしようと思い、今晩になってしまいました。
禁断症状が何とかとか言いながら呑気なものです。スミマセン(汗)

今回のバイオグラフィー、さすがに見応えがあります。 それに加えてみなさんのコメントがまた読み応えがタップリです。

思い起こせば昭和50年は最高でした。 25日の晩はその年の淳子さんの歌唱や紅白のテープを聞いて過ごしました。当時にタイムスリップしてました。
80年代は、仕事づけの日々でリアルタイムでは独眼竜しかみていないので、この記念の年にいろいろとスカパーとかソフト化を期待したいです。

ひとつ私の希望として「忍の一字」もバイオグラフィーにいれていただければと、、、でもsjghdさんは時代劇はあまりお好みではなかったですね、、、NHK作品だし、良質の佳作と思うのですが、、、

最後にアサ芸に一言。 sjghdさんの予想どおりマコさんでしたね。 最後の「了」の文字、 ああ、これで連載終了かと思うとさみしくなりました。いい連載記事でした。 単行本化してほしいですね。

以上、いつものごとくとりとめありませんが、、、、
桜田淳子さん、デビュー40周年おめでとうございます。
by 天くち (2013-02-27 22:58) 

sjghd

天くちさん こんばんは。

>まさか25日すぐに更新されていたとは、、、

今回は、40周年で、自分の想いが強く、すぐに更新しました。

>遅れついでに、アサ芸読んでからにしようと思い、今晩になってしまいました。

ぜんぜんかまいません。

>今回のバイオグラフィー、さすがに見応えがあります。 それに加えてみなさんのコメントがまた読み応えがタップリです。

ありがとうございます。ただの字の羅列では、つまらないので、その年のNO1は独断で選んで、写真をつけました。その方が、皆さん、語りやすいと思って、、、
皆さんも当時、淳子さんといっしょに歩んできたわけですので、皆さんそれぞれに思いはあるでしょう。

>思い起こせば昭和50年は最高でした。

やはり1975年ですよね、、、自分も一番、淳子さんに傾倒していたと思います。

>25日の晩はその年の淳子さんの歌唱や紅白のテープを聞いて過ごしました。当時にタイムスリップしてました。

紅白のテープですか、、、いいですね、、、
25日は、淳子さんの歌を聞くだけで、感無量でした。

>80年代は、仕事づけの日々でリアルタイムでは独眼竜しかみていないので、この記念の年にいろいろとスカパーとかソフト化を期待したいです。

同じです。80年後半から仕事づけでした。ですので、84年あたりからは、
淳子さんのドラマは、観ていません。独眼竜、見たんですか、、大河ドラマは、苦手なので、スカパーでやっていた時も、観ていません。淳子さん
の出番のところを録画するくらい、、、、

>「忍の一字」もバイオグラフィーにいれていただければと、、、でもsjghdさんは時代劇はあまりお好みではなかったですね、、、NHK作品だし、良質の佳作と思うのですが、、、

「忍の一字」いれました。時代劇は、好みでは、ありませんが、スカパーでやった「忍の一字」は、抵抗なく観れました。まあまあ良かったです。

>最後にアサ芸に一言。 sjghdさんの予想どおりマコさんでしたね。 最後の「了」の文字、 ああ、これで連載終了かと思うとさみしくなりました。いい連載記事でした。 単行本化してほしいですね。

森昌子さんであることは、誰でも当たりますよ、、、
関係者の証言も、淳子さんの今歩んでいる道の事情を理解しつつ、思いやりがあって、、、こういう淳子さんに対する思いやり、大切にしたいです。週刊誌的な興味本位の詮索がなかったので、今回のアサヒ芸能は、良かったです。
本は、出るかなあ、、、、
by sjghd (2013-02-27 23:35) 

sjghd

こんばんは。

少し、欲が出てきて、今後、出来事に対する写真を加えていこうと思っています。
少しずつですが、、、
by sjghd (2013-02-27 23:51) 

桜えび

こんばんは。

淳子さんの初デートという記事を見つけました。
既にごぞんじでしたらごめんなさい。
良かったら・・・

ttp://zenkyoji.at.webry.info/201302/article_3.html

頭にhを付けて下さい。
by 桜えび (2013-03-08 02:14) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

紹介ありがとうございます。

淳子さんも長い芸能生活でもこういうことあるんですね、、
本当なら、うらやましい。

淳子さん、いくつの時かなあ、、、
by sjghd (2013-03-08 19:00) 

桜えび

またですが・・・

更新が暫く滞っていたのですが最近再開されたようなので、

“あざなえる禍福の黄色いリボン”というブログです。
良かったら・・・
by 桜えび (2013-03-10 20:05) 

sjghd

桜えびさん こんばんは。

いつも情報ありがとうございます。

“あざなえる禍福の黄色いリボン”は、知っていますが、
再開されたのは、知らないので、のぞいてみます。

助かります。
by sjghd (2013-03-10 20:13) 

清水

かたぐるまのdvd 化のお願いです
by 清水 (2013-04-05 19:27) 

sjghd

清水さん こんばんは。

かたぐるまは、まだ、CSでも放映されていませんので、
ぜひ、DVD化してほしいです。

泣けるドラマでした。
by sjghd (2013-04-05 20:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0